イベント

第15回図書館総合展ポスターセッション受賞者が発表される

2013年10月29日から10月31日にかけてパシフィコ横浜で開催された、第15回図書館総合展のポスターセッションの受賞者が発表されています。

最優秀賞は、「学生の“興味”を引き出すコンテスト形式の情報リテラシー教育の新たな展開 ~データベースの多角的な活用と図書館員・教員の多面的な連携~」(青山学院大学図書館・青山学院女子短期大学図書館「『情報の探索と表現』コンテスト」プロジェクト、掲示板号:46)です。

優秀賞は、「図書館の新たなパートナー~スマホを使った学習支援~」(神戸学院大学図書館、掲示番号:41)と、「「クロス」する図書館づくりへの挑戦」(十文字学園女子大学 ライブラリーサポーター、掲示番号:1)です。

また、特別賞には、図書館総合展運営委員会特別賞として、「 kumoriストーリー」(kumori、掲示番号:34)、図書館総合展運営委員会特別賞として、「学生の「使える!」をひきだす図書館」(追手門学院大学附属図書館、掲示番号:44)が選ばれています。

第15回図書館総合展ポスターセッションの受賞者が決定(2013/12/12付け)
http://2013.libraryfair.jp/node/1975
※ポスターの写真あり。

参考:

E1510 - 図書館探索型行事「ミステリークエスト」活動報告

 2013年10月27日,東京都の江戸川区立東部図書館で『ミステリークエスト~東部図書館からの脱出~』と銘打った行事を行った。中学生を中心に,募集上限となる20人に参加してもらうことができ,『東京図書館制覇!』のブログ等でも紹介されるなど,好評を博する結果となった。...

埼玉県立図書館、雑誌創刊号の資料展示「創刊号大集合!第2弾」を開催

埼玉県立久喜図書館が、2013年12月10日から、雑誌創刊号の資料展示「創刊号大集合!」の第2弾を開催しています。この展示は、2013年1月に実施した展示に続くもので、「情報化が進展し、バブル景気が始まった昭和後半の激動の時代」(昭和50年から昭和63年まで)に創刊された約40冊を紹介しているとのことです。開催期間は2014年1月13日までです。

なお、2013年1月の展示では、明治末期から昭和40年代までの雑誌創刊号を展示していました。

資料展示「創刊号大集合!第2弾」のご案内
https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/reference/list/kuki_soukangou2_list.html
※資料リストを掲載

関連:
資料展示「創刊号大集合!」開催中!!(埼玉県立図書館ブログ, 2013/1/9付け)
http://libprefsaitama.seesaa.net/article/312121829.html

資料展示「創刊号大集合!」のご案内
https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/reference/list/kuki_soukangou_list.html

【イベント】大阪府立中之島図書館 「知と情報のワンダーランドへようこそ! ~専門ライブラリー in Osaka」(12/20・大阪)

大阪府立中之島図書館が、2013年12月20日、「知と情報のワンダーランドへようこそ! ~専門ライブラリー in Osaka」を開催します。

専門図書館は「実は知る人ぞ知る、専門分野での知識と情報を集積した宝島(ワンダーランド)」であるとして、大阪の“選りすぐり”の専門ライブラリーが、効果的な利用方法等についてのプレゼンテーションを行うとのことです。

参加予定の専門ライブラリーは、以下のとおりです。
・アサヒラボガーデン
・エルライブラリー
・杏雨書屋(武田科学振興財団)
・ジェトロ・ビジネスライブラリー
・ドーン・センター 情報ライブラリー
・株式会社乃村工藝社 情報資料室
・大阪府立中之島図書館

大阪府立中之島図書館 「知と情報のワンダーランドへようこそ! ~専門ライブラリー in Osaka」 http://www.library.pref.osaka.jp/nakato/event/forum2013.html

【イベント】平成25年度 京都大学図書館機構 講演会 「大学のグローバル化における図書館の役割 -留学生サービスから考える」(12/11・京都)

2013年12月11日13時30分から17時まで、京都大学図書館機構の主催による京都大学図書館機構講演会「大学のグローバル化における図書館の役割 -留学生サービスから考える」が開催されます。

この講演会では、大学のグローバル化をめぐる昨今の変化と現状の課題を概観し、その中でも特に留学生に対する支援サービスについて考えるとのことです。

京都大学国際交流センター センター長である森眞理子教授ほかの基調講演に続き、東北大学附属図書館の横山美佳氏ほかによる東北大学の留学生協働による学習支援についての講演が行われ、次いで、基調講演の講演者に加えて京都大学の留学生等が参加するパネルディスカッションが開催されるとのことです。

場所は京都大学附属図書館3階ライブラリーホールで、参加費は無料ですが、参加にあたっては事前に申し込みが必要とのことです。

なお、当日講演会の映像は映像配信サービスUstreamで公開し、映像記録は京都大学OCWにて、資料記録は京都大学学術情報リポジトリKURENAIで保存・公開される予定とのことです。

図書館機構 : 平成25年度 京都大学図書館機構 講演会 「大学のグローバル化における図書館の役割 -留学生サービスから考える」

【イベント】立命館大学「文化情報学専修」設置準備企画連続講演会第8回「文化資源としてのデジタルアーカイブ」(12/12・大阪)

2013年12月12日18時から20時30分まで、立命館大学大学院文学研究科等が、「文化情報学専修」設置準備企画の連続講演会「文化資源としてのデジタルアーカイブ」を開催します。前国立国会図書館長の長尾真氏による講演の後、立命館大学教授の八村広三郎氏、湯浅俊彦氏を交えたパネルディスカッションが行われるとのことです。

場所は立命館大阪梅田キャンパス5階の演習室Ⅱ・多目的室で、参加にあたっては予約・参加費とも不要とのことです。

立命館大学大学院 文学研究科 行動文化情報学専攻 「文化情報学専修」設置準備企画連続講演会 第8回
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/GCOE/info/2013/12/-8.html

「第2回書評漫才(SBR)グランプリ in Osaka」 & 「芸人本100冊、だいたい。」 - 大阪市立中央図書館

2013年11月24日、大阪市立中央図書館において、「第2回書評漫才(SBR)グランプリ in Osaka」が開催されました。小学生から高校生までのコンビ10組以上が参加し、常翔学園高校のコンビ「サクリファイス」が優勝したとのことです。

また、大阪市立中央図書館ではSBRグランプリの開催にあわせ、関連図書展示として「芸人本100冊、だいたい。」を開催しています。この展示では、若手芸人が書いた本をだいたい100冊集め、展示しているそうです。開催期間は2014年1月15日までです。

なお、昨年度受賞した3組の実演動画は、ウェブに掲載されています。

第2回書評漫才(SBR)グランプリ in Osaka
http://www.oml.city.osaka.jp/teens/2013sbr.html

常翔学園高コンビが優勝 書評漫才グランプリ(大阪日日新聞, 2013/11/25付け)
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/131125/20131125020.html

参考;
大阪市立中央図書館が「書評漫才(SBR)グランプリ in Osaka」を開催
Posted 2012年12月10日
http://current.ndl.go.jp/node/22476

【イベント】大学図書館に作品性の高い映像を流す理由 ~小樽商科大学の図書館空間演出 「redesign myself」 作品上映会&トークイベント(11/30・札幌)

2013年11月30日、小樽商科大学クリエイティブプロジェクト「redesign myself」の作品上映会及びトークイベントが開催されます。

アナウンスによると、小樽商科大学の図書館は、2014年に、「小樽商科大学クリエイティブプロジェクト」によりリニューアルされ、複合的な学習スペースに変わり、あわせて120インチの情報ディスプレイが設置されるとのことです。そこでは、「図書館自体が魅力的な空間となり創造的な活動が生まれるように」、ショートムービーが放映されるとのことです。

イベントでは、完成された作品の上映や、小樽商大がめざすあたらしい図書館のかたちについてのトークセッションなどが行われるようです。

予告映像がウェブに掲載されています。

「re:design myself」小樽商科大学デジタルサイネージプロジェクト
http://www.eizoko.com/signage/

【イベント】立命館グローバル・イノベーション研究機構、「大学図書館における障害学生支援」を開催(12/13・京都)

2013年12月13日に、立命館グローバル・イノベーション研究機構「電子書籍普及に伴う読書アクセシビリティの総合的研究(IRIS)」が、「大学図書館における障害学生支援―障害者差別解消法の成立を受けて」を開催します。

同研究会では、障害者差別解消法の障害学生支援への影響と、著作権法37条ガイドラインに関する情報共有を行うとのことです。これらをふまえ、迅速に書籍データを提供する体制を構築することを将来的な目標に、視覚障害等を有する学生の就学支援のための連携のあり方について考えるとのことです。

参加費は不要ですが、事前に参加申込が必要とのことです。

IRIS(Integrated Research of Accessible Ebooks: Interfaces & Services)
http://r-iris.jp/
※「IRISからのお知らせ」に当該イベントの告知と申し込み方法が記載されています。

【イベント】日本漢籍集散の文化史的研究 合同成果報告会(12/7・東京)

2013年12月7日に、「日本漢籍集散の文化史的研究 合同成果報告会」が開催されます。

これは、平成24、25年度の東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センターによる共同利用・共同研究拠点公募研究「日本漢籍集散の文化史的研究 「図書寮文庫」を対象とする通時的蔵書研究の試み」の研究成果、および、日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究「宮内庁書陵部収蔵漢籍の伝来に関する再検討 デジタルアーカイブの構築を目指して」の研究成果を合同で報告するものとのことです。

開催場所は、東京大学東洋文化研究所3階大会議室で、参加にあたっての予約は不要・参加費は無料とのことです。

日本漢籍集散の文化史的研究 合同成果報告会のご案内 (東京大学東洋文化研究所)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=SatOct191736492013

ページ