イベント

【イベント】特許庁と経済協力開発機構(OECD)、「知的財産統計会合~知財を通じて見る世界経済~」を開催(11/17-18・東京)

2014年11月17日から18日、ホテルオークラ東京にて、特許庁と経済協力開発機構(OECD)により「知的財産統計会合~知財を通じて見る世界経済~」が開催されます。

「知的財産統計会合」は、政府関係者、学識経験者等を中心に知的財産と経済・統計に関する情報交換や議論を行う場として、2003年から毎年各国で開催されており、今回で12回目を迎えるとのことです。今年は日本のOECD加盟50周年記念の一環として、日本において初めて開催されるとのことです。

「特許制度設計と経済効果」、「知識創造と知財活用」、「特許取引」、「医薬品における知的財産権」、「特許制度の経済学」をテーマとした論文発表、欧州、日本、韓国、中国、米国の特許庁副長官級によるパネルセッション、アジア有識者によるパネルセッション、各国知財庁・国際機関エコノミストによるパネルセッションなどが予定されているとのことです。

参加は無料ですが、事前の申込みが必要とのことです。

知的財産統計会合~知財を通じて見る世界経済~
http://www.ipsdm2014.jp/index.html

知的財産統計会合|プログラム
http://www.ipsdm2014.jp/program/index.html

【イベント】第1回「こんなアーカイブにしたい! ~担い手が語る~」(11/7・東京)、第2回「これからのアーカイブ:若手が語る」(12/22・東京)

2014年11月7日、千代田区立日比谷図書文化館(東京都)で『アーカイブ立国宣言』の出版を記念した連続座談会の第1回として、「こんなアーカイブにしたい! ~担い手が語る~」が開催されます。

参加費は有料(1,000円)で、事前の申し込みが必要とのことです。

また、第2回として、「これからのアーカイブ:若手が語る」についても12月22日に千代田区立日比谷図書文化館(東京都)での開催が予定されています。

2014年11月7日(金)『アーカイブ立国宣言』出版記念座談会イベント 第1回「こんなアーカイブにしたい! ~担い手が語る~」開催(10/14)
http://www.pot.co.jp/news/20141014_191134493934382.html

【イベント】「マレガ・プロジェクト」シンポジウム in 臼杵が開催(11/1・臼杵)

2014年11月1日、臼杵市民会館(大分県)で“「マレガ・プロジェクト」シンポジウム in 臼杵”が開催されます。バチカン図書館において近世豊後地域のキリシタン関係史料約1万点が発見され、日本の研究機関とバチカン図書館が合同で調査研究を行う「マレガ・プロジェクト」がスタートしているとのことです。

シンポジウムでは、今西祐一郎氏(人間文化研究機構理事、国文学研究資料館長)、チェーザレ・パシーニ氏(バチカン図書館長)による挨拶のほか、デリオ・ヴァニア・プロヴェールビオ氏 (バチカン図書館)による報告「バチカン図書館とマレガ神父収集文書について」、松井洋子氏(東京大学史料編纂所)による報告「マレガ神父収集文書の魅力を保存し伝える-調査方法の提案」、佐藤晃洋氏(大分県立先哲史料館)による報告「近世豊後のキリシタン禁制史料の発生システムと伝来」が予定されており、フロアーを交えた意見交換も行われるとのことです。

このシンポジウムはマレガ・プロジェクトの人間文化研究機構(国文学研究資料館、国立歴史民俗博物館)、東京大学史料編纂所、大分県立先哲史料館、バチカン図書館が主催するとのことです。

“「マレガ・プロジェクト」シンポジウム in 臼杵” 開催要項(国文学研究資料館)

【イベント】シンポジウム「ふるさとの歴史と記憶をつなぐ-東日本大震災1400日・史料保全の「いま」と「これから」-」が開催(11/29・仙台)

2014年11月29日、仙台市博物館ホール(宮城県)にて、シンポジウム「ふるさとの歴史と記憶をつなぐ-東日本大震災1400日・史料保全の「いま」と「これから」-」が開催されます。

科学研究費補助金基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」研究グループ、東北大学災害科学国際研究所 歴史資料保存研究分野、NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークが主催するシンポジウムとのことです。

東北大学災害科学国際研究所の佐藤大介氏による「東日本大震災で被災した民間所在史料の救済・保全活動の現状」など、あわせて4名からの報告と総合討論が予定されているとのことです。

シンポジウムへの参加は無料で、事前の申し込みも不要とのことです(交流会参加の場合は、事前申込が必要とのこと)。

【イベント】デジタル情報記録管理協会、第1回特別講演会「今あらためて資料のデジタル化の意義・意味を問う」を開催(1/24・東京)

2015年1月24日、アルカディア市ヶ谷(東京都)にて、デジタル情報記録管理協会の第1回特別講演会「今あらためて資料のデジタル化の意義・意味を問う」が開催されます。逸村裕氏(筑波大学)による講演「今ふたたび図書館とデジタル化を語る」が行われるとのことです。

参加費は無料ですが、事前の申込みが必要とのことです。

デジタル情報記録管理協会は、2014年4月1日に成立した協会で、その設立の目的として、各種資料のデジタルアーカイブを行うための知識、技術の発展に寄与し、その教育と普及を図ると掲げています。事業としては、、デジタルアーカイブに関する教育事業、デジタルアーカイブに関する資格認定事業、デジタルアーカイブに関する研究および調査、国内外の研究機関、図書館、博物館、学会、企業などとの連絡協力等の事業を行うとのことです。

【講演題目】今ふたたび図書館とデジタル化を語る(デジタル情報記録管理協会)
http://www.j-dira.com/cn10/pg75.html

【イベント】第3回ビジネスアーカイブズの日「社史からアーカイブズへ」開催(11/5・東京)

2014年11月5日、企業史料協議会が、日本教育会館において、第3回ビジネスアーカイブズの日「社史からアーカイブズへ」を開催します。小島潔氏(岩波書店常務取締役)による特別講演「百年史編纂刊行と出版社経営」、大島久幸氏(高千穂大学経営学部教授)による基調講演「社史編纂から企業アーカイブズの構築へ」のほか、大島氏をモデレータとしたパネルディスカッションが行われるとのことです。参加費は、同協議会会員は無料ですが一般参加者は有料、懇親会費は会員・一般とも有料となっています。事前の申込みが必要とのことです。

第3回ビジネスアーカイブズの日「社史からアーカイブズへ」(企業史料協議会, 2014/10/1)
http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=12

兵庫県立図書館、アート系の学生たちの作品とアート関連本とのコラボ企画『アートショカン展』を開催:開館40周年記念事業

2014年10月1日から11月19日まで、兵庫県立図書館で、開館40周年記念事業の一環として、兵庫県立明石高校、兵庫県立三田祥雲館高校、明石工業高等専門学校、神戸芸術工科大学等のアート系の学生たちの作品と図録などのアート関連本でアートを紹介するコラボ展示『アートショカン展』が開催されています。

10月11日には、中瀬勲氏(兵庫県立人と自然の博物館館長)による関連講座「ふるさとひょうごをアートする」も開催されるとのことです。

県立図書館開館40周年記念ふるさとひょうご特別展示
http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/event/tenji/tenji201407.pdf

『アートショカン展』兵庫県立図書館開館40周年記念事業(神戸芸術工科大学, 2014/9/30)
http://www.kobe-du.ac.jp/2014/09/45611/

芸術作品とアート本がコラボ 県立図書館で特別展(神戸新聞, 2014/10/10)
http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201410/0007407426.shtml

参考:
兵庫県立図書館、開館40周年記念寄贈キャンペーンを実施中
Posted 2014年5月30日

【イベント】日本ペンクラブ、フォーラム「ポスト3.11 子どもたちの未来、子どもの本の未来」を開催(11/15・京都)

2014年11月15日、日本ペンクラブが主催し、出版文化産業振興財団等が後援するフォーラム「ポスト3.11 子どもたちの未来、子どもの本の未来」が開催されます。

野上暁氏(作家、日本ペンクラブ常務理事)による基調講演「3.11 後の子どもの本」、子どもの本の作り手である7名の作家によるシンポジウム「3.11 後の子どもたちの未来、子どもの本の未来」の二部構成で行われるとのことです。

参加費は500円で、事前の申し込みが必要とのことです。

フォーラム「ポスト3.11 子どもたちの未来、子どもの本の未来」(11月15日開催)(日本ペンクラブ, 2014/10/8)
http://www.japanpen.or.jp/news/311_1.html

※案内チラシ
http://www.japanpen.or.jp/ポスト3.11(Web用).pdf

【イベント】「東京文化資源区」構想 公開ラウンドテーブル開催(10/22・東京)

2014年10月22日、「東京文化資源区」構想公開ラウンドテーブルが開催されます。

「東京文化資源区」構想では、2020年に向けて世界に日本文化の豊かさの発信を図るために、上野、谷根千、本郷、神保町、秋葉原等の地域が備える文化資源の活用・連携・再創造のあり方について提案していくことを予定しているとのことです。

この度のラウンドテーブルでは、神田地区を舞台に開催する文化プロジェクト「TRANS ARTS TOKYO 2014」の連携プログラムとして、この地域の文化資源に関わる様々な研究者・実践者が集い、その可能性・方向性を論議していくことが目指すとのことです。

『東京文化資源区』構想 公開ラウンドテーブル
http://www.kanda-tat.com/program/bunka.html

【イベント】第19回情報知識学フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」 (12/6・東京)

2014年12月6日、情報知識学会が、国立情報学研究所において、第18回情報知識学フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」を開催します。このフォーラムでは、教育評価の現状やe-ポートフォリオ・MOOCを利用した新たな学習形態、これら新しい形式のデータと教育評価との関連について講演があるとのことです。また、今回は、新たな試みとして、ポスターセッションを設ける予定とのことです。

参加費は無料とのことですが、情報知識学会の非会員は資料代(3,000円。学生は1,500円)がかかるとのことです。

第19回情報知識学フォーラム「教育とデータ:創造される知識とその利活用」(情報知識学会のウェブサイト)
http://www.jsik.jp/?forum2014
※参加および発表申込みのフォームは2014年10月9日現在、作成中のようです。

ページ