イベント

【イベント】特別講演会 韓国図書館視察団を招いて「図書館に未来はあるか?~読書文化の活性化のために~」(12/5-6・東京)

2018年12月5日、6日の2日間、東京経済大学国分寺キャンパス(東京都)において、韓国の図書館関係者による講演会「図書館に未来はあるか?~読書文化の活性化のために~」が開催されます。

講演会は入場無料、予約不要です。内容は以下の通りです。

○12月5日 講演会1
「韓国図書館の現在と未来―悩みと対応」
イ・ヨンフン氏(韓国図書館協会事務総長)
「私たちが知らなかった世界の図書館」
チョウ・クムジュ氏(ドゴク情報文化図書館館長)

○12月6日 講演会2
講演テーマ:「読書を考える」
アン・チャンス氏(「本を読む社会文化財団」常任理事)

【12月5日(水)・6日(木)開催】特別講演会 韓国図書館視察団を招いて「図書館に未来はあるか?~読書文化の活性化のために~」(東京経済大学)
https://www.tku.ac.jp/news/021541.html

【イベント】2014年長野県神城断層地震震災アーカイブ一般発表会(11/21・長野)

2018年11月21日に、白馬村役場多目的ホール(長野県)において、白馬村、小谷村、信州大学の主催による2014年長野県神城断層地震震災アーカイブの一般発表会が開催されます。

2014年11月22日の神城断層地震から4年となる2018年11月21日、同アーカイブをWeb上で公開することにあわせて開催されるものです。

同アーカイブは、震災記憶の保存、記憶の継承と活用を目的としており、公開後も復旧・復興の様子や人々の記憶や心情の変化などの情報を更新し続けていくとしています。

定員は100名であり、申込みは不要です。

内容は以下の通りです。

「2014年神城断層地震 震災アーカイブ説明」
廣内大助氏(信州大学教育学部教授)

「震災アーカイブ公開にあたっての村長挨拶」
下川正剛氏(白馬村村長)
松本久志氏(小谷村村長)

「ご協力いただいた村民の方からのコメント」

【イベント】平成30年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-震災の記録を伝える~自然災害と防災教育-(1/11・仙台)

2019年1月11日、仙台市の東北大学災害科学国際研究所において、国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所とが共催し、「平成30年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-震災の記録を伝える~自然災害と防災教育-」を開催します。

第1部では、大阪府北部の地震、北海道胆振東部地震の被災状況や震災記録の収集等を紹介します。第2部では、震災アーカイブと防災学習に焦点を当て、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称: ひなぎく)を含め、利用する側と提供する側のそれぞれの立場からの事例報告を行います。第3部では、震災の記録を伝えること、防災学習等に活用することの重要性と課題について議論します。

参加は無料ですが、定員は200人(先着順)で事前の申し込みが必要です。

内容は以下の通りです。

【第1部】緊急報告「大阪府北部の地震、北海道胆振東部地震の状況と震災アーカイブ~アーカイブの初動対応とは」

「災害記録の発展的継承を考える―国立民族学博物館(みんぱく)の活動を通じて―」
林勲男氏(国立民族学博物館学術資源研究開発センター教授)

【イベント】U-PARLアジアンライブラリーカフェ「北米の大学図書館とサブジェクト・ライブラリアンのお仕事」(11/19・東京)

2018年11月19日、東京大学総合図書館(東京都文京区)にて、U-PARLアジアンライブラリーカフェ no.005「北米の大学図書館とサブジェクト・ライブラリアンのお仕事」が開催されます。

ワシントン大学東アジア図書館日本研究専門司書で、『サブジェクト・ライブラリアン―海の向こうアメリカの学術図書館の仕事―』の著者である田中あずさ氏が、サブジェクト・ライブラリアン登場の背景から、大学図書館の現場でどのように機能しているかまで、日々の業務とともに紹介するトークイベントです。

定員は40名、参加は無料ですが、事前の申込みが必要です。

アジアンライブラリーカフェno.005「北米の大学図書館とサブジェクト・ライブラリアンのお仕事」(U-PARL)
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/asianlibrarycafe5

【イベント】慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム「メタデータ再考」(11/20・横浜)

2018年11月20日、神奈川県横浜市の慶應義塾大学日吉キャンパスにおいて、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター(DMC研究センター)主催のシンポジウム「メタデータ再考」が開催されます。

開催案内によれば、同シンポジウムは「文化資源の利活用のボーダーを創造的に越えるために、メタデータを取り巻くフレームワークを改めて問い直す」ものであるとのことです。

当日は京都大学東南アジア地域研究研究所教授・原正一郎氏による講演「学術データの共有と利活用のための工夫」、慶應義塾大学理工学部専任講師・金子晋丈氏による講演「コンテンツネットワーク形成におけるメタデータの限界」が行われます。その後、両氏と慶應義塾大学文学部准教授の安形麻理氏、同大学アート・センター所員の久保仁志氏、同じくDMC研究センター特任講師の石川尋代氏をパネリストとし、同大学大学文学部教授・DMC研究センター副所長である安藤広道氏をモデレータとしたパネルディスカッション「ボーダレスなデータ利活用のための情報組織化とは」を開催するとのことです。

【イベント】デジタルアーカイブ学会第3回研究大会(3/15-16・京都)

2019年3月15日から16日にかけて、京都大学吉田キャンパスにおいて、デジタルアーカイブ学会第3回研究大会が開催されます。

一般発表(口頭発表・ポスター発表)のほか、3月15日の午後には平等院の住職・神居文彰氏による基調講演が行われます。また、企画セッションとして、「法制度部会 デジタルアーカイブ振興法の意見交換会」、「東アジア研究とデジタルアーカイブ」、「アーカイブと継承」、「災害資料保存とデジタルアーカイブ」、「漫画・アニメ + ゲーム」、「記憶を集める、公開する」の開催も予定されているとのことです。さらに「著作権法とcreative commons」、「IIIF」、「Omeka」についてのチュートリアル開催も予定されています。

一般発表の申し込みは2018年12月20日まで受け付けられており、参加申し込みは2018年12月25日から開始される予定とのことです。

第 3 回研究大会 (2019/3/15-16)(デジタルアーカイブ学会)
http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/3rd

【イベント】日本学術会議公開シンポジウム「科学データの保存・利用態勢の強化と国際展開」(11/19・東京)

2018年11月19日、東京都港区の日本学術会議2階大会議室で、日本学術会議情報学委員会国際サイエンスデータ分科会が主催する公開シンポジウム「科学データの保存・利用態勢の強化と国際展開」が開催されます。

世界科学データシステム(WDS)及び科学技術データ委員会(CODATA)における最近の国際動向を踏まえて、日本のデータ関連活動の活性化と国際連携の強化に向けた情報交換及び議論を行い、今後の活動方針についての共通認識の形成を目指すものです。

参加費は無料で、定員は約70人、事前登録は不要です。主な内容は次のとおりです。

・WDSと我が国の研究データ基盤事業、オープンサイエンスの潮流
村山泰啓氏(情報通信研究機構)

・ISCU-World Data Centerの発展と日本のデータ体制
荒木徹氏(京都大学)

・極域研究観測事業におけるデータベース整備とデータ出版
門倉昭氏(情報・システム研究機構)

・デジタル時代の学術コミュニケーションのインフラストラクチャーのあり方について
武田英明氏(国立情報学研究所)

・海洋分野におけるデータの相互利用の促進
馬場典夫氏(海上保安庁)

【イベント】国際シンポジウム 「高等教育の国際化と大学図書館:アジアを拠点としたトップブランドへ」(12/14・福岡)

2018年12月14日、福岡市の九州大学中央図書館において、九州大学附属図書館主催の国際シンポジウム 「高等教育の国際化と大学図書館:アジアを拠点としたトップブランドへ」が開催されます。

高等教育の国際化が急速に進む中、アジアの大学図書館はどのような役割を果たしていけるかとの問題意識のもと、九州大学のほか、タイ及び台湾の大学の事例が紹介されます。

入場無料ですが事前の申込が必要です。定員は50人です。

シンポジウムは英語で行われますが、日本語の逐次通訳があります。

内容は以下の通りです。

・開会挨拶/趣旨説明

・講演
タイの大学図書館の事例[仮題]
Kulthida Tuamsuk 准教授 (タイ王国 コーンケン大学人文社会科学部)

台湾の大学図書館の事例[仮題]
Hao-Ren Ke 教授 (台湾師範大学情報学研究所)

九州大学附属図書館の事例[仮題]
宮本一夫 教授(九州大学副学長/人文科学研究院/附属図書館長)

・パネルディスカッション
モデレーター:石田 栄美 准教授(九州大学附属図書館)

【イベント】人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2018」(12/1-2・東京)

2018年12月1日から2日にかけて、情報処理学会(IPSJ)人文科学とコンピュータ研究会(SIG-CH)が主催する人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2018」が開催されます。会場は東京大学地震研究所です。

同シンポジウムでは、デジタルアーカイブ、保存科学、文化財防災、MLA連携、ドキュメンテーション、人文情報学、人文科学に関連するデータの分析・処理、知的財産権・著作権問題等の、同研究会の理念に即したテーマについて発表が行われる予定です。

参加には事前の申し込みが必要です(有料)。

人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2018」
http://jinmoncom.jp/sympo2018/index.html

参考:
【イベント】人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2015」(12/19-20・京都)
Posted 2015年8月13日
http://current.ndl.go.jp/node/29173

【イベント】「図書館システムのデータ移行問題検討会報告書」の報告会(12/17・東京)

2018年12月17日、日本図書館協会(JLA)(東京都中央区)にて、「図書館システムのデータ移行問題検討会報告書」の報告会が開催されます。

同報告書はJLAの「図書館システムのデータ移行問題検討会」(2018年3月まで設置)が2018年3月にとりまとめたもので、今回の報告会も同会のメンバーが主催するものです。

報告会では、報告書の説明のほか、株式会社カーリル代表取締役の吉本龍司氏による学習会『図書館システム個人パスワードの管理と移行の課題(仮題)』も行われます。

参加にあたっては事前の申し込みと資料費(500円)が必要です。

報告会と学習会開催のお知らせ(JLA「図書館システムのデータ移行問題検討会」)
http://www.jla.or.jp/tabid/590/Default.aspx

ページ