イベント

日本図書館協会、研修会「“認知症の人にやさしい図書館”をあなたの街でつくるには!」を開催(1/16・東京)

2017年1月16日13時から17時30分まで、日本図書館協会健康情報委員会は、研修会「“認知症の人にやさしい図書館”をあなたの街でつくるには!」を開催します。

高齢化社会を迎えた日本社会で、図書館が果たす役割を考える研修会です。講演、参加者によるグループワークが行われます。講師は、呑海沙織氏(筑波大学図書館情報メディア系)、小川敬之氏(九州保健福祉大学保健科学部作業療法学科)、田中克明氏(コクヨS&T株式会社、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ)、角野孝一氏(川崎市健康福祉局地域包括ケア推進室)、舟田彰氏(川崎市立宮前図書館)です。

定員は60名(先着順)で、参加費は1500円です。

健康情報委員会(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/tabid/266/Default.aspx#plan
http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/iinkai/kenkou/170116JLA%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%E7%A0%94%E4%BF%AE.pdf
※2つめのリンクは、イベントのちらしです。

参考:
E1818 - 認知症と図書館について考えるシンポジウム<報告>
カレントアウェアネス-E No.307 2016.07.14

【イベント】第1回CODHセミナー Big Data and Digital Humanities(1/23・東京)

2017年1月23日、国立情報学研究所(NII)で、「第1回CODHセミナー Big Data and Digital Humanities」が開催されます。

主催は、情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設の人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)です。九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻などが協賛しています。

プログラムは、次のとおりです。

・10:00-10:40
Center for Open Data in the Humanities (CODH): Activities and Future Plans
Dr. Asanobu KITAMOTO, National Institute of Informatics / CODH
・10:40-11:20
Midwest Big Data Hub: Accelerating the Big Data Innovation Ecosystem
Dr. Melissa Cragin, University of Illinois at Urbana-Champaign
・11:20-12:00

【イベント】北日本地区 図書館&がん相談支援センター連携ワークショップ「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」(盛岡)(1/23・岩手)

2017年1月23日、岩手県盛岡市のいわて県民情報交流センター(アイーナ)で、「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」(盛岡)が開催されます。

南日本地区で開催されたワークショップに引き続き、全国各地での公立図書館とがん相談支援センターの新たな連携や活動状況を広く紹介し、各地域での住民を対象にした医療・健康情報の連携に係る課題等について話し会う場を設け、取り組みをさらに推進する機会として開催されるものです。

参加費は無料ですが、定員は100人程度で、事前の申し込みが必要です。

対象者は、公共図書館の医療・健康情報に関心を持つ司書および行政関係者、病院内の患者図書室の関係者、がん診療連携拠点病院等のがん専門相談員、相談支援に関わる医療関係者などで、申し込み多数の場合は、北日本地区の方が優先されます。

北日本地区 図書館&がん相談支援センター連携ワークショップ「いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩」(盛岡)
http://ganjoho.jp/public/news/2017/20170123.html

参考:

【イベント】openBDセミナー(1/23・東京)

書誌情報・書影を、だれでも自由に使える高速なAPIで提供するopenBDプロジェクトが、2017年1月23日、国立情報学研究所(NII)において、openBDセミナーを開催します。

openBDの取組み・機能を具体的に紹介するための公開のセミナーで、参加には事前の申し込みが必要です。

同プロジェクトは、カーリルがAPIシステムを開発し、版元ドットコムが書誌情報・書影を収集するもので、2016年12月9日現在、書誌情報778,793タイトル、書影449,680タイトル等が掲載される予定となっています。

openBDセミナーを開催します(openBD)
https://openbd.jp/#event

チラシ
https://openbd.jp/pdf/openBD20170123.pdf

参加:
版元ドットコム、版元ドットコムで利用している書誌データをISBNを指定することで取得することができるAPIを公開
Posted 2015年10月29日
http://current.ndl.go.jp/node/29807

児童書の表紙画像の利用に関して解説したウェブページ(佐賀県立図書館)
Posted 2016年2月9日
http://current.ndl.go.jp/node/30685

【イベント】日本建築学会賞受賞記念講演会「設計者が語る武蔵野プレイス物語~武蔵野プレイスはいかに設計されたのか」(1/22・東京)

2017年1月22日、東京都武蔵野市の武蔵野プレイスで、日本建築学会賞受賞記念講演会「設計者が語る武蔵野プレイス物語~武蔵野プレイスはいかに設計されたのか」が開催されます。

武蔵野プレイスおよび境南ふれあい広場公園を設計した有限会社Kwhgアーキテクツ代表取締役の比嘉武彦氏が建築計画から賞の受賞にいたるまでを語る
ものです。

参加費は無料ですが、定員は100名で、事前の申し込みが必要です。
100名を超えた場合は抽選となります。また、託児もあります(有料。定員5名)。

日本建築学会賞受賞記念講演会「設計者が語る武蔵野プレイス物語~武蔵野プレイスはいかに設計されたのか」(武蔵野プレイス)
http://www.musashino.or.jp/oshirase_place.html?no=4047&prv=top&f=2

日本建築学会賞受賞記念講演会のご案内.PDF
http://www.musashino.or.jp/library/nck/script/download.php?eno=4047&fno=1

参考:
【イベント】図書館建築の歴史と未来を語り合う~ル・コルビュジエ・前川國男・鬼頭梓・武蔵野プレイス・そして~(11/20・神奈川)
Posted 2016年10月12日

【イベント】和歌山大学附属図書館交流会 「スウェーデンの図書館員、スウェーデンの図書館を語る」(12/27・和歌山)

2016年12月27日、和歌山大学附属図書館が、交流会 「スウェーデンの図書館員、スウェーデンの図書館を語る」を開催します。

附属図書館長の渡部幹雄氏による「スウェーデンの図書館に学ぶこと」及びスウェーデン農業大学図書館で勤務する中野愛子氏による「スウェーデンの図書館事情」の講演の後、意見交換も行われます。

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。
学外の人も参加可能です。

附属図書館交流会 「スウェーデンの図書館員、スウェーデンの図書館を語る」(和歌山大学附属図書館)
http://www.lib.wakayama-u.ac.jp/news/2016122000048/

参考:
E1662 - オンライン資料の納本制度の現在(2)スウェーデン
カレントアウェアネス-E No.278 2015.03.26
http://current.ndl.go.jp/e1662

CA1657 - 小特集 北欧のコミュニティと公共図書館:スウェーデン / 小林ソーデルマン淳子
カレントアウェアネス No.295 2008年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1657

CA1585 - 北欧の移民・難民への図書館サービス-スウェーデンとデンマークの事例から / 堤恵

日本学術会議、第10回情報学シンポジウムを開催(1/12・東京)

2017年1月12日、日本学術会議講堂に於いて、日本学術会議情報学委員会主催による公開シンポジウム「第10回情報学シンポジウム」が開催されます。

このシンポジウムでは、情報学分野の最近の研究動向に関連した講演とパネル討論が行われます。以下の講演や、パネル討論「オープンサイエンスの展望」などが予定されています。事前申込が必要です。

・招待講演「情報通信分野に関連する最近の施作の動向の紹介」
・招待講演「NSFにおけるITの展望」
Jim Kurose(Assistant Director, National Science Foundation)
・招待講演「CCFにおけるITの展望」
Wen Gao(President, China Computer Federation)
・講演「オープンサイエンスの提言」(仮題)
土井美和子氏(日本学術会議、情報通信研究機構)
・講演「オープンサイエンス、研究データ基盤をめぐる国際動向」
村山泰啓氏(日本学術会議、G7オープンサイエンス作業部会、ICSU-WDS、情報通信研究機構)

日本学術会議第10回情報学シンポジウム(日本学術会議第3部情報学、2016/12/12)
http://www-higashi.ist.osaka-u.ac.jp/scj/symposium10.html

【イベント】日仏図書館情報学会講演会「内と外から見た最近のフランス国立図書館」(1/28・東京)

2017年1月28日、東京の日仏会館において、日仏図書館情報学会講演会「内と外から見た最近のフランス国立図書館」が開催されます。講師は国立国会図書館調査及び立法考査局の服部有希です。

この講演会ではフランス国立図書館(リシュリュー館)の写本部で日本語資料整理、デジタル化資料活用等に関する実務研修を受けた講師が、その経験を踏まえ、資料デジタル化を中心とするフランス国立図書館の最近の取り組みを紹介するとのことです。

参加費は無料ですが、事前にメールでの申し込みが必要で、定員は30名(先着順)です。

日仏図書館情報学会 講演会「内と外から見た最近のフランス国立図書館」(日仏図書館情報学会)
http://www.sfjbd.sakura.ne.jp/03_main/sub/pdf/hattori.pdf

【イベント】講演会「2020年の目録システムは?」(3/10・福岡)

2017年3月10日、九州大学(箱崎)中央図書館に於いて、九州地区国立大学図書館協会主催による講演会「2020年の目録システムは?」が開催されます。

この講演会では、講演とパネルディスカッションを通じて、2020年以降の大学図書館における目録を主眼に、新しい時代に大学図書館が提供する目録サービスについて考える機会としていただくことを目的としています。

・講演1「日本十進分類法新訂10版の概要」
藤倉 恵一 氏(文教大学越谷図書館情報サービス係)
・講演2「RDAのメガネをかけてCATを眺める」
高野 真理子 氏(NPO法人大学図書館支援機構)
・講演3「CAT2020―NACSIS-CAT検討作業部会の検討状況について」
大西 賢人 氏(京都大学附属図書館学術支援課)

などが予定されています。参加費は無料ですが、事前申込が必要です。

講演会「2020年の目録システムは?」(3/10)(九州大学附属図書館)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/events/20170310_mokuroku

参考:
第15回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開
Posted 2016年11月22日

LODチャレンジ実行委員会と科学技術振興機構(JST)、「JSTリンクト・データ(大規模文献情報・シソーラス)を使い倒そう!-LODC2016×J-GLOBAL knowledge連携イベント-」を開催(12/19・東京)

2016年12月19日、LODチャレンジ実行委員会と科学技術振興機構(JST)の主催で、「JSTリンクト・データ(大規模文献情報・シソーラス)を使い倒そう!-LODC2016×J-GLOBAL knowledge連携イベント-」が開催されます。

このイベントでは、検索言語SPARQLやJ-GLOBAL knowledgeデータセットの紹介に続けて、文献情報やシソーラスを用いて種々の情報を抽出・分析するSPARQLクエリを作成する「クエリソン」が実施されます。

例えば、下記のような用途のクエリが作成できるとのことです。
・DBpediaなど外部データセットとの連携
・製品開発等の技術シーズ探索に役立つ関連研究文献の検索
・研究テーマに応じた大学や研究室選び
・共同研究・開発を目的とした研究者探索
・国内の最新研究動向の把握
・書誌計量学的な分析
・シソーラスを活用した既存DBの構造化、索引づけ
・シソーラスを用いた検索機能の向上(同義語や上位・下位語の利用)
・最先端のライフサイエンス研究データの連携

参加には事前申込が必要です(定員40名、先着順)。

JSTリンクト・データ(大規模文献情報・シソーラス)を使い倒そう!-LODC2016×J-GLOBAL knowledge連携イベント-

ページ