イベント

【イベント】平成29年度京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性 -IIIFの動向と活用例から考える-」(10/18・京都)

2017年10月18日、京都大学附属図書館において、平成29年度京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性 -IIIFの動向と活用例から考える-」が開催されます。

IIIFコンソーシアムの活動およびIIIFの概要、デジタル画像の共有による研究事例、IIIFの実装例の報告により、デジタルアーカイブを巡る最新の状況を俯瞰するとともに、これにより今後の大学図書館におけるデジタル画像の情報発信、研究における活用の可能性、およびデジタルアーカイブの推進の契機とすることを目的としています。

受講料は無料ですが、定員は80人で、事前の申し込みが必要です(先着順)。

当日の講演記録について、映像は京都大学OCWにて、資料は京都大学学術情報リポジトリKURENAIで保存・公開の予定とのことです。

平成29年度 京都大学図書館機構講演会「デジタルアーカイブの新たな展開と可能性 -IIIFの動向と活用例から考える-」(京都大学図書館機構)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1375879

【イベント】JPCOARスキーマ説明会(10/10・東京)

2017年10月10日、国立情報学研究所(NII)において、JPCOARスキーマ説明会が開催されます。

オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)が2017年秋にリリースを予定している新しいメタデータスキーマ「JPCOARスキーマ」について、概要と詳細、今後のスケジュールなどが説明されます。

参加費は無料で、事前申込が必要です。

2017年8月30日 JPCOARスキーマ説明会を開催します(JPCOAR, 2017/8/30)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page_id=49#_href_135

JPCOARスキーマ説明会参加申込フォーム
https://jp.surveymonkey.com/r/73H7CXL

【イベント】札幌大学創立50周年記念公開講座「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」(10/11、10/19、10/25・札幌)

2017年10月11日、10月19日、10月25日、札幌大学図書館を会場に、札幌大学創立50周年記念公開講座「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」が開催されます。

同大学の創立50周年記念事業「札大×山口昌男プロジェクト」に関連し、大学におかれた個人文庫にスポットを当て相互に紹介しあう全3回シリーズです。

受講料は無料ですが、事前の申し込みが必要で、定員は70人です(先着)。

・10月11日
「活きた文庫を目指して―加藤周一文庫の現在と将来」
鷲巣 力氏(立命館大学客員教授・立命館大学加藤周一現代思想研究センター長)

・10月19日
「丸山眞男文庫の意義と展望:丸山研究史のなかの位置」
川口雄一氏(東京女子大学「丸山眞男研究プロジェクト」特任研究員(2015-2016年度) )

・10月25日
「山口昌男先生と山口文庫について」
石塚純一氏(元札幌大学教授・立命館大学加藤周一現代思想研究センター客員研究員)

【イベント】国際ワークショップ「データ・ライブラリアン:アメリカ大学図書館におけるライブラリアンの役割変化について」(9/7・東京)

2017年9月7日、東京大学本郷キャンパスにおいて、「データ・ライブラリアン:アメリカ大学図書館におけるライブラリアンの役割変化について」をテーマとする国際ワークショップが開催されます。

米・ミシガン大学のライブラリアンJungwon Yang氏が、米国の大学図書館におけるデータ・ライブラリアンの役割について報告します。報告では、データ・サービスを提供するライブラリアンの3つの類型を紹介し、ライブラリアンの業務と研究者の研究との関連性、大学図書館の研究者支援における課題や可能性について議論するとのことです。

主催は、東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターです。報告等は英語で行われますが、報告と質疑応答には日本語の通訳が付きます。事前の申込が必要です。

公開セミナー/ワークショップ(社会調査・データアーカイブ研究センター)
http://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/international/public-lectures/

【イベント】知的障害の方のための読書支援サポート講座(9/22・生駒、9/29、10/6・桜井)

文部科学省科学研究費助成事業「公共図書館における知的障害者のための合理的配慮のあり方に関する研究」研究委員会が主催し、奈良県の生駒市図書館と桜井市立図書館が共催する「知的障害の方のための読書支援サポート講座」が、2017年9月22日に生駒市図書会館(生駒市図書館)、9月29日と10月6日に桜井市立図書館で開催されます。

知的障害のある方が読書を楽しみ、必要な情報を得ることができるように、知的障害についての理解を深め、わかりやすい資料の提供やサービスについて学ぶものです。

内容は以下の通りで、全講座の受講者には修了証が授与されますが、1日単位の受講も可能です。

9月22日 
・図書館の障害者サービスと知的障害の方
・わかりやすい本と視聴覚資料協会情報センター参与・野村美佐子)

9月29日 
・知的障害の方との関わり方 
・本の紹介と読み聞かせ(実習付き)

10月6日 
・代読の方法その1・その2(実習付き)

参加費は無料ですが、事前に各館に申し込む必要があります。
(9月22日分については当日受付可能)

【イベント】KU-ORCAS キックオフセミナー「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」(9/22・東京、吹田)

2017年9月22日、関西大学東京センターと関西大学千里山キャンパスにおいて、「KU-ORCAS キックオフセミナー」が開催されます。

このセミナーは関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)の設立を記念したもので、テーマは「デジタル・アーカイブ化の先にあるものー新しい人文学研究のあり方をめぐってー」です。同センターは、デジタルアーカイブの構築を通して東アジア文化研究のオープン・プラットフォームの形成を目指しています。

セミナーは二会場同時開催で、二元中継されます。参加は無料で、事前申込が必要です。

講演 東京会場
永崎研宣(一般財団法人人文情報研究所 主席研究員)
「SAT 大蔵経テキストデータベース ー東アジア文化研究デジタルアーカイブのオープン・プラットフォームとしてー」
久永一郎(大日本印刷株式会社 C&I事業部コンサルティング本部IM&Sコンサルティング室室長)
「ルーヴル美術館・DNP 共同プロジェクト"Lonvrev-DNP Museum lab"鑑賞システムの開発プロセスと認知科学的実証(論文)の紹介」
「BnF(フランス国立図書館)所蔵 天球儀・地球儀の超高層細3次元計測の技術紹介」

【イベント】デジタルアーカイブサロン2017年秋番外編「ゲームの保存と目録 ー立命館大学における活動を通じてー」(9/8・京都)

2017年9月8日、京都市の立命館大学衣笠キャンパスにおいて、アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会とデジタルアーカイブブサロンの主催により、デジタルアーカイブサロン2017年秋番外編「ゲームの保存と目録 ー立命館大学における活動を通じてー」が開催されます。

立命館大学が進めているゲームアーカイブ事業に関して、立命館大学ゲーム研究センターの収蔵庫見学会と、ゲーム保存活動の概要やゲームの目録・メタデータを中心とした日本のデジタルアーカイブの課題と今後の方向性を探る研究会が行われます。

見学会・研究会の参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

『ゲームの保存と目録 -立命館大学における活動を通じて-』デジタルアーカイブサロン2017年秋 番外編(Facebook)
https://www.facebook.com/events/506300139708507/

【イベント】株式会社未来の図書館 研究所、第2回シンポジウム「図書館とソーシャルイノベーション」を開催(10/11・東京)

2017年10月11日、日比谷図書文化館において、株式会社未来の図書館 研究所の第2回シンポジウム「図書館とソーシャルイノベーション」が開催されます。

ソーシャルイノベーションという観点から、図書館の今後のあり方を考えるものとなっています。

講演者・パネリスト:
太田剛氏(図書館と地域をむすぶ協議会 チーフディレクター)
宇陀則彦氏(筑波大学図書館情報メディア系 准教授)
コーディネーター:
永田治樹氏(未来の図書館 研究所 所長)

定員は200名で、参加費は無料です。事前の申込が必要です。

【イベント】シンポジウム「子どもの本の視点から震災を振り返る」(9/24・盛岡)

2017年9月24日、国立国会図書館国際子ども図書館が、岩手県教育委員会・岩手県立図書館との共催により、岩手県盛岡市の岩手県民会館において、シンポジウム「子どもの本の視点から震災を振り返る」を開催します。

児童文学作家(アーサー・ビナード氏・柏葉幸子氏・濱野京子氏)が、児童文学・文化評論家の野上暁氏のコーディネートのもと、東日本大震災についての想いをパネルディスカッションにて語り合います。

入場は無料ですが、定員は400人で、事前の申し込みが必要です。

シンポジウム「子どもの本の視点から震災を振り返る」(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2017-11.html

【イベント】第1回ライブラリー・アカデミー公開セミナー「変わりゆく図書館とその環境 ~図書館のイメージチェンジ」(9/21-22・東京)

2017年9月21日から22日まで、株式会社図書館流通センター(TRC)本社において、第1回ライブラリー・アカデミー公開セミナー「変わりゆく図書館とその環境 ~図書館のイメージチェンジ」が開催されます。

同セミナーでは、図書館をめぐる環境や状況の変化について各分野の専門家が講演を行い、聴講者と意見交換を行います。建築、デジタル技術、出版やブランディングなどがテーマの4つのコースに分かれて実施されます。

9月21日
Aコース
「図書館の未来」
銭谷眞美氏(東京国立博物館館長)
「建築から図書館を変える」
植松貞夫氏(跡見学園女子大学文学部教教授)
Bコース
「デジタル技術の普及・浸透が日本の図書館にもたらすもの」
原田隆史氏(同志社大学大学院総合政策科学研究科教授)
「デジタルアーカイブと図書館の可能性~各地の最新事例に学ぶ」
田山健二氏(TRC-ADEAC株式会社代表取締役)

ページ