イベント

【イベント】平成29年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-被災県が実施する震災アーカイブの意義-(1/11・仙台)

2018年1月11日、東北大学において、国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所が、「平成29年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-被災県が実施する震災アーカイブの意義-」を開催します。

2017年11月に行われる世界防災フォーラムの概要を報告するほか、東日本大震災と熊本地震の被災県の震災アーカイブ担当者による事例報告、各県のアーカイブ構築や県内のアーカイブとの連携等について議論するパネルディスカッションなどが行なわれます。

参加費は無料です。事前の申込が必要です。

●震災アーカイブを取り巻く国際動向
「世界防災フォーラム&ぼうさいこくたいの報告」
ボレー・セバスチャン氏(東北大学災害科学国際研究所助教)

●被災県が取り組む震災アーカイブ~復興に向けて目指すもの~
「「いわて震災津波アーカイブ~希望~」について」
酒井 淳氏(岩手県復興局復興推進課推進協働担当課長)

「熊本地震への対応とデジタルアーカイブ」
林田 昭広氏(熊本県知事公室危機管理防災課熊本地震検証室主幹)

「茨城県における東日本大震災の記録資料の収集と公開」
中原 健次氏(茨城県生活環境部防災・危機管理局防災・危機管理課副参事)

【イベント】シンポジウム「大学におけるオープンサイエンス」(11/21・つくば)

2017年11月21日、茨城県つくば市の筑波大学総合研究棟にて、筑波大学図書館情報メディア系等が主催するシンポジウム「大学におけるオープンサイエンス」が開催されます。

このシンポジウムは大学におけるオープンサイエンスの推進をテーマとし、推進のための方策やその可能性について議論するとのことです。京都大学図書館機構長・附属図書館帳である引原隆士教授による基調講演の他、科学技術・学術政策研究所の林和弘氏、物質・材料研究機構の伊藤聡氏、ORCIDの宮入暢子氏、筑波大学図書館情報メディア系の逸村裕教授によるパネルディスカッションが行われます。

シンポジウム 大学におけるオープンサイエンス
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/grad/assets/files/chirashi.pdf

【イベント】越佐歴史資料調査会・地方史研究協議会合同研究例会「地域と歩む史料保存活動 ―越佐歴史資料調査会の20年とこれから―」(11/4・長岡)

2017年11月4日、新潟県長岡市の長岡震災アーカイブセンターきおくみらいにおいて、越佐歴史資料調査会・地方史研究協議会合同研究例会「地域と歩む史料保存活動 ―越佐歴史資料調査会の20年とこれから―」が開催されます。

新潟県内で、地域に遺る歴史資料の調査・整理を中心に継続して活動してきた越佐歴史資料調査会が、2017年8月で結成20年を迎えたことから、調査会の活動を振り返り、その成果と課題について考えるものです。

参加費が資料代として500円必要です。内容は以下の通りです。

・報告1 長谷川 伸氏
「地域と歩む史料保存活動 ―越佐歴史資料調査会の20年を振り返る―」
・報告2 鈴木 秋彦氏
・「越佐歴史資料調査会と自治体との連携 ―新発田市蔵光・滝谷調査の事例を通して―」
・報告3 西村 慎太郎氏
「地域歴史資料保存の課題 ―越佐歴史資料調査会に学んだこと、できなかったこと―」
・報告4 新井 浩文氏
「地方史研究と地域史料調査会」
・質疑・討論

【イベント】シンポジウム 「変体仮名のこれまでとこれから」(11/25・立川)

2017年11月25日、東京都立川市の国立国語研究所において、人間文化研究機構 広領域連携基幹研究プロジェクト「異分野融合による総合書物学の構築」国立国語研究所ユニット「表記情報と書誌形態情報を加えた日本語歴史コーパスの精緻化」主催のシンポジウム「変体仮名のこれまでとこれから」が開催されます。

セッション1「変体仮名のこれまで」、セッション2 「変体仮名の文字コード標準化」、セッション3 「変体仮名・くずし字学習」、セッション4 「字形データベースとOCR」の4つのセッションで複数の発表が行われます。

参加費・事前申込みともに不要です。

シンポジウム 「変体仮名のこれまでとこれから」(国立国語研究所)
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20171125-sympo/

【イベント】公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ― 地域文化資源デジタルアーカイブの役割 ―」(11/24・東京)

2017年11月24日、東京文化資源会議(TCha)主催の公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ― 地域文化資源デジタルアーカイブの役割 ―」が、東京大学において開催されます。

TChaでは、谷中・根津・千駄木地域を対象にした、デジタルアーカイブ・プロジェクトを進めてきており、本シンポジウムは、このプロジェクトの中間報告を行なうとともに今後の可能性を探り、産学民の連携のもとでの可能性と課題を論議するものです。

シンポジウムの内容は以下の通りです。

【イベント】アート・ドキュメンテーション学会第10回秋季研究集会(11/19・東京)

2017年11月19日、印刷博物館において、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)第10回秋季研究集会が開催されます。

「音楽学における研究図書館とアーカイヴ」をテーマとした企画セッション、印刷博物館の企画展示の見学及び担当学芸員によるレクチャー、研究発表が行なわれます。

参加費は正会員が1,500円、非会員が2,000円です。事前の申込が必要です。

【10:40-12:15 第一部 企画セッション/招待講演+パネルディスカッション】
テーマ:音楽学における研究図書館とアーカイヴ
・「音楽資料と図書館、アーカイヴ、ドキュメンテーション」
林淑姫(旧日本近代音楽財団日本近代音楽館主任司書・事務局長)
・「メディアとしての編曲版と作品としての編曲版:ベートーヴェン音楽を例として」
平野昭(静岡文化芸術大学名誉教授・元慶應義塾大学文学部教授)
・パネルディスカッション 林淑姫 平野昭 司会:前田富士男(予定)

【13:15-14:05 第二部 印刷博物館レクチャー+見学】
[企画展示]キンダーブックの90年 -童画と童謡でたどる子どもたちの世界-

【イベント】国立国会図書館第28回保存フォーラム(12/21・東京)

2017年12月21日、国立国会図書館(NDL)は、第28回保存フォーラムを開催します。
 
虫菌害の発生を抑えるための総合的有害生物管理(Integrated Pest Management:IPM)の実践に関する理解を深めるため、「図書館資料を守るIPMの実践」をテーマとして開催します。
 
東京文化財研究所保存科学研究センター長の佐野千絵氏による講演「図書館における虫菌害対策―最近の動向―」(仮題)の後、九州大学附属図書館・埼玉県立図書館・NDLの事例報告を行います。
 
定員は300人(先着順)で、定員に達した時点で受付を終了します。
 
第28回保存フォーラム(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/preservationforum28.html

【イベント】国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」(11/11-12・神戸)

2017年11月11日と11月12日に、神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホールにおいて、科学研究費補助金基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立-東日本大震災を踏まえて-」研究グループ主催の国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」が行なわれます。

東日本大震災後の実践的研究を踏まえながら、地域の歴史遺産を保全するための国際的なネットワークに着目し、これからの地域歴史資料学を展望するものです。

参加費は無料で、事前の申し込み不要です。

主な内容は以下の通りです。

●11月11日(土) ~災害資料の保存と活用~
・[趣旨説明]奥村弘氏(神戸大学)
・[基調講演]アンドルー・ゴードン氏(ハーバード大学)「災害が喚起する歴史保存と歴史認識の課題」
・[報告]イ・ユンギョン氏(韓国国家記録院/神戸大学)「韓国の災害資料の管理・活用の現状-公共機関を中心として-」
・[コメント]エリザベス・マリ氏(東北大学災害国際研究所)、白井哲哉氏(筑波大学)、佐々木和子氏(神戸大学)
・討論

【イベント】2017年NDLデジタルライブラリーカフェ(第1回11/29、第2回12/2・東京)

2017年11月29日と12月2日、国立国会図書館(NDL)は、NDL東京本館において、2017年「NDLデジタルライブラリーカフェ」を開催します。

科学者と市民が気軽に科学の話題について語り合う「サイエンスカフェ」の手法を取り入れ、ゲストがデジタルライブラリーに関する最新の話題を紹介し、参加者を交えて語り合います。

参加費は無料です。事前の申込が必要です。

<第1回>
2017年11月29日 13時30分~16時30分
「NDL×データ可視化」
矢崎 裕一(東京大学空間情報科学技術センター協力研究員、Code for Tokyo代表)

<第2回>
2017年12月2日 13時~17時
「地域資料を最新規格でお手軽に使いやすくしてみよう」
永崎 研宣(人文情報学研究所主席研究員)

E1963 - LISSASPAC日本支部設立会・記念研究講演会<報告>

2017年8月12日,アジア太平洋図書館情報学会(Library and Information Science Society for Asia and the Pacific:LISSASPAC)日本支部の設立セレモニー及び記念研究講演会が,大阪府立中之島図書館において開催され,32人の参加があった。

ページ