グアテマラ

マラケシュ条約、2016年9月30日に発効:批准国が20か国に到達

世界知的所有権機構(WIPO)は、2016年6月30日、カナダがマラケシュ条約(盲人,視覚障害者及び読字障害者の出版物へのアクセス促進のためのマラケシュ条約)を批准したことにより、発効に必要な批准国数20か国に到達したと発表しています。

マラケシュ条約は、2016年9月30日に発効することになります。

批准20か国は、インド、エルサルバドル、アラブ首長国連邦、マリ、ウルグアイ、パラグアイ、シンガポール、アルゼンチン、メキシコ、モンゴル、韓国、オーストラリア、ブラジル、ペルー、北朝鮮、イスラエル、チリ、エクアドル、グアテマラ、カナダです。

関係団体もコメントを発表しています。

Canada’s Accession to Marrakesh Treaty Brings Treaty into Force(WIPO,2016/6/30)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2016/article_0007.html

WIPO-Administered Treaties
Contracting Parties > Marrakesh VIP Treaty (Treaty not yet in force)

EIFL、女性支援サービスを行う「公共図書館イノベーション賞」授賞2館を発表

2013年7月5日、EIFLの公共図書館イノベーションプログラム(EIFL-PLIP)は、5番目のイノベーションアワードの授賞2館を発表しました。今回のアワードは、ICTを利用して女性支援を行う図書館サービスを対象としたものです。

受賞した2館とは、スラム地域居住者の女性に仕事を見つけさせ、起業する支援を行っているネパールのカトマンズ、BaluwatarのREADによる情報リソースセンターと、優れた女性の織工を対象にビジネスとICTスキルの支援を行うグアテマラのサン・フアン・ラ・ラグーナのRija’tzuul Na’ooj図書館となっています。

EIFLのウェブサイトでは両館の取組みについて詳細な紹介があります。

EIFL-PLIP awards for libraries empowering women (EIFL 2013/7/5付けの記事)
http://www.eifl.net/news/eifl-plip-awards-libraries-empowering-women