図書館建築

小牧市(愛知県)、新小牧市立図書館の基本設計図書を策定

2018年4月20日、愛知県の小牧市が新小牧市立図書館の基本設計図書を策定したと発表し、ウェブサイトで「新小牧市立図書館 基本設計図書(概要版)」 を公開しました。

2018年度に実施設計業務を行い、2019年度・2020年度に建設工事、2020年度末の供用開始に向けて事業を進めるとしています。

新着情報一覧(小牧市)
http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/news.html
※「2018年04月20日 新小牧市立図書館の基本設計図書を策定しました。」とあります。

新図書館の建設 > 新小牧市立図書館の基本設計について(小牧市)
http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/shimin/kosodatekyoiku/shougai/10/16832.html

米国建築家協会(AIA)・米国図書館協会(ALA)主催の2018年図書館建築賞受賞6館が発表

2018年4月6日、米国建築家協会(AiA)が、米国図書館協会(ALA)と共同で毎年開催している図書館建築賞の2018年の授賞館6館を発表しています。

受賞館は以下の通りで、多くの人々が集まれる図書館空間や、水やエネルギーを節約する持続可能な機能といった近年の傾向が反映されていると説明されています。

・オースティン中央図書館(米・テキサス州)
・イーストハム公共図書館(米・マサチューセッツ州)
・ヘイスティングズ公共図書館の改修/増築(米・ネブラスカ州)
・プリンスジョージズ郡記念図書館ローレス分館(米・メリーランド州)
・サンタモニカ公共図書館ピコ分館(米・カリフォルニア州)
・タルサ市・郡中央図書館(米・オクラホマ州)

長崎県立長崎図書館、県立長崎工業高等学校から同館の模型の寄贈を受ける

2018年3月28日、長崎県立長崎図書館は、県立長崎工業高等学校から、現在の同館の姿を後世に残すことを目的に県立長崎工業高等学校インテリア科の課題研究として製作していた模型の寄贈を受けたことを発表しました。

3月27日に贈呈式が行われ、現在、模型は同館で展示されています。

長崎県では2019年1月末の建物完成予定で「長崎県立・大村市立一体型図書館及び大村市歴史資料館」(仮称)の建設工事が進められています。

県立長崎工業高等学校から県立長崎図書館模型を寄贈していただきました(長崎県立長崎図書館,2018/3/28)
http://www.lib.pref.nagasaki.jp/#05

贈呈式の様子(JPG)
https://www.lib.pref.nagasaki.jp/images/20180327_mokei.jpg

中央教育審議会、「第3期教育振興基本計画について(答申)」を公表

2018年3月8日、中央教育審議会(中教審)が、「第3期教育振興基本計画について(答申)」をとりまとめ、文部科学大臣に手交するとともに、文部科学省のウェブサイトで公表しました。

2018年度から2022年度の計画期間における、5つの基本的な方針と21の教育政策の目標及び施策群を取りまとめたものです。

図書館関係では、基本的な方針1「夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力を育成する」の目標(2)「豊かな心の育成」において、読書活動の充実が、基本的な方針3「生涯学び、活躍できる環境を整える」の目標(11)「人々の暮らしの向上と社会の持続的発展のための学びの推進」において、施設の複合化や多様な資金調達等も活用した持続可能な社会教育施設(公民館、博物館、図書館)の運営が、同じく目標(13)「障害者の生涯学習の推進」において、障害者スポーツ・障害者の文化芸術活動の振興等として図書館などの環境整備が、基本的な方針5「教育政策推進のための基盤を整備する」の目標(18)「安全・安心で質の高い教育研究環境の整備」として学校図書館の整備充実に言及されています。

高知県、新図書館等複合施設「オーテピア」の開館日を2018年7月24日に正式決定

2018年2月13日、高知県が、新図書館等複合施設「オーテピア」の開館日を2018年7月24日に正式決定したと発表しています。

新図書館等複合施設「オーテピア」開館日の決定について(高知県,2018/2/13)
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/312201/2018021500018.html

オーテピア
https://otepia.kochi.jp/

参考:
高知県立図書館、閉館セレモニーを開催
Posted 2017年12月8日
http://current.ndl.go.jp/node/35127

静岡県立中央図書館、閲覧室床ひび割れ詳細調査の結果報告を公表

静岡県立中央図書館が、閲覧室床ひび割れ詳細調査の結果報告を公表しています。

調査は2017年9月1日から2018年1月31日にかけて行われたもので、ひび割れの原因は、荷重増等による建物全体の重量増、コンクリートの乾燥収縮、不同沈下、過去の地震等の要素が複合的に作用したものと推定されるが、構造的な問題ではないことがわかったとし、ひび割れの補修を行えば、当面は床を使用し続けることは可能とのことから、2018年度に補修工事を実施し、閲覧室の利用を再開するとしています。

閲覧室床ひび割れ詳細調査の結果報告(静岡県立中央図書館)
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2018/hibiwarehoukoku.html

成蹊大学とNTTコミュニケーションズ株式会社、図書館等に設置したセンサーから温湿度・照度・CO2濃度などのデータを収集し快適な学習環境を調査する実証実験の開始

2018年2月13日、成蹊大学とNTTコミュニケーションズ株式会社は、学習効率が最もよい環境について、大学内に設置したセンサーから取得したデータを用いて分析する、実証実験を開始すると発表しました。

この実証実験では成蹊大学の講義室や図書館等に設置したセンサーから、温湿度、照度、CO2濃度などのデータを収集し、NTTコミュニケーションズのクラウドサービス上に蓄積します。蓄積されたデータの分析と、学生・教職員による体感評価を組み合わせることで、最適な学習環境を実現する条件を特定するとのことです。

成蹊大学とNTT ComがIoTを活用した「空間の価値」を最大化するための実証検証を開始(NTTコミュニケーションズ、2018/2/13付け)
http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2018/0213_2.html

文部科学省、「大学図書館における先進的な取組の実践例」(Web版)に平成29年度分を掲載

2018年1月30日、文部科学省が、「大学図書館における先進的な取組の実践例」(Web版)に平成29年度分として以下の4例を掲載しています。

・人工知能研究とのコラボレーションを実現する学修スペース 電気通信大学附属図書館「UEC Ambient Intelligence Agora」(電気通信大学)

・クラウドファンディング「巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う」(東京藝術大学)

・資料費確保を目標に掲げたクラウドファンディングプロジェクトへの取り組み(筑波大学)

・文理の垣根を越えて社会の諸問題を解決に導く学術拠点 近畿大学「アカデミックシアター」(近畿大学)

新着情報(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/news/index.html
※平成30年01月30日欄に「大学図書館における先進的な取組の実践例(Web版) 平成29年度」とあります。

石川県、新県立図書館の内部空間イメージを公表

石川県が、2018年1月4日の知事記者会見(年頭知事会見)において、移転・建替予定の新しい県立図書館の内部空間イメージを発表しています。

開架図書約30万冊、円形の大閲覧室、閲覧席500席、屋外空間と一体的な利用ができる屋内広場、様々な知的活動を行う研修室の設置などが紹介されています。

知事記者会見(年頭知事会見) - 平成30年1月4日 - 3 新県立図書館の整備(石川県,2018/1/10)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/chiji/kisya/h30_1_4/05.html

開放的な吹き抜けの読書空間:図9 [JPG:841KB]
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/chiji/kisya/h30_1_4/documents/slide9.jpg

静岡県立中央図書館、事前予約による資料貸出・レファレンスサービスカウンターでの質問受付・複写サービス等を再開へ

閲覧室の床にひび割れが発見され、安全対策実施のため臨時休館している静岡県立中央図書館が、2018年1月から、事前予約による資料貸出・レファレンスサービスカウンターでの質問受付・複写サービス等、以下のサービスを再開すると発表しています。

閲覧室には引き続き立ち入ることはできません。

・事前に予約した資料の県立中央図書館での貸出(予約開始:1月10日から、貸出:1月11日から)

・インターネット予約した資料の市町立図書館等での受取(予約開始:1月10日から、貸出:1月19日から)

・レファレンスサービスカウンターでの質問受付(資料内容に関しては後日回答)及び書誌・所蔵情報の提供 (1月10日から)

・新聞閲覧(原紙、マイクロフィルム:1月10日から) 
※原紙は過去3年分の静岡新聞と1年分の全国主要紙

・オンラインデータベースの利用(1月10日から)

・インターネット閲覧パソコンの利用(1月10日から)

・来館による直接複写、郵送等による複写依頼受付 (1月10日から)

ページ