ブータン

【イベント】公開フォーラム「世界の博物館2019」(10/26・吹田)

2019年10月26日、大阪府吹田市の国立民族学博物館において、公開フォーラム「世界の博物館2019」が開催されます。

同館では、独立行政法人国際協力機構(JICA)の委託を受け、世界各地の博物館専門家を対象とした課題別研修「博物館とコミュニティ開発」を実施しています。

同フォーラムは、2019年度の同研修の参加者の出身国・地域である、アルメニア・ブータン・エジプト・フィジー・インドネシア・パレスチナ・スーダン・ザンビアの博物館事情に触れ、あわせて博物館の可能性を考えることを目的に開催されるものです。

参加無料で要事前申込(定員70名[先着順])です。

公開フォーラム「世界の博物館2019」(国立民族学博物館)
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/museology191026

CDNLAOニュースレター、最新号の特集は3月開催の第24回CDNLAO

国立国会図書館(NDL)が編集するCDNLAO(アジア・オセアニア国立図書館長会議)の英文ニュースレター“CDNLAO Newsletter”の第86号が公開されています。

特集として3月にニュージーランド国立図書館で開催された「第24回アジア・オセアニア地域国立図書館長会議」を取り上げており、

ニュージーランド:“Hosting the 24th Conference of Directors of National Libraries in Asia and Oceania”
日本:“Participating in the 24th CDNLAO Meeting”
シンガポール:“IFLA Regional Office (Asia & Oceania) - International Collaboration in the Region and How to Contribute”

の記事が掲載されています。

E1438 - 地域の自立的発展のための“図書館”を作るREAD Global

ネパール等で,農村地域の自立的発展のため“図書館”を作る活動を行っている非営利組織READ Global(以下READ)に対して,2013年4月14日,米国のペンシルバニア大学とそのビジネススクールであるウォートン・スクール(Wharton School)が“Lipman Family Prize”を贈った。READの代表者であるシアビカ(Tina Sciabica)氏は受賞に際しインタビューに応じ,その活動の概要や考え方を語った。...

ブータン国立図書館の蔵書管理と目録

国立国会図書館が編集するCDNLAO(アジア・オセアニア国立図書館長会議)の英文ニュースレター"CDNLAOニュースレター"の2013年3月号に、ブータン国立図書館の蔵書管理と目録についての記事が掲載されています。納本、寄贈、購入により蔵書構築がされている一方、人員の不十分さや資料購入のための予算の不足が蔵書構築の制約になっていることなどが紹介されています。

NATIONAL LIBRARY OF BHUTAN: COLLECTION MANAGEMENT AND CATALOGING OF MATERIALS(2013年3月付け CDNLAO Newsletter)
http://www.ndl.go.jp/en/cdnlao/newsletter/076/762.html