ミャンマー

マンダレー大学とヤンゴン大学、オープンアクセスの機関リポジトリを開設(ミャンマー)

2017年5月12日付のEIFLのブログ記事によると、ミャンマーのマンダレー大学とヤンゴン大学がオープンアクセスの機関リポジトリを開設しました。

これらのリポジトリは、途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)のEIFL eLibrary Myanmarプロジェクトを通してEIFLの支援のもと開設され、査読誌の雑誌記事や研究論文などが収録されています。

開設時、マンダレー大学の機関リポジトリ“University of Mandalay Open Access Repository(UMOAR)”には、163の著者による134の出版物、ヤンゴン大学の機関リポジトリ“University of Yangon Repository(UYR)”には、物理学や化学関係の著者を中心に、342の著者による144の出版物が収録されています。

ミャンマーで大学図書館コンソーシアムが結成される

途上国において図書館を通じたデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)が、同団体のウェブサイトで、ミャンマーにおいて、大学図書館のコンソーシアム“Myanmar Academic Library Consortium” (MALC)が結成されたことを紹介しています。

2016年8月にEIFLが開催したワークショップ“How to manage a successful library consortium”において、9つの大学図書館が覚書を締結し、結成されたもので、コレクション・専門知識・プログラムの共有により、教育・学習・研究を促進する、豊かで支援的で多様な学習環境を、協同で作成し維持する事を目的にしてます。

The Myanmar Academic Library Consortium is born(EIFL,2016/12/13)
http://www.eifl.net/news/myanmar-academic-library-consortium-born

参考:
ミャンマーの大学図書館に、電子情報資源を提供する“e-Library Myanmar Project”(記事紹介)
Posted 2016年7月25日

住友商事株式会社、ミャンマーのドーキンチー財団に移動図書館車3台を寄贈

2016年9月14日、住友商事株式会社は、6月にミャンマーのドーキンチー財団に移動図書館車3台を寄贈したことを発表しました。

ドーキンチー財団は、ミャンマーにおける健康、教育、生活水準の向上などを目的とし、アウンサンスーチー氏によって設立された非営利団体です。同財団による移動図書館はミャンマーの学生・生徒などに利用されています。

寄贈された移動図書館車は、主に地方農村地帯を定期巡回する予定となっています。

ミャンマーのドーキンチー財団(DKKF)へ移動図書館車両を寄贈(住友商事株式会社, 2016/9/14)
http://www.sumitomocorp.co.jp/company/topics/20160831-01/

Mobile Library(Daw Khin Kyi Foundation)
http://dawkhinkyifoundation.org/projects/mobilelibrary/

参考:
ミャンマーに初めての移動図書館がオープン
Posted 2013年7月29日
http://current.ndl.go.jp/node/24028

新潟市がミャンマーにブックバスを寄贈:アウンサンスーチー氏から新潟市長へお礼の盾、届く
Posted 2014年8月22日

韓国国立中央図書館、ミャンマーのヤンゴン外国語大学図書館に韓国資料室(Window on Korea)を設置:世界で26番目

韓国国立中央図書館(NLK)が、2016年9月8日、ミャンマーのヤンゴン外国語大学図書館の3階に世界で26番目の韓国資料室(Window on Korea)を開室したと発表しています。

NLKや韓国国際協力団(KOICA)の現地シニアボランティアの支援により設置された同資料室には、韓国語の学習教材、韓国の歴史や文化関連の書籍、韓流ドラマ・映画資料など2,310点が所蔵されています。

Window on Koreaは、書籍を通じた韓国のイメージ向上と韓国学研究支援を目的として2007年に開始した事業で、世界の主な図書館に韓国資料室を設置するものです。

미얀마에 26번째 한국자료실(Window on Korea) 개실- 8일(수) 미얀마 양곤외대 도서관 3층, 도서‧드라마‧영화 등 2천 여 점 - (NLK,2016/9/8)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8731&notice_type_code=3&cate_no=4

NLK Project Window on Korea(NLK)
http://inkslib.nl.go.kr/nlk/nlkProject5.jsp

【イベント】文化遺産国際協力コンソーシアム設立10周年記念「文化遺産からつながる未来」(9/25・東京)

2016年9月25日、東京都港区のTKPガーデンシティ品川で、文化庁、国際交流基金アジアセンター、文化遺産国際協力コンソーシアムにより、「文化遺産国際協力コンソーシアム設立10周年記念「文化遺産からつながる未来」」が開催されます。

プログラムは、

・講演1「文化遺産を支える人々の輪-混迷つづく国際社会の中で」
 岡田保良氏(国士舘大学イラク古代文化研究所長)

・講演2 「『クローン文化財』の文化遺産への活用と意義―デジタルとアナログを組み合わせた技術による人材育成」
 宮廻正明氏(東京藝術大学教授)

・講演3 「文化遺産保存に対するJICAの取組―誰一人取り残されない世界の実現をめざして―」
 江島真也氏 (国際協力機構企画部長)

・ディスカッション 「コンソーシアムの課題と展望」
司会:関雄二氏(国立民族学博物館教授)
登壇者:ニュン・ハン氏(東南アジア教育大臣機構考古学・美術センター上級研究員)、青木繁夫氏(東京文化財研究所名誉研究員)、講演者3名

などが予定されています。

言語は英語と日本語で、同時通訳があります。また、参加費は無料で、定員は300名、事前申込が必要です。

ミャンマー国立図書館(ヤンゴン)、ヤンゴン市の中心街へ移転

ミャンマーの英字紙が、同国の大統領・副大統領・情報大臣・エネルギー大臣による会議で、国立図書館(ヤンゴン)を、現在のヤンゴン市のヤンキン郡区から同市の中心街パベダン郡区へ移転することが合意されたと報じています。

記事では、2016年5月に、ヤンゴン大学中央図書館長、ミャンマー図書館協会、ヤンゴン市の都市遺産保護団体“Yangon Heritage Trust”(YHT)から大統領に対して利便性向上を目的に同館に移転の提案がなされていたことが紹介されています。

移転先は、マーチャント通りにある旧・Burmah Oil Company本社の建物とのことです。

National Library to be relocated to commercial hub of Yangon City(The Global New Light of Myanmar,2016/7/28)
http://globalnewlightofmyanmar.com/national-library-to-be-relocated-to-commercial-hub-of-yangon-city/

Yangon heritage building to become national library (Myanmar Times,2016/8/1)

ミャンマーの大学図書館に、電子情報資源を提供する“e-Library Myanmar Project”(記事紹介)

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)が、ミャンマーにおいて2013年12月から2017年12月まで実施しているプロジェクト“e-Library Myanmar Project”について、2016年7月23日付で、オックスフォード大学出版局のブログに、プロジェクトのコーディネーターであるMyat Sann Nyein氏がプロジェクトの影響と課題を述べた記事が掲載されています。

同プロジェクトは、ミャンマーの大学図書館に、電子ジャーナル・データベース・電子書籍などの電子資源を提供することで、あらゆる分野の教育・研究・学習を提供するものです。

当初ヤンゴン大学とマンダレー大学の2つの大学においてはじめられ、現在7つの大学が参加しており、それらの大学の16万人以上の学生と約4,000人の職員が1万4,000のジャーナルと15万件の電子書籍にアクセスできるようになったことが紹介されています。

一方で課題としては、
・図書館や図書館員の役割が50年以上にわたって軽視されており、図書館の重要性や図書館の能力開発が見過ごされてしまっていること
・インターネットの帯域幅の狭さ
・機関における固定IPアドレスの取得が難しいこと

『アジ研ワールド・トレンド』誌が2016年5月号で「アジアの古本屋」を特集

日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所の刊行している『アジ研ワールド・トレンド』誌が2016年5月号(No.247)で「アジアの古本屋」と題した特集を組んでいます。特集に関連して、以下の記事が掲載されています。

刊行して2カ月を経過した後、PDFで全文公開されます。

巻頭エッセイ
本に親しむ環境‐図書館と古書店‐ / 石川武敏

特集 :アジアの古本屋
特集にあたって / 二階宏之
韓国古書と向き合った60年‐文古堂店主朴贊益氏‐ / 花房征夫
コラム:神田神保町散策‐韓国を探して‐ / 二階宏之
多様化する中国の古本屋‐国有企業からネット販売まで‐ / 狩野修二
楼上からみる香港‐古書店の変遷‐ / 澤田裕子
書籍流通の一翼を担うモンゴルの古本屋 / マンドハイ・ルハグワスレン
インドネシア-多様な知の集積地- / 土佐美菜実
利便性と郷愁のはざま-タイの古書店事情- / 櫻田智恵
路上の大学に学ぶ-ミャンマーの古本屋- / 石川和雅
ベトナムの古本市場 / 上田新也
インド-古本でも本は本- / 坂井華奈子
古書店が私の図書館だった-トルコ- / 粕谷 元
イラン・テヘランの古書店-ある歴史家の視点から- / 小澤一郎

EIFL、マンダレイ大学・ヤンゴン大学と共同で、OAポリシー策定およびリポジトリ運営開始のためのセミナー等を実施(ミャンマー)

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)は、ミャンマーのマンダレイ大学とヤンゴン大学と共同で、各機関のオープンアクセスポリシーを策定し、オープンアクセスのためのリポジトリの運営を開始するためのセミナーや会合を3月2日から9日にかけて行なうとのことです。

セミナーと会合は、Open Society Foundations(OSF)の資金援助のもと、EIFL eLibrary Myanmer Projectの一環として実施されるとのことです。

Open access seminars in Myanmar(EIFL)
http://www.eifl.net/events/open-access-seminars-myanmar-1

EIFL eLibrary Myanmer Project
http://www.eifl.net/eifl-in-action/elibrary-myanmar-project

参考:
EIFL、ザンビアにおけるOAキャンペーンについて紹介(記事紹介)
Posted 2015年5月28日
http://current.ndl.go.jp/node/28561

EIFL、2016年1月からミャンマーで"eLibrary Myanmar Project"の第2期を開始

途上国において図書館を通じてデジタル情報へのアクセスを推進しているEIFL(Electronic Information for Libraries)が、同団体のウェイブサイトで、ミャンマーの大学図書館に、電子ジャーナル・データベース・電子書籍などの電子資源を提供することで、あらゆる分野の教育・研究・学習を提供するプロジェクト"eLibrary Myanmar Project"の第2期を2016年1月から開始すると述べています。

eLibrary Myanmar project phase II(EIFL)
http://www.eifl.net/events/elibrary-myanmar-project-phase-ii

e-Library Myanmar Project (EIFL)
http://www.eifl.net/eifl-in-action/e-library-myanmar-project

ページ