カタール

カタール国立図書館、ギリシャのシリア難民キャンプに図書を寄贈

カタール国立図書館(QNL)が、難民キャンプでの生涯学習と教育機会を支援するため、カタールチャリティ(Qatar Charity)と共同で、ギリシャのネア・カバラ (Nea Kavala)の難民キャンプで活動するドイツのNPO“InterEuropean Human Aid Association”のプロジェクト“We Are Here - Community Centre”に図書を寄贈したと発表しています。

寄贈した図書は児童書328冊と大人向けの図書110冊で、アラビア語と英語のものが含まれます。

これらの本は、難民キャンプで毎週実施されている語学講座の教材としても用いられます。

Qatar National Library Donates Books to Refugee Camp in Greece(QNL,2017/7/24)
http://www.qnl.qa/news-events/news-details?item=343&backArt=76

カタール大学図書館、ScienceDirectから機関リポジトリへのデータ自動取得についてElsevier社と連携

2016年9月28日、Elsevier社はカタール大学図書館と、同大学の教員・研究者が発表した論文のビジビリティ、インパクト、流通を最大化するために連携を結んだことを発表しました。具体的には、Elsevier社の電子ジャーナルプラットフォームScienceDirectのAPIを用い、カタール大学の機関リポジトリQSpaceに対し、同大学の研究者による論文データを自動で配信していくとのことです。

この連携により、Elsevier社の雑誌に掲載されたカタール大学の研究者の論文については、論文のメタデータのみならず、エンバーゴの終了期間や、論文本文のデータもQSpaceに配信されるようになるとのことです。QSpaceはElsevier社から提供された本文データか、あるいはローカルサーバにホストしてある著者最終稿のデータか、リンクする対象を選ぶことができます(双方にリンクすることもできます)。ただしScienceDirect版が有料の雑誌に掲載されている場合、購読機関以外の利用者は最初の1ページのみが閲覧できるとのことです(ScienceDirect版がオープンアクセスの場合、当然ですが誰でもQSpaceから全文を利用できます)。

CA1877 - 動向レビュー:カタール、サウジアラビア、ウズベキスタンの図書館事情 / 山本直樹

筆者は2015年3月に児童書出版事情の調査及びリヤド国際ブックフェア(1)参加のため、出版情報の入手が困難な地域である中東のカタールとサウジアラビア、及び中央アジアのウズベキスタンの3か国を訪問した。ここでは、それぞれの国で訪れた図書館の概要について紹介する(2)。...

カタール国立図書館、目録データのLinked Data化に関し、Zepheira社と契約

カタール国立図書館とZepheria社が、目録データをLinked Data型式に転換しウェブ上で公開することに関して契約を結んだと発表されています。

アラビア語のコンテンツをLinked Dataとしてウェブ上で公開するの中東地域の図書館で同館が初めてとのことです。

Qatar National Library Signs with Zepheira to Bring Collections to the Web QNL is First Library in the Middle East to make the move to Linked Data technologies(Zepheira,2016/3/28)
http://zepheira.com/news/qatar-national-library-signs-with-zepheira-to-bring-collections-to-the-web/

参考:
シンガポール国立図書館委員会(NLB)がLinkded Dataへの取り組みに関してZepheira社と契約
Posted 2014年5月21日
http://current.ndl.go.jp/node/26173

書誌フレームワークの変革へ向けた取り組みを進める米国議会図書館(LC)がZepheira社と契約

IFLA Journal、2014年10月号が公開:イノベーションの中心としての国立図書館がテーマ

国際図書館連盟(IFLA)が刊行する“IFLA Journal”の40巻3号(2014年10月)が公開されました。今号は、「イノベーションの中心としての国立図書館」をテーマとしており、シンガポール、オランダ、エジプト、カタール、エジプト、カナダ、オーストラリア、ドイツ、中国、英国の図書館についての記事が掲載されています。

Volume 40 Number 3 October 2014
http://www.ifla.org/files/assets/hq/publications/ifla-journal/ifla-journal-40-3_2014.pdf

IFLA Journal
http://www.ifla.org/publications/ifla-journal

オープンアクセス出版社BQFJが査読サービスRubriqと連携、査読の委託へ

2014年2月18日、査読実施サービスRubriqが、オープンアクセス誌プラットフォームQScience.comを運営するカタールのオープンアクセス出版社Bloomsbury Qatar Foundation Journals(BQFJ)と連携することを発表しました。

Rubriqは研究者から依頼を受け、雑誌への投稿前に論文を独自に査読し、査読者からの点数とコメント、おすすめの投稿先雑誌の情報等を伝えるサービスを有料で実施している企業です。今回の連携により、QScience.comの各オープンアクセス雑誌は査読をRubriqに直接委託することになります。なお論文の掲載可否については、Rubriqから送られる査読コメントや点数に基づいてQScience.comの各誌の編集委員が決定するとのことです。

QScience selects Rubriq to provide peer review for its 15+ journals(Rubriq Blog、2014/2/18付け)
http://blog.rubriq.com/2014/02/18/qscience-selects-rubriq-to-provide-peer-review/

QSceince.com
http://www.qscience.com/

カタール、Springer社の電子書籍とオンラインジャーナルのナショナルライセンス契約を締結

2013年11月2日、カタール国立図書館は、Springer社の電子書籍とオンラインジャーナルのプラットフォームである、SpringerLinkのナショナルライセンスを契約したと発表しました。この契約により、Qatari IDを持っている、あるいは居住を許可されたカタール住民は、カタール国立図書館でユーザ登録(無料)を行えば、同データベースについて、制限なく利用が可能ということです。

Qatar residents gain access to eBooks and online journals through Qatar National Library and Springer agreement(Qatar National Library 2013/11/2付け)
http://www.qnl.qa/news-events/news-details?item=48&backArt=76

本としてのゲーム:専門知識に基づいた大学図書館のためのゲーム選書(文献紹介)

このほど刊行されたThe Journal of Academic Librarianshipに“Game as Book: Selecting Video Games for Academic Libraries based on Discipline Specific Knowledge”という論文が掲載されています。執筆者は、カタールのカルガリー大学のChristopher M. Thomasa氏、カナダのカルガリー大学のJerremie Clydeb氏の二人です。

この論文は、近年の学術研究におけるテレビゲームの使用を背景に、大学図書館でのテレビゲームの蔵書構築をテーマとしたものです。論文では、テレビゲームは、主にフォーマットの観点から収集が行われているとし、それを踏まえてテレビゲームが専門分野(ここでは歴史学)の知識にどれほど結びついたものかを評価しています。また最後には、大学図書館がテレビゲームの専門領域に基づいて、テレビゲームを蔵書に加えるべきとしているようです。

Game as Book: Selecting Video Games for Academic Libraries based on Discipline Specific Knowledge (The Journal of Academic Librarianship)

E1457 - 図書館員,自転車で快走:Cycling for Libraries

この夏も,図書館員が,各地で自転車を使った様々なイベントを開催している。例えば米国のシアトル公共図書館では地域のイベントに本やサービスを届ける“Books on Bikes”というプログラムを実施している。6月に新しい中央図書館のデザインを発表したフィンランドのヘルシンキ公共図書館では,専用のトレーラーを付けた自転車6台が,街を走る企画を行っている。新しい時代の図書館を市民に印象づけるものとなったようだ。またポーランドでも,“バイシクールライブラリー(Bicycool Library)”というイベントが国内各地で開催されている。これは図書館利用者の参加するサイクリングを企画し,読書振興のプログラムなどを提供するもので,2010年以来実施されている。昨年は延べ100回ほど開催され参加者は3,500人にのぼったという。...

在カタール日本大使館が国際交流基金と連携し、カタール国立図書館に図書を寄贈

2013年4月11日、在カタール日本大使館が国際交流基金と連携して、カタール国立図書館に72冊の日本関連図書を寄贈したことが、現地新聞で報じられています。日本大使館は、国際交流基金によって寄贈された日本関連図書を、カタール国立図書館に1987年から毎年贈り、延べ冊数は915冊になるとのことです。

Japan embassy donates books to National Library(The Peninsula 2013/4/12付け)
http://thepeninsulaqatar.com/qatar/232712-japan-embassy-donates-books-to-national-library.html

ページ