司書教諭

文部科学省、2016年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果を公表

2016年10月13日、文部科学省は、2016年度の「学校図書館の現状に関する調査」の結果を取りまとめ、公表しました。

この調査は、2008年度以降は隔年で実施されており、司書教諭や学校司書の配置、図書の整備、読書活動などの状況等について調査したものです。調査対象は、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、義務教育学校及び中等教育学校で、2016年4月1日現在の調査となっています。

調査結果の概要として、

・学校司書を配置している学校の割合は、小・中・高等学校でそれぞれ59%、58%、67%程度であり、前回より増加している。
・学校図書館図書標準を達成している学校の割合は、小・中学校でそれぞれ66%、55%程度であり、前回より増加しているものの、その割合はいまだ十分ではない。
・学校図書館に新聞を配備している学校の割合は、小・中・高等学校でそれぞれ41%、38%、91%程度であり、前回より増加している。

などが指摘されています。

平成28年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について(文部科学省, 2016/10/13)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/1378073.htm

参考:
文部科学省、2014年度の「学校図書館の現状に関する調査」について、結果を発表

オーストラリア図書館協会、全国学力テストの結果を受け声明を発表:司書教諭の積極的な配置を要望

2016年8月3日、オーストラリア図書館協会(ALIA)は、2016年の全国学力テスト(NAPLAN)の結果において、リテラシーや基礎学力において有意な変化が見られなかったことを受け声明を発表しています。

ALIAは、学校図書室の設置や司書教諭の配置がそれら能力の向上に貢献することが明らかにも関わらず、オーストラリア教育研究所(ACER)が実施した調査では、司書教諭が他の学校の専門職員と比べて配置が少ないこと、キャリアの少ない教員が学校図書室の運営を担っていること、学校図書室の運営を担当している初等教育の教員の3分の1、中等教育の教員の4分の1が図書館情報学を修めていないこと、社会経済的に下位の学校のほうが司書教諭の配置が少ないこと、等をあげ、能力のある司書教諭を初等学校・中等学校に積極的に配置するよう求めています。

ALIA calls for more teacher librarians following flat NAPLAN test results(ALIA,2016/8/3)
https://www.alia.org.au/news/14553/alia-calls-more-teacher-librarians-following-flat-naplan-test-results

参考:

鳥取県立図書館のウェブサイトで「図書館活用ハンドブック」と「とっとり学校図書館活用推進ビジョン」が公開

2016年4月14日、鳥取県立図書館のウェブサイトで「図書館活用ハンドブック」と「とっとり学校図書館活用推進ビジョン」が公開されました。

「図書館活用ハンドブック」は、鳥取県教育委員会が、学校図書館の機能や役割、司書教諭や学校司書の仕事や責任について、すべての教職員の理解と学校図書館を活用した授業利用等を進めるために作成したもので、「学校図書館とは」「学校図書館活用をすすめるために」「学校図書館の基本」「参考事例」「資料編」「とっとり学校図書館活用教育推進ビジョン」の各章で構成されています。

「とっとり学校図書館活用推進ビジョン」は、学校図書館法、学習指導要領を始めとして、文部科学省が示している「これからの学校図書館職員に求められる役割・職務及びその資質向上方策等について(報告)」等を踏まえて、就学前から高等学校まで継続的にとらえ、発達段階に応じた授業カリキュラムを考慮した学校図書館活用教育を推進するために鳥取県教育委員会によって策定されたもので、2020年度が目標年とされています。

とっとり学校図書館活用推進ビジョン(全編、pdf:4569.6KB)

E1718 - 学校図書館プロジェクトSLiiiC “SWC2015”<報告>

 学校図書館プロジェクトSLiiiC(スリック)は,学校図書館支援を目的とした任意団体である。ウェブサイトのユーザー登録者数は279 人で,Facebookのスタッフ用グループメンバー数は14人である(2015年9月28日現在)。SLiiiCは,もともと筑波大学大学院で図書館情報学を学ぶ学生たちが2006年に立ち上げた団体で,ウェブサイトでの学校図書館支援に関する各種情報提供や様々なイベントの企画運営を行っている。

北海道教育大学附属図書館、「学校図書館の現在(いま)を知る展示および座談会」を開催

北海道教育大学附属図書館は同館の「図書館活性化プロジェクト」の企画として「学校図書館の現在(いま)を知る展示および座談会」を開催します。

2015年は改正学校図書館法の施行年にあたると言うことで、教育大学の図書館として、将来教員になる学生が学校図書館の活動・活用を知るための展示および座談会とのことです。

展示は10月20日から12月10日の期間内に同学の附属図書館の各館で、開催され、座談会は、旭川会場が旭川館横パブリックホールで、10月3日に、札幌会場は札幌館の閲覧室で10月24日に開催されるとのことです。

「学校図書館の現在(いま)を知る展示および座談会」開催のお知らせ( 北海道教育大学附属図書館)
https://s-opac.sap.hokkyodai.ac.jp/library/?q=node/446
https://s-opac.sap.hokkyodai.ac.jp/library/sites/default/files/tenji-pos.pdf
https://s-opac.sap.hokkyodai.ac.jp/library/sites/default/files/zadankai-pos.pdf
※2つ目のpdfファイルは、展示のポスター、3つ目のpdfファイルは座談会のポスターです。

文部科学省、2014年度の「学校図書館の現状に関する調査」について、結果を発表

2015年6月2日、文部科学省は2014年度の「学校図書館の現状に関する調査」の結果をとりまとめた資料(「2014年度『学校図書館の現状に関する調査』結果について」)をホームページ上で発表しました。

この調査は、2008年度以降、隔年で実施されているもので、司書教諭、図書の整備、読書活動などの状況について調査したものです。調査対象は、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、中等教育学校で、調査時点は2014年5月1日時点となっています。

・「学校司書」を配置している学校の割合は、小・中学校ではそれぞれ55%程度であり、
 前回より増加している一方、高等学校では約65%で、前回より若干減少した

・ 学校図書館に新聞を配備している学校の割合は、小・中学校とも35%前後で、前回より増加した

などといった結果が出ているようです。

同資料は、
(1)学校図書館における人的整備の状況
   内容:司書教諭の発令状況、「学校司書」の配置状況)
(2)学校図書館における物的整備の状況
   内容:蔵書冊数、百科事典・図鑑、コンピューター、新聞の整備、蔵書のデータベース化の状況
(3)読書活動の状況調査
   内容:全校一斉の読書活動の実施状況、学校図書館全体の計画策定状況、公共図書館・地域ボランティアとの連携等

文部科学省、学校図書館司書教諭講習科目に相当する授業科目の開設状況実態調査を実施

文部科学省が、平成26年度における、学校図書館司書教諭講習科目に相当する授業科目の開設状況実態調査を行っています。調査票の提出期限は2014年8月8日18時とのことです。

平成26年度学校図書館司書教諭講習科目に相当する授業科目の開設状況実態調査(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/sisyo/1349638.htm

文科省、司書教諭に関するFAQを公表

文部科学省がサイト内に「司書教諭 よくある質問集」を掲載しています。司書教諭の仕事やなり方のほか、司書教諭の資格、司書教諭講習修了証書、学校図書館司書教諭講習について、Q&A形式でまとめられています。

司書教諭 よくある質問集
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/sisyo/1327733.htm

文科省 「司書教諭 よくある質問集」を公表(学校図書館協議会2012/11/8)
http://www.j-sla.or.jp/slanews/post-91.html