図書館協力

『国立国会図書館月報』671号刊行:「保存協力プログラム」に基づく被災図書館への支援活動に関する記事を掲載

このほど刊行しました『国立国会図書館月報』671号(2017年3月)では、国立国会図書館(NDL)が「保存協力プログラム」に基づいて実施している、地震や洪水などの災害により被災した図書館への支援活動に関する記事を掲載しています。

2015年9月の関東・東北豪雨で被害を受けた常総市立図書館(茨城県)、2016年4月の熊本地震の被害を受けた熊本県立図書館、2015年4月のネパール大地震で被害を受けたネパール国立図書館に対して行った支援活動を紹介しています。

また、NDLの東日本大震災に関する震災記録の収集の取り組みに関する記事も掲載しています。

「被災図書館の支援」『国立国会図書館月報』 671号(2017年3月)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10309001_po_geppo1703.pdf?contentNo=1#page=6

山梨県立図書館と静岡県立中央図書館、富士山関係資料に関する連携展示を開催中

山梨県立図書館と静岡県立中央図書館が、2015年6月に両館間で締結された富士山関係資料に関する連携協定に基づき、富士山関係資料に関する連携展示を開催しています。

山梨県立図書館では、2017年1月27日から3月12日まで、「もっと知りたい!静岡県 ー富士山連携展示ー」と題し、静岡県立中央図書館が所蔵する富士山関係資料や静岡の歴史と文化、静岡と山梨の関係に関する資料等が、静岡県立中央図書館では、2017年2月4日から2月27日まで、「富士山資料展・写真展」と題し、山梨県立図書館から借り受けた資料30点と、富士山の写真が展示されています。

情報サテライト1 資料展示「もっと知りたい!静岡県 -富士山連携展示-」(山梨県立図書館)
https://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2017/01/1----1.html

E1882 - 「強い議会」を支える「使える」議会図書室をつくる

2016年10月5日,広島県呉市議会がかねてから取り組んできた議会図書室改革が評価され,第11回マニフェスト大賞優秀成果賞を受賞した。マニフェスト大賞とは,地方行政や地方議会の優れた取り組みを表彰するもので,本議会については,特に議会図書室における常駐の司書の配置,議員への積極的な情報提供,公立及び大学図書館との連携の取り組みが評価された。...

京都府立図書館、相互協力網の大学図書館への拡大を目的に、福知山公立大学メディアセンターと横断検索実証実験を実施中

2016年12月17日、京都府立図書館が、福知山公立大学メディアセンターと、京都府図書館総合目録での横断検索の実証実験を開始したと発表しています。

実験は2017年1月半ばまでの予定で、その結果を受け、京都府内の各大学に、府内図書館の相互協力網への加入を働きかけるとのことです。

【実証実験】福知山公立大学蔵書の横断検索実証実験を行います(京都府立図書館,2016/12/17)
http://www.library.pref.kyoto.jp/?p=8425

参考:
京都府立図書館、府内の公共図書館等と京都大学附属図書館との相互貸借サービス試行開始を発表:蔵書検索でも連携
Posted 2016年8月25日
http://current.ndl.go.jp/node/32396

カナダ国立図書館・文書館、バンクーバー公共図書館との連携強化を発表

2016年10月5日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)は、同国の太平洋側に位置するブリティッシュコロンビア州のバンクーバー公共図書館(VPL)との連携強化を発表しています。

2017年の春から、LACがVPLにおいて一般向けサービスを行なうもので、VPLの中央図書館の特別コレクションエリアに置かれたデスクにおいてオリエンテーションやレファレンスサービスを行うほか、LACの専門データベースやデジタルコレクションへのアクセスが可能となります。

今後は共同での展示や一般向けプログラムの実施も検討されています。

Library and Archives Canada to offer its public services from a new service point in Vancouver(LAC,2016/10/5)
http://news.gc.ca/web/article-en.do?nid=1133419&tp=1

参考:
カナダ国立図書館・文書館(LAC)とオタワ大学が今後5年間の提携を発表
Posted 2015年6月24日
http://current.ndl.go.jp/node/28738

英国図書館(BL)とバーミンガム図書館が2016年に文化事業やビジネス支援等でパートナーシップを締結

英国で“Living Knowledge Network”が始動:英国図書館ほか24の大規模図書館が参加

2016年9月27日、英国図書館(BL)とイングランド芸術評議会(ACE)による2年間のパイロットプロジェクト“Living Knowledge Network”の始動が発表されています。

同プロジェクトは、知識や資源・活動を共有するために、各地域の専門家と全国規模の組織力を結び付けることを目的としたBL、ウェールズ国立図書館、スコットランド国立図書館(NLS)の各国立図書館のほか、国内の21の大規模な公立図書館が参加する全国規模の図書館ネットワークで、

(1)世界クラスの図書館サービスを多様なコミュ二ティーに届けるために知識を共有し、図書館の総合力を強化する
(2)利用者のための各種プログラムやコンテンツを共同開発する
(3)共同での資金調達や証拠集め等、強力なパートナーシップを形成する

ことを目指しています。

The British Library forms nationwide network of libraries to share knowledge, collections and creativity(BL,2016/9/27)
http://www.bl.uk/press-releases/2016/september/living-knowledge-network-formed-by-the-british-library

恵庭市北高校(北海道)で恵庭市立図書館の本を検索、予約して配本してもらえる「高校ブックライン」が開始

2016年9月1日、恵庭北高等学校で「高校ブックライン」のサービスが開始されたことが、9月2日付の苫小牧民報社の「WEBみんぽう」で報じられています。

恵庭市立図書館と恵庭北高等学校とが連携して行うサービスで、同校の図書室にPCを設置して市立図書館の蔵書を検索、予約等ができるようにし、予約された本は学校に配本して生徒がそれを借りることができるというものです。

報道によると、生徒にはPCの使用の際に必要な「ブックラインカード」も交付されるとのことです。

道内初、恵庭北高でブックライン始まる(苫小牧民報社, 2016/9/2)
http://www.tomamin.co.jp/20160942208

平成28年度第1回図書館協議会(恵庭市)
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1467163614707/index.html
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1467163614707/files/H28_1_kaigiroku.pdf
http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1467163614707/files/H28_1_haifu1.pdf

熊本市立図書館、東松島市図書館(宮城県)から贈られた応援メッセージ等を展示

2016年8月23日から11月6日まで、熊本市立図書館で、宮城県の東松島市図書館で作成された、200名からの応援メッセージを貼付した寄せ書きが展示されています。

東日本大震災発生後、2011年7月に、熊本市が東松島市図書館に移動図書館車を貸与し、図書2,500冊と応援メッセージを添えたしおり13,770枚を寄贈したことへの恩返しの意味もこめたものとのことです。

【報道資料】東松島市から200人応援メッセージが届きました(熊本市, 2016/8/25)
http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=13544&class_set_id=3&class_id=535
http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=13544&sub_id=1&flid=89695
※2つ目のリンクは2016/8/24付けの報道提供資料(PDFファイル)です。

熊本市立図書館
http://www2-library.kumamoto-kmm.ed.jp/
※2016/8/23付で「図書館からのお知らせ」に「東松島市から200人応援メッセージが届きました!」とあります。

京都府立図書館、府内の公共図書館等と京都大学附属図書館との相互貸借サービス試行開始を発表:蔵書検索でも連携

2016年8月25日、京都府立図書館は府内の公共図書館等と京都大学附属図書館の間での相互貸借サービスを2017年3月まで試行することを発表しました。

このサービスにより、京都府立図書館や府内の各公共図書館(室)の利用登録者は、京都大学附属図書館(学部等の図書館は除く)の所蔵資料を無料で取寄せて利用することができます。また、京都大学の学生や教職員等は、府内公共図書館の、大学が所蔵していない一般書や地域の郷土資料等といった所蔵資料を京都大学附属図書館の窓口で借りることができます。

京都大学附属図書館の所蔵資料は、府内公共図書館の横断検索システム「京都府図書館総合目録」において、検索結果画面左の「大学(連携館)」から検索することができるようになっています。

京都大学附属図書館との連携による相互貸借サービス試行!(京都府立図書館)
https://www.library.pref.kyoto.jp/?p=6934

京都府図書館総合目録(図書)
https://www.library.pref.kyoto.jp/cross/cross.html

相互協力(京都府立図書館)
http://www.library.pref.kyoto.jp/?page_id=182

京都府立図書館
https://www.library.pref.kyoto.jp

ページ