図書館事情

CA1207 - 図書館と書店が一つの建物に-リペリ(フィンランド)の試み- / 水流添真紀

フィンランドの東部に,リペリという人口1万2千人の町がある。リペリは,豊かな土地と美しい景色を持つ,湖の岸に広がる田舎町である。リペリでの図書館の歴史は,1845年につくられた教区図書館に始まる。1929年にはフィンランドで図書館法が施行されて公立になった。分館も徐々に整備され…

CA1200 - ボスニア・ヘルツェゴビナ図書館復興への支援の輪 / 古賀豪

最近,旧ユーゴスラビア内戦関係の映画が次々と日本でも公開され,改めてその凄惨な現実を再認識する機会が多い。内戦の担い手となった各々の民族主義過激派が,敵対する民族の血統,資産,記憶等をすべて消し去る「民族浄化」を目論んだ結果,多くの非人道的犯罪がなされたことは,我…

CA1174 - 英国における”セルフサービス・ライブラリー”の流れ / 鈴木三智子

近年,図書館関係の雑誌に,図書自動貸出返却装置の広告を見かけるようになった。これは,閲覧者自身に貸出や返却を行わせる一種のセルフサービス・システムで,いわゆる“無人カウンター”を目指すものである。現在主流となっているのは,銀行のATM(現金自動引出・預入機)と類似のも…

CA1168 - 独露の戦利品図書問題のその後 / 兎内勇津流

ロシア・東欧の共産主義体制の崩壊,冷戦の解体という国際情勢の変化を背景に,独露間で,戦利品として第二次大戦中およびその直後にソ連がドイツから持ち去った,大量の図書館資料の行方の探索と返還の問題が両国間で持ち上がっていることは,前に述べた(CA1040)。1993年にモスクワで開…

CA1153 - 公共図書館のストライキと利用者の反応 / 石塚陽子

1995年の6月から8月にかけて,イギリスのシェフィールド市の図書館情報サービスに携わる職員が8週間もの長期に渡ってストライキを行った。このストライキによって,全ての業務は何の代替手段も無く停止してしまったのだが,シェフィールド大学のプロクター(Richard Proctor)らは,この前代未…

CA1126 - 「古き良き市民」の反乱?−サンフランシスコ公共図書館長の退任をめぐって− / 小野左知子

1997年1月,サンフランシスコ公共図書館長のケネス・ダウリン(Kenneth Dowlin)が,市長からの辞職勧告を受けて退任した。ダウリンは,The Electronic Library(1984:邦訳『エレクトロニック ライブラリー』丸善 1987)など多数の著作を持つ,公共図書館における電子図書館構想の旗手ともいえる人物…

CA1104 - 中国の女性図書館員 / 中村邦子

中国の女性図書館員(以下女性館員)の現状に関する包括的な調査の結果が報告された。これは国家図書館,大学図書館,科学図書館,公共図書館等61館に対して行った女性館員の人数,年齢構成,職称に関する調査と,大学図書館,科学図書館,公共図書館等に勤務する女性館員400人に対して…

CA1096 - 旧東独地域の公共図書館:1989〜1994年 / 鈴木昭博

1990年に旧東西ドイツが再統一したが,再統一後の旧東ドイツ地域における図書館の状況に関する情報に接することはあまりなかったように思われる。以下では,小規模なサンプルではあるが,旧東ドイツ地域の様々な規模・特色をもつ9つの公共図書館から寄せられた再統一前後(1989〜1994年)の…

CA1079 - 南アフリカに描く夢 / 河合美穂

南アフリカ共和国では,この5年間でアパルトヘイト撤廃,復興開発計画(RDP)実施,マンデラ政権成立といった歴史の大転換を乗り越え,全人種による民主社会建設という壮大なプロジェクトが試みられている。この民族融和の動きに伴い,南アの図書館サービスも新たな発展の段階を迎えてい…

CA1069 - カンボジアの図書館の現状 / 宮島安世

歴史的な不幸と東南アジア共通の自然の悪条件の中で多くのダメージを受けてきたカンボジアの図書館は,様々な問題をかかえながらも,今復興の道を歩んでいる。カンボジアには,約50の図書館と記録センターがある(基本図書をわずかに備えているだけの学校図書館は除く)。国立図書館,…

ページ