NLM(米国国立医学図書館)

米国国立医学図書館、新しい検索アルゴリズムとモバイル端末優先のユーザーインターフェイスを備えたPubMedの試験版を“PubMed Labs”で公開

2017年10月19日、米国国立医学図書館(NLM)が、新しい検索アルゴリズムとモバイル端末優先のユーザーインターフェイスを備えたPubMedの試験版を“PubMed Labs”で公開したと発表しています。

試験版には限られた機能しか搭載されていないものの、それは、搭載されていない機能がPubMedから削除されることを意味するのではなく、現在テストを実施していないだけであると説明されています。

試験項目は、クエリに最も合致するように最適化した新しいランキングアルゴリズム、モバイル端末を優先したレスポンシブウェブデザインのインターフェイス、論文のAbstractから検索語やその類義語を強調するスニペット表示の3点で、3つの項目への意見を募集しています。

米・国立生物工学情報センター(NCBI)、“PubMed Labs”を“NCBI Labs”に拡大

2017年10月3日、米国国立医学図書館(NLM)の国立生物工学情報センター(NCBI)が、2年前にNCBIの各種ウェブサイトの機能やコンテンツの開発のために立ち上げた“PubMed Labs”を“NCBI Labs”に拡大したと発表しています。

現在NCBIが提供しているデータ・サービス・ウェブサイトの開発の幅を広げるとともに、その成果を提供することが目的とされています。

“PubMed Labs” の名称については、生物医学文献、特にその文献の検索についての新しい開発のために用いられる予定とのことです。

PubMed Labs is now part of NCBI Labs(NCBI Insights,2017/10/3)
https://ncbiinsights.ncbi.nlm.nih.gov/tag/pubmed-labs/

米国国立医学図書館とウェルカム・トラストによる150年分の生物医学分野の雑誌のデジタル化事業、50万ページに到達

2017年9月27日、米国国立医学図書館(NLM)が、ウェルカム・トラストと共同で実施している、150年分の生物・医学分野の雑誌のデジタル化事業が、4万5,000記事・50万ページのデジタル化を達成したと発表しています。

デジタル化された雑誌は、PubMed Central及びEurope PMCから無料で公開されています。また、公開されているタイトルは、テキストマイニング・再利用が可能です。

Wellcome Trust and NLM Partnership to Provide Free Access to 150 Years of Medical Research Reaches Half-Million Page Milestone(NLM,2017/9/27)
https://www.nlm.nih.gov/news/nlm-wellcome-trust-milestone.html

米国国立医学図書館(NLM)、ハリケーン「イルマ」「ハービー」による被害への対応を支援するため、生物医学関係資料のフルテキストを期間限定で無料提供

2017年9月15日、米国国立医学図書館(NLM)は、ハリケーン「イルマ」「ハービー」による被害への対応を支援するため、生物医学関係資料のフルテキストを期間限定で無料提供する“Emergency Access Initiative(EAI)”の実施を発表しました。

650タイトル以上の生物医学の雑誌や4,000タイトル以上の参考図書、オンラインデータベースのフルテキストを提供します。無料提供の期間は、2017年9月15日から10月14日までです。

EAIは、NLM、医学図書館全米ネットワーク(National Network of Libraries of Medicine)、米国出版社協会(AAP)のProfessional/Scholarly Publishing Division等が合意している緊急支援イニシアティブです。EAIの実施は今回で8回目となるとのことです。

米国国立医学図書館、MeSH RDFを製品版(production version) に移行

米国国立医学図書館が、ベータ版であったMeSH RDFを、2017年9月8日頃に製品版(production version)に移行したと発表しています。

FTPサーバからダウンロードする際のパスも変更されています。

NLM Releases Production MeSH RDF(NLM Technical Bulletin, 2017/9/13)
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/so17/so17_mesh_rdf.html

参考:
米国国立医学図書館(NLM)、MeSH RDFのベータ版を2017年版に更新
Posted 2016年11月28日
http://current.ndl.go.jp/node/33002

米国国立医学図書館分類法の2017年夏版が公開

2017年8月31日、米国国立医学図書館(NLM)が、米国国立医学図書館分類法(NLMC)の2017年夏版を公開したと発表しています。

NLMCの更新スケジュールは、2017年より、年1回から年2回に変更されました。

NLM Classification Updated, August 31, 2017 (NLM,2017/8/31)
https://www.nlm.nih.gov/news/nlm_classification_update_2017_summer.html

Scope of Revision for the 2017 Summer Edition(NLM)
https://www.nlm.nih.gov/class/Scope.html

米国国立医学図書館、連邦政府及び民間団体から助成を受けた研究成果のPubMed Centralへの登録支援を拡大

2017年8月29日、米国国立医学図書館(NLM)が、2017年10月からは保健福祉省コミュニティ生活局(ACL/HHS)の研究者が、2018年の初頭からは国土安全保障省(DHS)の研究者が、NIH Manuscript Submission (NIHMS) systemを用いて、各機関のパブリックアクセスポリシーに該当する原稿をPubMed Central (PMC) に登録することを支援すると発表しました。

また、ビル & メリンダ・ゲイツ財団の助成を受けた研究成果は、クリエイティブコモンズのCC BYライセンスのもとPMCで公開する必要がありますが、NIHMS systemでの支援は実施されていないため、出版社などから直接PMCに出版社版が登録されます。

NLMでは、2016年3月から、保健福祉省事前準備対応次官補局(ASPR/HHS)・環境保護庁(EPA)・航空宇宙局(NASA)の研究者に対して同内容の支援を行なっています。

米国国立医学図書館(NLM)、“MeSH on Demand”をアップデート

2017年6月29日、米国国立医学図書館(NLM)が、“MeSH on Demand”をアップデートしたと発表しました。

“MeSH on Demand”は、入力したテキストに関連する医学件名標目表(MeSH)を表示するツールです。今回のアップデートで、MeSHの件名標目と対応するテキストのハイライト、表示されたMeSHの語彙を使用したPubMedの検索利便性の向上、表示結果のテキストファイルへの保存などの機能拡張が行なわれています。

MeSH on Demand Update(NLM Technical Bulletin, 2017/6/29)
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/mj17/mj17_mesh_on_demand_update.html

米国の全国医学図書館ネットワーク、研究データ管理の学習ポータル“NNLM RD3: Resources for Data-Driven Discovery”を公開

2017年6月8日、米国の全国医学図書館ネットワーク(National Network / Libraries of Medicine:NN/LM)が“NNLM RD3: Resources for Data-Driven Discovery ”を公開したと発表しています。

図書館員、情報専門家、図書館情報学の学生等が、科学研究における研究データのライフサイクルを通じて、研究データマネジメント(RDM)について学び、議論する場として作られたもので、米国国立医学図書館(NLM)とマサチューセッツ大学医学部図書館によって図書館員向けに開発された“eScience Portal”をもとに開発されました。

入門書(データリテラシー、物理学、生命科学、工学)、専門性開発に関するイベント、RDMの主要な構成要素(RDM、ストレージ、共有)に関する情報が搭載されています。

米国国立医学図書館、デジタルコレクション“Handwritten Recipe Books, 1600-1900”を公開

米国国立医学図書館(NLM)が、ブログで、オンラインで公開した“Handwritten Recipe Books, 1600-1900”を紹介する記事を掲載しています。

1800年代までの欧州では、料理・魔術・薬学は密接に関連し、それらが出版業の発達とともに「レシピ本」として刊行・普及していました。

各家の家長が、そのような「レシピ本」から書きぬいた内容が、アーカイブズや近代の手稿コレクションの中に多く含まれていることから。それらをデジタル化し、NLMのデジタルアーカイブ“Digital Collections”で公開したものです。

ページ