カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

図書館システム

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示

OCLC、クラウドベースのILLシステム “Tipasa” 及びカナダのRelais International社の買収を発表

2017年1月17日、OCLCは、クラウドベースのILL管理システム “Tipasa” を発表しています。ILLiadの機能を、クラウド上に移行したもので、WorldShareのプラットフォーム上に構築されており、既に8館が採用しているとのことです。

また、同日、カナダ・オタワを拠点にILLやリソースシェアリングに関するシステムを開発しているRelais International社の買収について合意したと発表しています。

OCLC introduces 'Tipasa' interlibrary loan management system(OCLC,2017/1/17)
https://www.oclc.org/en/news/releases/2017/201701dublin.html

OCLC agrees to acquire Relais International to provide library consortia more options for resource sharing(OCLC,2017/1/17)
https://www.oclc.org/en/news/releases/2017/201702dublin.html

Relais International

日本図書館協会図書館の自由委員会、マイナンバーカード学習会開催及び関連資料を掲載

2017年1月16日、日本図書館協会図書館の自由委員会は、マイナンバーカード学習会開催及び関連資料を掲載しました。

日本図書館協会図書館の自由委員会
http://www.jla.or.jp/tabid/182/Default.aspx

お知らせ一覧(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx
※2017/01/16に「自由委員会、マイナンバーカード学習会開催及び関連資料掲載」とあります。

「マイナンバーカード」を「図書館カード」として使用することについての論点・課題整理(2017.1.15)を掲載しました。
http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/iinkai/jiyu/mynorev_jlajiyu_20170115.pdf

図書館の自由通信:
マイナンバーカードの図書館利用について (2017年1月11日掲載、1月15日更新)
http://www.jla.or.jp/committees/jiyu/tabid/626/Default.aspx#myno

参考:
日本図書館協会図書館の自由委員会、緊急学習会「マイナンバーカードの図書館利用とは」を開催(1/30・大阪)
Posted 2017年1月12日

日本図書館協会図書館の自由委員会、緊急学習会「マイナンバーカードの図書館利用とは」を開催(1/30・大阪)

2017年1月30日、日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会が、大阪市総合生涯学習センターで、緊急学習会「マイナンバーカードの図書館利用とは」を開催します。

マイナンバーカードを図書館利用カードとして利用することのメリット・デメリットについて、総務省説明会での説明とこれまでに得られた情報に基づいて論点整理(図書館の自由委員会・図書館システムのデータ移行問題検討会・奥野吉宏氏)をし、さらに技術的側面からの解説と検討(株式会社カーリル・吉本龍司氏)を行うものです。

参加には、準備の都合上、事前の申し込みが推奨されており、また、資料費として500円が必要です。

緊急学習会「マイナンバーカードの図書館利用とは」(日本図書館協会図書館の自由委員会)
http://www.jla.or.jp/portals/0/html/jiyu/seminar2017.html

チラシ
http://www.jla.or.jp/portals/0/html/jiyu/seminar2017.pdf

参考:
日本図書館協会、「マイナンバーカードの図書館利用に関する説明会」を実施
Posted 2016年12月8日
http://current.ndl.go.jp/node/33071

E1866 - 英国の大学図書館における利用統計の活用調査報告

本稿では,英国における電子リソースの利用統計サービス,およびその活用事例について報告する。本報告は,平成28年度国立大学図書館協会海外派遣事業の助成を受け,筆者が2016年9月27日から29日にかけて実施した,英国のJisc,インペリアル・カレッジ・ロンドン,ロンドン大学バークベック校の3機関へのインタビュー調査にもとづいている。...

株式会社ブレインテック、図書館システム「情報館」OPACでカーリル社提唱「Unitrad Fast-Link」実証実験を開始

2016年11月7日、株式会社ブレインテックは、同社の図書館システム「情報館」OPACで、カーリル社提唱の横断検索向け高速連携プロトコル「Unitrad Fast-Link」の実証実験を開始したと発表しています。

「Unitrad Fast-Link」はメタデータ交換プロトコルではなく検索プロトコルであり、既存の図書館システムの資産を最大限に活用すること・シンプルであること・自由に拡張できることなどを基本コンセプトとしています。

プレスリリース:(株)ブレインテック、「情報館」OPACで横断検索向け高速連携プロトコル「Unitrad Fast-Link」の実証実験を開始(株式会社ブレインテック、2016/11/07)
https://braintech.co.jp/news/top/2016/1107-01.html

横断検索向け高速連携プロトコル「Unitrad Fast-Link」を提唱(カーリルのブログ、2016/11/03)
http://blog.calil.jp/2016/11/fastlink.html

参考:
図書館利用者向けサービスの「カーリルタッチ!」、大学版が白百合女子大学のオープンキャンパスで活用
Posted 2016年7月12日
http://current.ndl.go.jp/node/32061

東ミシガン大学、図書館業務管理システムAlmaとディスカバリーサービスSummonを統合運用する初の事例に

2016年11月17日、Ex Librisは米国の東ミシガン大学が、従来運用していた同社の統合図書館システム(ILS)Voyagerから、同じくEx Libris社の図書館サービスプラットフォーム(LSP)Almaにシステムを移行することを決定したと発表しました。東ミシガン大学ではProQuest社のディスカバリーサービスSummonが既に導入されています。Ex Librisのプレスリリースによれば、SummonとAlmaを統合運用するのは東ミシガン大学が初の事例になるとのことです。なお、Ex Librisは2015年にProQuest社に買収されています。

Eastern Michigan University Library Will Be First to Integrate Alma and Summon(Ex Libris、2016/11/17付け)

ウズベキスタン、“National Educational Electronic Library Project”のシステム開発において、韓国の企業と契約

2016年10月4日、ウズベキスタンの情報技術・通信開発省が、同国の“National Educational Electronic Library Project”のシステム開発において、韓国のIT企業LG CNS社と契約を結んだことを同社が発表しています。

同国の大統領の支援を受けたプロジェクトの1つで、マルチメディアセンター、デジタル化センター、電子図書館システム、統合型図書館データベースといった統合型図書館システムがウズベキスタン国立図書館に構築されます。

システムが完成すると、国立図書館と、国内20の地域の図書館との連携が可能となり、図書館データのデジタル化とその利用者への提供が容易になると紹介されています。

LG CNS Receives an Order for the Implementation of Digital Library System for the Uzbekistan National Library (LG CNS,2016/10/4)
https://lgcns.com/LGCNS.GHP.Main/News/NewsDetail?SERIAL_NO=1592

E1851 - Code4Lib JAPANカンファレンス2016,大阪にて開催<報告>

2016年9月10日から11日にかけて,大阪府立労働センター(エル・おおさか)にてCode4Lib JAPANカンファレンス2016が開催された。同カンファレンスは今回で4度目の開催となる(E1721ほか参照)。4度目の開催となる今回は73名が参加し,基調講演1件,ロング発表5件,ショート発表10件,ライトニングトーク11件が行われた。本稿では,筆者が関心を抱いた発表をテーマごとにまとめて紹介することで報告したい。...

【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム第5弾「これからの図書館の情報基盤―地域のデジタルコモンズを射程に―」(11/1・松本)

2016年11月1日13時から16時30分まで、松本市中央図書館に於いて、県立長野図書館による信州発・これからの図書館フォーラム第5弾「これからの図書館の情報基盤―地域のデジタルコモンズを射程に―」が行われます。

このフォーラムでは、知識基盤社会における地域の知の基盤としての「図書館」が構築すべき「情報基盤」について語り合われます。パネリストとして、吉本龍司氏(株式会社カーリル代表取締役)、藤田方江氏(株式会社カーリル、アカデミック・リソース・ガイド株式会社ディレクター)、中村佳史氏(HUMIコンサルティング、NPO法人連想出版)、岡本明氏(株式会社寿限無、NPO知的資源イニシャティブ)、花田一郎氏(大日本印刷株式会社hontoビジネス本部)が予定されています。

図書館フォーラム第5弾「これからの図書館の情報基盤-地域のデジタルコモンズを射程に-」(県立長野図書館、2016/10/16)
http://www.library.pref.nagano.jp/futurelibnagano_161101matsumoto

参考:
E1828 - 都道府県立図書館サミット2016<報告>
カレントアウェアネス-E No.309 2016.08.18
http://current.ndl.go.jp/e1828

協同でオープンソースの図書館サービスプラットフォームを構築するイニシアチブ“FOLIO”、同プロジェクトの基盤となるコードを公開

2016年9月27日、オープンソースの図書館サービスプラットフォームをコミュニティベースで開発するイニシアチブ“FOLIO”が同プロジェクトの基盤となる最初のコードを公開したと発表しています。

コードが公開された“FOLIO Developer”には、公開されたモジュールやドキュメント類等が掲載されています。

The Repos Are Here - FOLIO Source Code Repositories Released(FOLIO,2016/9/27)
https://www.folio.org/blog/the-repos-are-here-folio-source-code-repositories-released/

FOLIO Developer
http://dev.folio.org/

参考:
協同でオープンソースの図書館サービスプラットフォームを構築するイニシアチブ“FOLIO”が始動
Posted 2016年6月27日
http://current.ndl.go.jp/node/31892

図書館のためのオープンソースプロジェクトを支援する“Open Library Foundation”が創設される
Posted 2016年9月12日
http://current.ndl.go.jp/node/32517

コンテンツ配信