図書館サービス

E1859 - 「旅の図書館」リニューアルオープンへの取り組み

旅の図書館は1978(昭和53)年,財団法人日本交通公社が開設した旅・観光をテーマとする数少ない専門図書館の一つである(「観光文化資料館」として開設,1999年に現名称に改称)。長らく旅の下調べをする方から観光に関する研究者まで幅広くご利用をいただいてきたが,2015年10月から1年間の閉館期間を経て東京都港区南青山に移転し,2016年10月3日にリニューアルオープンした。今回のリニューアルは,新社屋への移転を機に,これまで別々の場所にあった当財団本部総務部門・研究部門との一体化を実現したもので,それまでの「テーマある旅を応援する図書館」から「観光の研究と実務に役立つ図書館」をコンセプトとする新たな図書館への転換を図ったものである。構想,収蔵方針の見直し,独自分類の構築と本部資料室資料の統合,図書館を含めた新社屋の建設,書架計画等,構想からリニューアルオープンまでに約2年半の準備期間を要した。...

米国図書館協会、トランプ政権の政策優先事項に図書館が寄与できることを示すブリーフィングペーパーを発表

2016年11月17日、米国図書館協会(ALA)は、図書館が、起業家精神の涵養、退役軍人向けサービスの提供、ブロードバンドの普及といったトランプ政権における政策優先事項のいくつかに如何に寄与できるかを示す3つのブリーフィングペーパーを発表しました。

各ペーパーでは、図書館が、起業や、退役軍人の雇用・教育・地域への包摂、子どものデジタルリテラシー教育やオンラインの宿題等へのアクセス提供といった形で、コミュニティに貢献している事例をあげるとともに、政策立案者に理解して欲しいポイントを示しています。

Libraries bolster opportunity ー new briefs show how libraries support policy priorities of new administration (ALA,2016/11/17)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/11/libraries-bolster-opportunity-new-briefs-show-how-libraries-support-policy

姫路市、マイナンバーカードによる本の貸出サービスを開始

姫路市が2016年11月27日から、マイナンバーカードを利用して本の貸出ができるサービスを開始すると発表しています。

対象となる利用者は利用者証明用電子証明書の搭載されたマイナンバーカードを所有する、姫路市内居住者や通勤・通学利用者、あるいは播磨連携中枢都市圏内居住者とのことです。マイナンバーカードの利用には事前の登録が必要になります。実際に本を借りる際には、マイナンバーカードをICカードリーダにセットした状態で、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を入力することが必要になります。

なお、サービスにおいて利用されるのはICチップ内の利用者証明用電子証明書登録番号のみで、ICチップ内に含まれるそのほかのデータについては、マイナンバーはもちろん、氏名・住所等の個人情報も利用しないとのことです。

マイナンバーカードによる図書館利用サービスを開始します(姫路市)
http://www.city.himeji.lg.jp/koho/press/_35595/_37722/_37861.html

※本文を一部修正しました。(2016/11/15)

E1856 - ロボット図書館職員Pepperから見えてくる未来の図書館。

山中湖情報創造館に日本で初めて人型ロボットを職員として採用して一年が経つ。この一年間,ロボットと一緒に図書館サービスを提供しながら感じた事をまとめてみたい。...

国立国会図書館調査及び立法考査局、欧州議会テクノロジーアセスメントに準会員として加盟

国立国会図書館(NDL)の調査及び立法考査局は、2016年10月20日、オーストリアのウィーンにおいて開催された、欧州議会テクノロジーアセスメント(EPTA)の総会において、EPTAへの準会員としての加盟が承認されました。

EPTAへのアジアの機関の加盟は、調査及び立法考査局が初めてとなります。

EPTAは、各国議会に対してそれぞれ、科学技術が社会経済等に与える影響を探り政策を議論する際に基盤となる知見を形成・提供し、又はこれに準じた科学技術に関する調査サービスを行う機関の国際的なネットワークで、欧州を中心に1990年に設立されたものです。

国立国会図書館調査及び立法考査局が欧州議会テクノロジーアセスメントに加盟しました。(付:プレスリリース)(NDL,2016/11/1)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2016/1217967_2754.html

高知県、「オーテピア高知図書館サービス計画(案)」について意見を募集中

高知県が、2018年夏頃の開館を目指して準備を進めている、県立図書館と高知市民図書館本館の合築による「オーテピア高知図書館」において実施するサービスなどの基本的な考え方や具体的な内容等をまとめた「オーテピア高知図書館サービス計画(案)」への意見を募集しています。

公募期間は11月19日までで、寄せられた意見を十分に考慮・検討し、「オーテピア高知図書館サービス計画」を策定するとしています。

また、新図書館等複合施設『オーテピア』(オーテピア高知図書館、オーテピア高知声と点字の図書館、高知みらい科学館)に関する説明会が11月4日(高知市)、11月5日(四万十市)、11月6日(安芸市)に実施されます。

「オーテピア高知図書館サービス計画(案)」について(意見公募期間:平成28年10月21日から11月19日まで)(高知県,2016/10/21)
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/312201/h28-sa-bisukeikaku-ikenkoubo.html

新図書館等複合施設「オーテピア」に関する説明会開催について(高知県,2016/10/24)
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/312201/2016102100201.html

参考:

シンガポールで、書籍のジャンルにあわせてラッピングされた列車が運行:QRコードを用いた電子書籍の提供も

シンガポールの陸上交通庁と国立図書館委員会が連携し、2016年10月24日から11月20日まで、MRT(マス・ラピッド・トランジット)の北東線及びダウンタウン線で、ミステリー、ファンタジー、セルフヘルプ、自伝といったジャンルにあわせてラッピングされた列車を走らせます。

列車内には、本の内容を短く紹介する読書推奨ウェブサイトにリンクするQRコードも用意されており、そこから専用のアプリ(Android、iOS)を用いて電子書籍をダウンロードすることができます。ダウンロードした電子書籍は3か月間無制限でアクセスできます。

Facebook(National Library Board, Singapore,2016/10/24)
https://www.facebook.com/nlbsg/posts/10153960367250924

Facebook(Land Transport Authority,2016/10/24)
https://www.facebook.com/WeKeepYourWorldMoving/posts/1214221741981393

参考:
ニューヨーク市地下鉄、乗客に電子書籍を提供
Posted 2016年8月30日
http://current.ndl.go.jp/node/32422

カナダ・オンタリオ州、創造的な公共図書館サービスを表彰する「オンタリオ公共図書館サービス賞」の最終候補を発表

2016年10月17日、カナダ・オンタリオ州の観光・文化・スポーツ省は、2016年のオンタリオ公共図書館サービス賞(Ontario Public Library Service Awards)の最終候補を発表しています。

同賞は、創造的な公共図書館サービスを選定し、それを促進することを目的に行なわれており、地域社会に好影響をもたらした新しい成功事例を表彰する“Minister's Award for Innovation”と、新・旧を問わず、公共図書館サービスの提供における卓越性への関与を表彰する“Angus Mowat Award of Excellence”の2つの部門があります。

2016 Ontario Public Library Service Awards Short List Nominees(オンタリオ州観光・文化・スポーツ省,2016/10/17)
http://www.mtc.gov.on.ca/en/libraries/oplsa_short_list.shtml

台北市立図書館、台湾内のコンビニエンスストア約1万店舗での本の受取・返却サービスを開始

2016年10月17日、台湾の台北市立図書館が、利用者カードを所持し、かつ、同サービスのオンライン登録をした住民を対象に、台湾のコンビニエンスストア約1万店舗での本の受取及び返却が可能なサービスを開始しました。

2015年2月にファミリーマートと連携して始めた事業を拡大したもので、セブンイレブン、ハイ・ライフの店舗も対象となりました。

1回5冊まで借りることができますが、登録時に補償金として200台湾元、配送代として50台湾元が必要です。

三大超商就是我的圖書館(台北市立図書館,2016/10/17)
http://www.tpml.edu.tw/ct.asp?xItem=233242313&ctNode=57686&mp=104021

Taipei library expands services through convenience stores(Focus Taiwan,2016/10/17)
http://focustaiwan.tw/news/aedu/201610170019.aspx

参考:
E1357 - ただいま増殖中,台湾の知恵図書館
カレントアウェアネス-E No.226 2012.11.15
http://current.ndl.go.jp/e1357

カナダ国立図書館・文書館、バンクーバー公共図書館との連携強化を発表

2016年10月5日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)は、同国の太平洋側に位置するブリティッシュコロンビア州のバンクーバー公共図書館(VPL)との連携強化を発表しています。

2017年の春から、LACがVPLにおいて一般向けサービスを行なうもので、VPLの中央図書館の特別コレクションエリアに置かれたデスクにおいてオリエンテーションやレファレンスサービスを行うほか、LACの専門データベースやデジタルコレクションへのアクセスが可能となります。

今後は共同での展示や一般向けプログラムの実施も検討されています。

Library and Archives Canada to offer its public services from a new service point in Vancouver(LAC,2016/10/5)
http://news.gc.ca/web/article-en.do?nid=1133419&tp=1

参考:
カナダ国立図書館・文書館(LAC)とオタワ大学が今後5年間の提携を発表
Posted 2015年6月24日
http://current.ndl.go.jp/node/28738

英国図書館(BL)とバーミンガム図書館が2016年に文化事業やビジネス支援等でパートナーシップを締結

ページ