図書館サービス

CA891 - 高齢者の読書要求:ピッツバーグにおける調査 / 諏訪康子

高齢化社会の到来に伴う様々な問題には,図書館も無関係ではいられない。米国では,1970年代初めに既に高齢者に対する図書館サービスの不足が指摘されていた。高齢者人口の増加に伴い,この問題は更に深刻化しているが,サービスの充実を計るには第一に,利用者の要望を把握する必要があ…

CA875 - Native Americansのための図書館サービス:居留地図書館の報告から / 柳下み咲

英国人が入植する以前よりアメリカに住んでいたインディアンや,ハワイ諸島のハワイアンは,アメリカでは一般的にNative Americansと呼ばれている。彼らへの図書館サービスのあり方が問題となったのは,1970年代以降である。それまでは,論じられることもほとんどなく,特に居留地に住むイン…

E265 - 青少年への公共図書館サービスのビジョン(英国)

報告書では,青少年のための空間としての図書館づくり,読書活動の促進,図書館のサービス計画立案への青少年の参画,青少年の社会参加の場としての図書館,学習支援の場としての図書館,という5つを柱に,全国レベルでサービスの品質を保証するために,全国開発計画を策定することなど…

E264 - 「公共図書館の基準」を改訂(英国)

今回の改訂では,19項目あった基準を10項目に整理しており,「蔵書全体が更新されるまでの年数」(8.5年→6.7年),「大規模図書館の開館時間」(週45時間以上→削除),「人口1,000人あたりの図書館員数」(数値目標検討中→削除)など11項目が修正または削除されたが,必要であれば各図書館…

E251 - 週5日勤務制導入が図書館に与える影響(韓国) <文献紹介>

韓国では,勤労基準法の改正により,7月から週5日勤務制(週休2日制)が社会全分野で段階的に導入されることになった。図書館に与える影響について気になるところだが,韓国図書館協会編『図書館文化』4月号に,その特集記事が組まれている。図書館文化編集チームが,週5日勤務制の導入…

E247 - 北米研究図書館の動向−ARL統計から

貸出数は1996年から,レファレンス数は1998年から減少に転じ,2000年には両者とも1991年のレベルを下回っている。また,館内利用も減少している。一方,相互貸借と図書館利用ガイダンスの数は増加している。これらの傾向の背景には,ウェブ等の情報技術の革新とそれに伴う情報アクセスに対す…

CA783 - 図書館とペーパーバック / 林雅樹

ほとんどの公共図書館に文庫本コーナーが見られるようになったが,米国でも大多数の公共図書館がペーパーバックを蔵書に加え閲覧に供している。Library Journal誌が米国内の公共図書館1,000館に対して行ったアンケートによれば,回答を寄せた館の95%がペーパーバックを所蔵しており,平均する…

E184 - 米国とカナダを架ける,国境上の図書館サービス

国境上というおそらく世界でも類がない立地には,両国の文化発信の中心地としたいという意思がこめられている。また同館の館員によると,開館時の1910年にはまだ国境線が曖昧だったため建てることができたが,現在同じ条件の建築は許可されないだろうという。バーモントとケベック両州か…

E118 - Library Journal誌が選ぶ「Library of the Year 2003」

(注1)1992年からLibrary Journal誌と参考図書の大手出版社であるGale社の主催により,その年最も功績をあげたとされる図書館に贈られている。(注2)Library district:複数の自治体による図書館の運営組織で,課税権をもち,図書館運営経費に充当している。Ref: http://www.lvccld.org/http://libraryjournal.reviews

ページ