図書館サービス

CA659 - ホームレスも住民―ニューヨーク公共図書館のサービス / 坂本博

全米には公式統計で2百万,推計で4百万人のホームレスの人がいるが,ニューヨーク公共図書館は,「公共図書館の使命はサービス地域内のすべての人々に奉仕すること」として,ニューヨーク市の福祉ホテルにいる3千5百家族のホームレスに対してサービスを行なっている。最も確固としたサー…

E066 - 図書館サービスおよび技術法の延長へ向けた動き(米国)

図書館および情報学に関する国家委員会(NCLIS,注)が昨年5月に発表した報告書(The Impact of Federal Funding on State Library Agencies)によれば,LSTAによって,連邦補助金が増額されただけでなく,それが呼び水となって州の補助金等も増えたほか,公共図書館に限らず学術図書館,学校図書館等への補助も…

E057 - BLが地域協力イニシアチブを始動

同イニシアチブにおいて,BLはResource( CA1382 参照)が地域ごとに設置を進めている博物館・図書館・文書館評議会を通して助成を行う。助成を受けた地域は,当該地域でBLの蔵書を活用するプロジェクトを策定し,BLと協働で実施する。まずは,2003年2月から2004年3月まで,両地域に対して,それぞれ…

E056 - DCMS,英国公共図書館サービスの戦略ビジョンを発表

公共図書館サービスの強みは,地方自治体が各地域のニーズに応じたサービスを展開しているところにあるが,一方でこれが一体的な公共図書館政策を難しくしている側面もある。DCMSは,このビジョンによって,地域の多様なニーズを尊重しつつも,すべての図書館がベストプラクティス(最良…

CA634 - 新しい時代の図書館協力全公図研究集会 / 尾崎か代

去る9月12,13日の2日間にわたり,群馬県民会館において,320名を越える参加者が一同に会して,全国公共図書館奉仕部門研究集会が開催された。研究主題「新しい時代の図書館相互協力を考える」に添って下記の通り事例発表があった。1.北見地域の広域図書館ネットワークシステム(市立北見…

E033 - 仏BPIの改革構想

同館は,1997年から約2年半にわたる大規模な改修工事を終えて2000年1月に新装オープンしたが,今なお国内外の利用者であふれる状況にある。Ref: http://www.bpi.fr/La BPI sur le qui-vive Livres Hebdo (485) 66-67, 2002鈴木良雄 フランスの図書館2−公共図書館を中心に 図書館雑誌 95(9) 733-735,2001

CA616 - 国立図書館サービスの有料化について / 生原至剛

1987年IFLAブライトン大会国立図書館分科会において,モーリス・ライン氏(Maurice Line,当時英国図書館科学・技術・産業局長)は「変動期の国立図書館」と題するぺーパーを発表,国立図書館の進むべきひとつの可能性としてサービスの有料化を示唆した。ライン氏の問題提起は同分科会で活発…

障害者向け図書館サービスの情報源−MLAのウェブ情報

英国の博物館、図書館、文書館国家評議会(MLA)はこの度、障害者向け図書館サービスを運営する図書館・図書館員に向けた情報源を集めたウェブサイトを開設しました。大きく10項目(障害を理解する、ウェブサイトを含めて情報源を知る、自館の蔵書・技術を分析する、…など)に関する情…

ALA、図書館サービスについてのインタビュー調査

ALAの委託調査で、図書館サービスについて全米の約1000人にインタビューした結果が公表されています。70%が図書館サービスに満足していて、80%がより資金を注入すべきであると考えており、92%が今後も図書館が必要であると答えているそうです。In electronic age, Americans’ use of library services grow…

ページ