震災

東京都立中央図書館、陸前高田市立図書館の被災資料の第2弾として、郷土史関係研究資料を追加修理

東京都立中央図書館では、東日本大震災復興支援活動の一環として、2013年、2014年度の2年間をかけて、東日本大震災の津波で被災した陸前高田市立図書館(岩手県)所有の郷土資料51点を修理しているとのことです。同館は、2014年8月4日に、貴重書庫にあった郷土史関係研究資料83点について追加修理を行うことを公表しました。

貴重書庫の資料のうち岩手県指定文化財「吉田家文書」などは博物館等関係者によって救出されましたが、2014年5月、その他の資料113点についても関係者等により救済されていたことが判明したとのことです。東京都立中央図書館では、陸前高田市立図書館から追加修復の依頼を受け、113点の資料のうち、陸前高田市立図書館及び岩手県内図書館で所蔵されているものを除く郷土資料83点について修理することとしたとのことです。

修復期間としては、2016年度末までを予定しているとのことです。被災を受けた陸前高田市の貴重な郷土資料の長期保存、研究等での活用を目指し、被災資料の解体・洗浄・損傷部分の補修・再製本等を行うそうです。

作業の様子は、同館のFacebookを通じて紹介されています。

【都立中央図書館】陸前高田市立図書館の被災資料を修理します。(第2弾) (東京都立中央図書館, 2014/8/4)

日本原子力研究開発機構の池田貴儀氏、GreyNet Award 2014を受賞 福島第一原子力発電所事故関連情報の収集・整理・発信に関する功績が認められる

2014年8月4日、灰色文献に関する国際的なネットワーク“GreyNet(Grey Literature Network Service)”が、2014年のGreyNet Awardに日本原子力研究開発機構(JAEA)の池田貴儀氏を選出したことが発表されました。

池田貴儀氏はJAEAの図書館員です。これまでの福島第一原子力発電所事故関連情報の収集・整理・発信に関する功績が認められ、受賞に至ったとのことです。

GreyNet Award 2014(IAEA.org、2014/8/4付け)
http://www.iaea.org/inis/highlights/2014/news-20140804.html

GreyNet International
http://www.greynet.org/

参考:
日本原子力研究開発機構、福島原子力事故関連情報アーカイブを公開
Posted 2014年6月23日
http://current.ndl.go.jp/node/26417

日本原子力研究開発機構、NDL、IAEAと連携し、東京電力福島第一原子力発電所事故関連情報アーカイブ化への取組みを本格化
Posted 2014年1月27日
http://current.ndl.go.jp/node/25335

「国立国会図書館と大学図書館との連絡会・東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ最終報告書:事実の記録から、心の記録へ」が公開

国立国会図書館と国公私立大学図書館協力委員会は、「国立国会図書館と大学図書館との連絡会」の下に「東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ」を設置し、このワーキング・グループにおいて、東日本大震災における大学図書館の被災・復旧経験を広く共有し、後世に伝えるため、2013年3月から2014年3月まで活動を行ってきました。この活動の成果を、2014年3月末に最終報告書としてとりまとめ、2014年7月28日、「国立国会図書館と大学図書館との連絡会・東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ最終報告書 : 事実の記録から、心の記録へ」として公開しました。

筑波大学、東北大学、宮城大学、東北学院大学、国立国会図書館の事例報告のほか、大学における東日本大震災にかかわる活動記録についてのアンケート調査の結果等が報告されています。

被災図書館記録WG最終報告書を掲載しました(NDL東日本大震災アーカイブ, 2014/7/28)
http://kn.ndl.go.jp/information/319

事実の記録から、心の記録へ~国立国会図書館と大学図書館との連絡会・東日本大震災被災図書館記録ワーキング・グループ最終報告書(2014年3月付)
http://kn.ndl.go.jp/20830212-d942-4d57-bd85-2844d2ca6d49

明治大学博物館、震災復興支援 特別展覧会「明治大学コレクションの世界」を岩手県の大船渡市立博物館で開催

2014年7月26日から8月31日まで、大船渡市立博物館で、明治大学震災復興支援事業特別展覧会「明治大学コレクションの世界-氷河期から昭和まで-」が開催されます。

この展覧会は、大船渡市と明治大学との震災復興に関する協定に基づき、明治大学博物館による震災復興支援事業の一環として行われるものとのことです。

明治大学博物館の考古・刑事の個性的な歴史コレクションをもとに、氷河期から昭和時代までの歴史をたどる展示で、東北地方にゆかりのある考古・歴史コレクションもあわせて展示されるとのことです。期間中、関連事業として明治大学博物館学芸員による講座も開講されるようです。

明治大学博物館 震災復興支援 特別展覧会「明治大学コレクションの世界」を開催
http://www.meiji.ac.jp/koho/press/2014/6t5h7p00000hrwvg.html

明治大学震災復興支援事業特別展覧会「明治大学コレクションの世界-氷河期から昭和まで-」を開催します(大船渡市)
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1403838023474/index.html

参考:
岩手県の大船渡市立博物館、「東日本大震災被災状況写真展 Part1」を開催
Posted 2014年1月31日

東北大学災害科学国際研究所とハーバード大学ライシャワー日本研究所、災害科学およびデジタルアーカイブ分野においての学術協力協定を締結

2014年6月13日、ハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所において,東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)とハーバード大学ライシャワー日本研究所(RIJS)が、災害科学およびデジタルアーカイブ分野においての学術協力協定を結んだとのことです。

両者は、2011年秋頃から東日本大震災の震災アーカイブの研究を共同で実施し、2012年には震災アーカイブ国際シンポジウムを共同開催、2012年の夏には共同で震災アーカイブに関するサマーカンファレンスの開催などを行ってきたとのことです。また、研究者の交流も頻繁に行われてきたそうです。

この度の学術協定では,東日本大震災のデジタルアーカイブの更なる共同研究の推進、及び教員の研究者交流の推進を双方で協力していきながら進めて行くことが決定されたとのことです。

ハーバード大学ライシャワー日本研究所と部局間学術協定の締結(災害科学国際研究所, 2014/6/13付)
http://irides.tohoku.ac.jp/media/files/_u/topic/file1/20140613_report.pdf

参考:
E1401 - 東日本大震災アーカイブの利活用と参加型アプローチ<報告>
カレントアウェアネス-E No.232 2013.02.21

Google、被災地を海から撮影する「海からのストリートビュープロジェクト」を開始 東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクトの取組の一環として

2014年6月18日、Googleは、三陸海岸の景観を海から撮影する「海からのストリートビュープロジェクト」を開始すると発表しています。2011年から行っている東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクトの一環とのことです。

三陸海岸の田老、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、南三陸、石巻、松島・塩竈エリアを中心に撮影する予定とのことです。通常のGoogle のストリートビューオペレーターによる撮影に加え、東北地方で地域に根ざした様々な活動をされているコミュニティの方にストリートビュー撮影機材「トレッカー」を無償で貸し出し、上記のエリアを撮影するとのことです。公開は2015年初頭を予定しているとのことです。

海からのストリートビュープロジェクトを開始(Google Japan Blog, 2014/6/18付け)
http://googlejapan.blogspot.jp/2014/06/tohokuseasv.html

参考:
Google、被災地のストリートビューを更新 東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクトの一環として
Posted 2013年9月5日
http://current.ndl.go.jp/node/24316

【イベント】宮城県図書館、トークイベント「小松左京が遺したもの-震災の記憶・未来へのことば-」を開催(6/21・宮城)

宮城県図書館が、2014年6月21日に、東日本大震災文庫展Ⅳ関連企画「小松左京が遺したもの-震災の記憶・未来へのことば-」トークイベントを開催します。

震災の記憶を将来に引き継ぎ、未来の防災・減災に役立てていくにはどうしたらよいのかについて、小松左京氏,そして震災記録伝承に関わりのある(作家の瀬名秀明氏、東北大学教授の圓山翠陵氏、小松左京氏元マネージャーの乙部順子氏)が、それぞれの立場から語る企画とのことです。

なお、このトークイベントは、2014年3月から開催されている東日本大震災文庫展Ⅳ関連企画「小松左京が遺したもの-震災の記憶・未来へのことば-」の関連企画です。

東日本大震災文庫展Ⅳ関連企画「小松左京が遺したもの-震災の記憶・未来へのことば-」トークイベント
http://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/schedule/499-komatsu-sakyo-20140621talkevent.html

参考:
宮城県図書館、東日本大震災文庫展Ⅳ「小松左京が遺したもの-震災の記憶・未来へのことば-」を開催
http://current.ndl.go.jp/node/25595

【イベント】シンポジウム 「マンガと震災」開催(6/29・京都)

2014年6月29日、京都国際マンガミュージアムでシンポジウム 「マンガと震災」が開催されます。

東日本大震災から3年、マンガが震災に対してどう向き合ってきたのか、マンガは震災に対して何ができたのか、何ができるのかを、多数のマンガ家と話し合うとのことです。シンポジウムは第1部「マンガ家の支援活動」、第2部「震災を描く」の2部構成でとのことです。

日本マンガ学会第14回大会の一環として開催されます。参加費500円および、京都国際漫画ミュージアムの入場料が別途必要とのことです。定員は先着で200名とのことです。

シンポジウム 「マンガと震災」
6月29日(日)10:30~ 京都国際マンガミュージアム 1階多目的映像ホール
http://www.jsscc.net/convention/14#symposium

市町村史に記された地震の記録(埼玉県立浦和図書館)が国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に追加

2014年6月12日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)に埼玉県立浦和図書館の「市町村史に記された地震の記録」が追加されました。

「市町村史に記された地震の記録」は、埼玉県立浦和図書館で所蔵している、埼玉県内の市町村史に記載された、安政大地震(1855)、関東大震災(1923年)、西埼玉地震(1931)等についての記述とその掲載資料名、掲載箇所等を記載しているとのことです。

ひなぎくでは、「市町村史に記された地震の記録」の各記録計185件が検索・閲覧できるようになりました。また、『市町村史に記された地震の記録』(PDF)全体も閲覧できます。

市町村史に記された地震の記録(埼玉県立浦和図書館)~ひなぎく新規追加コンテンツからの紹介(13)(国立国会図書館,2014/6/12付け)
http://kn.ndl.go.jp/information/308

岩手県立博物館の敷地内に、「仮設陸前高田市立博物館被災文化財等保存修復施設」が完成

2014年5月1日、岩手県立博物館の敷地内に「仮設陸前高田市立博物館被災文化財等保存修復施設」が完成し、本格稼働となったとのことです。

岩手県立博物館では、2011年4月に陸前高田市立図書館所蔵の古文書から被災文化財の救出作業を開始し、被災文化財の修復作業を続けてきているとのことです。今回本格稼働となった施設では、同館に託された被災文化財等の安定化処理および抜本修復業務の概要を理解してもらうため、一般の方々を対象に、修復作業の一部を公開するとのことです。

被災文化財修復へ仮設作業施設 県立博物館が開所(岩手日報, 2014/5/2付)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140502_4

【被災文化財等保存修復施設の公開について】岩手県立博物館敷地内に「仮設陸前高田市立博物館被災文化財等保存修復施設」が完成し、本格稼働となりました。(略)(岩手県立博物館のTwitter, 2014/4/30付)
https://twitter.com/Iwahaku/status/461653541904343042

公開は本日5/1(木)からです。(略)(岩手県立博物館のTwitter, 2014/4/30付)

ページ