震災

文化財防災ネットワーク、山形県沖を震源とする地震による文化財関係の被災等に関する情報を収集中

2019年6月19日、山形県沖を震源とする地震の発生を受け、国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進室は、文化遺産防災ネットワーク推進会議参画団体に対して、文化遺産の被災状況等についての情報提供を呼びかけていると発表しています。

また、一般の人が地域の文化遺産の被害についての情報を得た場合、地域の博物館・美術館・資料館等や都道府県・市区町村の地方公共団体文化財所管部局(教育委員会等の文化財課など)へ相談するか、直接、同推進室へメールを送るようにと説明しています。

提供された情報は、同推進室で整理し、関係団体、当該文化遺産が所在する地方公共団体の関係部門等、および文化庁と共有するとしています。

情報提供のお願い(文化財防災ネットワーク)
https://ch-drm.nich.go.jp/news/disaster/
※2019年06月19日欄に「6月18日に発生した地震による文化財関係の被災等に関する情報提供について」とあります。

文部科学省、「山形県沖を震源とする地震」による文部科学省関係施設等の被害情報をまとめたページを公開

2019年6月19日、 文部科学省が、6月18日に山形県沖で発生した地震による文部科学省関係施設等の被害情報をまとめたページを公開しました。

山形県沖を震源とする地震について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/yamagatakenoki/index.htm

参考:
文部科学省、「平成30年北海道胆振東部地震」による学校・社会教育施設等の被害情報をまとめたページを公開
Posted 2018年9月7日
http://current.ndl.go.jp/node/36614

新潟県地域史研究ネットワーク、山形県沖を震源とする地震の発生を受け、事務局の新潟県立歴史博物館で文化財レスキューの準備があると発表

2019年6月19日、新潟県地域史研究ネットワークが、18日に発生した山形県沖を震源とする地震を受け、同ネットワークの事務局がおかれている新潟県立歴史博物館で文化財レスキューの準備があると発表しています。

レスキューに必要な資材等の提供が可能なこと、指定文化財以外の文化財についてもレスキューの対象となること、人手等も新潟資料ネット等との連携が可能であることを伝えています。

@NiigataNet(Twitter,2019/6/19)
https://twitter.com/NiigataNet/status/1141147154196471809

新潟県地域史研究ネットワーク
http://net.nbz.or.jp/

新潟歴史資料救済ネットワーク
http://nrescue.s1006.xrea.com/

国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)、「テーマ別検索」を公開

2019年6月11日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)は、ひなぎくの利活用方法を紹介する「ひなぎくを使ってみよう!」のページ内で「テーマ別検索」を公開しました。

震災に関わる事象を「震災への備え」「被災状況」「復興」などのテーマに分けた上で、テーマごとに関連する用語の表を設けており、各用語からひなぎくの収録コンテンツを資料タイプ別に検索することができます。

テーマ別検索の公開(ひなぎく, 2019/6/11)
http://kn.ndl.go.jp/static/2019/06/11

参考:
防災科学技術研究所の「地域防災Web」に、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)のAPIを利用した新機能が実装
Posted 2019年4月26日
http://current.ndl.go.jp/node/38097

E2142 - 須賀川市民交流センター内に中央図書館が移転オープン

2019年1月11日に開館した福島県の須賀川市民交流センター(tette:テッテ)は,東日本大震災からの創造的復興を目指して整備された。市中心部にあって被災し,使用不能になった総合福祉センターに代わる新たな複合施設である。総合福祉センターが担っていた市民交流や子育て支援,市民活動支援の機能を継承するとともに,1970年代に建てられ老朽化した中央公民館と須賀川市図書館(移転と同時に須賀川市中央図書館へ名称変更)を移転させ,これらを合わせて多機能化することで,まちなかに賑わいを生み出すことを目指した。基本コンセプトは「人を結び,まちをつなぎ,情報を発信する場の創造」である。

宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と交通」を実施

宮城県図書館が、2019年6月11日から8月9日まで、同館3階の東日本大震災文庫において、ミニ展示「震災と交通」を実施します。

鉄道やバス、航空機、船など、交通に関連する機関の発災から復興までの動きやエピソードなどがわかる資料の一部を展示するものです。

東日本大震災文庫ミニ展示「震災と交通」(宮城県図書館)
http://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1363-shinsaibunko-201906.html

福島県立図書館、福島県文化財センター白河館の移動展示「はま・なか・あいづ再生史-遺跡に残された生活環境再建へのあしあと」を開催中

福島県立図書館において、2019年6月8日から7月3日まで、 福島県文化財センター白河館(まほろん)の移動展示「はま・なか・あいづ再生史-遺跡に残された生活環境再建へのあしあと」が開催されています。

同県の浜通り・中通り・会津の3地方の遺跡に残された、幾度となく大きな災害に見舞われてきた人々の生活再建への努力、「再生の歴史」を解説する展示です。

6月23日には、同館において、まほろんの職員による同展示に関する講演も行われます。

「福島県文化財センター白河館(まほろん)移動展示 はま・なか・あいづ再生史 -遺跡に残された生活環境再建へのあしあと-」(福島県立図書館)
https://www.library.fks.ed.jp/ippan/event/tenji/2019/2019_06_mahoron.html

神戸大学附属図書館、CiNii Booksから「震災文庫」のデジタル化資料が利用できるようになったと発表

2019年6月4日、神戸大学附属図書館は、CiNii Booksから「震災文庫」のデジタル化資料456件が利用できるようになったと発表しています。

【震災文庫】デジタル化資料をCiNii Booksから利用できるようになりました(神戸大学附属図書館,2019/6/4)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/13361/

参考:
国立情報学研究所(NII)、CiNii BooksとERDB-JPの図書データとの連携開始を発表
Posted 2019年5月16日
http://current.ndl.go.jp/node/38170

熊本大学と凸版印刷、熊本城崩落石材の位置特定作業を効率化:崩落前に取得したデジタルアーカイブデータを活用

2019年5月24日、熊本大学大学院先端科学研究部と凸版印刷株式会社は、デジタルアーカイブデータを活用した熊本城「石垣照合システム」を開発し、2016年4月の熊本地震による熊本城崩落石材の位置特定作業を効率化したことを連名で発表しています。

「石垣照合システム」は、熊本大学が開発したコンピュータビジョン技術と、凸版印刷が2011年に VR 作品『熊本城』を制作した際に取得した、崩落前の熊本城の櫓や石垣など約 4万点のデジタルアーカイブデータを用いて開発されました。

同システムを活用して、石材が崩落前にあった位置の照合を行ったところ、目視による照合と比較して約 9 割の正解数を記録したほか、目視では解らなかった石材の位置も発見できたとしています。

ページ