震災

富岡町図書館(福島県)にて、茨城大学学生による図書館を魅力的な空間にするプロジェクトが実施中

2018年6月27日付けの『河北新報』が、茨城大学人文社会科学部の実習の一環として学生が行っている、富岡町図書館を魅力的な空間にするための活動を紹介しています。

記事によると、学生5人が、2018年3月までの1年間、蔵書構成への提案や、イベントの企画を行なうとのことです。

茨城大学人文社会科学部地域志向教育プログラムのFacebookでは、富岡町役場からの「図書館が挑む<震災復興→地域再生>」という課題に取り組むためのプロジェクト演習の開始が紹介されています。

<富岡町図書館>町民集う場に 茨城大生が蔵書構成や交流行事などコーディネート(河北新報,2018/6/27)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180627_63004.html

文部科学省、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による学校・社会教育施設等の被害情報をまとめたページを公開

文部科学省が、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による文部科学省関係の被害情報をまとめたページを公開しています。

国公私立の学校施設、社会教育・体育・文化施設、文化財、独立行政法人における、人的・物的被害、休校・短縮授業や休館・短縮開館となっている施設数、避難所となっている施設数がまとめられています。

6月28日現在、「被害情報(第10報)6月27日15時30分時点」が最新版です。

大阪府北部を震源とする地震について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/osakahokubujisin/index.htm

日本医学図書館協会(JMLA)、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震の被災地に文献複写の無償提供等により支援を行なっている会員館の情報を掲載するページを公開

2018年6月27日、日本医学図書館協会(JMLA)が、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震の被災地の大学・病院・医療機関等に、無償で文献複写サービスを提供するなどの支援を行なっている会員館の情報をまとめたページを公開しました。

お知らせ(JMLA)
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/info/info.html
※「2018.6.27掲載 震災関連支援情報(大阪府北部地震被災地に文献コピーを無料・速達で提供します)」とあります。

震災関連対応お知らせ(JMLA)
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/info/shinsai_kanrentaio_2018.html

大阪府立中之島図書館、「平成30年大阪府北部を震源とする地震に関する情報」をまとめたページを公開

2018年6月25日、大阪府立中之島図書館が、6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震に関する情報を発信するウェブサイト・ウェブページへのリンク(地方公共団体・国・ライフライン・各種団体・ボランティア情報)をまとめたページを公開しました。

あわせて、同館及び大阪府立中央図書館が、所蔵する地震・災害関係の資料を紹介したメールマガジンや展示へのリンクも掲載されています。

平成30年大阪府北部を震源とする地震に関する情報(大阪府立中之島図書館,2018/6/25)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/osaka/osaka-jishin2018.html

宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「行って見て聴く 震災と今」を実施

宮城県図書館が、2018年6月26日から2018年9月9日まで、同館3階の東日本大震災文庫においてミニ展示「行って見て聴く 震災と今」を実施しています。

震災学習や防災観光、語り部、アーカイブなど、被災地での震災前後や、その後の様子を伝える活動を紹介した資料から一部を展示するものです。

東日本大震災文庫ミニ展示「行って見て聴く 震災と今」(宮城県図書館)
http://www.library.pref.miyagi.jp/latest/events/exhibition/1176-shinsaibunko-201806.html

参考:
宮城県図書館、東日本大震災文庫ミニ展示「震災と食」を実施
Posted 2018年2月9日
http://current.ndl.go.jp/node/35466

※情報源のリンクを修正しました。(2018/7/19)

浦安市(千葉県)と米・ハーバード大学ライシャワー日本研究所、震災アーカイブに関する覚書を締結

2018年6月7日、浦安市(千葉県)と米・ハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所が、「浦安震災アーカイブと日本災害DIGITALアーカイブの連携・協力に関する覚書」を締結しました。

これにより、同市が運営する東日本大震災アーカイブ「浦安震災アーカイブ」と同研究所の「日本災害DIGITALアーカイブ」の情報に、1つの検索機能で同時にアクセスすることが可能となります。

浦安震災アーカイブと日本災害DIGITALアーカイブの連携・協力に関する締結式(平成30年6月7日)(浦安市, 2018/6/8)
http://www.city.urayasu.lg.jp/shisei/koho/topics/1021530/1023263/1023311...

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、「大阪北部地震 資料保存利用機関等被災状況」を公表

2018年6月21日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が、6月18日に大阪府北部で発生した地震を受け、「大阪北部地震 資料保存利用機関等被災状況」を公表しました。

6月21日段階での、資料保存機関等の被災状況が表でまとめられています。

全史料協 新着情報
http://www.jsai.jp/
※2018.6.21欄に「速報 大阪北部地震 資料保存機関等被災状況」とあります。

大阪北部地震 資料保存利用機関等被災状況 [PDF:2ページ]
http://jsai.jp/ibbs/b20180621.pdf

日本出版取次協会、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震の被災地域の書店の状況を公開

一般社団法人日本出版取次協会が、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震で被災した地域の書店の状況の一覧(地区、書店名、被災状況、営業状況)を公開しています。

株式会社トーハン、日本出版販売株式会社、株式会社大阪屋栗田、株式会社中央社、協和出版株式会社からの情報を集約したもので、2018年6月21日現在、最新版は6月20日付です。

平成30年(2018年)大阪府北部地震(日本出版取次協会)
http://www.torikyo.jp/h30osaka/index.html

「平成30年(2018年)大阪府北部地震」 書店被災状況 [PDF:1ページ]
http://www.torikyo.jp/h30osaka/20180620.php

日本図書館協会(JLA)、大阪府北部で発生した地震で震度5強の揺れのあった大阪府・京都府内の公共図書館に関する情報を掲載

2018年6月20日、日本図書館協会(JLA)が、2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震で震度5強の揺れのあった大阪府・京都府内の公共図書館の開館状況・被害状況等に関する情報を掲載しました。

JLAによる電話照会、近隣図書館からの情報提供、インターネット情報により情報を収集したもので、図書館の被害情報などの提供を呼びかけています。

大阪北部地震について (JLA,2018/6/20)
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=4056

参考:
2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震による図書館への影響(3)
Posted 2018年6月19日
http://current.ndl.go.jp/node/36184

歴史資料ネットワーク、大阪府北部で発生した地震をうけ、緊急事務局体制に移行

2018年6月20日、歴史資料ネットワークが、大阪府北部で発生した地震をうけ、緊急事務局体制に移行しました。

地震発生後歴史資料・文化財などの被害状況の把握につとめた結果、被害が広い範囲に及んでいることなどをふまえ、7月6日(予定)まで事務局を緊急体制に移行することとしたもので、歴史資料・文化財などの被害状況を、同ネットワークの相談窓口宛、もしくはウェブフォームから寄せるよう呼びかけています。

また、資料の処置方法に関する相談についても事務局員が対応するとしています。

緊急事務局体制に移行します 2018年6月大阪北部地震(歴史資料ネットワーク,2018/6/20)
http://siryo-net.jp/info/201806-osaka-eq/

参考:
文化財防災ネットワーク、大阪府北部を震源とする地震に関連する文化財被災情報を収集中
Posted 2018年6月20日
http://current.ndl.go.jp/node/36192

ページ