震災

陸前高田市立図書館(岩手県)、2017年7月の新館オープンに向け、貸出カードの事前登録の受付開始

岩手県の陸前高田市立図書館が、2017年7月に予定されている新館オープンに向け、貸出カードの事前登録の受付を6月15日から7月14日まで実施しています。

既に貸出カードを所持している利用者は、そのまま新館でも利用可能です。

新館への移転作業のため、現在の仮設図書館は、6月30日に閉館されます。

新図書館 事前登録のご案内(陸前高田市立図書館)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/tosyokan/oshirase/2017/jizen-touroku.html

宇城市立中央図書館・宇城市不知火美術館(熊本県)、2017年7月に再開館

熊本地震による影響で休館していた、熊本県の宇城市立中央図書館と宇城市不知火美術館が、2017年7月に再開館すると発表しています。

宇城市立中央図書館の再開館日は7月7日で、当日には、以下の内容で、オープニングセレモニーが開催されます。

9:30 開館記念式典
9:45 くまモン体操
10:00 開館
10:15 七夕おはなし会
   パネルシアター
   わらべうた 他
11:00 DVD映写会

再開にあわせ、熊本地震に関連する資料を集めた「震災文庫」も公開されます。

また、宇城市不知火美術館の再開館日は7月20日で、再開にあわせ、8月20日まで「宇城市不知火美術館再開記念展」が開催されるほか、会期中には子ども向けのワークショップも多数開催する予定とのことです。

中央図書館を再開します!(宇城市立中央図書館)
http://www.library-city-uki.hinokuni-net.jp/Info/Center/exeInfo?id=4

岩手県の山田町立鯨と海の科学館が、2017年7月15日に再開

東日本大震災による被害で休館していた、岩手県山田町の「鯨と海の科学館」が、2017年7月15日に再開すると、同町観光協会のブログで紹介されています。

当日は入館無料とのことです。

鯨と海の科学館 7月15日開館!(山田町観光協会,2017/6/9)
http://yamada-kankou.sblo.jp/article/179993060.html

科学館について(山田町)
http://www.town.yamada.iwate.jp/04_kankou/kujirakan/kujira.html

鯨と海の科学館(山田町観光協会)
http://www.yamada-kankou.jp/facilities/kagakukan/

熊本県、「熊本地震震災ミュージアムのあり方検討有識者会議」を設置

熊本県が「熊本地震震災ミュージアムのあり方検討有識者会議」を設置したと発表しています。

2017年5月26日の蒲島熊本県知事の記者会見資料によると、熊本地震の経験や教訓を後世に確実に伝えていくために、地域防災や防災教育、地質学、考古学、文化財保護などの様々な角度から震災ミュージアムのあり方について議論・検討されることになります。

会議での検討事項は、「断層や被災建物等の保存価値と保存の意義」及び「震災ミュージアムのあるべき姿」で、第1回会議は、2017年6月7日に開催されており、今後、8月にかけて計4回開催される予定となっています。

平成29年5月26日 知事定例記者会見(熊本県)
http://www.pref.kumamoto.jp/chiji/kiji_19899.html

いわて連携復興センター、「3.11 いわてNPOチラシアーカイブ」を公開:岩手県で活動した県内の支援団体発行のチラシ等を収集

2017年5月11日、岩手県北上市に事務所を置く、特定非営利活動法人いわて連携復興センターが「3.11 いわてNPOチラシアーカイブ」を公開したと発表しています。

日本郵便株式会社の「2016年度年賀寄附金配分事業」の助成を得て、東日本大震災において、主に岩手県で活動した県内の支援団体が発行した活動チラシや資料を収集・アーカイブ化したものです。

団体別、年月別、市町村別に検索できるほか、資料を【カテゴリ】【分野】【対象】に三大別したうえで、タグ付けがされているため、分野別での検索も可能です。

公開されているチラシは、各制作団体の許可を得て使用しており、今後も、提供可能な東日本大震災の復興支援活動に関するチラシなどの収集を続けると説明されています。

「3.11 いわてNPOチラシアーカイブ」WEBサイト リリースしました(3.11 いわてNPOチラシアーカイブ,2017/5/11)
http://www.ifc.jp/news/secretariat/entry-2072.html

【イベント】シンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ―歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今―」(6/17・郡山)

2017年6月17日、ふくしま歴史資料保存ネットワークが主催するシンポジウム「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ―歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今―」が、郡山市民プラザ大会議室で開催されます。 

福島県内で歴史・文化・震災遺産の保全と活用に関する活動を続ける関係者が一堂に会し、新たな取り組みとその成果を県内外に広く発信するとともに、行政・市民と広く情報共有をはかり、同じような取り組みが県内各地で生まれるきっかけづくりとすることを目的としています。

また、救出ないし収集された歴史遺産や震災遺産の展示・解説や、歴史資料の記録撮影コーナー、失われようとしている民俗技術に関する紹介コーナーも設けられます。

入場は無料で、事前の申し込みも不要です。

「ふくしまの未来へつなぐ、伝える ―歴史・文化・震災遺産の保全と活用の今―」 開催について(改訂版)(ふくしま歴史資料保存ネットワーク,2017/6/2)
http://blog.ap.teacup.com/fukushimanet/143.html

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター、『ふるさとを 想う まもる つなぐ-地域の大学と町役場の試み-』を刊行しウェブサイトで公開

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)が、2017年4月12日に、『ふるさとを 想う まもる つなぐ-地域の大学と町役場の試み-』を刊行していました。

企画展、シンポジウムといった、2015年8月27日に締結した「富岡町と福島大学との歴史・文化等保全活動に関する協定書」の成果を紹介しているほか、福島県富岡町の齋藤紀明副町長と福島大学行政政策学類の阿部浩一教授の対談が掲載されています。

原子力産業新聞、「もうひとつ先の私たちへ。-07震災で歴史を分断するべからず」を掲載:福島県内での地域資料保全活動や今後の課題等

2017年5月23日付の原子力産業新聞(オンライン)が、福島大学人文社会学群行政政策学類教授・阿部浩一氏へのインタビュー記事「もうひとつ先の私たちへ。-07震災で歴史を分断するべからず」を掲載しています。

阿部氏が東日本大震災以来取り組んできた、福島県内の被災地域での資料保全活動や今後の課題等について述べられています。

もうひとつ先の私たちへ。-07震災で歴史を分断するべからず(原子力産業新聞,2017/5/23)
http://www.jaif.or.jp/fuku_vol-07/

参考:
富岡町議会(福島県)、震災遺産保全条例案を可決
Posted 2017年3月8日
http://current.ndl.go.jp/node/33613

米・ハーバード大学ライシャワー日本研究所、インフォコム株式会社とデジタルアーカイブに関する共同研究についての覚書を締結

米・ハーバード大学ライシャワー日本研究所が、インフォコム株式会社とデジタルアーカイブに関する共同研究に関する覚書を締結しました。

2017年5月25日付のインフォコム株式会社からの発表によると、この連携は、デジタルアーカイブに関する研究開発、技術協力、人材交流、地域・社会貢献等の分野で相互に協力し、科学技術振興及び産業と社会の発展に寄与することを目的としています。

ハーバード大学ライシャワー日本研究所の「日本災害DIGITALアーカイブ」と震災後に公開された地方自治体等による震災アーカイブとの連携技術や、アーカイブの利活用を図る技術に関する研究が実施されるほか、東北大学災害科学国際研究所「みちのく震録伝」との連携推進などが取り組まれるとされています。

鳥取県立図書館、県外図書館との協働企画展示 鳥取県中部地震復興支援『とっとりで待っとりますキャンペーン』の実施報告を公開

2017年5月2日、鳥取県立図書館が、県外図書館との協働企画展示 鳥取県中部地震復興支援『とっとりで待っとりますキャンペーン』の実施報告を公開
しました。

同館が、県内各図書館、各観光協会、県観光戦略課などと連携し、2017年1月から4月末にかけて、全国の14の図書館で実施したものです。

鳥取県立図書館 お知らせ
http://www.library.pref.tottori.jp/
※「05月02日【実施報告】県外図書館との協働企画展示 鳥取県中部地震復興支援『とっとりで待っとりますキャンペーン』」とあります。

ページ