検索

奈良文化財研究所都城発掘調査部史料研究室、古代の地名の漢字やよみを検索することができる「古代地名検索システム」を公開

2015年12月11日、奈良文化財研究所都城発掘調査部史料研究室は、「古代地名検索システム」を公開しました。地名を検索すると、その地名が属する国・郡・郷とよみ、地名の異表記などが表示されます。

収録データは、『和名類聚抄』所収の古代地名(国郡郷名)約4200件とのことで、『和名類聚抄郡郷里驛名考證』(池邊彌著、吉川弘文館、1981 年)、『日本歴史地名大系』(平凡社、1979-2004 年)、『古代地名大辞典』(角川書店、1999 年)の研究成果を参照し、立項地名を決定したとのことです。

今後、さらに文献資料と木簡に記載される地名を収集し、研究・検討して収録をすすめる予定とのことです。

古代地名検索システム
http://chimei.nabunken.go.jp/

「古代地名検索システム」公開のお知らせ(奈良文化財研究所都城発掘調査部史料研究室, 2015/12/4付け)
http://repository.nabunken.go.jp/dspace/handle/11177/5311
http://repository.nabunken.go.jp/dspace/bitstream/11177/5311/1/20151204_chimei.pdf

参考:

専門図書館の横断検索が可能なサービス「ディープライブラリー」のプロジェクトのブログが開設

2015年10月29日、専門図書館の横断検索が可能なサービス「ディープライブラリー」について、そのプロジェクトに関するブログが開設されています。

このサービスは、一般の利用者による専門図書館の利用促進を目的としたもので、「ディープ・ライブラリープロジェクト実行委員会」が機械振興協会のBICライブラリーが運営を担っています。

11月10日現在、アジア経済研究所図書館(ジェトロ)、日本海事センター海事図書館、国際交流基金ライブラリー、国立教育政策研究所教育図書館、国立女性教育会館女性教育情報センター、市政専門図書館、建設産業図書館などが参加館となっていて、当該委員会は

・機械振興協会(BICライブラリ)の結城智里氏
・市政専門図書館の田村靖広氏
・株式会社カーリルの吉本龍司氏、ふじたまさえ氏
・ライブラリーアドバイザーの高野一枝氏

らがメンバーとなって発足したものとのことです。

ブログでは、当該プロジェクトのウェブサイトへのへのリンクを掲載することを承認した公共図書館の情報(11月6日現在)や、これまでの経緯などが掲載されています。

ディープライブラリー
https://dlib.jp

Deep Library Projectのブログ
http://blog.dlib.jp/

参考:

国立国会図書館、NDLラボで、MIMAサーチを活用した書誌情報検索・可視化システムを公開

2015年7月21日、国立国会図書館は、NDLラボにおいて、MIMAサーチを活用した書誌情報検索・可視化システムを公開しました。

これは、美馬秀樹東京大学大学院工学系研究科特任准教授を中心として開発された検索システムです。検索結果の内容を自然言語処理技術を用いて解析し、「点」と「線」によるグラフで表示します。それぞれの関連性が目で見て分かるようになっていて、意味的な関連性が強ければ強いほど、グラフ上では近くに配置されます。これにより、必要な情報をより早く、的確に探しやすくなります。

このシステムでは、当館でデジタル化した図書の書誌データ約92万件と目次データ約71万件が検索対象となっています。

2015年7月21日 NDLラボにおいて、MIMAサーチを活用した書誌情報検索・可視化システムを公開しました
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2015/1211408_1830.html

NDLラボ 書誌情報検索・可視化システム
http://lab.ndl.go.jp/ut/

参考:
NDLラボで「翻デジ」バージョン0.8が公開:近代デジタルライブラリの資料を共同でテキストデータ化するためのプラットフォーム
Posted 2014年3月26日
http://current.ndl.go.jp/node/25768

BOOK☆WALKER、電子書籍の全文検索を複数書籍で横断して行える機能の試用版「横断検索(β)」を提供開始

2015年5月29日、株式会社ブックウォーカーは電子書籍を販売するウェブサイト「BOOK☆WALKER」おいて、複数書籍の本文を対象として全文検索を行える機能の試用版「横断検索(β)」の提供を期間限定で開始しました。

「横断検索(β)」では、角川グループの実用・新書を中心に未購入の書籍が検索対象となっていて、今後は検索対象を未購入書籍へと拡大していく予定とのことです。

なお、アプリとの連携等は、今回はスマートフォンでのみ対応しているとのことで、今後PCへの対応も予定しているようです。

横断検索(β)
https://bsearch.bookwalker.jp/search/kadokawa?_ga=1.15094582.1656197753.1432987807

本との新たな出会いをBOOK☆WALKER 「横断検索(β)」機能を提供開始(株式会社ブックウォーカー, 2015/5/29)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000653.000001227.html

横断検索βスタート! KADOKAWA実用・新書 25倍コイン還元キャンペーン(電子書籍ストア-BOOK☆WALKER ※横断検索(β)のページへのリンクと機能についての概要説明が掲載されています。)

ノースカロライナ大学の考古学者と図書館が協力し、考古学研究所コレクションのオンラインカタログを公開

ノースカロライナ大学の考古学研究所“Research Laboratories of Archaeology (RLA)”と同大学の図書館が協力し、RLAが収集したコレクションのオンライカタログを公開しました。RLAのコレクションには8,000以上の遺跡から収集した、800万以上のアイテムが含まれているとのことです。

オンラインカタログでは、コレクションの物理的特徴や場所、発見日等を調べることができ、画像があるものは画像も表示されるとのことです。これらの画像は図書館のリポジトリである“Carolina Digital Repository”にRLAが登録している60,000点の画像コレクションを利用しているとのことです。

Search the North Carolina Archaeological Collection
https://rla.lib.unc.edu/rla/

UNC Archaeologists and Librarians Produce Online Catalog of Artifacts(UNC Library News and Events, 2015/2/25)

ニューヨーク公共図書館のオンラインカタログ、リコメンデーション機能を強化:BiblioCommons社のプラットフォームにBookish Recommendsを追加

ニューヨーク公共図書館が、2014年3月24日、オンラインカタログについてリコメンデーション機能の強化を図ったことをアナウンスしています。同館では、BiblioCommonsをプラットフォームとして使用していますが、そのシステムにZola Books社のBookish Recommendsを追加したとのことです。

ニューヨーク公共図書館のプレスリリースによれば、Zola Books社のCEOであるJoe Regal氏は、ニューヨーク公共図書館と協力し、オンライン上で本の出会いのセレンディピティを提供することについて、非常にわくわくするものである、と述べたそうです。

Books You Might Like! The New York Public Library Launches Recommendations by Bookish in Online Catalog(NYPL, 2014/3/24付け)
http://www.nypl.org/press/press-release/march-24-2014/books-you-might-new-york-public-library-launches-recommendations

関連:

OCLC、書籍検索サイトの“Novelry”と提携

OCLCが、2013年12月20日、新たな“WorldCat.org traffic partners”の1つとして、米国で新しく立ち上がった書籍検索サイトの「Novelry」と提携したことを発表しています。米国内の利用者は、Novelryの検索結果から“Find a Copy”の“Borrow”ボタンをクリックすると、WorldCatを経由して地域の図書館の所蔵状況が確認できるようになっているとのことです。

なお、Novelryは、同サイトの説明によると、近年の他者の購入データなどに基づくリコメンド機能の考え方とは一線を画した検索サイトを目指しているようです。ユーザが検索履歴のどの段階にも遡りやすくなっている等の特徴があるようです。

OCLC partnership with Novelry helps connect readers with libraries(OCLC, 2013/12/20付け)
http://www.oclc.org/en-US/news/announcements/2013/partnership-with-Novelry-connects-readers-with-libraries.html

WorldCat.org traffic partner sites

OCLCのアーカイブ検索サービス“ArchiveGrid”がインターフェースを改善-レスポンシブウェブデザインを導入

OCLCのアーカイブ検索サービス“ArvhiveGrid”が、インターフェースの改善を行い提供を開始しています。ArchiveGridでは、米国やそれ以外の国の200万件以上のアーカイブ資料の検索が可能となっており、またその所蔵機関の情報も提供されています。

2013年10月21日付けのOCLC Researchのニュースでは、Twitter Bootstrapを使用しスマートフォンやタブレットでの利用がしやすいようレスポンシブウェブデザインを導入したこと、アーカイブを所蔵する機関のコンタクトインフォメーションについての情報を増やしたこと、アーカイブの検索手段の情報等を提示したことなどを紹介しています。また10月7日付けのArchiveGrid Blogの記事では、このような対応が、アクセスの分析に基づいて行われていることが紹介されています。

Updates to ArchiveGrid index and interface improve user experienc(OCLC Research, 2013/10/21付け)
http://oclc.org/research/news/2013/10-21.html

国立国会図書館、NDLサーチを元にした実験検索システム「NDLラボサーチ」を公開

2013年9月30日、国立国会図書図書館(NDL)が、NDLサーチを元にした実験検索システム「NDLラボサーチ」を公開しました。この「NDLラボサーチ」は、NDLの情報検索サービス「国立国会図書館サーチ」から、外部データベースとの統合検索・横断検索、ヘルプ等の機能を省き、実験的な機能を追加した検索システムです。検索対象は、国立国会図書館の所蔵資料(図書・雑誌・新聞等)と、雑誌記事索引です。

実装している機能としては、検索キーワードのオートサジェスト、カテゴリ検索、タグクラウドファセットの機能が利用可能となっており、機能は今後も随時拡張していく想定となっています。

NDLラボサーチの公開(NDL, 2013/9/30付け)
http://lab.kn.ndl.go.jp/cms/?q=node/14

NDLラボサーチ
http://lab.kn.ndl.go.jp/ndls/

論文単位でのインパクト指標に対応した横断検索サービス「論文検索Qross」ベータ版がリリース

2013年3月25日、株式会社アトラスが、「論文検索Qross」のベータ版をリリースしました。J-STAGE, CiNii, PLOS, PubMedから論文を横断検索する無料サービスで、検索結果では各論文に対してMendeley、CiteUlike、Twitter、Facebook、Altmetricでのインパクトを示すスコアが表示される点が特徴です。

論文検索Qross
https://qross.atlas.jp/top

参考:
日本語論文の書誌事項を文献管理ツールMendeleyへ正確に取りこむためのツール「日本語論文 to Mendeley」
http://current.ndl.go.jp/node/20973

ページ