出版

報われることの少ない、ハードワーク Nature誌読者を対象とする研究実態調査

2016年11月4日付けのNature誌オンライン版記事で、Nature誌の読者を対象に実施した、労働時間や研究上直面している課題等に関するオンライン調査の結果が紹介されています。

この調査はNature誌が若手研究者の辛い現実を特集した際に、読者に対して尋ねる形で実施されたものです。集計の結果、回答者の3分の2以上が「研究をやめようと思ったことがある」という設問に同意しており、15%は実際に研究を断念していました。また、回答者の3分の1は自分は論文数だけで評価されていると感じており、同じく3分の1は自分では必ずしも誇れるものだとは思っていない論文を出版したことがあるとしています。

研究の初期段階で直面する最も大きな課題はなにかという質問では、44%が研究費獲得のための活動、19%がワークライフバランスの欠如としていました。また、週当たりの労働時間については「50時間以上60時間未満」とする回答者が最も多かったものの、週60時間以上働いているとした回答者も約40%にのぼったとされています。

Hard work, little reward: Nature readers reveal working hours and research challenges(Nature、2016/11/4付け)

Nature Communications、査読レポートの公開オプションを恒久的に提供する方針へ

2016年11月10日、Springer Nature社のオープンアクセス(OA)雑誌Nature Communicationsにおいて、2015年から試験的に開始していた論文の著者が、論文本文のみならず査読レポートも公開することを選択できるオプションについて、今後恒久的に提供する方針であることを明らかにしました。Nature CommunicationsおよびNature本誌で取り上げられています。

査読者の氏名や査読内容を公開する、いわゆるオープン・ピア・レビュー(OPR)の試みは多くありますが、査読レポート等の公開はためらう意見も多くあります。Nature Communications掲載のエディトリアル記事によれば、試験期間中に論文掲載が決定した著者のうち、約60%が査読レポートの公開オプションを選択したとのことです。この結果を受け、Nature Communicationsにおいてはこのオプションの提供が継続されることになりました。なお、論文の著者が査読レポートの公開を選択した場合でも、査読者の氏名については査読者本人の同意がない場合、公開されません。

Transparent peer review one year on(Nature Communications、2016/11/10付け)

「2016ソウル市図書館地図」「2016ソウル市本屋地図」が完成し、無料での配布を開始(韓国)

2016年11月8日、韓国のソウル市図書館が、ソウル市内の図書館と書店の地図を作成し、同館ほかの公共図書館や、区役所、観光案内所での無料配布を開始しています。

「2016ソウル市図書館地図」には、表に公立図書館166館、裏面に小さな図書館等1,000館以上の図書館の、住所、電話番号、ホームページアドレス等が記載されており、同じく掲載されているQRコードを通じて、ソウル市図書館が同館ウェブサイトで公開している図書館検索サービスから詳細な情報を検索することができるようになっています。また、1枚の利用者カードで全国複数の図書館を利用できる「チェギウム」サービス加盟館についても別記されています。あわせて、外国人向けの英語版も作成されています。

「2016ソウル市本屋地図」には、市内370点以上の新刊書店や、80点の古本屋の住所や電話番号を記載しており、その他、国内の書店を紹介するリストも掲載されています。また、同じく、QRコードを通じて、ソウル市図書館が同館ウェブサイトで公開している書店検索サービスから詳細な情報を検索することができるようになっています。また、訪問した書店についてメモをすることができる欄も設けられています。

来年にはデータの改善のため、書店の全店調査を実施するほか、関連イベントも実施する予定とのことです。

国立国会図書館、『外国の立法』2016年11月号でドイツの電子書籍再販制についての記事を掲載

国立国会図書館の調査及び立法考査局が刊行する『外国の立法』(2016年11月号)において、ドイツの電子書籍再販制についての記事を掲載しました。

記事では、書籍価格拘束法が改正され、電子書籍にも再販制度が適用されることが明文化されたことを紹介しています。従来、この法律では、再販制度が電子書籍にも適用されるかどうかを明確に定めていませんでしたが、実際には、電子書籍にも再販制度が適用されていました。

改正法は、2016年9月1日から施行されています。

【ドイツ】電子書籍に対する再販制度の適用(短信)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10212563_po_02690212.pdf?contentNo=1

外国の立法(2016年刊行分 No.266-1~)
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/legis/2016/index.html

Gabriel: Heute tritt die Buchpreisbindung für E-Books in Kraft(Bundesministerium für Wirtschaft und Energie, 2016/9/1)

山梨県立図書館、今年度の「贈りたい本大賞」を発表

2016年11月4日、山梨県立図書館は、「やまなし読書活動促進事業」の一環として実施されている「贈りたい本大賞」の平成28年度の受賞作品を発表しています。

あわせて、受賞作が館内で展示されています。

「贈りたい本大賞」の受賞作が決定しました!(山梨県立図書館,2016/11/4)
http://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/2016/11/post-164.html

リーフレット
http://www.lib.pref.yamanashi.jp/oshirase/第3回「贈りたい本大賞」リーフレット.pdf

展示風景
http://www.lib.pref.yamanashi.jp/tenji1.JPG

インドの研究者はAPCを支払って論文を出版するべきか(文献紹介)

インド理科大学院(IISc)の機関リポジトリePrints@IIScに、インドの研究者のオープンアクセス(OA)雑誌での論文出版状況を調査した論文”Should Indian researchers pay to get their work published?”のプレプリントが登録されています。著者はIIScのMuthu Madhan氏らです。同論文はインドの総合科学雑誌”Current Science”に既に受理され、掲載予定とのことです。

Muthu氏らの論文ではScience Citation Index Expandedのデータを用い、2010年から2014年にかけて出版されたインドの研究者による論文について調査しています。調査の結果、5年間で61カ国、880のOA雑誌で37,000本以上の論文が公開されており、OA雑誌で出版される論文の割合は世界平均を上回るとのことです。うち約15,400本が論文処理加工料(APC)のかかる雑誌で出版されており、APCを徴収する雑誌から出版される論文の数は増加傾向にありました。Muthu氏らはインドの研究者は年間240万米ドル相当をAPCに費やしていると見積もっており、南米や中国のように相互運用性のあるリポジトリを用いたOAに移行することで、倹約につなげられると提案しています。

【イベント】専修大学文学部創立50周年記念シンポジウム『地域から出版と読書の未来を考える』(11/6・鳥取)

2016年11月6日、鳥取県米子市にある今井書店本の学校ホールにおいて、専修大学文学部創立50周年記念シンポジウム『地域から出版と読書の未来を考える』が開催されます。

本を届け、本を通して子どもから大人、高齢者、障害者がともに学び合うノーマライゼーション社会について、地域から考えてみることを目的としており、野口武悟氏(専修大学文学部教授)による基調講演「共生社会における出版・図書館の役割」の後、「地域から出版と読書の未来を考えるー書店、図書館、読書活動、アクセシビリティの立場から」をテーマにパネルディスカッションが行われます。

パネルディスカッションの登壇者は、野口氏のほか、植村八潮氏(専修大学文学部教授)、永井伸和氏(今井書店グループ会長)、小林隆志氏(鳥取県立図書館)、前田昇氏(NPO法人本の学校副理事長)、児島陽子氏(鳥取大学附属特別支援学校) です。

入場無料で事前の申し込みも不要です。

11/6(日) 『地域から出版と読書の未来を考える』in 鳥取県(専修大学)
http://www.senshu-u.ac.jp/sc_grsc/bungaku/letters_50th/_14753/_14764/_15673.html

参考:
CA1879 - 山梨県立図書館の取組み―地元書店と連携した読書活動促進事業― / 齊藤 秀

研究・出版ネットワークScienceOpen、人文科学分野のオープンアクセス(OA)雑誌のプラットフォーム“Open Library of Humanities”(OLH)と連携開始

2016年10月21日、ドイツと米国に本拠をおく研究・出版ネットワークScienceOpenは、人文科学分野のオープンアクセス(OA)雑誌のプラットフォーム“Open Library of Humanities”(OLH)と連携を開始したと発表しました。OLHで公開される雑誌がScienceOpenの収録対象となり、OLH掲載論文はScienceOpenを通じてAltmetricデータも閲覧できるようになるとのことです。

ScienceOpen joins forces with the Open Library of Humanities(ScienceOpen.com、2016/10/21付け)
http://blog.scienceopen.com/2016/10/scienceopen-joins-forces-with-the-open-library-of-humanities/

ScienceOpen partners with the Open Library of Humanities to open up the context of HSS research(STM Publishing News、2016/10/21付け)

研究・出版ネットワークScienceOpenとPeerJが連携 PeerJ Computer ScienceがScienceOpenに収録

2016年10月18日、ドイツと米国に本拠をおく研究・出版ネットワークScienceOpenは、OA出版者PeerJと連携を開始したと発表しました。PeerJが発行するコンピュータ科学部門の雑誌、PeerJ Computer Scienceが新たにScienceOpenの収録対象となります。

New partnership with PeerJ(ScienceOpen.com、2016/10/18付け)
http://blog.scienceopen.com/2016/10/new-partnership-with-peerj/

ScienceOpen partners with PeerJ to support Computer Science research(STM Publishing News、2016/10/18付け)
http://www.stm-publishing.com/scienceopen-partners-with-peerj-to-support-computer-science-research/

参考:
ラテンアメリカにおけるオープンアクセスの電子ジャーナルプラットフォームSciELOと研究・出版ネットワークScienceOpenが連携へ
Posted 2016年6月2日

研究者向けウェブサービスKudosとオンライン投稿・査読システムScholarOneの試験統合は成功 一層の拡大へ

2016年10月17日、KudosとClarivate Analytics(旧トムソン・ロイター社知的財産・科学事業)は、2016年5月から実施していたKudosの研究者向けのウェブサービスとClarivate Analyticsのオンライン投稿・査読システムScholarOneの試験統合の結果について発表しました。統合は成功であり、今後さらに拡大していくとしています。

この試験統合では投稿から受理までのSchoalarOneのワークフローの中で、投稿者が自身の論文の簡単な要約を追加することができるようになっていました。追加された要約はKudosに自動的に受け渡され、Kudosプラットフォーム中で投稿者自身が利用できるほか、検索エンジンのインデキシングや出版社・所属機関のウェブサイトでの公開にも用いることができます。

試験統合に参加していたのはWiley社など6つの出版社のみでしたが、Kudosは今回の試験統合は成功であったとしており、今後は更なる参加希望を受け付けるとのことです。

Kudos and Clarivate Analytics announce results of successful pilot and plans for further integration(Kudos、2016/10/17付け)

ページ