出版

英国、Love Librariesキャンペーン

英国で、教育大臣が主導する"Love Libraries"というキャンペーンが始まりました。MLAやDCMS、Reading Agency、出版社などが共同して、3つの公共図書館を「21世紀の図書館」へと、デザイン、設備、サービスなどの面で12週間の内に一新するそうです。http://www.mla.gov.uk/webdav/harmonise?Page/@id=82&Document/@id=24142

Googleも電子本へのアクセス権販売を計画

Googleが今度は、AmazonやRandom Houseと同じように、出版社と協力しての電子本へのアクセス権販売を計画しているそうです。Google to broker online book saleshttp://news.com.com/Google+to+broker+online+book+sales/2100-1025_3-6049002.html?tag=alert参考:■E403■ 書籍デジタル化市場に続々参入http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2005/E-70.ht

IFLAの新刊書4冊

IFLAが4冊の新刊書を発行しています。図書館のマーケティング:国際的パースペクティブMarketing Library and Information Services: International Perspectives http://www.ifla.org/V/pr/saur03-2006b.htm出版物の国際交換のためのハンドブックHandbook on the International Exchange of Publicationshttp://www.ifla.org/V/pr/saur03-2006.htm国際新聞ライ…

CA1496 - 出版情報システムの基盤整備-日本出版インフラセンターの紹介- / 本間広政

1.はじめに 有限責任中間法人「日本出版インフラセンター(Japan Publishing Organization for Information Infrastructure Development : JPO)」は,平成14年4月12日に「日本出版データセンター(JPDC)」として設立された。設立を支援し,基金を拠出した設立社員は,日本書店商業組合連合会,日本出版取次協会,…

CA1482 - 動向レビュー:OpenURLとS・F・X / 増田豊

1.はじめに学術情報のリンキングにおいては「メタデータ」が重要な役割を果たす。このメタデータを使い発展性のある方法でリンクを創出するS・F・Xと呼ばれる製品と,その基盤となっているOpenURLについて概説する。2.S・F・X開発の目的ある情報資源からの拡張サービスを考える際に,リン…

CA1481 - 動向レビュー:CrossRefをめぐる動向 / 尾城孝一

1.はじめに電子ジャーナルの歴史は1980年代にまで遡ることができるが,1990年代に入り,インターネットの爆発的な普及と電子出版技術の進展に伴い,電子ジャーナル刊行タイトル数は劇的な増加を見せている。Ulrich'sによれば,現在約27,000タイトル以上が刊行されている。また,米国研究図…

CA1469 - 拡大するSPARC―SPARC EuropeやSPARC Japanへの流れ― / 井上雅子

2001年7月,SPARC Europe(Scholarly Publishingand Academic Resources Coalition Europe)が公式に発足した。SPARC Europeはヨーロッパにおける学術出版の市場に競争をもたらすことを目的とした組織であり,主に北アメリカを中心に活動してきたイニシアチブSPARCとヨーロッパの主要な研究図書館の団体である欧州研究…

CA1452 - 図書館情報学分野における電子ジャーナルの現況 / 芳鐘冬樹

近年の電子ジャーナルの目ざましい発展ぶりは,国内国外を問わず幾度も指摘されているところである。特に科学技術分野では,増大する電子ジャーナルの役割が注目されている。むろん,図書館情報学分野も例外ではなく,電子ジャーナルを媒体に出版される文献の数は年々増加している。例…

CA1444 - 中国の出版学教育カリキュラム / 諸橋邦彦

中国では近年,出版業界の成長が著しい。1979年以来の「改革・開放」に伴う市場経済導入政策によるところが大きく,現在では出版業界が中国経済に占めるポジションも無視できなくなっている。出版業界を担う人材を養成するための教育・訓練の制度も,やはり1980年代から整備され始めた。…

CA1435 - 英国における出版教育 / 高澤美有紀

英国出版産業の世界市場における占有率は5%とされている。世界市場で成功を続けるには知識と能力のある人材を生み出していく必要があるが,これを可能にしたのは,英国で過去20年ほどの間に出版教育における大きな発展があったからである。英国では,後述する出版教育センター(Publishing T…

ページ