出版

デジタル出版を成功させるためには?

Deloitte & Touche社とUK Associations of Online Publishersは、デジタル出版をビジネスとして成功させるための要因について分析した小冊子を発表しています。The net benefit of digital publishing: the last chapter for print?http://www.deloitte.com/dtt/press_release/0,1014,sid%253D2834%2526cid%253D123498,00.htmlTurn the Page: The Net Benefit of Digital Publ…

CrossRef収録データがMicrosoftの検索対象に

CrossRefは7月12日付プレスリリースにて、Microsoft社がWeb Service Search Partnerの第一号となることで合意したと発表しました。これにより、CrossRefが会員出版社から収集した何百ものメタデータをMicrosoft社が自動的に取得し、同社の検索エンジンWindows Live Academic Searchでの検索にも利用できるようになるそ…

LC、OPACに目次をつける試み

LCの書誌レコード高度化諮問チーム(Bibliographic Enrichment Advisory Team: BEAT)が、OPACに目次や出版社の概要、サンプルページなどを付与した、最近5年間のテーマ別蔵書リストを公開しています。Recent Books Cataloged at the Library of Congresshttp://www.loc.gov/rr/business/toc/toc.html参考:■E126■目録レコードに書評へ…

2年目を迎えるビーチ図書館

オランダの北海沿いの7つの町や村で、ビーチライブラリーが開設されるそうです。記事によると、昨年も開設されて好評だったとのこと。無料で貸出もできるとのことで、夏向きの本からロマンス、児童書、オーディオブックまで利用できるほか、館内(?)閲覧用の雑誌も出版者から無料で提…

図書館目録はAmazonの検索を変えるか−BiblioPage.com

Amazonの蔵書検索システムをより便利なものにするには図書館の目録がヒントになるであろう、という考えのもとに作られた、Z39.50を用いた文献検索システムBiblioPage.comが試験公開されています。現在は50万タイトル以上の文献を書名、著者名、出版社名、キーワード、ISBNから検索することができ…

夏だ!旅行だ!旅のお供に電子本(フランス)

夏、バカンスの季節、そして広いビーチで読書のひととき・・・というわけで、フランス国有鉄道(Societe nationale des chemins de fer francais:SNCF)のウェブサイトが、夏の旅行シーズンにあわせて多数の電子本をダウンロードできるコーナーを設けています。電子本の出版社であるNouveau Monde社とSNCFの…

水質情報に関するオンライン出版物のデータベース

米国国立農学図書館(NAL)が、水質情報(Water Quality)に関するオンライン出版物のデータベースを提供しています。関係する各機関が刊行している約1,800点のオンライン出版物について目録を作成し、キーワード検索や、主題ごとのブラウジングを可能としています。また検索結果からリンクを…

「ドイツ国立図書館」発足とネットワーク電子出版物の法定納本制度

ドイツではドイツ(国立)図書館の設置根拠法であった『ドイツ図書館に関する法律』(Gesetz uber die Deutsche Bibliothek)が、『ドイツ国立図書館に関する法律』(Gesetz uber die Deutsche Nationalbibliothek)へと改正されました。これに伴い、6月29日から名称が「ドイツ国立図書館」(Deutsche Nationalbibliothek)…

RCUK、OAポリシーを改訂

英国研究会議(Research Councils UK)は、2005年6月に発表したオープンアクセスに対する立場を改訂しました。OA出版やセルフ・アーカイブの影響力を評価するプロジェクトを行うようです。また、これに伴って、RCUKの傘下にある個々の研究領域の研究会議がオープンアクセスに対するポリシー、リポ…

OPACはどのように検索エンジンの長所を吸収すべきか?

ALAの出版部門のブログALA Techsourceに掲載された“How OPACs Suck”(OPACはどのように検索エンジンの長所を吸収すべきか)が、米国の図書館系ブログを中心に注目を集めています。執筆者は、Librarians' Internet Indexのディレクター、シュナイダー(Karen G. Schneider)氏です。3回に分けて掲載された…

ページ