音楽資料

ラトビア国立図書館、欧州地域開発基金の助成を受け、新聞・図書・楽譜・文書数百万点のデジタル化を実施

2017年9月5日付の、ラトビアの公共放送のポータルサイト“lsm.lv”(英語版)によると、ラトビア国立図書館(LNB)が、欧州地域開発基金の助成を得て、今後1年半をかけて、所蔵資料のデジタル化を実施するとのことです。

新聞、図書、楽譜、文書数百万点をデジタル化する計画で、国営通信社LETAと連携して実施されるとのことです。

LNBでは1999年から資料のデジタル化を開始しているとのことです。

National library has digital ambitions(lsm.lv,2017/9/5)
http://eng.lsm.lv/article/culture/literature/national-library-has-digital-ambitions.a249037/

和歌山県立図書館、2017年12月3日に「南葵音楽文庫閲覧室」をプレオープン

和歌山県立図書館が、2017年12月3日に「南葵音楽文庫閲覧室」をプレオープンすると発表しました。

読売日本交響楽団から和歌山県に寄託された西洋音楽関連資料コレクション「南葵音楽文庫」のうち、整理が終了した資料が、順次、同文庫閲覧室で公開されます。

また、閲覧室入り口の展示ケースで関連資料を紹介するとともに、プレオープン記念として、演奏会、講演会も開催されます。

その他、2017年12月9日から毎週土曜日、同文庫の資料や歴史にまつわる30分程度のミニレクチャー「南葵ミニレクチャー」が行なわれるほか、定期講座の開催も予定されています。

関連して、2017年12月3日から2019年1月21日まで、和歌山県立博物館において、企画展「南葵音楽文庫 音楽の殿様・頼貞の楽譜コレクション」 が開催され、ベートーヴェンの自筆楽譜など資料約100点が展示されるとともに、2017年12月6日には、和歌山県民文化会館において「南葵音楽文庫寄託記念~読売日本交響楽団 和歌山特別公演~」が催され、同文庫を開設した徳川頼貞の英国留学時代の師ネイラーが作曲した序曲「徳川頼貞」が、97年ぶりに演奏される予定となっています。

米・ミネソタ州ヘネピン郡図書館、ローカルミュージックを配信する“MnSpin”を2017年末に公開へ

米・ミネソタ州のヘネピン郡図書館が、2017年末にサービスを開始する音楽配信プラットフォーム“MnSpin”で配信の対象となるミネソタ州地域のミュージシャンによる楽曲の公募を開始しています。

公募は8月2日までで、審査をへて選ばれたアーティスト(現在のところ40人・団体まで)の楽曲がプラットフォームから配信されます

プラットフォームでは、楽曲のストリーミング聴取が誰でもできるほか、同館の利用者カード保持者は楽曲のダウンロードも可能です。

Musicians: Be heard!(Hennepin County Library,2017/7/5)
http://www.hclib.org/about/news/2017/july/mn-spin

参考:
E1598 - 公共図書館によるローカルミュージック・プロジェクト始まる
カレントアウェアネス-E No.265 2014.08.28
http://current.ndl.go.jp/e1598

英国図書館、国内の10機関と連携し、記録媒体の劣化・旧式化により再生できない恐れがある音声記録50万点の保存を目的とした事業を開始

2017年4月12日、英国図書館(BL)が、宝くじ基金(National Lottery grant)等の助成を得て、記録媒体の物理的劣化や旧式化により再生できない恐れがある音声記録50万点の保存を目的とした、国内の10の機関との連携事業“Unlocking Our Sound Heritage”の開始を発表しています。

参加機関は、北アイルランド国立美術館、アーカイブズ+及びマンチェスター市議会、ノーフォーク・レコードオフィス、スコットランド国立図書館、レスター大学、サセックス大学のKeep、タインアンドウィア文書館・博物館、ウェールズ国立図書館、ロンドン市公文書館、Bristol Cultureの10機関です。

BLの“Save Our Sounds”事業の一環であり、2019年には、音源を検索し聴くことができるウェブサイトを公開する計画となっています。

欧州12か国のサウンド・アーカイブから集めた音源が“Europeana Radio”で利用可能に

2017年1月11日、Europeanaが、欧州の12か国のサウンド・アーカイブから集めた20万の音源が“Europeana Radio”で利用可能になったと発表しています。

クラシック、フォーク、伝統音楽、ポピュラー音楽や、言語・方言、スポークン・ワード(Spoken-word)、サウンドスケープ(soundscapes)などといった幅広い分野の音源を聴くことが可能で、利用者はタグ付けをすることも可能となっています。

Europeana Radio - discover, listen and tag the music from Europeana Music Collections(Europeana,2017/1/11)
http://blog.europeana.eu/2017/01/europeana-radio-discover-listen-and-tag-the-music-from-europeana-music-collections/

Europeana Radio
http://www.europeana.eu/portal/en/radio.html

参考:
E1674 - 古音源の保存と活用に関する国際シンポジウム<報告>
カレントアウェアネス-E No.281 2015.05.21

山陽小野田市立図書館(山口県)、閉館後に、レコード・カフェ「ボブ・ディラン レコードコンサート」を開催

2016年12月17日、山口県の山陽小野田市立図書館が、ボブ・ディラン氏のノーベル文学賞の受賞を祝して、閉館後の17時半から、夜の図書館「レコード・カフェ」と題し、「ボブ・ディラン レコードコンサート」を開催します。

地元の山口東京理科大学の学生が淹れるコーヒー付きです。

定員は50名で、申し込み不要です。

『ボブ・ディラン レコードコンサート』 開催のお知らせ(山陽小野田市立図書館,2016/12/6)
http://library.city.sanyo-onoda.lg.jp/event/post-99.html

ミシガン大学図書館、女性作曲家のコレクションをデジタル化して公開

ミシガン大学図書館が女性作曲家のコレクションのデジタル化を完了したことが発表されています。

コレクションには、700名以上の作曲家の、楽譜をはじめとする約2,800点の作品が含まれており、そのうち約250点は自筆の楽譜です。これらの作品は19世紀と20世紀の作品にほぼ二分されます。歌曲やピアノ独奏曲など様々なジャンルの作品が含まれています。約80%の作品はパブリックドメインに属しており、全文が利用可能とのことです。

これらの作品は、ミシガン大学図書館のOPAC“Mirlyn”のほか、HathiTrustから検索・閲覧することができます。また、エクセル形式の目録でも、検索やMirlynの書誌のページへのリンクが可能です。

Women Composers Collection now online(IAML, 2016/11/23)
http://www.iaml.info/news/women-composers-collection-now-online

Mirlyn(University of Michigan Library)
http://mirlyn.lib.umich.edu/

Women Composers Collection(HathiTrust)

和歌山県、読売日本交響楽団から、南葵音楽文庫を寄託

和歌山県は、読売日本交響楽団から、南葵音楽文庫の寄託を受けることとなり、2016年12月2日、契約調印式が行われました。

南葵音楽文庫は、紀州徳川家の16代当主・徳川頼貞が建設した音楽専用ホール「南葵楽堂」に併設された音楽図書館に所蔵されていた音楽書・楽譜のコレクションで、現在は、読売日本交響楽団が所有しています。

今回の寄託契約により、貴重資料98点が、和歌山県立博物館で保管され、特別展等で一般公開されるほか、その他の資料は和歌山県立図書館で保管され、閲覧や研究のために活用されます。

南葵音楽文庫の寄託契約に係る調印式の開催について(和歌山県,2016/11/28)
http://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press/281128/281128_2.pdf

「南葵音楽文庫」県に寄託 ベートーベン自筆譜も(わかやま新報,2016/12/3)
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2016/12/20161203_65607.html

南葵音楽文庫(読売日本交響楽団)
http://yomikyo.or.jp/nanki/

参考:
慶應義塾、ベートーヴェンの自筆資料などを含む南葵音楽文庫所蔵資料をデジタル化
Posted 2008年12月16日

韓国国立中央図書館、歌謡曲のLPレコードの調査を実施:本人の歌声か「詐称曲」か

2016年11月7日、韓国国立中央図書館(NLK)は、本人が歌ったものか、他人が本人の名を騙って歌っているもの(詐称曲)かについて、LPレコードを調査した結果を、同館のブログで公開しています。

対象は、韓国の歌手ペ・ホとナム・インスのレコードで、同館と、韓国放送公社(KBS)、ロエン・エンタテインメント、崇実大学校音響工学研究所が共同で、今年の6月から、KBSの音楽資料室が所蔵するLPレコードを調査しました。

大衆歌謡を保存・継承すべき文化遺産と考えた時、「詐称曲」を区分する必要があるとの認識のもと行われた調査で、今後、その正確な情報を示し、本人が歌う音盤と原曲を保存・提供できるようにするとしています。

ロエン・エンタテインメントが運営するウェブサイト“Melon”では、本人のものと「詐称曲」を聴き比べることができるページが設けられています。

배호, 남인수의 진짜 목소리를 찾아라(NLK,2016/11/11)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8852&notice_type_code=3&cate_no=0

배호, 남인수의 진짜 목소리를 찾아라(NLK,2016/11/4)

トルコ国立図書館、1階に「デジタルライブラリー」を開設

2016年10月25日、トルコ国立図書館の1階に「デジタルライブラリー」が開設されました。

86人の利用が可能で、タブレット、ノートパソコン、プリンター、スクリーン等が備えられています。

韓国・サムスン電子のトルコ法人が担当した事業で、ライブラリー内では、デジタル化された約2万7千点のオスマントルコ語・ペルシャ語・アラビア語の手稿類、オスマン帝国時代の逐次刊行物、1928年以降の逐次刊行物や新聞、オスマン帝国時代の新聞、絵画、映画ポスター、地図、切手、政治ポスター、レコード等を利用することができます。

MİLLÎ KÜTÜPHANE İÇERİĞİ DİJİTAL ORTAMDA(トルコ国立図書館,2016/10/25)
http://basin.kulturturizm.gov.tr/TR,164598/milli-kutuphane-icerigi-dijital-ortamda.html

Samsung Electronics Turkey Presents the Digital Library(サムスン電子,2016/10/25)
https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-turkey-presents-the-digital-library

参考:

ページ