HathiTrust

E1894 - CiNii Booksの本文アクセス強化

2012年以来,毎年実施しているCiNii利用者アンケートにおいて,必ず「CiNii Booksを利用いただく上で不満な点について教えてください。」という問いを設けている。2016年実施分も含めた5年間,常に利用者の関心が最も高いのは「本文へのリンク」であった。本稿では,CiNii Booksにおける本文へのアクセス強化について,サービス誕生からの道のりを振り返りつつ,以下に述べたい。...

HathiTrust、収録資料が1,500万点を突破

2017年2月22日、米国の大学図書館等によるデジタル化資料の共同リポジトリHathiTrustは、収録資料が1,500万点を突破したことを発表しました。

発表では、1,500万点目にデジタル化された、カルフォルニア大学アーバイン校の所蔵資料について解説されています。

2月10日には、2017年1月1日時点の収録資料は1,481万6,187点であること、2016年に617万人以上の利用者がHathiTrust Digital Libraryのウェブサイトを訪れたことが発表されていました。

15 Million Items in HathiTrust(HathiTrust, 2017/2/22)
https://www.hathitrust.org/15-million-items-hathitrust

HathiTrust、約1,370万件のデジタル化資料中に含まれる50億ページ、2兆語超のデータから抽出した特徴データセットを公開

2016年12月5日、HathiTrustはHathiTrust Digital Library(HTDL)に含まれるデジタル化資料約1,370万件から抽出した特徴データセット、”HathiTrust Research Center (HTRC) Extracted Features (EF) Dataset”のバージョン1.0を公開しました。

このデータセットはHTDL内の各資料、各ページにおける語数、行数、品詞やその他の詳細事項に関する量的データを含んでおり、16~20世紀に発行された資料を対象に、歴史的・文化的トレンドの推移やあるトピックの隆盛、ある語の発生・浸透の過程等の調査に用いることができます。対象となるページ数は50億ページ以上、対象語数は2兆語以上に及びます。

Big (and Open) Data for Scholarship of All Sizes: A New Release of the HathiTrust Research Center Extracted Features Dataset(HathiTrust、2016/12/5付け)
https://www.hathitrust.org/extracted-features-announcement

HTRC Extracted Features Dataset

CiNii Books、HathiTrust Digital Libraryとの連携機能を追加

2016年11月2日、国立情報学研究所(NII)は、CiNii Booksに、HathiTrust Digital Libraryとの連携機能を追加したと発表しています。

HathiTrust Digital Libraryの電子リソースのうち、CiNii Booksと紐づけられた約28万件のデータへのリンクがCiNii Booksの検索結果画面に表示され、本文へ直接アクセスして閲覧することが可能となっています。

CiNii Booksに新機能/米HathiTrust Digital Libraryと連携/電子版の本文データへの直接アクセスが可能に(NII,2016/11/2)
http://www.nii.ac.jp/news/2016/1102/

ニュースリリース
http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20161102.pdf

テキサス大学オースティン校、所蔵する50万冊以上のラテンアメリカコレクションを電子化 HathiTrustから利用可能に

2016年10月3日、テキサス大学オースティン校は所蔵する50万冊以上のラテンアメリカコレクションを電子化し、HathiTrustから利用できるようにしたことを発表しました。同校のベンソン・ラテンアメリカコレクションに含まれる図書を、同大学図書館との協働の下で、Googleが電子化したとのことです。

Latin American Collections Now Available in Digital Repository(UT News、2016/10/3付け)
https://news.utexas.edu/2016/10/03/latin-american-collections-enter-digital-repository

HathiTrustリサーチセンター(HTRC)、外部の研究者と連携してHTRCのツールやサービス向上を図る“Advanced Collaborative Support”の対象を発表

2016年7月29日、HathiTrustリサーチセンター(HTRC)は、HTRCのスタッフと外部の研究者の連携によってHTRCのツールやサービスに関する課題を解決するプログラム“Advanced Collaborative Support”の対象となる4つのプロジェクトを発表しました。

2015年2月の発表に続いて、2回めの対象プログラムの発表となります。

HathiTrust Research Center Awards Three ACS Projects(HathiTrust Digital Library)
https://www.hathitrust.org/hathitrust-research-center-awards-three-acs-projects

News and Updates(HathiTrust Digital Library)
http://www.hathitrust.org/htrc_news_updates_rss
※2016/7/29付で“HathiTrust Research Center Awards Three ACS Projects”とあります。

HathiTrustと全米視覚障害者連合、HathiTrust収録の全電子化書籍を視覚障害者及びプリントディスアビリティのある人も利用できるようにすると発表

2016年6月29日、HathiTrustは、全米視覚障害者連合(NFB)と連携し、HathiTrustに収録されている全電子化書籍を、視覚障害者及びプリントディスアビリティの人も利用できるようにすると発表しています。

HathiTrust at U-M, NFB to make 14M+ books accessible to blind and print-disabled users(HathiTrust,2016/6/29)
https://www.hathitrust.org/hathitrust_NFB_announcement

参考:
全米視覚障害者連合とAmazonが視覚障害のある生徒の読書環境改善のため連携
Posted 2016年3月3日
http://current.ndl.go.jp/node/30918

米・ミシガン大学図書館、著作権調査管理業務に役立つツールキットを刊行

2016年6月13日、米・ミシガン大学図書館が、HathiTrustの著作権調査管理システム(CRMS)への理解を促し、類似の著作権調査事業遂行の参考となることを目的に“Finding the Public Domain: Copyright Review Management System Toolkit”を刊行しました。

図書館のウェブサイトでhtml版、pdf版も公開されています。

米・ミシガン大学図書館では、HathiTrustに含まれる孤児著作物を特定するプロジェクトに取組んでいます。

Announcements >Finding the Public Domain Toolkit: Identifying Items Not Subject to Copyright(University of Michigan Library,2016/6/13)
http://www.lib.umich.edu/announcements/finding-public-domain-toolkit-identifying-items-not-subject-copyright

Finding the Public DomainCopyright Review Management System Toolkit

HathiTrustの著作権レビュー管理システム(CRMS)、米国図書館協会による“L. Ray Patterson Copyright Award”を受賞

2016年5月10日、米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局(OITP)が、2016年の“L. Ray Patterson Copyright Award”に、HathiTrustの著作権レビュー管理システム(CRMS)を選んだと発表しています。

同賞は、フェアユースの法理とパブリックドメインのためのアドヴォカシー活動を通じて、バランスのとれた米国の著作権システムへの貢献を示した、個人やグループに贈られるものです。

HathiTrustのCRMSは、同サービスにおける数多くの作品の中からパブリックドメインであるものを決定するためのシステムで、2008年に、博物館・図書館サービス機構(IMLS)からの助成を得て開発されたものです。

これまでに32万3,334件を超える作品がCRMSによってパブリックドメインとして決定され、HathiTrustで公開されています。

ALA announces 2016 winner of L. Ray Patterson Copyright Award(ALA,2016/5/10)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/05/ala-announces-2016-winner-l-ray-patterson-copyright-award

参考:

HathiTrust Research Center、HathiTrustに含まれる全デジタルデータを研究者のテキストマイニング調査のために開放

2016年5月5日、インディアナ大学、イリノイ大学、HathiTrustが共同で運営しているHathiTrust Research Center(HTRC)が、HathiTrustがデジタル化した全ての書籍1,400万点を対象として、研究者がテキストマイニングにより調査できるようにすると発表しました。

これまではパブリックドメインのサブセットのみの分析を支援してきたが、今後は、インディアナ大学のパーベイシブ技術研究所とData to Insight Centerの技術支援により、事前審査を受けた研究者はAdvanced Collaborative Services待遇で調査ができるようになるとのことです。

HTRCの専門家により、2017年春には、全てのコレクションを、カプセル化したデータとして利用可能とするほか、フィーチャデータセットも2016年秋には公開される予定とされています。

Twitter(@HathiTrust,2016/5/5)
https://twitter.com/hathitrust/status/728223923540742149

One of the world's largest digital libraries opens doors to text mining scholars(HathiTrust)

ページ