カレントアウェアネス-R

韓国・国会図書館、「第1回国会図書館ハッカソン大会」を開催

韓国・国会図書館が、2018年9月14日、「第1回国会図書館ハッカソン大会」を開催します。

参加者は「国家学術情報OpenAPI及びデータセット」「国会電子図書館OpenAPI」等国会図書館のデータと公共データポータルで提供されている公共データを活用・融合させたサービスの開発を行なうこととされています。

大会で実施される開発成果の試演に対する図書館利用者の反応も審査に反映されます。

国会図書館 プレスリリース
http://www.nanet.go.kr/libintroduce/bododata/selectBodoDataList.do
※「「제1회 국회도서관 해커톤 대회」 접수 시작 - 파스-타(PaaS-TA) 기반 공공데이터 활용 응용서비스 개발 경연 2018-08-08」(「第1回国会図書館ハッカソン大会」受付開始ーPaaS-TA基盤公共データ活用アプリケーションサービス開発コンテスト)とあります。

東京大学総合図書館、「田中芳男・博物学コレクション」をデジタル公開

2018年8月6日、東京大学総合図書館では、東京大学デジタルアーカイブズ構築事業の一環として、同館が所蔵する田中芳男文庫のうち、幕末から大正にかけてのパンフレットや商品ラベルなどの膨大なスクラップブック『捃拾帖(くんしゅうじょう)』などをデジタル化し、「田中芳男・博物学コレクション」としてインターネット公開しました。

田中芳男(1838~1916)は博物学者で、多くの博覧会の開催に携わり、関係資料の収集に努めた人物です。同館の田中芳男文庫は、孫の田中美津男氏から1931年に寄贈されたもので、日本の博物学及び博覧会関係の貴重なコレクションです。

『捃拾帖』など「田中芳男・博物学コレクション」をデジタル公開しました(東京大学総合図書館,2018/8/6)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/news/20180806

名古屋市鶴舞中央図書館、報告会「震災からの復興支援~陸前高田市立図書館への司書派遣報告」を開催

2018年9月1日、 名古屋市鶴舞中央図書館が、報告会「震災からの復興支援~陸前高田市立図書館への司書派遣報告」を開催します。

東日本大震災による被害を受けた陸前高田市立図書館が新館を開館するにあたり、名古屋市図書館は、2017年5月1日から10月31日にかけて、名古屋市の行政丸ごと支援の一環として司書を派遣しました。

報告者は、名古屋市鶴舞中央図書館司書の田中里枝子氏で、定員は30人(先着順)です。

あわせて、派遣された司書が行なった業務の様子や陸前高田市を紹介した写真の展示や、東日本大震災関連書籍の展示が8月18日から9月30日まで行われます。

鶴舞中央図書館 「震災からの復興支援~陸前高田市立図書館への司書派遣報告」≪開催日:9月1日(土)≫(名古屋市図書館)
https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_event/entries/20180809_05.html

米国の大学図書館における「データ・ライブラリアン」とは?(文献紹介)

2018年8月にマレーシアのクアラルンプールで開催される第84回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会での発表資料として、米・ノーステキサス大学情報科学部のHammad Rauf Khan氏及びYunfei Du氏による“What is a Data Librarian?: A Content Analysis of Job Advertisements for Data Librarians in the United States Academic Libraries”と題する文献が公開されています。

複数のオンラインの就職掲示板上での米国の大学図書館のデータライブラリアンに関する求人広告を調査することで、データライブラリアンの中核要件や、データライブラリアンに要求されるスキル・職責・資格の最新動向を明らかにしようとしたもので、図書館情報学のカリキュラムを雇用者のニーズを満たすよう改善することが目的です。

カナダ・トロント公共図書館、市民に対して、Twitterで1行づつつぶやいて物語を完成させる企画への参加を呼びかけ

2018年8月8日、カナダ・トロント公共図書館が、Twitterで1行づつつぶやいて物語を完成させる企画への参加を市民に呼びかけています。

同館の図書館員Vickery Bowles氏のツイート“I sat on a bench reading my book in the waterfront’s early morning sunshine when a jogger suddenly stopped in his tracks and approached me with a knowing smile”から開始された同企画は、ハッシュタグ“#TorontoWritesABook”を付与したツイートのなかから、図書館が、Twitterによるオンライン投票に基づいて2行づつ毎日選択して、物語を完成させていきます。

完成した物語は8月末に公開されます。

磐田市(静岡県)に、図書館機能と子育て支援・相談機能をもつ複合施設「ひと・ほんの庭 にこっと」がオープン

2018年8月11日、磐田市(静岡県)に、複合施設「ひと・ほんの庭 にこっと」がオープンします。

同施設は磐田市立豊田図書館を改装したもので、子ども用の資料3万冊を配架した閲覧スペース等が設置されています。従来の市立図書館としての機能に加え、子育ての相談受付や情報提供が行われます。

豊田図書館は「磐田市ひと・ほんの庭 にこっと」として生まれ変わります(磐田市立図書館,2018/3/30)
https://www.lib-iwata-shizuoka.jp/news/3033/

清須市立図書館(愛知県)の「宮重大根プロジェクト」、2018年度は栽培記録を作成し市内の学校に配布

愛知県の清須市立図書館は、同館で実施している地元の特産品である伝統野菜・宮重大根を育てるプロジェクトにおいて、2018年度は、栽培に加え、栽培記録を作成して図書館で掲示するほか、製本版を市内の学校に配布すると、同館の『図書館だより』2018年8月号で発表しています。

栽培記録作成・資料調査にあたっては、図書館職員が参加者を支援します。

「参加者募集 地域の伝統野菜 宮重大根を育ててみよう!プロジェクト」『図書館だより』2018年8月号 [PDF:4ページ]
http://www.library-kiyosu.jp/kiyosu-lib/wp-content/uploads/2017/06/dayori_2018_08.pdf

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、内閣総理大臣宛に「平成30年7月豪雨被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を提出

2018年8月8日、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)が、内閣総理大臣宛に「平成30年7月豪雨被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を提出しました。

被害を受けた公文書等の保全・保存活動の支援、公文書の被災実態調査の実施、被災した公文書館等の施設復旧・再建への支援、滅失した公文書等の代替復元への支援、被災から復興までの記録の公文書としての保存及び被災に係る民間記録の収集・保存・継承に必要な支援、を実施することを要望しています。

全史料協 新着記録
http://www.jsai.jp/
※2018. 8. 8 欄に「資料ファイルに「平成30年7月豪雨被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書」を掲載しました。」とあります。

平成30年7月豪雨被災地における公文書等の保全・保存に関する要望書 [PDF:616KB)
http://jsai.jp/file/20180808petition.pdf

島根大学附属図書館、ラーニングコモンズに小・中学生の自由研究のためのスペースを設置:島根大学総合博物館「#カイジュウ展」との連携企画

島根大学附属図書館が、2018年8月16日から8月24日にかけて(18日・19日は休館)、同館ラーニングコモンズに、小・中学生の自由研究のためのスペースを設置します。

島根大学総合博物館「#カイジュウ展」との連携企画で、「カイジュウ(海獣)」に関する本約50冊が用意されてるほか、10色のフェルトペンも準備されています。

関連イベントとして、17日と23日に、職員が図書館内を案内する「大学の図書館ってどんなとこ?」も開催されます。

夏休みの宿題や自由研究の仕方を教えるものではなく、子どもたち自身が用意されている本を用いて調べ学習をするものです。

カイジュウ展を見て自由研究をまとめよう(島根大学附属図書館,2018/8/8)
https://www.lib.shimane-u.ac.jp/new/2018080700039/

スペイン・カタルーニャ州のInclusive Libraries Project(文献紹介)

2018年8月にマレーシアのクアラルンプールで開催される第84回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会での発表資料として、スペインのカタルーニャ州・ビラノバにあるArmand Cardona Torrandell図書館のSusana Peix Cruz氏による“Inclusive Libraries: Architecture, Services, Library Collections and Training Combine in an Acessibility Project in the Libraries of Catalonia ”と題する文献が公開されています。

同文献では、まず、2015年に開始された、カタルーニャの公共図書館ネットワークによるInclusive Libraries Projectが紹介されています。

同プロジェクトでは、公共図書館利用における既存の障壁を特定・改善するために、建築、サービス・アクティビティ、蔵書、研修の4つのワーキンググループが設置され、アクセシブルな図書館モデルのための提言が策定されたとのことです。

ページ