児童サービス

大阪市立図書館、わたしのお気に入りの1さつ!セレッソ大阪の選手のOneBookをホームページで紹介

大阪市立図書館では、12月27日まで、大阪の一冊のえほんを決定する"One Book One OSAKA" の投票をうけつけており、投票をもとに第5回大阪の一冊のえほん"One Book One OSAKA"を決定しますが、この企画にあわせて、セレッソ大阪の選手たちが、「わたしのOneBook」を紹介するページが設けられたようです。

わたしのお気に入りの1さつ!セレッソ大阪の選手のOneBookご紹介します(大阪市立図書館,2015/8/2)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jom5vd4tf-510#_510

わたしのお気に入りの1さつ!セレッソ大阪藤本康太選手のOneBookご紹介
(大阪市立図書館,2015/7/31)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=878

参考:
大阪市立図書館、第5回One Book One OSAKAの出張投票を実施
Posted 2015年7月28日
http://current.ndl.go.jp/node/29015

大阪市立中央図書館で「セレッソ大阪展~2015明治安田生命J2リーグ開幕!一年でJ1へ~」開催
Posted 2015年2月19日

米テキサス州フッド郡でLGBTQをテーマにした絵本の図書館における処遇が郡政委員会で取り上げられる 200人以上の市民が参加

LGBTQ(lesbian, gay, bisexual, transgender, queer/questioning)を扱った2冊の絵本、”My Princess Boy”と”This Day in June”を図書館の児童書コーナーに置くことについて住民から批判が寄せられていた米フッド郡で、2015年7月14日、これらの絵本の処遇をめぐる郡政委員会が開催されました。当日は200人以上の市民が参加し、40名以上から発言があったとのことです。

2冊の絵本のうち”This Day in June”は図書館長の決定で児童書コーナーから両親向けのコーナーに移動されていましたが、”My Princess Boy”は現在も児童向けの絵本コーナーに置かれています。郡政委員会ではこれらの絵本について、図書館協議会の決定を覆すような決定はなされず、報道では今後も図書館に置かれ続けるだろうとされています。

LGBT Books For Kids Will Stay On Hood County Library Shelves, Commissioners Say(KERA NEWS、2015/7/14付け)

電書ラボ、「デジタル絵本よみきかせ」実証実験の報告書を公開

2015年7月7日、電子書籍の制作と利用・流通をもっと合理的・効率的にするための研究・開発をおこなうためにつくられた「電書ラボ」が、大日本印刷hontoビジネス本部、図書館流通センターと共同で、デジタル絵本をプロジェクターや大型テレビで、子どもたちに、よみきかせをする実験を行ない、この経過を一冊の報告書にまとめたものを公開しています。

研究発表 「デジタル絵本よみきかせ」実証実験の報告書 (電書ラボ,2015/7/7)
http://densholab.jp/archives/1102

「デジタル絵本よみきかせ」実証実験の報告書 (電書ラボ)
http://densholab.jp/page-1085

米テキサス州フッド郡図書館でLGBTQをテーマにした2冊の絵本に50人の住民から批判 児童コーナーからの移動を要求

米テキサス州のフッド郡図書館で、LGBTQ(lesbian, gay, bisexual, transgender, queer/questioning)を扱った絵本、”My Princess Boy”と” This Day in June”に対し、50人の住民から児童コーナーから移動するよう批判が寄せられていることが報じられています。フッド郡図書館の館長と図書館協議会は児童コーナーからの移動を拒否しましたが、2015年7月14日に開催予定の郡政委員会でこの問題について取り上げられる予定とのことです。

LGBT children's books debated at Hood County library(WFAA、2015/7/1付け)
http://www.wfaa.com/story/news/education/2015/06/30/lgbt-childrens-books-targeted-at-hood-county-library/29541745/

Fifty Challenges Filed Against LGBTQ Children’s Books in Rural Texas County(Comic Book Legal Defense Fund、2015/7/3付け)

山形県立図書館、山形県立博物館で「読み聞かせ会」を開催

2015年7月29日、山形県立図書館が、絵本の読み聞かせと自然科学や歴史にかかわる体験とを組み合わせた「読み聞かせ会」を、県立博物館で開催するとのことです。

当日は、県立図書館の絵本や図鑑なども移動図書館として、多数展示するとのことです。

参加費は無料ですが、参加には申し込みが必要です。
対象は、幼児(3~5歳)<午前の部>及び小学1~4年生<午後の部>の子どもとその保護者で、先着順各20組とのことです。

県立博物館での「読み聞かせ会」のお知らせ(平成27年度 読育推進連携講座)(山形県立図書館)
https://www.lib.pref.yamagata.jp/cgi-bin/cttcgi/info_back_content.cgi

大日本印刷、「DNPデジタルえほんサービス」の絵本コンテンツに図書館用コンテンツを追加

2015年6月24日、大日本印刷は、「DNPデジタルえほんサービス」の絵本コンテンツに図書館用コンテンツを追加したと発表しています。

既存のコンテンツである「おはなし」「まなび」「あそび」の各ジャンルの絵本コンテンツのラインアップに、図書館専用の絵本コンテンツ10タイトルを加え、図書館向けに販売するとのことです。

大日本印刷のプレスリリースによると、2015年6月13日から7月3日まで札幌市中央図書館で「DNPデジタルえほんサービス」の実証実験を行っているとのことです。

図書館でデジタル絵本を閲覧できるサービスを提供(大日本印刷,2015/6/24)
http://www.dnp.co.jp/news/10112156_2482.html

参考:
E1411 - 子どもたちに出版文化を伝える―デジタルえほんミュージアム
カレントアウェアネス-E No.234 2013.03.28
http://current.ndl.go.jp/e1411

米国議会図書館(LC)、タブレット対応の学生向けコンテンツ“Student Discovery Sets”に新規コンテンツ3点を追加

2015年6月15日、米国議会図書館(LC)は、タブレット対応の学生向けコンテンツ“Student Discovery Sets”に新規コンテンツを追加したと発表しています。

これまでの、米国憲法、米国の象徴、移民、ダスト・ボウル、ハーレム・ルネッサンス、宇宙についての知識、産業革命、ジム・クロウ法と人種差別、20世紀の転換点での子どもの生活に加えて、今回、婦人参政権、日系アメリカ人の強制収容、政治風刺漫画が追加されたとのことです。

ホワイトハウスでピケを張っている婦人参政権論者、活気ある19世紀の政治風刺漫画の団体の詳細、日系アメリカ人の退役軍人の話などが含まれるようです。

iBooksに無料でダウンロードできiPadで利用できるとのことです。

Library Releases New Student Discovery Sets for Tablets(LC,2015/6/15)
http://www.loc.gov/today/pr/2015/15-101.html

鳥取県、島根県と連携して「読みメン」のプロジェクトを開始

2015年6月から、鳥取県立図書館は「読みメンになろう!」プロジェクトを開始しています。今後、毎年6月を「読みメン月間」として、市町村図書館や保育所、幼稚園、子育て支援センターなどの協力を得て共同で普及の取組みを行うとのことです。

「読みメン」とは、「子どもに絵本を読む男性」のことを指し、子どもの父親や祖父にも、子ども一緒に絵本を楽しんでほしいという願いが込められた言葉であるとのことです。

鳥取県立図書館では、今年度は以下の4つの取組みが行われます。

●鳥取県立図書館を会場としたイベント(「読みメンぱーくinとっとり」6月13日、14日に開催)
内容:読み聞かせの実演や、「読みメン」の意義、楽しさを紹介する講演などの実施
●「読みメンになろう!」リーフレット、「読みメンてちょう」の配布
内容:鳥取県立図書館作成の「読みメン」について紹介したリーフレットの公共図書館や保育所、幼稚園等での配布と、絵本を読んだ日付とそのタイトル、子どもの反応を記録する手帳の配布
●鳥取県立図書館男性職員による「おはなし会」を毎月第3日曜日に開催
●読みメンおススメ本の企画展示、「読みメンコーナー」の開設

米児童図書館サービス部会(ALSC)、“Great Websites for Kids”に新たに8のウェブサイトのリンクを追加

2015年6月4日、米国図書館協会(ALA)の児童図書館サービス部会(Association for Library Service to Children:ALSC)が、子ども向けの優れたオンラインリソースを紹介するポータルサイト“Great Websites for Kids(GWS)”に、新たに8つのウェブサイトのリンクを追加したことを発表しています。

追加されたウェブサイトは以下のとおりです。

Ask a Biologist  
http://askabiologist.asu.edu/

Bug Guide  
http://bugguide.net/node/view/15740

Code Monster  
http://www.crunchzilla.com/code-monster

CSI: Web Adventures  
http://forensics.rice.edu/

I Was Wondering  
http://iwaswondering.org/

Middle Shelf  
http://issuu.com/middleshelf/docs/

San Diego Zoo Kids  
http://kids.sandiegozoo.org/

千葉市動物公園、「動物に関する絵本」の貸出を開始

2015年5月19日から千葉市動物公園で、動物に関する絵本の貸し出しを開始するとのことです。

絵本は、動物公園内の動物科学館2階図書室に展示されており、1階の総合案内で手続きを行い、会員登録をすると、1人1回に5冊まで4週間借りることができるとのことです。

絵本の貸出は関東の動物園をはじめ、政令指定都市の動物園でも初めての試みだそうです。

動物公園で「動物に関する絵本」の貸出を新たに開始します。(千葉市動物公園,2015/5/15)
https://www.city.chiba.jp/zoo/event/ehonnkasidasi.html

千葉市動物公園で「動物に関する絵本」の貸出を新たに開始します!(プレスリリース)(千葉市動物公園,2015/5/15)
http://www.city.chiba.jp/zoo/press/documents/20150515.pdf

ページ