タンザニア

EIFL、ケニア・タンザニア・ウガンダでのOAポリシー策定のためのプロジェクトを開始

2016年4月29日、EIFL(開発途上国において図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる非営利組織)が、ケニア図書館情報サービスコンソーシアム(KLISC)、タンザニア大学・研究図書館コンソーシアム(COTUL)、ウガンダ大学図書館コンソーシアム(CUUL)と共に、“Open access policy development in Kenya, Tanzania and Uganda to make more digital content available”と称する2年間のプロジェクトを開始したと発表しています。

同プロジェクトは、東アフリカの研究者により重要な研究成果が生み出され、また、3か国のオープンアクセス(OA)リポジトリが64もあり、何十ものOAジャーナルが発行されているにも関わらず、オンラインで閲覧できるコンテンツが増えないという現状を解決することを目的としており、3か国の16の研究大学が、OAポリシーを採用することで、リポジトリに投入されるコンテンツを速やかに増やすこと目指すとされています。

Open access policies in Kenya, Tanzania, Uganda(EIFL,2016/4/29)

EIFL、法学分野のデータベース“HeinOnline”をパートナーであるコンソーシアム・会員館に提供

EIFL(開発途上国において図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる非営利組織)が、法学分野のデータベース“HeinOnline”を提供するWilliam S. Hein and Company社と提携し、2,200点以上の法律や法律関係雑誌がHeinOnlineで利用できるようになったと発表しています。

この提携は、2017年12月31日までの契約で、EIFLのパートナーである31か国のコンソーシアムや会員館で利用できるとのことです。

対象となる31か国は以下の国々です。

アルジェリア、アンゴラ、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、エチオピア、フィジー、ガーナ、ケニア、コソボ、キルギスタン、ラオス、レソト、マケドニア、マラウイ、モルディブ、モルドバ、ナミビア、ネパール、パレスチナ、セネガル、セルビア、スーダン、タンザニア、タイ、ウガンダ、ウクライナ、ウズベキスタン、ザンビア

HeinOnline agreement expanded to include Law Journal Library(EIFL,2016/2/2)
http://www.eifl.net/news/heinonline-agreement-expanded-include-law-journal-library

タンザニア国立図書館に中国館が開館

タンザニア国立図書館に中国館が開館し、9月24日に開館式典が行われました。中国館は、中国国務院新聞弁公室から電子閲覧端末20台、1000種類の出版物や映像資料、10万タイトルのデジタル資料など総額30万ドル分の資料の寄贈を受け設置されたもので、館内に特別区域を設けて設置されたとのことです。

式典には中国国務院新聞弁公室主任の張雁彬氏、中国駐タンザニア大使の呂友清氏、タンザニア教育部事務総長のゲシンバ氏らが出席し、ゲシンバ氏からは「これらは将来に向けて中国とタンザニアの両国が理解と交流を深めるための“知識の宝庫”、“電子の架け橋”になるであろう」とコメントがあったとのことです。

Ref.
OPENING CEREMONY AND BOOKS DONATION OF CHINA LIBRARY AT NATIONAL CENTRAL LIBRARY(Tanzania Library Service Board 10/1付ニュース)
http://www.tlsb.or.tz/index.php/news/more/opening_ceremony_and_books_donation_of_china_library_at_national_central_li/

坦桑尼亚国家图书馆中国馆搭建中坦友谊新纽带(中国国务院新闻办公室HP 9/25付発表)

2011年の「学習へのアクセス賞」、受賞団体が発表される

米国のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が毎年発表している「学習へのアクセス賞」の2011年の受賞団体が決定したようです。受賞したのは、東アフリカのケニアやウガンダ、タンザニア等の乾燥地域で、孤立している集落の住民に対し、インターネットへのアクセス環境を提供している“Arid Lands Information Network”(ALIN)という団体のようです。ALINはそれらの地域に12のアクセスセンターを開設し、住民はインターネットを利用することで、医療情報を入手したり、生活環境の改善に役立ててたりしているようです。

ALIN Awarded 2011 Access to Learning Award by Bill & Melinda Gates Foundation (Arid Lands Information Networkのニュース)
http://www.alin.or.ke/i/ALIN%20Awarded%202011%20Access%20to%20Learning%20Award%20by%20Bill%20&%20Melinda%20Gates%20Foundation

Twitterを通じた募金活動によって学校図書館が建設予定(タンザニア)

草の根募金活動を行っているグループ“Epic Change”が、集まった資金でタンザニアのある中学校に図書館を建設することになったということです。この中学校は、Epic Changeの設立者でCEOである人物が2007年にボランティアに赴いた学校だということです。サンクスギビング・デーの時期に実施した募金活動により、2008年には新たな教室の建設費用として1万ドル、2009年には学校図書館建設費用として3万5千ドルが集まりました。計画では今後、コンピュータラボ、カフェテリア、運動場、トイレ、といったものが建設されることになっています。

An African School Library Created One Tweet At a Time
- School Library Journal 2010/5/10付けの記事
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6728180.html