ウェブサイト

日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会、「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン(案)」への意見を募集中

日本図書館協会(JLA)の図書館の自由委員会が、「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン(案)」への意見を募集しています。

JLAでは、「図書館の自由に関する宣言」1979年改訂での主文第3「図書館は利用者の秘密を守る」の追加、1984年総会で採択した「貸出業務へのコンピュータ導入に伴う個人情報の保護に関する基準」での利用者の秘密=プライバシーを守るための具体的基準の提示等を実施してきたものの、その後の急速なインターネットの普及・ICT技術の進展のなかで、当時想定していなかった課題が出てきたことから、同委員会においてガイドラインを策定することとしたとしています。

同案への意見等の募集期間は2018年9月18日から10月31日までです。

また、第104回全国図書館大会第10分科会図書館の自由において、同ガイドライン(案)について報告して協議する予定とのことです。

オーテピア高知図書館のウェブサイト、プレ公開

2018年6月24日にオーテピア高知図書館のウェブサイトがプレ公開されました。

7月24日の開館に向け、随時情報を更新するとしています。

高知県立図書館 お知らせ
http://www.pref.kochi.lg.jp/~lib/
※「オーテピア高知図書館のホームページが6月24日からプレ公開中です (2018.6.24更新)」とあります。

オーテピア高知図書館
https://otepia.kochi.jp/library/

参考:
高知県・高知市が共同で整備している新図書館等複合施設「オーテピア」のプレサイトがオープン
Posted 2017年10月11日
http://current.ndl.go.jp/node/34809

米国学校図書館員協会(AASL)、教育と学習に役立つウェブサイトとアプリの2018年版を発表

2018年6月24日、米国図書館協会(ALA)の米国学校図書館員協会(AASL)が、教育と学習に役立つウェブサイト25点とアプリ25点を発表しました。

学校図書館員と教師による学習やカリキュラムの開発に役立ち、AASLの学校図書館基準を支援するものが選定されています。

AASL announces 2018 Best Apps and Best Websites for Teaching & Learning(ALA,2018/6/24)
http://www.ala.org/news/press-releases/2018/06/aasl-announces-2018-best-apps-and-best-websites-teaching-learning

大阪府立中之島図書館、「平成30年大阪府北部を震源とする地震に関する情報」をまとめたページを公開

2018年6月25日、大阪府立中之島図書館が、6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震に関する情報を発信するウェブサイト・ウェブページへのリンク(地方公共団体・国・ライフライン・各種団体・ボランティア情報)をまとめたページを公開しました。

あわせて、同館及び大阪府立中央図書館が、所蔵する地震・災害関係の資料を紹介したメールマガジンや展示へのリンクも掲載されています。

平成30年大阪府北部を震源とする地震に関する情報(大阪府立中之島図書館,2018/6/25)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/osaka/osaka-jishin2018.html

ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)2.1がW3C勧告に

2018年6月5日、ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)2.1がW3C勧告となりました。

2.1では、モバイルアクセスへの対応や、ロービジョンや認知障害・学習障害に関する規定が追加されています。

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1 is now a W3C Recommendation(W3C,2018/6/5)
https://www.w3.org/blog/news/archives/7061

W3C Issues Improved Accessibility Guidance for Websites and Applications(W3C)
https://www.w3.org/2018/06/pressrelease-wcag21.html.en

国立公文書館、地方公文書館等が所蔵する主要な明治期公文書等のデジタル化画像への一元的アクセスを可能とする特設ページを開設

国立公文書館が、地方公文書館等が所蔵する主要な明治期公文書等のデジタル化画像への一元的アクセスを可能とする特設ページ「主な明治期公文書等」を開設しました。

国立公文書館 お知らせ
http://www.archives.go.jp/
※「地方公文書館等の主な明治期公文書等紹介ページの開設についてnew」とあります。

地方公文書館等の主な明治期公文書等紹介ページの開設について(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/news/20180604163441.html

参考:
国立公文書館、全国の公文書館等の展示情報を紹介するページを公開
Posted 2016年12月21日
http://current.ndl.go.jp/node/33148

日本近代文学館、ウェブサイトをリニューアル:「特別資料」の所蔵検索や図書・雑誌のコピー申込みフォームの新設など

2018年5月12日、日本近代文学館が、ウェブサイトを更新したと発表しています。

作家の原稿や筆墨をはじめとする肉筆資料等「特別資料」の所蔵検索が可能になったほか(要利用者登録)、図書・雑誌のコピー申込みフォームの新設、年誌や資料目録・館報が購入可能なWebショップの設置等が行われています。

ホームページが変わりました(日本近代文学館,2018/5/12)
https://www.bungakukan.or.jp/cat-whatsnew/cat-news/11198/

日本近代文学館Webショップ
https://www.bungakukan.or.jp/webshop/

特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)、ウェブサイトを開設

2018年4月27日、特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)が、ウェブサイトを開設しました。

ATACは、アニメの原画や特撮のミニチュアなどの「中間制作物」を、適切な環境で永続的に保存することを目指す特定非営利活動法人で、2017年6月に設立されました。

このような「中間制作物」の損傷や劣化に対しては修復を行い、展示、講演会、ワークショップ、上映会などの普及活動でその魅力を伝えるとともに、営利目的ではない適切な利活用を行っていくことや、可能であれば資料類の所在情報についてATACを通じて共有すること、保存し続けることが困難な場合、保存継続のための支援を行なう事などが活動内容として挙げられています。

ホームページ開設(ATAC,2018/4/27)
http://atac.or.jp/2018/04/1/

保存のために(ATAC)
http://atac.or.jp/preservation/

愛知県図書館、県内の図書館の中高生向けコーナーを紹介する「ティーンズリンク」ページの開設を発表

2018年3月29日、愛知県図書館が、県内の図書館の中高生向けコーナーを紹介する「ティーンズリンク」ページの開設を発表しました。

愛知県公立図書館長協議会ヤングアダルトサービス連絡会名でウェブページが開設されており、各館の中高生向けコーナーの写真と概要紹介がされています。

「ティーンズリンク」の開設について(愛知県図書館,2018/3/29)
http://www.aichi-pref-library.jp/index.php?key=bbwgn829u-218#_218

ティーンズリンク(愛知県公立図書館長協議会ヤングアダルトサービス連絡会)
https://websv.aichi-pref-library.jp/ya/teenslink.html

CA1920 - 熊本大学附属図書館「熊本地震ライブラリ」の取り組みについて / 柿原友紀,廣田 桂,米村達朗

 「平成28年熊本地震」の発生以降、熊本県内では複数の図書館で震災関連資料の収集が行われている(E1886参照)。熊本大学附属図書館では、「熊本地震ライブラリ」として熊本地震に関する資料の収集・保存・公開を進めている。本稿では、地震発生から約1年8か月が経過するまでの当館の取り組みについて報告する。

ページ