レファレンスサービス

米国議会図書館(LC)、リンカーン大統領の写真に焦点を当てたリサーチガイドを公開

2019年8月1日、米国議会図書館(LC)は、リンカーン大統領の写真に焦点を当てたリサーチガイドを公開しました。

本人や家族の写真22枚を掲載した“Abraham Lincoln (1809-1865)” 、リンカーン大統領の暗殺事件に関係する場所や人物に関する画像を掲載した“The Assassination of Abraham Lincoln”、リンカーン大統領がどのように描かれ、彼の印象を形成してきたかについて考察した出版物を紹介する“Major Reference Works”等で構成されています。

Looking at Abraham Lincoln: New Guide Available(LC Picture This,2019/8/1)
https://blogs.loc.gov/picturethis/2019/08/looking-at-abraham-lincoln-new-guide-available/

県立長野図書館、一般財団法人長野県文化振興事業団長野県信濃美術館と連携協定を締結

県立長野図書館が、2019年7月23日に、一般財団法人長野県文化振興事業団長野県信濃美術館と連携協定を締結すると発表しています。

県民向けの講座・展示等のプログラム企画の協働のほか、所蔵資料の相互利用、所有する資料(収蔵作品)・情報をデジタル化して保存・公開するシステムの実現に向けて相互に連携・協力し、新しいサービスを実現することが目的です。

主な連携・協力事項として、以下の5点が挙げられています。

1.県立長野図書館業務システムによる蔵書管理の統一化に関すること

2.資料の相互利用に関すること

3.参考調査に関すること

4.利用者向け講座・展示等のプログラム企画に関すること

5.県内地域情報のデジタルアーカイブのポータル構築研究・実現に関すること

九州大学附属図書館、学習ガイド“Cute.Guides”152件をレファレンス協同データベースの「調べ方マニュアル」に一括登録

2019年7月2日、九州大学附属図書館は図書館職員や図書館TA(Cuter)が作成する学習ガイド“Cute.Guides”について、公開中の152件へのリンク記事をレファレンス協同データベースの「調べ方マニュアル」に一括登録したことを発表しました。

国立大学による「調べ方マニュアル」へのデータ一括登録は今回の九州大学附属図書館のものが初めての事例です。同館は今後新たに公開するガイドについても随時追加予定である、としています。

Cute.Guidesの学習ガイドをレファレンス協同データベースに登録しました(九州大学附属図書館,2019/7/2)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/cute_crd
※ページ下部に「Submitted: 2019-07-02」とあります

【イベント】「調べもの体験プログラム」体験会(司書・学校司書対象)(8/6、8/7・東京)

国立国会図書館国際子ども図書館において、2019年8月6日及び8月7日に「調べもの体験プログラム」体験会が開催されます。

同館では、図書館での調べものを短時間で楽しみながら体験する「調べもの体験プログラム」6コースを中高生向けに提供しており、今回の体験会では、YAサービス・児童サービスに携わる図書館員の方(学校司書・司書教諭を含む)を対象として、クイズに取り組む「調べものクイズコース」の体験会を実施します。また、「調べもの体験プログラム」の後には懇談の時間を設けているほか、希望者を対象とした館内見学も行います。

参加費は無料であり、定員は各回20名(事前申込制・先着順)です。

「調べもの体験プログラム」体験会(司書・学校司書対象)(国立国会図書館国際子ども図書館)
https://www.kodomo.go.jp/event/event/event2019-11.html

名古屋市鶴舞中央図書館、「名古屋祇園うどん・きしめん調査」を実施中

名古屋市鶴舞中央図書館が、2019年6月15日から6月30日まで「名古屋祇園うどん・きしめん調査」を実施しています。

『名古屋市史 風俗編』(大正4年刊)に、明治時代の年中行事として名古屋では旧暦6月16日に「祇園饂飩(ぎおんうどん)を食す」風習があったという記述があることから、同館の「名古屋なんでも調査団」が、祇園饂飩の風習等、名古屋名物のうどん・きしめんにまつわる風習や歴史を明らかにするため、史料調査及び来館者アンケートを実施する企画です。

鶴舞中央図書館 「名古屋祇園うどん・きしめん調査」≪展示期間:6月15日(土)~6月30日(日)≫(名古屋市図書館,2019/6/15)
https://www.library.city.nagoya.jp/oshirase/topics_gyouji/entries/20190615_02.html

OCLC、バーチャルレファレンスサービス“QuestionPoint 24/7”をSpringshare社に譲渡

2019年5月31日、OCLCとSpringshare社が、協同型バーチャルレファレンスサービス“QuestionPoint 24/7”の譲渡に関し合意したと発表しています。

Springshare社が、OCLCの“QuestionPoint 24/7”の譲渡を受けるもので、Springshare社は“QuestionPoint 24/7”を同社のバーチャルレファレンスソフト“LibAnswers”に組み込みます。

また、“QuestionPoint 24/7”のレファレンスライブラリアンのチームはSpringshare社に加わって業務を継続するほか、Springshare社でも、参加する図書館員を増員し研修を提供するとともに、知識・情報共有のために効果的なワークフローを考案するとしています。

Springshare Acquires QuestionPoint from OCLC(Springshare,2019/5/31)
https://springshare.com/news/libanswers-qp.html

E2139 - NDL,「デジタル化資料活用ワークショップ」を開催<報告>

2019年3月7日,国立国会図書館(NDL)は,関西館で「デジタル化資料活用ワークショップ~図書館送信を使いこなす~」を開催した。全国から約30人の公共図書館,大学図書館の職員が集まり,NDLの図書館向けデジタル化資料送信サービス(以下「図書館送信」;CA1911参照)の更なる活用方法について学び,考える場となった。

E2129 - 第15回レファレンス協同データベース事業フォーラム<報告>

2019年2月15日,第15回レファレンス協同データベース(レファ協)事業フォーラムを国立国会図書館(NDL)関西館で開催した。本フォーラムは,レファ協に関心を持つ人々を対象に,専門家の講演,参加館の実践報告等を通じて事業への認識を深め,あわせて関係者相互の情報交換,交流の場とすることを目的として2004年度から毎年度開催されている。

CA1950 - 研究文献レビュー:公共図書館のビジネス支援サービス / 滑川貴之

 国内の公共図書館(以下「図書館」)では、2000年前後からビジネス支援サービスへの積極的な取り組みが実施され、そのサービス内容も多様化し、事業報告も増加してきた。本稿では、図書館のビジネス支援サービスについて、先行文献から研究動向を把握するだけでなく、そのサービスの実態を明らかにすることを目的としたい。

ページ