ライセンス契約

E463 - 電子ジャーナルの一括契約に関する調査(米国)

北米研究図書館協会(ARL)は2005年11月から12月にかけ,加盟する123館に対し,Elsevier社,Wiley社など大手5出版社との電子ジャーナルの一括契約(bundle)についての調査を実施した。ARLは2003年にも同様の調査を行っているが,CA1586でもレビューされているように,一括契約が有するさまざまな問題…

CA1524 - 電子資料の共同購入―ニュージーランドのナショナルサイトライセンスEPIC― / 柴田容子

ニュージーランドの図書館が共同で電子資料を購入し,すべての国民に提供する,という事業EPIC(Electronic Purchasing in Collaboration 旧称PER:NA Purchasing Electronic Resources : a National Approach)が2004年3月始まった。参加できる図書館は,大学図書館などの研究図書館だけでなく,学校図書館や公共図書館,…

CA1516 - インドにおけるナショナルサイトライセンスの実践−国家的プロジェクトINDESTコンソーシアム− / 松井祐次郎

財政事情の厳しい大学・研究図書館が,高額な電子ジャーナルやデータベースなどの電子情報を利用契約するためには,限られた財源を最大限に活用する必要がある。その有効な手段として,欧米諸国を中心に1990年代後半からコンソーシアム契約を取り入れる動きが目立ってきたが,最近では,…

CA1438 - 電子ジャーナルをめぐるナショナルサイトライセンスの動き−英国・カナダ・オーストラリアを中心に− / 南亮一

電子ジャーナルを購読する場合,発行者または頒布代理店との間で契約を行うこととなるが,その際,複数の機関がまとめて契約の当事者となる「コンソーシアム契約」を締結することがあり,欧米においてはむしろその方が主流となっている。コンソーシアム契約の利点として,例えば,鶴見…

CA1416 - IFLAライセンス契約ガイドライン / 菅原康栄

電子メディアの発展・普及にともない,図書館の資料購入方法も変わりつつある。電子メディアの資料の利用は,多くの場合,従来のような所有権の売買ではなく,アクセスについての利用許諾(ライセンス)を得ることによって可能となる。ライセンスとは,電子情報を利用者に提供しようとす…

CA1358 - ノルウェーにおけるデータベースライセンスコンソーシアム / 菅原康栄

情報通信技術の進歩,特にインターネットの普及は,出版界に多大な影響を及ぼした。学術出版の分野においても,冊子体に代わり電子ジャーナルの数が急増しつつある。図書館等にとって,電子情報資源へのアクセスを確保するために,サービス提供機関(プロバイダ)とどのような使用契約を…

CA1353 - 電子情報のための図書館コンソーシアム / 井上佐知子

最近になって電子ジャーナルなどの電子形態をとる資料の量が特に増加している。しかし,このような資料は従来の紙媒体の資料に比べて高価であるため購入する図書館の負担が大きく,また通常ライセンス契約による利用となるため,出版社との交渉を有利に進める能力も求められる。このよ…

E434 - ドイツのナショナルライセンス,対象が拡大される

ドイツ研究協会(Deutsche Forschungsgemeinschaft:DFG)は去る12月,ドイツの大学図書館における電子出版物利用のナショナルライセンスに2,150万ユーロ(約30億円)の出資を行うことを決定した。今回,ナショナルライセンス取得の対象となるのは,1世紀以上前に発行された雑誌のデータベースや15世紀…

E373 - 教育目的でのスキャニングに関する包括ライセンス(英国)

英国著作権ライセンス協会(Copyright Licensing Agency: CLA)は8月16日,英国大学協会(Universities UK: UUK),高等教育カレッジ学長会議(Standing Conference of Principals: SCOP)等の高等教育機関と,授業で使用する教材を作成・配布するための出版物のコピーとスキャニングに関する包括ライセンスの試行につ…

E209 - ナショナルサイトライセンス計画で非営利法人を設立(カナダ)

CNSLPは,従来州や地域単位で組織されていた複数のコンソーシアムを統合したナショナルサイトライセンスの計画である。カナダ発明基金,地方政府およびCNSLPに加盟する国内64の大学から出資を受け,2,200以上の学術雑誌を含む研究用データベースを,65万人を超える大学研究者や学生がオンライ…

ページ