ジャマイカ

ジャマイカ国立図書館の機能改善計画を同国政府が発表

10月20日に、ジャマイカの文化・ジェンダー・娯楽・スポーツ担当大臣が、国立図書館の機能改善計画を発表しています。

地域の芸術家や歴史家が作成した作品のコレクションや書誌データを増加させるというもので、短期的には、図書館が、西インド諸島地域のレファレンスライブラリーとして取得した、トリニダードトバゴ、バルバドス、ガイアナの新聞のオフサイトストレージの建設が、長期的には、国内刊行物や同国について書かれたものを保存する国立図書館の義務を果たすために新しい建物を建設することが指摘されています。

また、納本対象となる、あらゆる分野での、著述だけでなく、映像や音楽を含めた地域のコンテンツ作成者の形成を促すことや、それを国立図書館が支援することについても言及しています。

National Library of Jamaica to be Upgraded(Jamaica Informaton Service,2016/10/21)
http://jis.gov.jm/national-library-jamaica-upgraded/

ジャマイカ国立図書館、ウェブアーカイブと資料デジタル化を実施

ジャマイカ国立図書館(National Library of Jamaica)が、ウェブアーカイブ及び所蔵資料のデジタル化を実施すると発表しています。ウェブアーカイブでは政府機関のウェブサイト上の出版物を主な対象とするパイロットプロジェクトとして行われ、資料デジタル化では歴史的な資料を対象にするとのことです。

National Library of Jamaica Gone Digital(Jamaica Information Service 2010/7/6付けの記事)
http://www.jis.gov.jm/labour/html/20100706T170000-0500_24585_JIS_NATIONAL_LIBRARY_OF_JAMAICA_GONE_DIGITAL.asp

National Library of Jamaica
http://www.nlj.gov.jm/

ジャマイカ図書館情報学協会、世界図書館振興キャンペーンに参加

米国図書館協会(ALA)は、同協会と国際図書館連盟(IFLA)が主導する「世界図書館振興キャンペーン(Campaign for the World’s Libraries)」にジャマイカ図書館情報学協会(LIAJA)が参加すると発表しています。同キャンペーンは、国や館種を超えて、21世紀における図書館と図書館員の価値を広く訴えるもので、2001年から続けられています。

Jamaica joins the Campaign for the World’s Libraries(ALAのニュースリリース)
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2009/november2009/jamaica_pio.cfm