カレントアウェアネス-R

Google、「忘れられる権利」に関する仏・CNILの命令に対して上告

2016年5月19日、Googleは、法務担当の上席副社長ウォーカー(Kent Walker)氏がLe Monde紙に寄稿した文章の英訳版を同社のブログで公開し、仏・情報処理及び自由に関する国家委員会(CNIL)が、2016年3月、「忘れられる権利」を保護するフランスの法解釈は、同国内だけでなく、世界中で適用されるべきと同社に命令を下したのに対して、フランスの最高裁判所に上告したことを明らかにしました。

Googleは、それを認めてしまうと、非民主的な国家が、情報を統制するための自国の法律を、国際的に認めるように要求し始めるだろうと懸念を表明しています。

A principle that should not be forgotten(Google Europe Blog,2016/5/19)
http://googlepolicyeurope.blogspot.jp/2016/05/a-principle-that-should-not-be-forgotten.html

参考:
仏・CNIL(情報処理及び自由に関する国家委員会)、「忘れられる権利」の適用範囲を全てのドメインに拡大するよう、Googleに命ずる
Posted 2015年6月18日
http://current.ndl.go.jp/node/28706

Google、熊本地震の被災地域でのストリートビューの撮影を開始

2016年5月20日、Googleは、自治体と相談のうえ、被災状況を記録することを目的に、熊本地震の被害を受けた地域のうち、一部地域をストリートビューで撮影していると発表しています。

Googleは、東日本大震災においても被災後の町並みをストリートビューで撮影し、公開しています。

熊本地震への対応について -- ストリートビュー (Google Japan Blog,2016/5/20)
http://googlejapan.blogspot.jp/2016/05/blog-post_20.html?m=1

参考:
Google、被災地のストリートビューを再更新 東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクトの一環として
Posted 2016年3月2日
http://current.ndl.go.jp/node/30873

全視情協、「テキストデイジー・マルチメディアデイジーデータ再生機器・ソフトウェアに関する調査結果」を公開

2016年5月19日、全国視覚障害者情報提供施設協会(全視情協)は、「テキストデイジー・マルチメディアデイジーデータ再生機器・ソフトウェアに関する調査結果」(2016年3月31日付)を公開したことを発表しています。

調査は、全視情協の電子書籍委員会が、テキストデイジー・マルチメディアデイジーデータの再生が可能な、16種類の機器・ソフトウェア(7つの企業・法人のもの)を対象として実施されたものです。

機能(再生可能なデイジーデータや移動可能な単位、飛ばし読み、インターネット接続とサピエ図書館のデータの再生機能など)や、機種・ソフトウェア別に調査結果がまとめられています。

全視情協は2012年度にも同様の調査を実施しています。

テキストデイジー再生機器等に関する調査結果(2015)(全視情協, 2016/5/18更新)
http://www.naiiv.net/material/?20160518

テキストデイジー等の機器調査結果を掲載しました(全視情協, 2016/5/19更新)
http://www.naiiv.net/topics/?20160519

「テキストデイジー等の機器調査結果」の修正について(全視情協, 2016/6/14更新)
http://www.naiiv.net/topics/?20160614

関連:

岐阜県の公共図書館長によるサミットが開催される

2016年5月18日、岐阜県図書館で、岐阜県公共図書館協議会により、岐阜県公共図書館長サミット 「地域と図書館の可能性 -図書館の役割と活性化の方策を考える-」が開催されました。2016年度に新たに開催されたイベントです。

常盤大学非常勤講師の内野安彦氏による講演「地域と図書館の可能性について」が開催されたほか、県内図書館長による意見交換が行われました。

「岐阜県公共図書館長サミット」を開催(岐阜県)
http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_27205/kanchosamitto.html
https://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_27205/kanchosamitto.data/5.12_kanchosamitto.pdf

図書館長が「サミット」 27人、社会的役割を意見交換(岐阜新聞Web, 2016/5/20)
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160520/201605200918_27315.shtml

参考:
2015年の“Library of the Year”は多治見市図書館に
Posted 2015年11月12日
http://current.ndl.go.jp/node/29951

本の背とTwitterを使って「#文庫川柳」:図書館も挑戦中

Twitterではじまった、「文庫川柳」という企画に、飛騨市図書館や和歌山県立医科大学図書館紀三井寺館など、いくつかの図書館のアカウントが挑戦しているようです。

この「文庫川柳」は、岩手県盛岡市のさわや書店が、本店で開催しているフェアにあわせTwitterアカウント(@sawayahonten)を用いてはじめた「ちくま文庫川柳」から広がったものです。2016年5月11日に、同店は、ちくま文庫の本3タイトルを組み合わせて川柳にし、実際の本の背表紙を並べた写真とともにTwitterでツイートしており、その後、「#ちくま文庫川柳」や「#文庫川柳」といったハッシュタグで様々なアカウントがツイートしています。

中には、図書館の本を使ったツイートや、新書など文庫本以外の本を用いたツイートなどもあり、Facebookでも広まっています。

Twitter(#文庫川柳)
https://twitter.com/hashtag/文庫川柳

Twitter(#ちくま文庫川柳)
https://twitter.com/hashtag/#ちくま文庫川柳)

東京大学大学総合教育研究センターとサイバー大学、eラーニング活用に関する共同研究契約を締結

2016年5月18日、東京大学大学総合教育研究センターとソフトバンクグループのサイバーユニバーシティ株式会社が設立した通信制大学であるサイバー大学は、高等教育におけるeラーニング活用手法に関する共同研究契約を締結したことを発表しました。

サイバー大学のモバイル学習アプリや授業コンテンツ制作ツールを用いて、東京大学の授業からeラーニングコンテンツを作製し、社会に発信する仕組みづくりをおこなうものとのことで、他大学と連携し、制作したコンテンツを大学間で共同運用できる環境構築について調査、研究を行うものとのことです。

東京大学(大学総合教育研究センター)とサイバー大学がeラーニング活用に関する共同研究契約を締結(東京大学大学総合教育研究センター, 2016/5/18)
http://www.he.u-tokyo.ac.jp/2016/05/18/3278/

【イベント】科学技術外交シンポジウム-科学技術を通じた日本外交の新たな方向-(5/24・東京)

2016年5月24日18時から19時40分まで、政策研究大学院大学において、内閣府(予定)、外務省、文部科学省、経済産業省、科学技術振興機構、政策研究大学院大学、日本経済新聞社の共催により「科学技術外交シンポジウム-科学技術を通じた日本外交の新たな方向-」が開催されます。

内閣府科学技術政策担当大臣の島尻安伊子氏らによる基調発言のほか、パネルディスカッションが予定されています。

参加費は無料ですが、事前登録が必要です。

科学技術外交シンポジウムー科学技術を通じた日本外交の新たな方向ー(政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター、2016/5/13)
http://scirex.grips.ac.jp/center/ja/959

科学技術外交シンポジウム 科学技術を通じた日本外交の新たな方向(外務省、2016/5/16)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/isc/page23_001488.html

データサイエンティスト協会、データサイエンティストに関する情報サイト「DataScientist Society Journal(DSS Journal)」を開設

2016年5月17日、一般社団法人データサイエンティスト協会は、ビッグデータやIoT、機械学習、AI等をビジネスにおいて利活用するといった役割を果たす「データサイエンティスト」向けの無料の会員制情報サイトを開設しました。

識者へのインタビュー、業界・技術の動向やデータサイエンティストのスキル定義・チェックリストの紹介などが掲載されることが発表されています。

現在、同協会が実施した「データサイエンスアワード2015」の最優秀賞受賞者のインタビューが掲載されています。

Data Scientist Society Journal
http://www.datascientist.or.jp/dssjournal/

G7茨城・つくば科学技術大臣会合、オープンサイエンスに言及

2016年5月15日から17日、G7茨城・つくば科学技術大臣会合が開催され「つくばコミュニケ」(共同声明)が採択されました。

この会合では、グローバルヘルスや次世代の科学技術イノベーション人材育成等の個別課題に対し、インクルーシブ・イノベーションとオープンサイエンスは分野横断的課題と位置づけられました。

この共同声明の6.に「オープンサイエンス - サイエンスの新たな時代の幕開け:オープン化をベースとした、研究と知識の発見・共有・活用に関する新しいフレームワークの導入」とあり、オープンサイエンスの推進について言及されています。

G7茨城・つくば科学技術大臣会合 つくばコミュニケ(共同声明)(内閣府、2016/5/19)
http://www8.cao.go.jp/cstp/kokusaiteki/g7_2016/2016communique.html

G7茨城・つくば科学技術大臣会合のアジェンダについて(内閣府、2016/2/19)
http://www8.cao.go.jp/cstp/kokusaiteki/g7_2016/agenda.pdf

G7茨城・つくば科学技術大臣会合 2016年5月15日~17日(内閣府)
http://www8.cao.go.jp/cstp/kokusaiteki/g7_2016/2016.html

シカゴ公共図書館、同地の劇場における演劇・ダンスのライブ映像の所蔵と利用提供に関して俳優同盟と同意

2016年5月17日付けの、米・イリノイ州シカゴの地元紙によると、シカゴ公共図書館(CPL)と俳優同盟が、同地の劇場での演劇・ダンスのライブ映像をCPLで所蔵し、利用に供することに合意したと発表しています。

CPLのハロルド・ワシントン図書館内にある、演劇・ダンスなどのライブ映像を記録化し、教育や芸術資料として市民に提供する非営利団体Chicago Film Archive of Performance(C-FAP)が撮影したもので、この合意により、CPLのコレクションとして永久保存されることになるとのことです。

既に21作品が撮影されており、6月末には利用できるように準備中とのことです。

最終的に、年末には40作品の映像化を目指していると報じられています。

Chicago will have a film archive of live performance (Chicago Tribune,2016/5/17)
http://www.chicagotribune.com/entertainment/theater/news/ct-chicago-film-archive-of-live-performance-cfap-20160517-story.html

ページ