カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示

欧州等のオープンサイエンス関係団体、EUの著作権におけるテキストデータマイニングに関する例外規定に関する声明を発表 営利・非営利に関わらず全ての研究機関を例外に含めるよう要請

2017年1月11日、オープンアクセス(OA)出版者Frontiers等のオープンサイエンスに関わる11団体が共同で、現在検討中のEUの著作権におけるテキストデータマイニング(TDM)に関する例外規定において、営利・非営利に関わらず全ての研究機関を例外の対象に含めること等を要請する声明を発表しました。

この声明に参加したのはFrontiersのほか、OpenAIRE、LIBER、eLife、EIFL、PLOS、Hindawi等、欧州に拠点を置く団体を中心とする、オープンサイエンス関係団体です。声明の中ではTDMに関する例外規定について、以下の3点を実現するよう要請しています。

・契約上無効にすることのできない、必須のものとすること
・営利・非営利を問わず、研究目的であればTDMに関する例外規定の対象となること
・公共目的の研究であれ、商業目的であれ、合法的なアクセス権を持つすべての研究機関を例外規定の対象とすること

Impact of EU copyright reform on open science and innovation(Frontiers、2017/1/11付け)

影響力の大きいがん研究の再現性検証プロジェクト、第一弾の成果をeLifeで公開

2017年1月19日、オープンアクセス誌”eLife”上で影響力の大きいがん研究の再現性検証プロジェクト、”Reproducibility Project: Cancer Biology”の検証結果の一部が公開されました。

同プロジェクトは非営利団体Center for Open ScienceとScience Exchange社が共同で行っているものです。2010-2012年に出版されたがん研究に関わる論文のうち、被引用数やオルトメトリクスの値に基づいて選出した影響力が大きいと思われる50本について、再現性を検証していきます。検証結果はすべてeLife誌上で公表される予定です。

今回は5本の論文について、再現性検証結果が報告されるとともに、同プロジェクトの意義等に関するエディトリアル記事や展望論文も公開されています。

Reproducibility Project Cancer Biology(eLife)
https://elifesciences.org/collections/reproducibility-project-cancer-biology

Media coverage: First results of cancer reproducibility project released(eLife、2017/1/19付け)

Altmetric社の機関向けサービスがShibboleth認証に対応

2017年1月18日、Altmetricは機関向けのサービス”Explorer for Institutions”について、新たにShibboleth認証に対応したことを発表しました。

Altmetric adds Shibboleth authentication option for institutions(Altmetric、2017/1/18付け)
https://www.altmetric.com/press/press-releases/shibboleth/

Altmetric in New Partnership with Shibboleth(Digital Science、2017/1/18付け)
https://www.digital-science.com/blog/news/altmetric-new-partnership-shibboleth/

参考:
Altmetric社の“Altmetric Explorer”にORCIDとの連携機能が追加
Posted 2015年12月4日
http://current.ndl.go.jp/node/30133

Emerald社、Hindawi社がPeerwithと提携

英文校正、翻訳、統計的手法について等、論文出版に関わる専門家マッチングサービスを提供するPeerwithが、新たにEmerald社、Hindawi社と提携を結びました。Emerald社との提携は2017年1月18日付け、Hindawi社との提携は同1月23日付けで発表されています。

この提携により、Emerald社、Hindawi社それぞれのウェブサイトに、新たにPeerwithのサービスに関するポータルページが設けられています。論文の著者は自身が受けたいサービスの概要をまず登録し、各分野の専門家がその概要に応じて見積を作成・返信します。価格やサービスの詳細については著者と専門家のやり取りの中で決定していくとのことです。

Emerald Partners with Peerwith to Expand its Portfolio of Author Services(Digital Science、2017/1/18付け)
https://www.digital-science.com/blog/news/emerald-partners-peerwith-expanding-portfolio-author-services/

研究・出版ネットワークScienceOpen、新たに12の出版者と連携

2017年1月17日、ドイツと米国に本拠をおく研究・出版ネットワークScienceOpenは、新たにKarger、EDP Sciencesなど12の出版者と連携を結んだことを発表しました。これらの出版者の論文はScienceOpenの収録対象となります。

ScienceOpen launches into the New Year with 12 new publisher customers(ScienceOpen.com、2017/1/17付け)
http://about.scienceopen.com/wp-content/uploads/2014/07/SO_PR_New-Customers-Jan-2017-1.pdf

参考:
研究・出版ネットワークScienceOpenとPeerJが連携 PeerJ Computer ScienceがScienceOpenに収録
Posted 2016年10月25日
http://current.ndl.go.jp/node/32803

研究・出版ネットワークScienceOpen、ユーザインタフェースを更新
Posted 2016年12月19日
http://current.ndl.go.jp/node/33124

ScienceOpen、収録論文数が2,000万件に到達

オープンアクセス誌”eLife”、Overleafをはじめとする複数の論文執筆ツールと提携 より簡易な論文投稿を実現

2017年1月13日、オープンアクセス誌”eLife”はOverleaf、Authorea、Manuscripts.app、PubRef等、複数のオンライン論文執筆ツールと提携し、より簡易な論文投稿を実現したと発表しました。

このうちOverleafはオンラインで利用できるLaTex原稿執筆ツールで、共著者との共同執筆機能等も備えたものです。今回の提携により、eLifeの投稿・査読システムにOverleafが統合され、著者はより簡易に完成した原稿を投稿できるようになります。さらに、eLifeの紙面に合致した、オープンソースのLaTeXテンプレートも公開されるとのことです。

その他の論文執筆ツールについても、eLifeの投稿・査読システムと連携した投稿ボタン等が提供されます。

eLife simplifies submission for authors through new collaborations(eLife、20171/13付け)
https://elifesciences.org/elife-news/elife-simplifies-submission-for-authors-through-new-collaborations

Digital Science社、論文出版に関する専門家マッチングサービスPeerwithに資本参加、傘下へ

2017年1月17日、Digital Science社は論文出版に関する専門家マッチングサービスPeerwithに資本参加したことを発表しました。

Peerwithは学術論文の英文校正、翻訳、統計的手法に関するアドバイス等、投稿・出版以前の段階で行われるサービスについて、著者と専門家のマッチングを行うサービスです。今回の資本参加によりPeerwithはDigital Science社のポートフォリオ中に含まれることになります。

Digital Science社はオンラインで利用できるLaTex原稿執筆ツールOverleaf等もポートフォリオに収めており、同社のポートフォリオ開発責任者は、Peerwithを同社の傘下に加えることで、著者・研究者に対しより包括的なソリューションを提供できるようになるとコメントしています。

New Investment Joins the Digital Science Family: Peerwith – Platform Offering Quality Author Services(Digital Science News Blog、2017/1/17付け)

九州大学附属図書館、「教育の国際化に対応した学修支援環境の構築」ウェブページ公開

2017年1月20日、九州大学附属図書館は、教育改革の推進を目的とした学内プログラム「教育の質向上支援プログラム(Enhanced Education Programu:EEP)」採択の附属図書館による取り組み「大学図書館による自律的学修支援体制の構築」の活動を紹介するウェブサイトを公開しました。

この取り組みは、附属図書館と付設教材開発センターおよび統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻が一体となり、2015年度から2017年度までの3年間に渡り、グローバル化の観点から附属図書館全体の学修・教育支援体制を再構築していくものです。

EEP「教育の国際化に対応した学修支援環境の構築」ウェブページ公開(九州大学附属図書館、2017/1/20)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/7540

【EEP(H27-H29)】教育の国際化に対応した学修支援環境の構築
(副題)アクティブ・ラーナー育成を推進する次世代の大学図書館をめざして
http://guides.lib.kyushu-u.ac.jp/EEP27-29

参考:
九州大学、第3回九州大学基幹教育シンポジウム「ラーニングアナリティクス(LA)によるアクティブラーナーの育成-教育ビッグデータをどう利活用すべきか?-」を開催(11/23・福岡)

米国図書館協会、ニューベリー賞、コルデコット賞など子ども向けメディアを表彰する賞の2017年の受賞者・受賞作品を発表(米国)

2017年1月23日、米国図書館協会(ALA)が、ALA冬季大会において、ニューベリー賞、コルデコット賞、コレッタ・スコット・キング賞、マイケル・L・プリンツ賞など、子ども向けの各種メディアを表彰する賞の2017年の受賞者、受賞作品を発表しています。

American Library Association announces 2017 youth media award winners(ALA,2017/1/23)
http://ala.unikron.com/2017/

参考:
米国図書館協会(ALA)、ニューベリー賞、コルデコット賞など子ども向けメディアに関連する賞の受賞者を発表(米国)
Posted 2016年1月12日
http://current.ndl.go.jp/node/30410

OCLC Research、米国の公共図書館におけるデジタル化事業の現状を調査した報告書を公開

2017年1月23日、OCLC Researchが、米国の公共図書館及び州立図書館におけるデジタル化事業に対するニーズと現実とのギャップを分析した報告書“Advancing the National Digital Platform: The State of Digitization in US Public and State Libraries”を公開しました。

米国デジタル公共図書館(DPLA)、州立図書館機構の長で構成されるCOSLA、公共図書館協会(PLA)、図書館コレクション・技術サービス協会(ALCTS)と連携して行ったもので、貴重なコレクションのデジタル化を通じて、公共図書館や全国規模のデジタル化プラットフォームの成長を支える立場にあるかを調査したもので、調査データもエクセルファイルで公開されています。

調査における主要な注目点として

・92%の公共図書館が、地域にとって重要で貴重なコレクションを所蔵していること
・37.6%の図書館がこの3年間でデジタル化事業を行なっていること
・61.4%の図書館がデジタル化のための課題として、資金や時間に加え、職員の研修や専門性の欠如をあげていること
・全ての州立図書館は地域資料のオンライン公開を、彼らのミッションと明確に(12.8%)もしくは概ね(87.2%)一致していると回答していること

コンテンツ配信