カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。


カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧   (⇒タイトルのみ表示

ブラジル国立図書館、オリンピック・パラリンピック開催期間中の館内ツアーを拡充:ブラジル手話・独語・英語・西語・仏語でも実施

リオデジャネイロに所在する、ブラジル国立図書館が、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック開催期間中、平日に行なっている館内ツアーの回数を6回に増やすとともに、ポルトガル語に加えて、ブラジル手話(libras)、ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語でも実施すると発表しています。

Biblioteca Nacional aumenta numero de guias durante Olimpiada(Portal Brasil,2016/7/20最終更新)※ポルトガル語
http://www.brasil.gov.br/cultura/2016/07/biblioteca-nacional-aumenta-numero-de-guias-durante-olimpiada

Guided Visit(ブラジル国立図書館)※英語(通常のガイドツアーの案内)
https://www.bn.br/en/visit/guided-visit

参考:
国立国会図書館調査局の『レファレンス』No.778で「近代オリンピックと文化プログラム―2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて― 」を刊行
Posted 2015年11月19日
http://current.ndl.go.jp/node/30012

国立教育政策研究所教育図書館、所蔵資料を紹介するコラムを開始

2016年7月28日、国立教育政策研究所教育図書館が、ウェブサイトで所蔵資料について紹介するコラムを開始しています。

第1回目では、『小学入門教授図解』が扱われています。

国立教育政策研究所 教育図書館 所蔵資料紹介
http://www.nier.go.jp/library/shiryoannai.html

国立教育政策研究所教育図書館所蔵資料案内(国立教育政策研究所教育図書館)
http://www.nier.go.jp/library/shiryoannai/shiryo1.html

国立教育政策研究所教育図書館
http://www.nier.go.jp/library/index.html
※2016/7/28付で「教育図書館所蔵資料を紹介するコラムを開始しました!」とあります。

参考:
国立教育政策研究所 教育図書館、蔵書検索で国定期・旧制中学校教科書の検索ができるようになったことを発表
Posted 2015年2月24日
http://current.ndl.go.jp/node/28046

国立教育政策研究所教育研究情報センター教育図書館、図書館蔵書検索(OPAC)をリニューアル 新規データベースとして同館所蔵の「戦後教科書」「往来物」「個人文書」の書誌情報等も公開
Posted 2016年1月5日

京都府立の新総合資料館、名称は「京都府立京都学・歴彩館」に決定:2017年度早期の開館を予定

2016年7月28日、京都府立総合資料館は、現在整備中の新資料館について、名称や開館予定日を、現在の京都府立総合資料館について、閉館予定を発表しています。

現在の京都府立総合資料館については、収蔵資料等の移転作業のため2016年9月14日から閉館となり、新館の名称は、「京都府立京都学・歴彩館」となること、開館は2017年度の早期を予定していることが発表されています。

京都府立京都学・歴彩館は、現在の資料館機能に加え「京都学」研究支援機能を持つとのことです。

また、閉館中の利用者サービスについても案内があります。

京都府立総合資料館
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/documents/28heikan_20160728_2.pdf
※「新着情報」欄に2016/7/28付で「閉館のお知らせ」とあります。

参考:
京都府立総合資料館、「新総合資料館(仮称)整備に向けて」のページを開設
Posted 2013年8月14日
http://current.ndl.go.jp/node/24152

京都府立総合資料館、新資料館のオープンは2016年秋
Posted 2015年2月19日

英国の4つの研究組織が署名する「オープンな研究データに関する協約」が発表

2016年7月28日付で、英国の高等教育助成会議(HEFCE)、英国研究会議(RCUK)、英国大学協会(Universities UK:UUK)、ウェルカム財団の4機関が署名する、「オープンな研究データに関する協約」(Concordat on Open Research Data)が発表されました。

英国の研究コミュニティの会員が収集、生成する研究データのオープン化に関し、10の原則を示したもので、研究データに関するスキル開発や、出版物とその出版物の基となる研究データを近接した日付で公開することの重要性、データを作成した研究者が、一定の期間排他的に最初にデータを使用できる権利、データの使用者は、他者のデータを使用することについて謝意を示すことが望まれること、などに言及があります。

Concordat on Open Research Data
http://www.rcuk.ac.uk/documents/documents/concordatonopenresearchdata-pdf/
※2016/7/28付です。

Concordat on Open Research Data launched(HEFCE, 2016/7/28)

神奈川の県立図書館を考える会「神奈川の県立図書館を考える会オープンフォーラム「議員と語ろう」(仮称)」を開催(8/14・神奈川)

2016年8月14日、神奈川の県立図書館を考える会は、神奈川県が実施した、「「県立図書館の再整備に向けた基本的な考え方(素案)」に関するパブリックコメントを受け、また2016年9月8日から始まる神奈川県議会第3回定例会に向けて、神奈川県議会の議員らと歓談する「神奈川の県立図書館を考える会オープンフォーラム「議員と語ろう」(仮称)」を、横浜情報文化センターで開催します。

なお、7月27日に神奈川の県立図書館を考える会による「「県立図書館の再整備に向けた基本的な考え方(素案)」に関する意見」の文書がslideshareで公開されています。

Facebook(神奈川の県立図書館を考える会オープンフォーラム「議員と語ろう」(仮称))
https://www.facebook.com/events/1588965438071567/

県立図書館の再整備に向けた基本的な考え方 素案__に対する神奈川の県立図書館を考える会の意見(slideshare, 2016/7/27)
http://www.slideshare.net/arg_editor/ss-64418367
※文書は2016/7/19付です。

参考:
神奈川県、「県立図書館の再整備に向けた基本的な考え方(素案)」を公開し、パブリックコメントを実施中(-7/23)

【イベント】ライブラリアン・セミナー 変化する大学図書館と出版社の役割 ~研究発信支援を考える(8/18・東京)

2016年8月18日13時30分から17時40分まで、Springer Nature社は、大学図書館に関わる方を対象にライブラリアン・セミナーを開催します。テーマは、「変化する大学図書館と出版社の役割 ~研究発信支援を考える」です。

セミナー内容は、
・基調講演「変化する大学図書館の役割~研究支援と成果発信支援について~」(東京大学附属図書館・尾城孝一氏)
のほか、研究成果発信を支援するシュプリンガー・ネイチャーのサービス紹介
・シュプリンガー・コンパクト ~新しいOAハイブリッドモデル~(仮)
・ネイチャー・リサーチサービス 
などが予定されています。

先着100名で、参加費は無料です。

ライブラリアン・セミナー(シュプリンガー・ジャパン株式会社、2016/06/24)
http://www.springer.jp/info/20160624001252.php
http://www.springer.jp/seminar20160822.php
http://www.springer.jp/librarian/files/LibrarianSeminar20160822.pdf

イベント・フェア出展情報(シュプリンガー・ジャパン株式会社)
http://www.springer.jp/info/

韓国・ソウル特別市、市内所在の専門図書館の統合検索システムを開発へ:2017年ソウル市専門図書館統合検索サービス導入計画を発表

2016年7月22日付けで、韓国のソウル特別市が「2017年ソウル市専門図書館統合検索サービス導入計画」を公表しています。

同計画は、住民の専門図書館資料へのアクセスを向上させることを目的に、市内所在の市立の7つの専門図書館・資料室や、住民も利用可能な民間の専門図書館71館の所蔵情報の統合検索を可能とするメタ検索システムの構築を行なうもので、開発期間は2017年2月から2017年12月までとなっています。

システム要件として、居住地や関心分野に基づく設定や、館や地域を選択しての検索を可能とする機能も求められており、構築されたデータベースはソウル市図書館のホームページで公開されることになっています。

2017년 서울시 전문도서관 통합검색서비스 도입 계획(ソウル特別市,2016/7/22)
http://opengov.seoul.go.kr/sanction/9157261

서울 전역 전문도서관 소장정보 서울도서관서 통합 검색(MONEYTODAY,2016/7/28)
http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2016072805308244496

参考:
E1765 - 専門図書館につながる:ディープ・ライブラリー
カレントアウェアネス-E No.298 2016.02.18

高等教育機関の教員のオープン化された教育資源への認識や態度に関する調査報告書(米国)

2016年7月25日、米・マサチューセッツ州のバブソン大学の“The Babson Survey Research Group”が、高等教育機関の教員のオープン化された教育資源(OER)への態度や認識について調査した報告書“Opening the Textbook: Educational Resources in U.S. Higher Education, 2015-16”を公開しました。

同報告書は、3,000人の教員に対して行なわれた調査であり、米国の高等教育機関の教員のOERへの認識度は向上しているものの、オープンであることが教材として選択されるための強力な要因とはなっていないことや、大学の入門レベルのコースではOERの活用度がやや高いものの、全体としては多数派は占めていないことが指摘されています。

また、教員がOERを採用するためには、その発見可能性を高めるとともに、内容も評価される必要があるとしています。

Faculty Survey Finds Awareness of Open Educational Resources Low but Improving(Babson College,2016/7/25)

e-resourceに関するレビューを調べられるオンラインデータベースの開発:Choice誌とThe Charleston Advisor誌の連携事業

2016年7月27日、学術書の書評誌Choiceを発行する米国大学・研究図書館協会(ACRL)の出版部門と、図書館向けのオンライン資源(学術データベース、ツール、アプリ)をレビューするThe Charleston Advisor誌を発行するThe Charleston Company社が連携し、学術データベースやデジタル資源に関するレビューを調べることができるデータベースを開発すると発表しています。

“CC Advisor”という作業名で、2017年3月にメリーランド州ボルチモアで開催されるACRLの年次大会期間中にサービスを開始する予定です。

The Charleston Advisor誌がデータベースの運用を担当し、同誌の過去のレビュー記事を更新してデータベースに提供するほか、毎月新たなレビューや改訂したレビューを追加していくとされています。また、データベースは、ユーザーフレンドリーな画面、詳細な調査が可能な検索機能、優れたナビゲーション機能、競合分析・データベース比較機能が備わると紹介されています。

Choice and The Charleston Company announce collaboration on new online review resource for academic databases(ALA,2016/7/27)

筑波学院大学・東京大学による、つくば市(茨城県)における東京電力福島第一原子力発電所事故等による避難者への支援事例のアーカイブが公開

2016年7月27日付の「福島民報」で、2016年7月26日に「東京電力福島第一原子力発電所事故 つくば市での避難者支援この5年(2011-2016) <映像アーカイブ>」(「つくば映像アーカイブ」)が公開されたことが報じられています。

東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故以降、福島県からの避難者を受け入れてきた茨城県つくば市での避難者支援活動に関するアーカイブで、1年をかけておこなわれた17団体へのインタビューの映像のほか、アーカイブの背景等を整理したページも公開されています。

このアーカイブは、東京大学の関谷雄一氏(研究代表者)、東北大学の高倉浩樹氏・筑波学院大学の武田直樹氏・東京大学の箭内匡氏(研究分担者)による、「震災復興の公共人類学:福島県を中心とした創造的開発実践」(科学研究費助成事業2014年度基盤研究B)の一環として制作されたものです。なお、アーカイブのプロジェクトリーダーは武田氏です。

東京電力福島第一原子力発電所事故 つくば市での避難者支援この5年(2011-2016) <映像アーカイブ>
http://sites.anthro.c.u-tokyo.ac.jp/tsukuba/

Vimeo(武田科研)
https://vimeo.com/154850039
※「「つくば映像アーカイブ」ダイジェスト」の動画です。

機関リポジトリ推進委員会、「機関リポジトリにおける雑誌論文の登録業務に関する調査(報告)」「OAポリシーの策定支援ツールの開発 : 平成27年度報告書」を公開

2016年7月27日、機関リポジトリ推進委員会は、「機関リポジトリにおける雑誌論文の登録業務に関する調査(報告)」、「OAポリシーの策定支援ツールの開発 : 平成27年度報告書」を公開しました。

機関リポジトリにおける雑誌論文の登録業務に関する調査(報告)
http://id.nii.ac.jp/1280/00000200/

OAポリシーの策定支援ツールの開発 : 平成27年度報告書
http://id.nii.ac.jp/1280/00000201/

機関リポジトリ推進委員会
https://ir-suishin.repo.nii.ac.jp/
※「お知らせ」に
「平成28年7月27日
機関リポジトリにおける雑誌論文の登録業務に関する調査(報告) を公開しました。
OAポリシーの策定支援ツールの開発 : 平成27年度報告書 を公開しました。」とあります。

愛媛県立図書館、「おでかけ県立図書館 in 松野」を開催

2016年8月4日、愛媛県立図書館が、松野村山村開発センターにおいて「おでかけ県立図書館 in 松野」を開催します。

県立図書館による出張貸出サービスで、様々な分野の本300冊が用意され、その場で利用カードを作成して本を借りることができ、返却も同館の遠隔地返却サービスにより町内で返却することが可能です。

また、同館の司書によるレファレンスサービスも行われます。

「おでかけ県立図書館in松野」の実施について(愛媛県立図書館,2016/7/21)
http://www01.ufinity.jp/ehime/index.php?key=jozzi63z7-413#_413

遠くにお住まいの方へ(図書の遠隔地返却サービス)(愛媛県立図書館)
http://www01.ufinity.jp/ehime/?page_id=74

参考:
宮崎県立図書館、遠隔地へのサービス等の拡充・改善を発表
Posted 2016年4月4日
http://current.ndl.go.jp/node/31215

沖縄県立図書館、粟国、南北大東、座間味、小浜島、竹富島で移動図書館を実施
Posted 2015年9月7日
http://current.ndl.go.jp/node/29379

世界リポジトリランキングの2016年7月版が公開

スペイン高等科学研究院(CSIC)が作成する世界リポジトリランキングの2016年7月版が公開されています。世界の機関リポジトリのランキング(Top Institutionals)では、京都大学のリポジトリが32位、名古屋大学のリポジトリが124位、佐賀大学のリポジトリが125位、北海道大学のリポジトリが151位、熊本大学のリポジトリが157位、東京大学のリポジトリが183位、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)と法政大学のリポジトリがそれぞれ193位などとなっています。

Top Institutionals(Ranking Web of Repositories)
http://repositories.webometrics.info/en/top_Inst

July 2016 edition: Description and comments(Ranking Web of Repositories)
http://repositories.webometrics.info/en/node/29

参考:
世界リポジトリランキングの2016年1月版が公開
Posted 2016年1月27日
http://current.ndl.go.jp/node/30549

世界リポジトリランキングの2015年7月版が公開

本を秘蔵することに憑かれた元図書館員に執行猶予判決(アイルランド)

2016年7月27日付で、アイルランドのニュースサイト“Independent.ie”に、216件の窃盗(大半がアイルランド国立図書館から貴重な古書を盗んだもの)の容疑で起訴されていた元図書館員に、2年半の執行猶予判決が下されたことを報じた記事が掲載されています。盗まれた本は総額でおよそ20万ユーロに相当し、英国とアイルランドに関する歴史やケルト神話に関する本などだったとのことです。

記事では、判事のMartin Nolan氏の発言も紹介されており、本を秘蔵することにとりつかれ、本を保有することで充足感を得ていたとし、もし本が売却され、利益を得ていたようであれば懲役を科していたが、大半の本には損傷もなく、図書館にとっての損失は実質5,000ユーロ程度のものであったことを考慮し、執行猶予としたとしたとのことです。

A former librarian who stole hundreds of rare antique books worth nearly ?200,000 from the National Library of Ireland has received a suspended sentence.(Independent.ie, 2016/7/27)

鳴門教育大学附属図書館、徳島県立図書館の本の取り寄せサービスを開始

鳴門教育大学附属図書館が、学内者向けに、2016年8月から徳島県立図書館の本の取り寄せサービスを開始すると発表しています。

学内の利用者が、徳島県立図書館に本の取り寄せを依頼すると、依頼した本が鳴門教育大学附属図書館に配送され附属図書館で受け取ることができます。返却も附属図書館で可能です。

徳島県立図書館の本を取り寄せるサービスについて(鳴門教育大学附属図書館,2016/7/27)
http://www.naruto-u.ac.jp/library/oshirase/2016072700029/

ポスター
http://www.naruto-u.ac.jp/library/oshirase/2016072700029/files/kenritsutoshokan.pdf

参考:
徳島県立図書館と鳴門教育大学附属図書館、連携協力に関する覚書を締結
Posted 2016年4月4日
http://current.ndl.go.jp/node/31225

奈良県立図書情報館、帝塚山大学図書館と相互協力協定を締結 県内の大学図書館と6例目の締結
Posted 2016年2月10日
http://current.ndl.go.jp/node/30707

富山県立図書館、Twitterの運用を開始

2016年7月から富山県立図書館がTwitterの運用を開始しています。富山県立図書館のサービス、行事、展示等の各種情報を発信するものです。

なお、運用ポリシーでは、図書館、富山県、国、地方公共団体又は公共性の高い機関のアカウントについては、必要に応じてフォロー、リツイートすることがあります、とされています。

Twitter(toyama_preflib)
https://twitter.com/toyama_preflib/

富山県立図書館Twitterの運用開始について(富山県立図書館)
http://www.lib.pref.toyama.jp/riyou/twitter.html

富山県立図書館ツイッター(Twitter)アカウント運用ポリシー
http://www.lib.pref.toyama.jp/attach/EDIT/000/000394.pdf

参考:
県立長野図書館、公式Facebookページを開設
Posted 2015年9月15日
http://current.ndl.go.jp/node/29430

和歌山県立図書館の音楽監督委嘱状交付式が行われる(3期目)

2016年7月26日、和歌山県立図書館の音楽監督について、委嘱状交付式が行われました。「音楽監督」は、同館が行うクラシック演奏会や、音楽文化・芸術に関する文化発信活動、同館のメディア・アート・ホールの音響等の施設設備などに関し、監督や助言を行うもので、東京藝術大学学長の澤和樹氏(和歌山県出身)が委嘱されました。

澤氏の委嘱は3期目で、初回の委嘱は2014年6月29日からでした。今回の委嘱期間は2017年3月31日までとなっています。

和歌山県立図書館音楽監督委嘱状交付式について(わかやま県政ニュース, 2016/7/21)
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=23560

関連:
学長挨拶(東京藝術大学)
http://www.geidai.ac.jp/outline/introduction/president

参考:
和歌山県立図書館と和歌山大学教育学部、芸術振興・人材育成のための連携を発表
Posted 2015年7月6日
http://current.ndl.go.jp/node/28835

大学図書館、NIIの共用リポジトリサービス利用機関等376機関で構成されるオープンアクセスリポジトリ推進協会が設立

2016年7月27日、大学図書館界で機関リポジトリを中心としたオープンアクセスを推進するための 「オープンアクセスリポジトリ推進協会」(Japan Consortium for Open Access Repository:JPCOAR)が設立されました。

事務局は、NII学術基盤推進部学術コンテンツ課で、大学図書館、国立情報学研究所 (NII)、NIIの共用リポジトリサービスを利用している機関のリポジトリ担当部局などで構成され、参加機関数は376です。

オープンアクセスリポジトリ推進協会のウェブサイトでは、運営委員会規程、会則、会費規程の案も公開されています。

オープンアクセスリポジトリ推進協会を設立/NIIや全国の大学図書館など376機関が参加(NII, 2016/7/27)
http://www.nii.ac.jp/news/2016/0727/
http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20160727.pdf

オープンアクセスリポジトリ推進協会
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp

参考:
第11回大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議の資料が公開:NIIと国公私立大学図書館協力委員会の協定が延長
Posted 2016年3月22日

山形県立図書館、デジタル化の事前調査で発見された貴重な資料の一部を先行してオンラインで公開

2016年7月27日、山形県立図書館が、資料のデジタル化の事前調査の過程で発見された貴重な資料の一部を先行してオンライン(pdfファイル)で公開しました。

公開されたのは、山形藩の藩祖・最上義光の一代記の異本類、同館しか所蔵が確認されていない「景勝公御武功記」、庄内藩側の視点で書かれた戊辰戦争の記録「戊辰戦争始末」です。

山形県立図書館 お知らせ
https://www.lib.pref.yamagata.jp/
※「2016.7.27 山形県立図書館所蔵貴重資料のデジタル化について」とあります。

参考:
山形県立図書館、郷土資料デジタル化事業の事前調査で発見された資料の特別展示を開催
Posted 2015年12月7日
http://current.ndl.go.jp/node/30144

東久留米市立図書館(東京都)、図書館の未来を考えるイベント「図書館フェス2016」を開催(10/15、16・東京)

2016年10月15日と16日、東京都の東久留米市立中央図書館で、「図書館フェス2016」が開催されます。

図書館フェスは、図書館の可能性を知り、一緒に楽しみ、考えながら、次代の図書館像を探っていこうという催しで、「ひとハコ図書館めぐり」などの企画が開催されます。

図書館フェス(東久留米市立図書館)
https://www.lib.city.higashikurume.lg.jp/clib/libfes/libfes2016.html

「図書館フェス2016」を開催します(東久留米市立図書館)
https://www.lib.city.higashikurume.lg.jp/cgi-bin/cttcgi/info_back_content.cgi
https://www.lib.city.higashikurume.lg.jp/files/attach/files986_1.pdf
※2つ目のリンクはイベントのチラシです。

参考:
なつやすみマンガのへや:東久留米市立中央図書館(東京都)のお試し企画
Posted 2016年7月22日
http://current.ndl.go.jp/node/32131

E1696 - 「ひとハコ図書館」からはじめる新しい図書館
カレントアウェアネス-E No.286 2015.08.06

コンテンツ配信