カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

カレントアウェアネス-R

当サイトの運営担当者は、毎営業日、図書館に関する情報を収集しています。この「カレントアウェアネス-R」では、その中から、図書館の「いま」(カレント)がわかるニュースを中心に、ご紹介しています。

カレントアウェアネス-R 新着タイトル一覧 (⇒タイトルのみ表示

米国図書館協会、“Technology Rights and Opportunity”原則に署名

2016年12月6日、米国図書館協会(ALA)は、16の他の機関とともに、言論の自由と機会の平等を保証する政策の擁護、インターネットがもたらす経済的な好条件や教育の推進の拡大を目的とした、“Technology Rights and Opportunity”原則に署名したと発表しています。

ALA会長のトダーロ(Julie Todaro)氏は、図書館は、コンピューターの設置やその使用方法について講習の実施、インターネット接続の提供等を通じて、そのような機会を国民に提供していることを述べています。

ALA joins new network advocating for technology rights and opportunity(ALAワシントン・オフィス,2016/12/6)
http://www.districtdispatch.org/2016/12/ala-joins-technology-rights-opportunity-network/

Principles for Technology Rights and Opportunity
https://techrightsandopportunityprinciples.org/

米国図書館協会会長、会員から寄せられた次期政権への向き合い方に関する質問への回答をQ&A形式で公開

2016年12月6日、米国図書館協会(ALA)会長のトダーロ(Julie Todaro)氏が、会員から寄せられた次期政権への向き合い方に関する質問への回答をQ&A形式で公開しました。このQ&Aは、必要に応じて更新されます。

また、トダーロ氏は、ALAが、次期政権に対応し、また、全てのコミュニティや機関の図書館・図書館員を擁護する際に、その中核的価値を立証する方法についての議論を継続したいと述べ、今年のALA冬季大会において、これらについて議論する場を設けるとしています。

そして、ALAは、会員とともに、コミュニケ―ション・会話、コミュニティでの相互作業を通じ、理解・多様性・公正さ・包括性を促進するために立ち上がると述べ、会長として、引き続き耳を傾け、行動し、奉仕すると宣言しています。

ALA president responds to member concerns on new administration (ALA,2016/12/6)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/12/ala-president-responds-member-concerns-new-administration

Q & A Related to New Administration(ALA)

世界の研究機関情報のデータベースGRID、クリエイティブ・コモンズのCC0ライセンスの下で利用可能に

2016年12月5日、英国のDigital Science社が、世界の研究機関情報のデータベースGRIDを、クリエイティブ・コモンズのCC0ライセンスの下で利用可能にすることを発表しました。

2017年1月から、GRIDの月次のリリースのコピーが、パブリックドメインのものとしてFigshareにアップロードされます。

GRIDには、世界の6万6,000を超える研究機関についての情報や識別子が収録されています。

Digital Science Releases GRID Under CC0 License(Digital Science, 2016/12/5)
https://www.digital-science.com/blog/news/digital-science-releases-grid-under-cc0-license/

参考:
世界の研究機関についてのデータベースGRIDが公開
Posted 2015年10月26日
http://current.ndl.go.jp/node/29764

E1773 - 識別子の架け橋:国際標準名称識別子ISNI
カレントアウェアネス-E No.299 2016.03.03
http://current.ndl.go.jp/e1773

Springer Nature社、新しい研究データポリシーを採用

2016年12月6日、Springer Nature社は、同社の600を超すジャーナルにおいて、新しい研究データポリシーを採用すると発表しています。

研究データの共有・保存・引用における優れた実践を推奨することを目的としており、同ポリシーは、CC BY 4.0ライセンスで公開されています。

また、ポリシーや手続きの標準化、著作とデータの一貫したリンクやガイドラインとサポートの提供を通じた著者・編集者・査読者の支援についても述べられています。

Over 600 Springer Nature journals commit to new data sharing policies (Springer Nature,2016/12/6)
https://www.springernature.com/gp/group/media/press-releases/over-600-springer-nature-journals-commit-to-new-data-sharing-policies/11111248

参考:
Springer Nature社、研究データポリシー基準を公開
Posted 2016年7月6日
http://current.ndl.go.jp/node/32019

大学出版局と大学図書館の連携をテーマに開催された会議のホワイトペーパが公開される

2016年5月9日から10日にかけて、経営上の連携をテーマに、北米研究図書館協会(ARL)、米国大学出版協会(AAUP)、ネットワーク情報連合(CNI)が主催し、23の大学図書館、大学出版局関係者が参加して行われた、P2L Summitのホワイトペーパー“Across the Great Divide: Findings and Possibilities for Action from the 2016 Summit Meeting of Academic Libraries and University Presses with Administrative Relationships (P2L).”が公開されました。

ホワイトペーパーには、サミットで議論された、図書館と出版局のさらなる相互理解が必要な分野、大学での出版局の役割、といった主要な論点のほか、サミットで出された予備的勧告、これら論点に関する欧州での現状に関する報告、基調講演、参加者名簿、連携の運営方法について図書館と出版局に対して事前に行った調査の結果などが含まれます。

オーストラリア、今後10年間の研究基盤開発の優先事項をまとめたロードマップの草案を発表

オーストラリアの教育省(Department of Education and Training)が、
今後10年間の研究基盤開発の優先事項について定めた“2016 National Research Infrastructure”の草案を2016年12月5日に公開したことを受け、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、その草案について紹介しています。

草案では、地域や産業界に利益をもたらしながら、既存のパラダイムを転換させるような研究を推進することができる9つの重点分野の研究基盤に焦点があてられ、人文・社会科学分野のプラットホームでは、“Atlas of Living Australia”及びオーストラリア国立図書館(NLA)の“Trove”が単一分野のアプローチを超えた良い事例として言及されているとのことです。

また、コレクションのデジタル化手段の調整と、既存のプラットフォームやデジタルコレクションの国際的な相互運用可能性の保証の必要性が指摘されていることや、先住民研究や、オーストラリアの文化財を活用できるプラットフォームの調整など、人文・社会科学分野での統合や調整について改善が求められていることが紹介されています。

草案へのコメントが、2017年1月16日まで求められています。

OpenAIRE、“FP7 Post-Grant Open Access Pilot”の第8次進捗報告書を公開

2016年12月5日、オープンアクセスリポジトリに関する欧州の地域ネットワークである“OpenAIRE”が、第7次研究開発枠組み計画(FP7)による助成期間終了後のOA支援プロジェクト“FP7 Post-Grant Open Access Pilot”の第8次進捗報告書を公開しています。

11月30日時点の数値に基づいています。

8th progress report for the FP7 Post-Grant Open Access Pilot(OpenAIRE,2016/12/5)
https://blogs.openaire.eu/?p=1665

FP7 Post-Grant Open Access Pilot: Eighth Progress Report-5 months to go
https://blogs.openaire.eu/wp-content/uploads/2016/12/FP7PostGrant_OA_Pilot_8th_progress_report.pdf

参考:
OpenAIRE、“FP7 Post-Grant Open Access Pilot”の第7次進捗報告書を公開
Posted 2016年9月8日
http://current.ndl.go.jp/node/32495

米国デジタル公共図書館、高等教育用の一次資料セット作成のため、ティーグル財団から助成金を獲得

2016年12月5日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、ティーグル財団(Teagle Foundation)から15万ドルの助成金を獲得したと発表しています。

助成金は、高等教育の授業用の一次資料のセットの作成に用いられます。

Teagle Foundation Announces New Grant Supporting Education at DPLA(DPLA,2016/12/5)
https://dp.la/info/2016/12/05/teagle-foundation-supports-education-at-dpla/

参考:
米国デジタル公共図書館が作成する、米国の歴史・文学・文化についての児童・生徒向け一次資料セットが100セットに到達
Posted 2016年4月12日
http://current.ndl.go.jp/node/31320

米国デジタル公共図書館(DPLA)、児童・生徒の学習のための米国の歴史・文学・文化についての一次資料のセットの第2弾を公開
Posted 2016年1月21日
http://current.ndl.go.jp/node/30494

米国デジタル公共図書館(DPLA)、児童・生徒の学習のための米国の歴史・文学・文化についての一次資料のセットを公開

EIFL、WIPOの著作権・著作隣接権常任委員会での図書館員等からの発言をまとめた小冊子を公開

2016年11月30日、図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる非営利組織“Electronic Information for Libraries”(EIFL)が、世界知的所有権機関(WIPO)の著作権・著作隣接権常任委員会(SCCR)での、図書館員やアーキビストによる発言をまとめた小冊子“The internet is global - but copyright exceptions stop at the border. Why we need an international treaty for cross-border access to knowledge”作成し、公開しました。

国による著作権法の権利制限の違いなどの証拠を示すことで、図書館と文書館が、世界中の人々に情報を提供する際に直面する問題を解決するWIPOの著作権国際条約への取り組みを支援するために出された意見で、国際図書館連盟(IFLA)、国際公文書館会議(ICA)など15機関の代表の発言が含まれます。

New resource on cross-border access to knowledge(EIFL,2016/11/30)
http://www.eifl.net/news/new-resource-cross-border-access-knowledge

HathiTrust、約1,370万件のデジタル化資料中に含まれる50億ページ、2兆語超のデータから抽出した特徴データセットを公開

2016年12月5日、HathiTrustはHathiTrust Digital Library(HTDL)に含まれるデジタル化資料約1,370万件から抽出した特徴データセット、”HathiTrust Research Center (HTRC) Extracted Features (EF) Dataset”のバージョン1.0を公開しました。

このデータセットはHTDL内の各資料、各ページにおける語数、行数、品詞やその他の詳細事項に関する量的データを含んでおり、16~20世紀に発行された資料を対象に、歴史的・文化的トレンドの推移やあるトピックの隆盛、ある語の発生・浸透の過程等の調査に用いることができます。対象となるページ数は50億ページ以上、対象語数は2兆語以上に及びます。

Big (and Open) Data for Scholarship of All Sizes: A New Release of the HathiTrust Research Center Extracted Features Dataset(HathiTrust、2016/12/5付け)
https://www.hathitrust.org/extracted-features-announcement

HTRC Extracted Features Dataset

コンテンツ配信