マイクロ資料

CA730 - EROMMとIROMMの作成計画 / 田中久徳

劣化資料のマイクロ化による保存を図る上で,保存努力の重複を避け,保存の優先順位を決定するために,マスターネガフィルムの所在記録を一元的に管理することが大変重要となる。この種の試みとしては,米国で1965年から続けられてきた,NRMM(National Register of Microform Masters:全米マイクロ資…

CA623 - カンボジア国立図書館の再生へ向けて――コーネル大の援助プロジェクト―― / 山口学

カンボジア語は,オストロアジア語族モン・クメール語に属し,かって東南アジア一円に君臨したクメール王朝の公用語として広く通用していた。現在でも旧カンボジア王国領以外にもベトナム,タイ,ラオス領に居住するカンボジア人約1000万人が使用している。ロンノルのクーデターが起るま…

CA612 - 逐次刊行物保存に関するIFLA・LC国際シンポジウム / 星健一

IFLAおよびLCが共催する“MANAGING THE PRESERVATION OF SERIAL LITERATURE: An International Symposium”が1989年5月24日から26日に開催された。IFLAは傘下の4つの部会の代表を企画委員として派遣した。本シンポジウムに出席する機会が得られたので,その概要を報告する。会議の出席者・報告者名簿に掲載された正式登…

CA606 - 全国レベルの資料保存計画―アメリカ / 大泉典子

酸性紙問題に直面する米国では,3つの主要な解決法が検討されている。すなわち,過去の劣化資料のマイクロ化,現在の酸性紙本の脱酸,そして未来の本のための永久紙(中性紙)の利用促進である。全米人文科学基金(National Endowment for the Humanities)保存局の1989年度予算は,8万ドル上乗せした…

中国国家図書館、サービス改善

国家図書館本体からのアナウンスではありませんが、国家図書館が以下のようなサービス改善を行うようです。・利用者カードの発行を最速2分にする。18歳以上であることを示す身分証だけが必要。・館外への貸し出し制限の緩和。外国語の図書について、従来必要だった担保書を不要とし、必…

ページ