図書館広報

国立大学図書館協会がロゴマークを制定

2017年7月13日、国立大学図書館協会が新たにロゴマークを制定したことを発表しました。6月22・23日に開催された同協会第64回総会で会員に対し披露されたものとのことです。

新たなロゴマークは東京芸術大学の松下計教授(附属図書館長)と、同大学美術研究科の藤谷さや氏および視覚・伝達研究室によって制作されました。図書館の「図」の文字から囗(くにがまえ)の部分を取り払った形状から着想を得たデザインで、大学図書館と協会が社会に対してひらかれていることを表すと同時に、人と人、人と情報、そして図書館と図書館が交差し、相互につながる様子を描いているとのことです。

国立大学図書館協会ロゴマークについて(国立大学図書館協会)
http://www.janul.jp/j/organization/regulations/logomark.html

ゴードン W. プランゲ文庫、Instagramにアカウントを開設

2017年7月5日、米・メリーランド大学のゴードン W. プランゲ文庫がInstagramにアカウントを開設したことを発表しました。

日本語アカウント(prangecollection.jp)と英語アカウント(prangecollection)があります。

九州大学附属図書館、Instagramにアカウントを開設

2017年6月1日、九州大学附属図書館が、Instagramにアカウントを開設しました。

2018年10月に開館する新中央図書館に関する最新の情報を周知することを目的としているとのことです。

Instagramはじめました(九州大学附属図書館, 2017/6/1)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/9573

Instagram(kyushuunivlib)
https://www.instagram.com/kyushuunivlib/

参考:
水戸市立西部図書館、Instagramにアカウントを開設
Posted 2016年2月3日
http://current.ndl.go.jp/node/30624

石垣市立図書館(沖縄県)、来館を呼び掛ける歌「石垣市立図書館に行こう」を作成

沖縄県の石垣市立図書館が、来館を呼び掛ける歌「石垣市立図書館に行こう」を作成し、2017年5月5日の「こどもの日」スペシャルおはなし会で披露したと地元紙で報じられています。

2016年の全国図書館大会(東京)で発表された、弓削田健介氏の「図書館で会いましょう」を聴いたのが作成のきっかけとなっており、2017年1月から2月にかけて行った同館の良いところに関するアンケートの結果等を参考に同館職員が作成したと紹介されています。

来館呼び掛け歌が完成 石垣市立図書館(八重山毎日新聞,2017/5/7)
http://www.y-mainichi.co.jp/news/31584/

告知 来館呼びかけ歌♪「石垣市立図書館に行こう」の完成(やいまタイム)
http://yaimatime.com/otoku/24010/
※1番から3番までの歌詞が掲載されています。

米国図書館協会、米国図書館界の概況についての報告書 (2017年版)及び「2016年に最も批判を受けた図書」を公表

2017年4月10日、米国図書館協会(ALA)が、全米図書館週間にあわせ、米国図書館界の概況をまとめた報告書“State Of America's Libraries Report”の2017年版を公表しています。

報告書では、図書館が、(1)あらゆる種類の情報を質の評価に必要な知識や訓練を利用者に提供していること、(2)幼児のリテラシー・コンピュータスキル・労働力開発支援に大きな役割を果たしていること、(3)資料・プログラム・サービスにコミュニティの多様性を反映させることで住民にとって安全な場所を提供していること、を示しています。

その他、館種別では

・大学図書館
学術コミュニケーション、デジタルアーカイブス、データキュレーション、デジタルヒューマニティーズ、可視化、ボーンデジタルの分野で新しい役割を担いつつある。新興領域として、計量書誌学、オルトメトリクス、e-Learning、custom information solutions、研究データ管理がある。

米・公共図書館協会、全米公衆衛生週間中、ハッシュタグを用いて自館の医療・健康関連プログラムをソーシャルメディア上に投稿するよう呼びかけ

米・公共図書館協会(PLA)は、全米公衆衛生週間(National Public Health Week)中(4月3日から9日まで)、会員館に対して、自館における健康関連の事業の成功例や実施しているプログラムをハッシュタグ“#HealthyCommunities”を用いてソーシャルメディア上に投稿するように求めています。

デジタルインクルージョンにおける公共図書館の役割に関する調査(2014年版)によると、米国の公共図書館では、医療保険関連情報の調査支援(60%)、無料での医療情報の調査支援(58%)、健康関連情報の提供(48%)、フィットネス関連講座(23%)や健康診断サービス(18%)を実施しています。

CA1892 - 学校図書館をひらく―東京・学校図書館スタンプラリーの試み― / 杉山和芳

2014年6月に学校図書館法が一部改正され「学校司書」の配置が努力義務とされた。次期学習指導要領でも学校図書館が果たすべき役割は大きくなると予想されている。また、文部科学省が「学校図書館ガイドライン」を作成するなど、学校図書館の機能強化を目指す動きが現れている。このように学校図書館をめぐる状況は大きく変化しつつある。

京都府立図書館、府立図書館オリジナルノートを作成:調べ学習等で来館した学生・生徒に配布

2017年3月28日、京都府立図書館が、府立図書館オリジナルノートを作成したと発表しています。

作成されたA5版のノートは、図書館ならではのオリジナルノートとするため同館職員がアイデアを出し合ったもので、洋書をイメージし、表紙には同館の古い写真を配し、同館のラベルも印刷されています。

ノートは、調べ学習等で来館した学生・生徒等に配布するとのことです。

府立図書館オリジナルノートを作成しました!(京都府立図書館,2017/3/28)
http://www.library.pref.kyoto.jp/?p=9623

参考:
CA1742 - 動向レビュー:ライブラリー・グッズの可能性-ミュージアム、米・英の国立図書館の事例を通して / 渡辺由利子
カレントアウェアネス No.307 2011年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1742

東京都立図書館、都立中央図書館特別文庫室が所蔵する江戸時代の資料を英語で紹介した動画を東京都公式YouTubeで公開

2017年3月16日、東京都立図書館が、都立中央図書館特別文庫室が所蔵する江戸時代の資料を英語で紹介した動画を東京都公式YouTubeで公開したと発表しています。

江戸の街を挿絵つきで紹介したガイドブック『江戸名所図会』と、十返舎一九による絵入り物語『的中地本問屋』の2点が取り上げられています。

ともに日本版も公開されています。

江戸時代の貴重資料を英語で紹介した動画を、東京都公式YouTubeに公開しました。 (東京都立図書館,2017/3/16)
http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1537

東北大学附属図書館、附属図書館本館プロモーションビデオを公開

2017年3月10日、東北大学附属図書館が、附属図書館本館のプロモーションビデオを公開しました。

ビデオの作成にあたっては、文学研究科の大学院生・同館留学生コンシェルジュで、YoutuberでもあるDavide Bitti氏が監督し、文学研究科大学院生のElena Fabbretti氏と東北大学図書館研究会SaLが出演しています。

東北大学附属図書館 お知らせ
http://www.library.tohoku.ac.jp/
※「2017/03/10【本館】附属図書館本館プロモーションビデオを公開しました! 」とあります。

【本館】附属図書館本館プロモーションビデオを公開しました!(東北大学附属図書館)
http://www.library.tohoku.ac.jp/news/2016/20170310-2.html

ページ