図書館広報

周南市立徳山駅前図書館(山口県)、コスプレ撮影の会場の1つに

2018年10月8日に山口県周南市で開催されたイベント「萌えサミット8」において、周南市立徳山駅前図書館がコスプレ撮影の会場の1つとなっていました。

「萌えサミット8」は、山口県周南市で2011年から開始されたイベントです。

@shunanekimaelib(Instagram,2018/10/8)
https://www.instagram.com/p/BoqRiugBGlh/?taken-by=shunanekimaelib

図書館で憧れのキャラに 周南で萌えサミット(山口新聞,2018/10/10)
https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2018/1010/9p.html

市川市中央図書館(千葉県)、「YAハロウィン!コスプレフォトツアー」を開催

2018年10月28日、千葉県の市川市中央図書館が、同館のこどもとしょかんで「YAハロウィン!コスプレフォトツアー」を開催します。

ハロウィンのコスプレをして館内のおすすめスポットを写真で撮って紹介するイベントで、簡単なコスプレグッズは図書館で用意されています。カメラの貸出も可能です。

対象は、中学生以上19歳までで、定員は5組(1組1人から4人まで)(先着順)です。

「YAハロウィン!コスプレフォトツアー」参加者募集中!(市川市立図書館,2018/10/7)
http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1275.html

参考:
E2025 - 「いいね!発見 撮影会in三重県立図書館」実施報告
カレントアウェアネス-E No.347 2018.05.31
http://current.ndl.go.jp/e2025

奥州市立胆沢図書館(岩手県)、「猫ノ図書館」秋のスペシャルトークイベント「『客の来ない本屋』の娘が書店再生に挑戦~猫の手を借りて「客の来ない本屋」と「ヒマな図書館」の再生はじめました~」を開催

2018年11月4日、岩手県の奥州市立胆沢図書館が、秋のスペシャルトークイベント「『客の来ない本屋』の娘が書店再生に挑戦~猫の手を借りて「客の来ない本屋」と「ヒマな図書館」の再生はじめました~」を開催します。

同館が館内に設置している「猫本」(猫が出てくる本)だけを集めた常設コーナー「猫ノ図書館」に関するイベントで、「猫ノ図書館」の開設を支援した「神保町にゃんこ堂」を講師に迎え、傾きかけた書店を再生した手法・考え方等の話を聞くことで、経営の創意工夫や地域活性化の手法を学ぶことに加え、図書館の利用拡大を目的に実施されるものです。

会場は胆沢文化創造センターで、対象は、市内の自営業者、起業を考えている人、地域を盛り上げたい人等です。参加費は無料ですが、定員は50人です。

緊急予告!秋のスペシャルトークイベント 猫ノ図書館“秋のスペシャルイベント”決定!(奥州市,2018/9/28)
https://www.city.oshu.iwate.jp/site/tosyo/15797.html

杉戸町立図書館(埼玉県)、「温泉&宿泊図書館」を開催:イベントの感想をブログで紹介するブロガー枠も

埼玉県の杉戸町立図書館が、2018年10月27日から28日にかけて、「温泉&宿泊図書館」を開催します。

図書館で読書した後、杉戸天然温泉「雅楽の湯」にワンコイン(500円)で温泉を楽しみ、再び図書館で読書を楽しむイベントとなっています。

応募できるのは、20歳以上(町内外不問)の15人で、そのうち1人はイベントの感想を自身のブログに2週間以内にアップすることが参加条件となっているブロガー枠です。

また、同館では、イベント参加者がより快適に過ごせるための物資(飲食・睡眠・その他読書に役立つもの)を提供する協賛者も募集しています。

【10/27(土)~】温泉&宿泊図書館を開催します!(杉戸町立図書館)
http://www.town.sugito.lg.jp/cms/page11800.html

“IFLA Metropolitan Libraries Short Film Award 2018”の受賞作品は“Books in the Cloud”

2018年9月26日、国際図書館連盟(IFLA)の大都市図書館部会(Metropolitan Libraries Section)は、“IFLA Metropolitan Libraries Short Film Award”の2018年の受賞作品を、イスラエルのBeit Ariela Shaar Zion Libraryの作品“Books in the Cloud”と発表しています。

世界図書館情報会議(WLIC)・第84回IFLA年次大会の会期中の2018年8月27日に、同部会により実施された“IFLA Metropolitan Libraries Short Film Award 2018”において10か国・15作品の中から選ばれたものです。

全作品はA Corto di LibriのYouTube公式チャンネルから視聴できます。

IFLA Metropolitan Libraries Short Film Award 2018. See you next year!(IFLA,2018/9/26)
https://www.ifla.org/node/81794

米国大学・研究図書館協会(ACRL)の出版部門、大学図書館のマーケティング活動に関して調査したホワイトペーパーを公開

2018年9月14日、学術書の書評誌Choiceを発行する米国大学・研究図書館協会(ACRL)の出版部門が、大学図書館のマーケティング活動に関して調査したホワイトペーパーを公開しました。

ホワイトペーパーでは、大学図書館におけるサービスやリソースの利用促進方法、大学図書館がおこなっている戦術、戦術の成功例・失敗例、特にデジタルリソースに焦点を当てて資金や人材の調達を行なっている館などを概観しています。

閲覧には登録が必要です。

Choice Releases Marketing Academic Library Resources and Services White Paper(ACRL insider,2018/9/14)
https://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/16321

砺波市(富山県)の中学生が総合学習の時間で作成した動画「図書館を利用しよう! その1」

富山県の砺波市立図書館が、同館の公式Twitterで、同市の中学生が総合学習の時間で作成した動画「図書館を利用しよう! その1」を紹介しています。

続編も製作中とのことです。

Twitter(tonami_citylib,2018/9/16)
https://twitter.com/tonami_citylib/status/1041354196409151488

図書館を利用しよう! その1 (YouTube,2018/9/16)
https://youtu.be/ZsJMI7tBAFI

米・都市図書館協議会(ULC)、革新的なプログラムを実施した公共図書館を称える“Top Innovators 2018”を発表

米・都市図書館協議会(ULC)が、革新的なプログラムを実施した公共図書館を称える“Top Innovators 2018”を発表しています。

2018年9月6日に開催されたULCの2018年年次総会で発表されたもので、北米の70を超す図書館から寄せられた220余りの応募の中から審査員により選ばれたものです。

特別賞(Honorable Mention)とあわせて、分野別に以下の20館が選出されています。

・Top Innovators
【教育(乳児から10代)】サンフランシスコ公共図書館(カリフォルニア州):FOG Readers: Helping Struggling Readers Succeed

【教育(成人)】ブルックリン公共図書館(ニューヨーク州):Teacher Lab: Library Literacy and Classroom Teachers

【人種的・社会的公正】ピマ郡公共図書館(アリゾナ州):Library Restorative Practices for Youth

【市民やコミュニティへの関与】ロサンゼルス公共図書館(カリフォルニア州):New Americans Initiative

E2054 - 2018年米国図書館協会(ALA)年次大会<報告>

2018年6月21日から6月26日にかけて,2018年米国図書館協会(ALA)年次大会(E1945ほか参照)がルイジアナ州ニューオーリンズで開催された。今回の大会はErnest N. Morial Convention Centerをメイン会場とし,約2万5,000人が参加してブース展示やセッションが行われた。筆者は,私立大学図書館協会が実施する海外派遣研修(長期研修)に参加する機会を得て,その研修の一環として同大会へ参加した。本稿では,大会の概要と筆者の印象に残っていることを中心に報告する。

平塚市図書館(神奈川県)、図書館設置70周年記念キャラクター「ぶくまる」のLINEスタンプの販売開始:売上金の35%が図書購入費に

2018年8月16日、神奈川県の平塚市図書館が、4月の図書館設置70周年を受け、平塚市図書館協議会からの提案を受け職員が考案した記念キャラクター「ぶくまる」のLINEスタンプの販売を開始しました。

販売価格は、1セット24スタンプ120¥(50LINEコイン)で、売上金の35%が市の収入となり、図書購入費に充てられます。

ぶくまるLINEスタンプ販売(平塚市図書館,2018/8/16)
https://www.lib.city.hiratsuka.kanagawa.jp/info?1&pid=209

平塚市図書館キャラ「ぶくまる」(LINE STORE)
https://store.line.me/stickershop/product/4040283

ページ