ネットワーク

英国で“Living Knowledge Network”が始動:英国図書館ほか24の大規模図書館が参加

2016年9月27日、英国図書館(BL)とイングランド芸術評議会(ACE)による2年間のパイロットプロジェクト“Living Knowledge Network”の始動が発表されています。

同プロジェクトは、知識や資源・活動を共有するために、各地域の専門家と全国規模の組織力を結び付けることを目的としたBL、ウェールズ国立図書館、スコットランド国立図書館(NLS)の各国立図書館のほか、国内の21の大規模な公立図書館が参加する全国規模の図書館ネットワークで、

(1)世界クラスの図書館サービスを多様なコミュ二ティーに届けるために知識を共有し、図書館の総合力を強化する
(2)利用者のための各種プログラムやコンテンツを共同開発する
(3)共同での資金調達や証拠集め等、強力なパートナーシップを形成する

ことを目指しています。

The British Library forms nationwide network of libraries to share knowledge, collections and creativity(BL,2016/9/27)
http://www.bl.uk/press-releases/2016/september/living-knowledge-network-formed-by-the-british-library

オランダのSURFがORCIDと合意、SURFconext経由でORCIDログインが可能に

2016年2月1日、オランダの高等教育・研究機関の協同ICT組織SURFとORCIDが合意に至り、今後オランダの学術認証フェデレーションSURFconext経由でORCIDへのログインが可能になると発表されました。これにより、オランダの研究者は所属機関の認証によるシングルサインオンでORCIDが利用できるようになります。

また、SURFconextは世界各国の学術認証フェデレーションを相互接続しているeduGAINに参加していますが、eduGAINに参加している学術認証フェデレーションを利用している各機関の研究者も、eduGAINを介して各機関からORCIDにログインできるようにすることが出来るとのことです。日本の学認(GakuNin)もeduGAINに参加しています。

また、ORCIDはこの取組の一環として、FacebookやGoogleのアカウントによるORCIDへのログインもできるようにするとのことです。このパイロットプロジェクト終了後、ORCIDのウェブサイトに各機関の参加方法に関する詳細が掲載される予定です。

Signing into to the ORCID registry using institution credentials(ORCID、2016/02/01)

【イベント】歴史資料ネットワーク設立20周年記念「全国史料ネット研究交流集会」(神戸2/14・15)

阪神・淡路大震災を機に設立され、2015年に20周年を迎える歴史資料ネットワークが、国立文化財機構と共催で、2015年2月14日、15日に、兵庫県神戸市で「全国史料ネット研究交流集会」を開催するとのことです。集会では、奥村弘氏らによる記念講演のほか、各地の資料保全ネットワークからの報告が予定されています。また、交流の場を通した連携を、これからの実践につなぐ契機としたいとのことです。参加費は無料です。

歴史資料ネットワーク設立20周年記念「全国史料ネット研究交流集会」を開催します(2/14・15)(歴史資料ネットワーク 2014/12/10付けブログ記事)
http://siryo-net.jp/event/zenkoku_shukai/

参考:
文化庁、2014年度の美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業を決定 Posted2014年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/26505

W3C、“Web of Things”をテーマにしたワークショップのレポートを公開

2014年6月25日から26日にかけてドイツのベルリンで開催された“W3C Workshop on the Web of Things”のレポートが公開されました。各種の機器をインターネットに接続する「モノのインターネット」(Internet of Things)では、さまざまなプロトコルが独自開発され、サービスへの共通したアプローチがないとされており、W3Cは、「すべてのものがウェブにつながる」(Web of Things)ことを実現するための標準化の支援に注力しているとのことです。

W3C Workshop on the Web of Things
Enablers and services for an open Web of Devices 25–26 June 2014, Berlin, Germany
http://www.w3.org/2014/02/wot/report.html

WORKSHOP REPORT: W3C WORKSHOP ON THE WEB OF THINGS(W3C, 2014/8/8)
http://www.w3.org/blog/news/archives/4014

参考:
“Internet of Things Europe 2010”の年次カンファレンスの報告書が公開
Posted 2010年8月17日

京都大学図書館機構、EDDSを試行的に開始 10月1日から

京都大学図書館機構が、2013年10月1日からEDDSを試行的に開始すると発表しました。これは、学内の離れたキャンパスにある文献(論文など)を学内のパソコン等で読むことができるサービスです。

EDDS利用ガイド(PDF)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/uploads/0927-2EDDS_usersguide.pdf

EDDS広報ポスター(PDF)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/uploads/EDDS_0919r7.pdf

E1482 - 山形大学の事例からはじまる学認の次世代認証基盤構想

現在,大学ではユーザのIDを集中管理することで,一つのIDとパスワードで全ての学内サービスにログインでき,さらに,認証を一度行えば他のサービスに再認証なしにログインできるシングルサインオン(Single Sign-On:SSO)という環境の整備が進められている。SSOでは,これまでサービス毎に独自に行っていた認証処理をサービスから分離し,サービス間で共有する一つの認証サーバを用意して共用する。パスワード情報はサービス間で共用せず,認証サーバ内に閉じて参照されるため,セキュリティ向上にもつながる。すなわち,利便性と安全性を両立する認証基盤であるといえる。学認は,大学のこの認証システム(Identity Provider:IdP)を,商用を含む学外のサービス(Service Provider:SP)でも利用することで,大学の壁を越えたSSO環境を実現する。学認の重要な役割は,異なる組織が運用するIdPとSPが遵守すべき規定を定め,お互いの信頼関係を保つ,信頼フレームワークプロバイダー(Trust Framework Provider:TFP)として機能することである。...

Internet2がスミソニアン協会との協力を発表

2013年4月23日、米国のInternet2が年次会合で、スミソニアン協会と協力することを発表しました。

これにより、スミソニアン協会の博物館や研究施設等は超高速なネットワークでつながれ、Internet2に加盟している大学等は、スミソニアン協会とのデジタルコンテンツのやりとりがより容易になるとのことです。また、コンテンツの共有に加え、Internet2のオーディオやテレビ会議技術を使ったスミソニアンのシアターセンター等の共同企画も検討されているとのことです。

Internet2 Announces Strategic Content and Distribution Initiative with Smithsonian (Internet2 2013/4/23付け)
http://www.internet2.edu/news/pr/2013.04.23.smithsonian-internet2-initiative.html

Smithsonian
http://www.si.edu/

Internet2 Signs Deal With Smithsonian to Connect Colleges to Digitized Artifacts(The Chronicle of Higher Education 2013/4/23付け)

【イベント】「学認CAMP 2012-学認システム最前線 簡単と安心と安全-」(9/12・香川)

2012年9月12日に、国立情報学研究所の主催で、「学認CAMP 2012 - 学認システム最前線 簡単と安心と安全 -」が香川大学で開催されます。申込不要となっています。なお、9月13日及び14日には、同会場で「第7回情報系センター研究交流・連絡会議」「第16回学術情報処理研究集会」が開催されるとのことです。

「学認CAMP 2012」開催のお知らせ (学認 2012/7/18付けの記事)
http://www.gakunin.jp/docs/news/fed/Camp2012

第7回国立大学法人情報系センター研究交流・連絡会議/第16回学術情報処理研究集会
http://www.kagawa-u.ac.jp/itc/ipc2012/

インターネットに接続せずにデバイス間でデジタルリソースを共有するオープンソースソフトウェア“LibraryBox”

テネシー大学チャッタヌーガ校のJason Griffey氏らが行っているプロジェクトの成果として、“LibraryBox”というフリーのオープンソースソフトウェアが公開されています。“LibraryBox”では、インターネットに接続せずに、自分で格納したデジタルリソースをデバイス間で共有することができるとのことです。なお、この“LibraryBox”は、ニューヨーク大学による“PirateBox”というプロジェクトからヒントを得て作成されたものとのことです。

LibraryBox
http://jasongriffey.net/librarybox/

ソーシャルネットワークの世界地図:世界各国で使われているソーシャルネットワークは?

「ソーシャルネットワークの世界地図」の2012年6月版が公開されています。この地図は、国別に最も人気のあるソーシャルネットワークを示したものであり、今回の版では、137カ国が調査されています。国別に最も人気のあるSNSは、126カ国でFacebookとなっており、また少数のSNSへの集中が進んでいるとのことです。

なお、この地図は、AlexaとGoogle Trends for Websitesのトラフィックデータを分析し作成されたものです。

Ref.
World Map of Social Networks
http://vincos.it/world-map-of-social-networks/

ページ