データベース

韓国映像資料院、韓国映画データベースを公開

韓国映画を国家の文化遺産として収集する国立の機関、韓国映像資料院(KOFA)が、韓国映画データベースを一般公開しました。e-ラーニングサイトも3/6にオープンします。ゆくゆくは、デジタルアーカイブも目指すようです。http://www.kmdb.or.kr/(データベース)http://www.kofaschool.or.kr/(e-ラーニング…

韓国のポータルサイトNaver、統計・科学技術情報を提供

韓国の大手ポータルサイトNaverは2月から、統計庁・科学技術情報研究院(KISTI)といった公的機関と連携して、一般市民への情報提供サービスを行っています。統計については、統計庁が提供している2つのシステム、同庁所蔵統計を検索する「統計情報システム」(KOSIS)と、同庁以外の機関の…

韓国国立中央図書館、政策情報サービスを提供

韓国国立中央図書館が、政府部署及び機関の政策活動に必要な情報の支援と、一般国民への政策関連情報の提供の両方を目的とした政策情報サービスサイトを開設しています。政策関連の新刊案内、注目トピックの書誌・雑誌記事一覧、政策情報を提供している各機関のデータベースの紹介(リ…

レファ協の新着事例もRSS配信

デジタルアーカイブポータルの「お知らせ・更新情報」のコーナーで、レファレンス協同データベースの新着事例がRSSで配信されています。デジタルアーカイブポータル(ndldap)-お知らせ・更新情報-http://www.dap.ndl.go.jp/home/modules/xhld3/ちなみに、カレントアウェアネスやアジア情報機関ダイレクトリ…

オランダの科学技術情報ポータルサイトNARCIS

オランダのDAREプロジェクトが中心となって作成された、科学技術情報のポータルサイトNARCIS (National Academic Research and Collaborations Information System) のベータ版が公開されました。大学や研究機関の研究成果データベースや機関リポジトリ、データセット、ニュースなどが検索できるようです。NARCIS off…

ウェブを通じてe-ラーニング教材を販売

米国図書館協会(ALA)と東南フロリダ図書館情報ネットワーク(SEFLIN)は,1月20日から,大手教育用ソフトウェア会社Element Kのe-ラーニング教材1,500点以上をALA会員向けに販売すると発表しました。Element Kから提供される教材は,”Office Productivity”(Microsoft Officeやウェブブラウザなどのアプリケー…

オハイオ大学図書館のビジネス情報提供サイト

米国オハイオ大学図書館は、ビジネス情報を集めたウェブサイト”Ohio University Libraries Biz Wiki”の提供を開始しました。ビジネス関連の参考図書、データベース、ウェブサイトなどが紹介されているもので、名前のとおりWikiで作成されています。・http://www.library.ohiou.edu/subjects/bizwiki/index.php/Main_Page

カレントアウェアネス-E (70)

Current Awareness-E No.70 2005.11.16http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2005/E-70.html■E403■ 書籍デジタル化市場に続々参入■E404■ 韓国の電子本市場■E405■ JSTOR収録論文がWeb of Scienceから閲覧可能に■E406■ 中国国家図書館の業務改革■E407■ 中国図書館学会,ネットワーク環境での著作権に関する声明を発…

独Springer社、2006年から「Chinese Library of Science」を開始

独Springer社と中国の科学出版社(中国科学院の出版部門)、高等教育出版社(教育部の出版部門)が提携し、2006年から中国の36誌の全文データベース「Chinese Library of Science」を始めることが発表されました。利用者はオンラインからPDFフォーマットで購入できます。このうち、高等教育出版社の27…

ページ