データベース

E464 - BL,中小企業や起業家への支援を強化

英国図書館(BL)は3月9日,ロンドン市の経済・社会政策を担うロンドン開発庁からの100万ポンド(約2億円)の出資を元に,ビジネス・知財センター(BIPC;E377参照)の機能を強化したと発表した。同センターは主に,中小企業や新設の企業,起業家へのサービスを提供している。ビジネス,産業…

CA1513 - 動向レビュー:OAI-PMHをめぐる動向 / 尾城孝一

はじめにOAI-PMH(Open Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting)は,OAI(Open Archives Initiative)(1)が策定したメタデータ収集(メタデータ・ハーベスティング)のためのプロトコル(規約)である。2002年6月に第2版(2)(3)が公表されて以来,OAI-PMHを採用する機関,プロジェクトの数は上昇の一途をたど…

CA1509 - 米国教育省によるERIC改革案 / 永村恭代

米国教育省は,教育資源情報センター(Educational Resources Information Center:ERIC)の効率化・省力化を図るための改革案を発表した(E077参照)。ERICは,1966年に設立され,米国の教育関係分野の発展のため,教育に関する研究や情報の提供を行ってきた。米国教育省の国立教育図書館,クリアリング…

CA1421 - データベース検索システムの比較 / 西村大

様々な情報がデータベース化されるにともない,その検索についても多くの方法が考えられてきた。しかし再現率(データベース中から目的に合致するデータがどれだけヒットするかを示す指標で,高ければデータがヒットしやすく,検索漏れが少ないということである)を上げればノイズが増え…

CA1410 - 米国の公共図書館におけるデータベース利用状況 / 菊地祐子

商用データベースを提供する場合,図書館はプロバイダとライセンス契約を結ぶ必要があるが,通常,データベースの利用料金は,同時に何人のアクセスを許可するかによって決まる。したがって,人数の予想が正確にできれば無駄な料金を支払わなくて済むが,導入前に正確な予想を立てるの…

CA1358 - ノルウェーにおけるデータベースライセンスコンソーシアム / 菅原康栄

情報通信技術の進歩,特にインターネットの普及は,出版界に多大な影響を及ぼした。学術出版の分野においても,冊子体に代わり電子ジャーナルの数が急増しつつある。図書館等にとって,電子情報資源へのアクセスを確保するために,サービス提供機関(プロバイダ)とどのような使用契約を…

CA1313 - LISA,採録対象拡大 / 図書館研究所

バウカー・ザウア(Bowker-Saur)社は2000年1月,図書館情報学関係の抄録索引データベースLibrary and Information Science Abstracts(LISA)の採録対象を拡大すると発表した。追加されるのは次の4種類である。電子媒体でのみ発行されている関連分野の雑誌15タイトル,新規40タイトル以上の雑誌から選択的に採録さ…

CA1283 - オンライン電子ジャーナル・サービスの比較評価 / 福島寿男

多数の雑誌をパッケージした図書館向けオンライン電子ジャーナル・サービスが増加している。そのなかからどのような基準でサービスを選択するか,また電子化フルテキストはプリント版と同じ(欠落がない)か,という観点からロード・アイランド州大学図書館コンソーシアム(HELIN)のブ…

CA1277 - データベースの検索エラー / 石氏将之

近年,図書館における検索ツールは,従来の冊子体やカードによる検索からオンライン閲覧目録(Online Public Access Catalog: OPAC)やデータベースによる機械検索へと移行しつつある。OPACはその名の通り,利用者が介助なしに検索できる書誌・目録検索システムである。図書館としては当然のことな…

CA1248 - オンライン総合目録における書誌レコードの同定方法 / 大柴忠彦

CURL(Consortium of University Research Libraries)はオックスフォード,ケンブリッジ,ロンドン,エジンバラ,トリニティ・カレッジ(ダブリン)といったイギリスとアイルランドの大学図書館の協力組織で,COPAC(CURL OPAC)はCURLが提供する総合目録データベースである。1999年3月現在で12館のデータを含…

ページ