データベース

バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)の「生命科学データベース横断検索」、検索対象に9件のデータベースを追加

2019年3月12日、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が、「生命科学データベース横断検索」から、新たなデータベースが検索できるようになったと発表しています。

「小児慢性特定疾病情報センター」「国立循環器病研究センター 研究」「国立がん研究センターがん情報サービス」「国立がん研究センターがん情報サービス」「e-免疫.com」「循環器トライアルデータベース」「CiRA 研究活動」「広島大学デジタル自然史博物館(広島大学所蔵コケ標本データベース)」「RESOPS」「PSCDB」の9件です。

【横断検索】「生命科学データベース横断検索」から9件のDBが追加で検索できるようになりました。 (NBDC,2019/3/12)
https://biosciencedbc.jp/about-us/nbdc-news/1104-20190312-02

国文学研究資料館、新日本古典籍総合データベースの画像ビューアーに新機能を追加

2019年3月12日、国文学研究資料館は、新日本古典籍総合データベースの画像ビューアーに新機能を追加したことを発表しました。

画像ビューワーの変更内容は次のとおりです。

・ページ送りが、和書の様式に合わせて「右→左」に変更
・サムネイル表示が、ページ送りと合わせて「右→左」に変更
・閲覧するページ(コマ)を指定できるジャンプ機能が追加

新日本古典籍総合データベースのビューアがより見やすく!(国文学研究資料館, 2019/3/12)[PDF:1ページ]
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20190312_dbkaisyu.pdf

参考:
E1992 - 古典籍画像を見るなら,新日本古典籍総合データベース!
カレントアウェアネス-E No.341 2018.02.08
http://current.ndl.go.jp/e1992

米国著作権局、コンセプト実証中の仮想カード目録(VCC)に1870年から1954年までのカード画像を追加

2019年3月6日、米国著作権局が、コンセプト実証(proof of concept)を行なっている仮想カード目録(VCC)に、著作権登録、著作権譲渡、ペンネームファイル等といった情報を含む、1870年から1954年までの2,400枚を超すカードの画像を追加したと発表しています。

今回の追加により1870年から1977年までの4,100万枚を超すカードの画像が検索対象となりました。

Copyright Office Adds 24 Million Images to Virtual Card Catalog Proof of Concept(U.S. Copyright Office,2019/3/6)
https://www.copyright.gov/newsnet/2019/751.html

VIRTUAL CARD CATALOG
https://vcc.copyright.gov/

米国国立医学図書館(NLM)、PubMedの更新版を“PubMed Labs”で公開

2019年3月4日、米国国立医学図書館(NLM)が、生物医学分野の文献の増大に対応するための検索品質等の向上を目指して作業中のPubMedの更新版を“PubMed Labs”のプラットフォーム上で公開したと発表しています。

機械学習アルゴリズムに基づく新しいソート機能“Best Match”、検索結果画面におけるスニペット表示、レスポンシブデザインの採用、Solr・MongoDB・Djangoといった技術の採用、利用者主導型の開発、といった特徴が紹介されています。

An Updated PubMed Is on Its Way. NLM Tech Bull. 2019 Mar-Apr;(427):e1.
https://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/ma19/ma19_pubmed_update.html

東京大学史料編纂所、所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開

2019年2月28日、東京大学史料編纂所が、所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開したと発表しています。

「三上参次関係史料」は、1989年に寄贈された東京帝国大学文科大学教授の三上参次に関する資料群です。

同史料には、『楽翁公伝』を執筆した渋沢栄一に提供するためと思われる松平定信関係の史料や渋沢との間の書簡、同氏が務めた史料編纂掛に関する史料、臨時帝室編修官長時代の史料、などが含まれ、明治期から大正期の史学史を検討する上でも貴重な史料群と説明されています。

東京大学史料編纂所 今年度のニュース&トピックス
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/news/news-j.html
※2019/02/28欄に「所蔵史料目録データベースにて、特殊蒐書「三上参次関係史料」の情報を公開いたしました。」とあります。

国文学研究資料館、宮内庁書陵部所蔵の近世宮中儀式に関する資料等を公開

2019年2月25日、国文学研究資料館は、宮内庁書陵部所蔵の近世宮中儀式に関する資料等42点を日本古典籍総合データベースで公開しました。今回登録された資料には、光格天皇の「御譲位並御即位記」や、宮内庁書陵部の孤本「とはすかたり」が含まれています。

プレスリリースでは、今回公開された資料は「書陵部所蔵資料目録・画像公開システム」でも順次公開するとしています。

光格天皇「御譲位並御即位記」など、近世宮中儀式に 関する貴重な資料(宮内庁書陵部所蔵)をデジタル公開(国文学研究資料館,2019/2/25)[PDF:3ページ]
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20190225_release.pdf

新日本古典籍総合データベース
http://kotenseki.nijl.ac.jp/

お茶の水女子大学、「国立大学法人 お茶の水女子大学附属学校園 教材・論文データベース」を公開

2019年2月25日、お茶の水女子大学は、同学および同学附属校・園(幼稚園、小学校、中学校、高等学校)が開発・実践した教育コンテンツを収録する「国立大学法人 お茶の水女子大学附属学校園 教材・論文データベース」を公開しました。

同データベースには公開時点で300件程度のデータが登録されており、校種・対象学年、教科・単元、フリーワード等で検索可能です。データベースに登録されたコンテンツを用いて、他校が授業を行った際の活用事例も登録されています。

「附属学校園 教材・論文データベース」公開(お茶の水女子大学,2019/2/25)
http://www.ocha.ac.jp/news/20190225.html

国立大学法人 お茶の水女子大学附属学校園 教材・論文データベース
https://kyozai-db.fz.ocha.ac.jp/

ジャマイカ国立図書館での「デジタルレゲエフィルムアーカイブ」の作成準備の開始が発表される

ジャマイカの文化・ジェンダー・娯楽・スポーツ担当大臣(Minister of Culture, Gender, Entertainment and Sport)が、2019年2月15日に開催されたレゲエ映画のイベントにおいて、ジャマイカ国立図書館において、データベース「デジタルレゲエフィルムアーカイブ(Digital Reggae Film Archive)」の作成準備を開始することを発表しています。

映像面においてレゲエがあまり言及されない原因として、多くの映像が世界中のアーカイブや私的コレクションとして散在しているため、アクセスが困難かつ費用がかかることを指摘し、音楽自体や作曲家を適切に評価・理解するためにも、音楽と同様映像も記録化し保存する必要があるとして作成されるものです。

データベース作成のため、2008年から2013年に開催されたレゲエ映画祭で集められた200本以上の映画が、同映画祭の主催者から寄付されることも発表されています。

文化庁、2019年度のメディア芸術アーカイブ推進支援事業の募集要項を発表

2019年1月30日、文化庁は、「2019年度文化芸術振興費補助金メディア芸術アーカイブ推進支援事業」の補助対象となる団体の募集要項を発表しました。

同事業は、国内の優れたメディア芸術作品や、散逸・劣化などの危険性が高いメディア芸術作品の保存及びその活用等を支援することにより、日本のメディア芸術の振興に資することを目的としています。同事業における「メディア芸術」は、デジタル技術を用いて作られたアート(インタラクティブアート、インスタレーション、映像等)、アニメーション・特撮、マンガ及びゲームを指します。

同事業で整備されたデータは、2019年度末より公開予定の文化庁が運営するメディア芸術データベース(正式版)への登録が予定されています

新着情報一覧(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/whats_new.html
※「2019年1月30日 2019年度文化芸術振興費補助金メディア芸術アーカイブ推進支援事業の募集」とあります。

日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム、脚本データベースの英語版を公開

一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムは、現在までに収集した脚本・台本の書誌データを一覧・検索できる「脚本データベース」について、英語版の公開を発表しています。

タイトル、氏名はローマ字で表示されています。一部、読み仮名の不明な氏名など日本語で表示されているものの、調査を進め更新するとしています。また、今後は作品情報としてあらすじなどを順次公開する予定とあります。

一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム
https://www.nkac.jp/
※ニュース欄に「脚本データベースの英語版公開 NEW」とあります。

脚本データベース(英語版)
http://db.nkac.or.jp/top.htm?langId=en

ページ