データベース

博士論文データベース“American Doctoral Dissertations™” 収録タイトルの追加を発表

2016年11月17日、EBSCO社、OhioLINK、H.W. Wilson Foundation、Congregational Library & Archivesが無料でオンラインで公開している博士論文のデータベース“American Doctoral Dissertations™ ”に、1902年から現在までの8万点の博士論文の情報や可能な場合はフルテキストへのリンクが追加され、これにより17万2千点以上の博士論文が同データベースから利用可能になったと発表されています。

American Doctoral Dissertations™ Now Includes Access to Full Text and Expanded Coverage of 20th Century~Enhanced Free Resource Includes 80,000 New Citations from 1902 to Present and Links to Full Text When Available~(EBSCO,2016/11/17)

CiNii Books、11月9日で5周年

国立情報学研究所(NII)が運営する、全国の大学図書館等が所蔵する本(図書や雑誌等)の情報を検索できるサービス“CiNii Books - 大学図書館の本をさがす”は、2016年11月9日で公開から5周年を迎えました。

これに伴い、CiNii Booksのトップページのロゴが変更されています。

Twitter(@cinii_jp、2016/11/8)
https://twitter.com/cinii_jp/status/796004594962731009

CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/books/

参考:
国立情報学研究所(NII)、大学図書館所蔵資料を検索できるCiNii Booksを公開
Posted 2011年11月9日
http://current.ndl.go.jp/node/19478

CiNii Books、HathiTrust Digital Libraryとの連携機能を追加
Posted 2016年11月4日
http://current.ndl.go.jp/node/32867

国立情報学研究所(NII)、2015年度のCiNiiのサービスに関するアンケート結果を公開
Posted 2016年9月27日

CiNii Books、HathiTrust Digital Libraryとの連携機能を追加

2016年11月2日、国立情報学研究所(NII)は、CiNii Booksに、HathiTrust Digital Libraryとの連携機能を追加したと発表しています。

HathiTrust Digital Libraryの電子リソースのうち、CiNii Booksと紐づけられた約28万件のデータへのリンクがCiNii Booksの検索結果画面に表示され、本文へ直接アクセスして閲覧することが可能となっています。

CiNii Booksに新機能/米HathiTrust Digital Libraryと連携/電子版の本文データへの直接アクセスが可能に(NII,2016/11/2)
http://www.nii.ac.jp/news/2016/1102/

ニュースリリース
http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20161102.pdf

レファレンス協同データベース、遡及入力支援キャンペーン「レファレンス記録の遡及入力支援―掘り出せ!図書館埋蔵金キャンペーン」を実施

国立国会図書館のレファレンス協同データベース事務局は、未登録のレファレンス記録の遡及入力支援キャンペーンを行います。

募集期間は2016年10月14日~12月16日です。先着10館ですが、レファ協への参加時に事務局が案内したExcelのレファレンス記録票で入力されたものは、申込みが10館に達していても最終日まで受け付けます。

レファレンス協同データベース事務局は、預かったデータをレファ協標準フォーマットに変換して、「自館のみ参照」で登録します。作業期間は2017年3月末までの想定です。

過去に事務局が遡及入力支援した分は御礼状の対象外でしたが、今回は御礼状の対象となります。

レファレンス記録の遡及入力支援―掘り出せ!図書館埋蔵金キャンペーン(レファレンス協同データベース事業、2016/10/14)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/sokyu.html

【イベント】アート・ドキュメンテーション学会 第9回秋季研究集会&第65回見学会

2016年11月3日10時30分から16時45分まで、東京都写真美術館で、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)第9回秋季研究集会及び東京都写真美術館リニューアル・オープン記念写真展「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展の見学会が開催されます。プログラムは、以下7件の研究発表とレクチャー、見学会で構成されています。

参加費は、資料代含・懇親会費別で会員1,500円、非会員2,000円です。定員は180名で、申込締切は10月31日です。

・合同会社AMANE・上田 啓未氏
「金沢市教育プラザ所蔵のフィルム資料について」
・東京工業大学博物館・阿児雄之氏、東京藝術大学芸術情報センター・嘉村哲郎氏/小林美貴氏
「ICOM Milano 2016 参加報告」
・九州国立博物館・竹内俊貴氏
「九州国立博物館における文化財情報システムの活用」
・国立民族学博物館・丸川雄三氏
「文化遺産オンラインにおける制作者情報の統合研究」
・関西大学・研谷紀夫氏
「電子書籍と映像を用いた写真原板に関するリサーチプロファイルの作成―西園寺公望・小泉策太郎関係写真資料を中心に-」
・NHK放送文化研究所・島田匠子氏
「放送関連資料のデジタル・アーカイブの試み~「放送文化アーカイブ」の現状と課題~」
・東京工業大学博物館・阿児雄之氏

レファレンス協同データベース、ツイッターのフォロワーが20,000人を突破:ウェブサイトで「Twitter20,000フォロー記念☆れはっちと振り返るツイートあれこれ」を掲載

レファレンス協同データベースでは、2010年4月にTwitter公式アカウント(@crd_tweet)を開設しましたが、2016年10月に、フォロワー数が20,000を超えました。このアカウントでは、事業に関するイベント情報や、レファレンス協同データベースに登録された事例などを紹介しています。

記念ページには、2014年9月から2016年8月までの期間に多くリツイートされた事例や、ツイッター経由で情報提供を受けた事例が紹介されています。

Twitter (@crd_tweet)
https://twitter.com/crd_tweet

☆お知らせ☆ 今週、フォロワーさんが2万人を超えました!! 
https://twitter.com/crd_tweet/status/784208781336911872

Twitter20,000フォロー記念☆れはっちと振り返るツイートあれこれ
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/column_h28_01_twitter.html

参考:
レファレンス協同データベース、ツイッターのフォロワーが10,000人を突破:ウェブサイトで「れはっちと振り返る名ツイート」を掲載
Posted 2014年8月22日

医学中央雑誌刊行会、医中誌Web収録の大隅良典東京工業大学栄誉教授の文献リストを公開

2016年10月5日、医学中央雑誌刊行会が、医中誌Webに収録されている、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典東京工業大学栄誉教授の文献リストを公開しています。

大隅教授が筆頭著者である文献情報 27件 (内訳:原著論文 2、会議録(学会抄録) 14、総説 1、解説的記事 10) を新しい順に掲載しています。

掲載情報についての転載等は自由と説明されています。

●大隅良典東京工業大学栄誉教授の医中誌収録文献(医学中央雑誌刊行,2016/10/5)
http://www.jamas.or.jp/news/20161005_ohsumilist.html

参考:
ノーベル医学生理学賞の受賞を記念して、Wiley社が、大隅良典・東京工業大学栄誉教授のノーベル財団が引用した論文4報を無料公開中
Posted 2016年10月4日
http://current.ndl.go.jp/node/32664

NII-JUSTICE共同購入コンソーシアム、Early English Books Online(EEBO)を採択

2016年10月5日、ProQuest社が提供するEarly English Books Online(EEBO)が、国立情報学研究所(NII)と大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)による共同購入コンソーシアムに採択されたと発表されました。

これによりEEBOは、NIIが運用する電子リソースリポジトリNII-REOに搭載されるとともに、JUSTICE加盟館は、通常価格から大幅に割引されたコンソーシアム特別価格で導入することができるとのことです。

採択に伴い、ProQuest日本支社と株式会社紀伊國屋書店共催で、東京(10/5)と大阪(10/7)に於いてイベントが行われます。

日本国内の人文社会科学リソースの強化にProQuestのEarly English Books Onlineが採択―1473年から1700年に出版された初期英語書籍のオンラインデータベースが日本国内の大学で利用可能に―(ProQuest International News、2016/10/4)

法制執務業務支援システム(e-LAWS)の本格運用が各府省で開始

2016年10月3日、総務省の法制執務業務支援システム(e-LAWS)の本格運用が各府省で開始されます。

総務省によると、これは日本で初めて、政府が自ら責任をもって正確性を担保・認証した法令のデータベースです。
2017年度早期には、約4,000本のすべての法律・政令が、電子政府の総合窓口e-Govで容易に検索・閲覧・利用できるようになり、二次利用しやすいXML形式での提供が行なわれるとのことです。

法制執務業務支援システム(e-LAWS)の本格運用開始に際しての総務大臣談話(総務省, 2016/9/30)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyokan01_02000052.html

(参考)法制執務業務支援システム(e-LAWS)の概要(PDF: 1ページ)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000441588.pdf

関連:
国家公務員の女性活躍とワークライフバランス推進のための取組指針(PDF: 17ページ)
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/w_lifebalance/pdf/kettei_honbun_h280128.pdf

参考:

地域経済分析システム“RESAS”、新たなマップを追加し「全産業花火図」の一部も一般公開

2016年9月30日、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局と内閣府地方創成推進室及び経済産業省は、地域経済分析システム“RESAS”に新たなマップを追加するとともに、これまで地方公共団体職員のみ閲覧可能であった「全産業花火図」の一部も一般公開したと発表しています。

地域経済分析システム(RESAS)の新しいマップのリリースについて【平成28年度開発1次リリース】(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局/内閣府地方創成推進室,2016/9/30)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/h28-09-30-press_h28-ver1.pdf

地域経済分析システム(RESAS)の新しいマップをリリースします~平成28年度開発1次リリース~(経済産業省,2016/9/30)
http://www.meti.go.jp/press/2016/09/20160930002/20160930002.html

参考:
内閣官房と経済産業省、地域経済分析システム“RESAS”のマップ機能拡充と、RESASを使用した分析などについて意見交換等が可能なSNSサイト“RESAS COMMUNITY”開設について発表
Posted 2015年9月14日

ページ