ケニア

EIFL、ケニアの公共図書館サービス向上のため、デジタルリテラシーの研修プログラムを実施

2014年11月27日、図書館を通じた情報へのアクセス向上に取り組んでいる国際的な非営利組織“Electronic Information for Libraries(EIFL)”が、そのEIFL-PLIP(公共図書館イノベーションプログラム)の一環として、ケニア国立図書館サービス(Kenya National Library Service)と協力して行う研修プログラムの実施について発表しています。

ケニアの公共図書館が、住民のニーズにあったサービスを提供できるよう、デジタル情報リテラシー能力の向上を目指すものとのことです。研修プログラムの第1モジュールは、実務的なICTと高度なデジタルリテラシーに焦点をあて、2014年11月10日に、30名の図書館員を対象に行われたとのことです。第2、第3モジュールはEIFLがユネスコからの助成を受けて行われるとのことです。第4モジュールまで予定されており、2015年5月にプログラムが完了する予定とのことです。

EIFLは同様の取組みを、2014年からガーナとウガンダでも行っており、今回のプログラムは3件目となるとのことです。

EIFL launches major library training initiative in Kenya(EIFL, 2014/11/27)

EIFL、キベラ(ケニア)における教育支援についての動画を公開

EIFLが、EIFL-PLIP(公共図書館イノベーションプログラム)の一環で行った、ケニアのキベラ(スラム)の子どもの教育支援に関し、動画を公開しています。Kenya National Library Serviceの分館であるKibera Public Libraryでの活動を取り上げたもので、同館では、助成金により、7台のタブレットが提供され、また教育プログラムの設計が行われたそうです。

VIDEO: Library uses tablet computers to support education in Kibera(EIFL, 2014/8/1付け)
http://www.eifl.net/news/video-library-uses-tablet-computers-support-e

動画
http://vimeo.com/99122728
※約4分。

Kenya National Library Service
Impact Assessment Results
Library tablet computers help slum school children
http://www.eifl.net/kenya-national-library-service#node-2713

参考:

E1212 - 知識が動かす地域社会を目指して 学習へのアクセス賞2011

E1212 - 知識が動かす地域社会を目指して 学習へのアクセス賞2011

2011年8月16日,毎年恒例のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団による2011年の「学習へのアクセス賞」(E827E968E1089参照)が,東アフリカの住民にインターネットへのアクセス環境等を提供している国際NGO「乾燥地域情報ネットワーク」(Arid Lands Information Network:ALIN)に贈られた。同賞は,コンピュータやインターネットを通じて人々と情報を結びつけるための革新的な努力を行っている米国外の公共図書館や関連施設を表彰するもので,受賞団体には賞金として100万ドルが贈られる。また,今回は財団のパートナーであるマイクロソフト社から,ALINが地域コミュニティを支援するのに役立つソフトや技術指導等,約27万ドル相当の支援が行われる。...

2011年の「学習へのアクセス賞」、受賞団体が発表される

米国のビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が毎年発表している「学習へのアクセス賞」の2011年の受賞団体が決定したようです。受賞したのは、東アフリカのケニアやウガンダ、タンザニア等の乾燥地域で、孤立している集落の住民に対し、インターネットへのアクセス環境を提供している“Arid Lands Information Network”(ALIN)という団体のようです。ALINはそれらの地域に12のアクセスセンターを開設し、住民はインターネットを利用することで、医療情報を入手したり、生活環境の改善に役立ててたりしているようです。

ALIN Awarded 2011 Access to Learning Award by Bill & Melinda Gates Foundation (Arid Lands Information Networkのニュース)
http://www.alin.or.ke/i/ALIN%20Awarded%202011%20Access%20to%20Learning%20Award%20by%20Bill%20&%20Melinda%20Gates%20Foundation

ケニアの政府機関のデータを公開するサイト“opendata.go.ke”

ケニアが政府機関のデータを公開するポータルサイト“opendata.go.ke”を立ち上げました。現在、2009年国勢調査や国家予算などを含む160以上のデータセットが収録されており、これらのデータは商用・非商用を問わず誰でも無料で使えるそうです。このサイトは、米国政府の“DATA.gov”などの開発にも関わっている米シアトルのSocrata社のシステムを利用しており、Socrata Open Data APIを通じてデータを利用できるとのことです。なお、Google Public Policy Blogの記事によると、アフリカの国家で政府機関のデータを制約なしに公開したのはケニアが初だとのことです。

KENYA openData
http://opendata.go.ke/

Kenya Launches Socrata-powered Open Data Site (Socrata 2011/7/8付けプレスリリース)
http://www.socrata.com/newsroom/press-releases/kenya-launches-socrata-powered-open-data-site/

対立の融和に貢献する教会内図書館(ケニア)

ケニアでは2007年12月末の大統領選挙後に、党派・民族の激しい対立が発生しました。その傷跡が今も残る荒廃した地域において、教会内に設置された図書館が、子ども、成人の読書支援のみならず、対立の融和にも貢献していることを紹介する記事が、ケニアの英字紙“Standard”に掲載されています。本を借りる場合には運営助成金として成人は月額30シリング(約36円)、子どもは月額10シリング(約12円)を支払うシステムになっていること、縁のある米国の出版デザイナーが米国内でファンドレイジングをするなどして資料・資金面で支援をしていること、利用者のボランティアベースで図書館内で学校も開かれており、貧困家庭の子どもは無料で授業を受けられること、今後運営がうまく行けば、ICTのトレーニングも行う予定であることなどが紹介されています。

ページ