デジタル化

【イベント】「国際アーカイブズ週間」記念講演会(6/6・東京)

2019年6月6日、ベルサール九段(東京都千代田区)において、「国際アーカイブズ週間」記念講演会が開催されます。

定員は40名(先着順)であり、電子メールによる事前申込みが必要です。
プログラムの内容は次のとおりです。

講演1:三谷太一郎氏(東京大学名誉教授、日本学士院会員)
「立法資料的観点から見た枢密院会議議事録-国立公文書館での経験から-」

講演2:波多野澄雄氏(国立公文書館アジア歴史資料センター長)
「デジタルアーカイヴの進化と歴史研究の行方」

講演3:川島真氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)
「東アジアの公文書館をとりまく状況-保存・公開・デジタル化の日中台比較」

「国際アーカイブズ週間」記念講演会のご案内(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/news/20190517.html

米国議会図書館(LC)、“Chronicling America”で公開されている歴史的な新聞が1,500万ページを突破したと発表

2019年5月21日、米国議会図書館(LC)が、同国の歴史的な新聞のデジタルアーカイブ“Chronicling America”で公開されている新聞のページ数が1,500万ページを突破したと発表しています。

現在、“Chronicling America”では、46の州、プエルトリコ、コロンビア特別区からの2,800紙のデータが公開されています。

1,500万ページ達成を記念して、ハッシュタグ“#15Millionpages”“#ChronAmParty”をつけて、搭載されているページの中から、面白いものや歴史的な重要なものを紹介しているほか、デジタル化された新聞で利用可能な多様なコンテンツを示す、インタラクティブな視覚化データセット“Chronicling America Data Visualizations”も公開されています。

【イベント】シンポジウム「地域コミュニティのメディアテーク」(5/25・東京)

2019年5月25日、国立情報学研究所学術総合センター(東京都千代田区)において、シンポジウム「地域コミュニティのメディアテーク」が開催されます。

国立民族学博物館を中心とする「地域研究に関する学術写真・動画資料情報の統合と高度化」プロジェクト(略称DiPLAS)の関連企画であり、個人が撮影した写真を地域デジタルアーカイブとして蓄積することの意義を考えるシンポジウムです。

入場無料、定員100名(先着順)であり、事前申し込みが必要です。
主なプログラムは次のとおりです。

・発表1「研究者と地域住民は、日常生活の何を写し何を写さないのか?」
原田健一氏(新潟大学/DiPLAS研究支援協力者)

・発表2「地域の博物館や図書館などは「地方(じかた)写真」の拠点たりえるか?」
福島幸宏氏(東京大学大学院/DiPLAS研究支援協力者)

・発表3「地域研究写真のデジタル化・データベース化と研究への活用──DiPLASプロジェクトの経験」
石山俊氏(国立民族学博物館/DiPLAS技術支援員)

・総合討論

米国議会図書館、100年以上前に出版された児童書の古典的作品67点をオンラインで公開:児童書週間100周年を記念して

2019年4月29日、米国議会図書館(LC)は、児童書週間(Children's Book Week)100周年を記念して、同館所蔵の100年以上前に出版された児童書の古典的作品67点の画像をデジタルコレクション“Children's Book Selections”においてオンライン公開したと発表しています。

“Children's Book Selections”には、「ハンプティ・ダンプティ」や「赤ずきん」等、米国及び英国で1923年以前に出版された児童書が含まれますが、それらはすでに著作権の保護対象ではなく、自由に読み、共有できるものであるとしています。

同じく2019年4月29日に、今回のコレクション公開と児童書週間の周知広報のため、“Children's Book Selections”から選ばれた20冊をワシントンD.C.の児童書作家らが朗読するイベントがLCのYoung Readers Centerで開催されており、当日の様子がYouTube上で公開されています。

米国議会図書館、所蔵する中国の貴重書1,000点余りの画像をオンラインで公開:台湾国家図書館との協力事業によりデジタル化

2019年5月6日、米国議会図書館(LC)は、同館のアジア部が所蔵する中国の貴重書1,000点余りの画像をデジタルコレクション“Chinese Rare Book Digital Collection”においてオンライン公開したと発表しています。

公開された貴重書の大部分は明代・清代のものですが、宋代・元代のものも30点近く含まれているとあります。“Chinese Rare Book Digital Collection”のコレクション紹介ページの記載によれば、アジア部が所蔵する約5,300点の資料から計2,000点近くを公開する予定であり、今後資料の追加公開を行うとしています。

台湾国家図書館との協力事業によりデジタル化されたものであり、台湾国家図書館も2019年5月9日付けで今回の公開に関するプレスリリースを出しています。その中では、2005年から2012年にかけてLCと同館が協力して行ったデジタル化事業の成果であること、すでに同館の古典籍データベース「古籍與特藏文獻資源系統」でも収録・提供されていることが紹介されています。

米国議会図書館(LC)、AP通信ワシントン支局が1915年から1930年の間に配信したニュース記事をデジタル化して公開

2019年5月15日、米国議会図書館(LC)は、AP通信ワシントン支局が1915年から1930年の間に配信したニュース記事をデジタル化して公開したと発表しています。

1944年にワシントン支局からLCに寄贈されたもので、375巻分の総計38万7,000点以上のデジタル化画像が公開されました。

ルシタニア号の沈没事件、第1次世界大戦、女性参政権、リンドバーグによる大西洋単独無着陸飛行、ウォール街の株価大暴落を報じるニュースが含まれています。

News Dispatches from The Associated Press from 1915 to 1930 Now Online (LC,2019/5/15)
https://www.loc.gov/item/prn-19-053/

豊橋市図書館(愛知県)、2019年6月1日に「とよはしアーカイブ」を公開:公開記念講演会及びシンポジウム「近代図書館の先駆け-羽田八幡宮文庫」を開催

愛知県の豊橋市図書館が、2019年6月1日に、デジタル化した和装本・絵図・地図・写真等を搭載した「とよはしアーカイブ」を公開すると発表しています。

公開を記念し、同館を会場に、6月2日と6月8日には講演会が、6月18日にはシンポジウム「近代図書館の先駆け-羽田八幡宮文庫」が開催されます。参加は無料ですが事前の申込が必要です(申込多数の場合は抽選)。

独・De Gruyter社、創設270周年を記念し、創設以来の既刊本から選んだ図書270冊を毎月27冊ずつ10か月間をかけてオープンアクセス(OA)化

2019年5月2日、独・De Gruyter社が、創設270周年を記念し、創設以来の既刊本の完全デジタル化事業“De Gruyter Book Archive” (DGBA)に基づき、図書270冊を、毎月27冊ずつ、フランクフルト・ブックフェア2019までの10か月間をかけてオープンアクセス(OA)化すると発表しました。

270 treasures from De Gruyter Book Archive made open access (De Gruyter,2019/5/2)
https://www.degruyter.com/dg/newsitem/332/270-jahre-verlagsgeschichte-270-schtze-aus-dem-archiv-werden-open-access

秋田大学附属図書館、「秋田大学貴重資料デジタルギャラリー」を公開

2019年5月14日、秋田大学附属図書館が、「秋田大学貴重資料デジタルギャラリー」を公開しました。

同館が所蔵する貴重資料「シェイクスピアコレクション」「冷泉為秀筆本詠歌一体」「伊勢物語闕疑抄」を高精細画像で閲覧することができます。

お知らせ(秋田大学附属図書館)
http://www.lib.akita-u.ac.jp/top/?q=ja/news
※「「秋田大学貴重資料デジタルギャラリー」を公開しました 2019/05/14(火) 08:30」とあります。

秋田大学貴重資料デジタルギャラリー
https://archive.keiyou.jp/akitaunivrare/

東京文化財研究所、「売立目録デジタル・アーカイブ」を資料閲覧室の専用端末で公開

2019年5月8日、東京文化財研究所が、「売立目録デジタル・アーカイブ」の公開を発表しました。

売立目録は、個人・名家の所蔵品等を決まった期日中に売立会で売却するために作成・配布された冊子で、売却される美術品の名称・形態・写真などが掲載されていることから、美術品の伝来や流通を考えるうえで重要な資料です。同研究所では、明治時代後期から昭和時代までに発行された合計2,532冊の売立目録を所蔵しています。

同研究所所蔵の売立目録には保存状態が悪い原本も多いことから、2015年から東京美術倶楽部と共同でデジタル化事業を開始し、今回公開されたものです。

同研究所資料閲覧室の専用端末での利用が可能で、各種情報や画像も有償で印刷することができます。

更新履歴(東文研)
https://www.tobunken.go.jp/japanese/update.html
※5/8欄に「売立目録デジタル・アーカイブ 公開のお知らせ」とあります。

ページ