デジタル化

米国議会図書館(LC)、クラウドソーシングのためのプラットフォームCROWD(BETA)を公開

2018年10月24日、米国議会図書館(LC)が、クラウドソーシングのためのプラットフォームCROWD(BETA)を公開しました。

LCが所蔵している歴史的資料のデジタル画像を、クラウドソーシングによるテキスト化等を行なうことで、検索性や読みやすさを向上させることが目的です。視覚障害者が用いるスクリンリーダーとの互換性もあると説明されています。

現在、テキスト化等の対象となっているのは、リンカーン大統領やメアリー・チャーチ・テレルの文書、クララ・バートンの日記、ブランチ・リッキーによる野球選手の評価レポート、南北戦争で障害を負った退役軍人の回顧録です。そのうち、リンカーン大統領文書のテキスト化に関する“ Letters to Lincoln Challenge”では、2018年末までの1万点の画像のテキスト化完了が呼びかけられています。11月19日には、同事業の推進のため、リンカーン大統領によるゲティスバーグ演説から155年を祝うイベントが開催されます。

今後、ローザ・パークス、女性参政権運動、南北戦争の退役軍人、米国の詩人、米国の精神医学史に関する文書の追加が予定されています。

あわせて、クラウドソーシングのためのソフトウェアもGitHub上でオープンソースとして公開されています。

国立公文書館、デジタル展示『明治の学び』を公開

国立公文書館が、デジタル展示『明治の学び』を公開しました。

明治時代の教育に関する法令や制度、小学校で使われた教材など、さまざまな「学び」を紹介するもので、同館の2014年度第4回企画展「明治の学び」を再構成したものです。

国立公文書館 お知らせ
http://www.archives.go.jp/
※「デジタル展示『明治の学び』を公開いたしましたnew」とあります。

デジタル展示『明治の学び』を公開いたしました(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/news/20181024152954.html

デジタル展示『明治の学び』
http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/meiji/index.html

E2068 - 日本学多巻資料の総目次・索引電子化プロジェクト

「日本学多巻資料の総目次・索引電子化プロジェクト」は,北米で所蔵している多巻資料(全集,雑誌などの復刻版やマイクロフィルムなど)約150セット分の索引や総目次を電子化したプロジェクトである。データは米・ワシントン大学図書館のリポジトリResearchWorksに収録し,セット毎のURIを各多巻資料のOCLC書誌データに加えた。OCLC書誌データはWorldCatで世界中どこからでも見ることができるので,電子化対象にした多巻資料の索引や総目次は日本の図書館や研究者にも利用してもらうことが可能である。

E2069 - Code4Lib JAPANカンファレンス2018,長野にて開催<報告>

2018年9月1日から2日にかけて,県立長野図書館にて「Code4Lib JAPANカンファレンス2018」が開催された。6度目の開催(E1964ほか参照)である今回は,90人が参加し,2015年の東京開催に次ぐ参加者数となった。2件の基調講演のほか,口頭発表11件,ライトニングトーク12件が行われた。本稿では,開催概要や印象に残った発表の一部を紹介し,報告としたい。

国家デジタル管理連盟(NDSA)による2018年の「デジタル管理イノベーション賞」の受賞者が発表

2018年10月17日、米国の国家デジタル管理連盟(National Digital Stewardship Alliance:NDSA)が授賞する2018年の「デジタル管理イノベーション賞」について、その受賞者が発表されました。

個人賞、機関賞など5つの賞が発表されており、個人賞はボーン・デジタルのニュースの保存に取り組むJournalism Digital News Archive (JDNA)の設立者であるGeorge Edward McCain氏、機関賞は米国・テキサス州の学術図書館等のコンソーシアムであるTexas Digital Libraryが受賞しています。

Announcing the 2018 NDSA Award Winners(NDSA, 2018/10/17)
https://ndsa.org/2018/10/17/announcing-the-2018-ndsa-award-winners.html

團藤重光文庫プロジェクト、デジタル・アーカイブ事業を開始

2018年10月15日、龍谷大学は、同大学の團藤重光文庫プロジェクトがデジタル・アーカイブ事業を開始し、まず「蒙古聯合自治政府に関する資料」を公開したことを発表しています。

團藤重光氏は東京大学法学部教授や最高裁判所判事を務めた法学者で、同氏の旧蔵資料は龍谷大学に寄贈され、現在は同大学矯正・保護総合センターが所蔵しています。

團藤文庫PJデジタル・アーカイブ事業を開始(龍谷大学, 2018/10/15)
http://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-2545.html

團藤文庫研究プロジェクトについて(龍谷大学)
http://rcrc.ryukoku.ac.jp/dandoubunko/index.html

米・スタンフォード大学図書館及び同大学カンターアートセンター、アンディ・ウォーホルが撮影した写真アーカイブをオンラインで公開

2018年10月12日、米・スタンフォード大学図書館と同大学カンターアートセンターが協力し、アンディ・ウォーホルの写真アーカイブをオンラインで公開しました。

カンターアートセンターが2014年にアンディ・ウォーホル財団から購入した、アンディ・ウォーホルが35ミリカメラで撮影したコンタクトシート(写真の縮小版一覧)3,600点からの13万点の白黒写真を公開したものです。

公開に当たって、各写真には、アンディ・ウォーホルの日記や新聞記事に基づいて、撮影対象や時期・場所等の情報が記述されています。

デジタル化された写真は、図書館の検索ポータルサイトSearchWorksや電子展示会Spotlight及びカンターアートセンターのウェブサイトから閲覧できます。

トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館(アイルランド)、同館所蔵のオスカー・ワイルドコレクションをオンラインで公開

2018年10月17日、アイルランドのトリニティ・カレッジ・ダブリン図書館が、同館所蔵の、作家で同校卒業生であるオスカー・ワイルドに関するコレクションをオンラインで公開しました。

手紙・写真・劇場プログラムなど150点を、同館のDigital Collectionsから公開したものです。あわせて、謹呈本や初版本が多数をしめる、500点を超す同館のオースカー・ワイルドに関する蔵書も図書館のOPACに追加されました。

同コレクションは、同館が、2011年にロンドンの古書籍商から購入したものです。

米国議会図書館(LC)、セオドア・ルーズベルト大統領文書をオンラインで公開

2018年10月17日、米国議会図書館(LC)は、1901年から1909年にかけて第26代米国大統領を務めたセオドア・ルーズベルト大統領の文書群をオンラインで公開しました。

LCが所蔵する約27万6,000点の文書の、約46万1,000点の画像が公開されたもので、手紙、スピーチ、大統領令、スクラップブック、日記、ホワイトハウスの受付記録、プレスリリース、家族の記録等で構成されます。同氏が、副大統領・ニューヨーク州知事・ニューヨーク市警察本部長就任時や、米西戦争への騎兵隊将校での従軍、革新党の創設と1912年の大統領選での落選に関する文書も含まれます。

同文書は、同氏が、1917年、彼の晩年の自宅から、保管のためにLCに文書を送付して以来所蔵しており、1919年以降永久寄託となっています。

これまで同文書はマイクロフィルムで利用提供されており、それを基にデジタル化されましたが、今回、新たにデジタル化されたものもあります。

その他、米・ハーバード大学図書館にも同氏のアーカイブがあるほか、米・ディキンソン州立大学のセオドアルーズベルトセンターがLC等と連携して同氏のデジタルアーカイブを構築しています。

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター、宮武外骨蒐集資料をオンラインで公開

2018年10月11日、東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センターが、同センターの明治新聞雑誌文庫で所蔵する宮武外骨蒐集資料(パンフレット資料)を、学術資産アーカイブ化推進室の協力により、IIIFに準拠してオンラインで公開しました。

明治新聞雑誌文庫初代主任宮武外骨の手稿、蒐集したパンフレット類を中心として整理された資料群です。

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫所蔵宮武外骨蒐集資料
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/gaikotsu/page/home
※お知らせ欄に「2018年10月11日:画像公開を開始しました。」とあります。

ページ