デジタル化

Microsoft社、北米の2大学とデジタル化

昨年、英国図書館(BL)との図書デジタル化プロジェクトを発表したマイクロソフト(Microsoft)社ですが、同プロジェクトに The University of California と the University of Toronto が参加することになった旨を、公表しました。Microsoft to Collaborate With University of California and University of Toronto Libraries for Windows Live Book Se…

デジタル資料を扱う図書館が抱える知的財産権の課題

図書館資料のデジタル化により、資料へのアクセスがより容易になったほか、原資料に代えてデジタル版を提供することが可能になるため資料保存の点でも一定のメリットが出ていますが、デジタル化の法的位置づけはまだ明確でないところがあります。こうした問題意識のもと、デジタル資料…

百度は北京大学図書館と提携

北京大学図書館は、検索エンジン中国大手百度と提携することを決めたそうです。目録情報の開放やデジタル化を目指すもののようです。百度と北京大学図書館と合作、デジタル図書検索は可能にhttp://www.library.sh.cn/japanese/watch/list.asp?id=831

本のデジタル化をめぐるGoogleと出版社側との対立続く

図書館が所蔵する本をデジタル化し、検索できるようにする”Google Book Search”プロジェクトをめぐり、英国やフランスの出版社協会などが著作権の侵害を理由にGoogleを提訴しています。以下の記事で詳細を見ることができます。グーグル、書籍のデジタル化をめぐり英国出版界と対立. CNET Japan.htt…

スーダンのデジタルアーカイブ公開へ

スーダンの文書デジタル化プロジェクト "Sudan Open Archive" がこのほど公開されました。まずは1989年から始まった援助プロジェクト "Operation Lifeline Sudan : OLS" に関するテクニカルレポートや未刊行の灰色文献を公開してゆくとのことです。Sudan Open Access : Digital access to Knowledge about Sudanhttp://www.sudanarchive

Library Newspaper Co-operative:英国の新聞アーカイブ

18〜20世紀の新聞をデジタル化して保存、提供することを目的とした”Library Newspaper Co-operative”プロジェクトが、英国で立ち上がったそうです。18世紀〜20世紀の新聞の著作権を保有する出版社、原紙を所蔵している図書館の協力を得て、今後3年間で2,000万ページ相当の新聞のデジタル化を進める…

韓−米FTAが図書館に及ぼす影響は?

韓国では、2005年2月から米国との自由貿易協定(FTA)締結に関する実務協議が行われています。このような状況の中、市民団体を中心に締結反対の運動が行われており、反対理由のひとつに「知的財産権の保護が強化されるのではないか」という懸念が上がっています。韓国では現在、利用者の…

デジタル岡山グランプリ

岡山県立図書館が、「デジタル岡山グランプリ」と題するイベントを企画しています。岡山を題材とする実写ビデオ、アニメーション、デジタル絵本を募集し、グランプリを決定するとのことです。グランプリに輝いた作品には賞金も出る計画だそうです。「デジタル岡山大百科」を構築し、公…

大規模デジタル化に関するシンポジウム報告書(米国)

米国の図書館情報学国家委員会(NCLIS)が、2006年3月に行った大規模デジタル化に関するシンポジウムの報告書を公開しています。Mass Digitization: Implications for Information Policyhttp://www.nclis.gov/digitization/MassDigitizationSymposium-Report.pdfプレスリリースはこちらhttp://www.nclis.gov/news/pressrelease/pr2006/MassDigitizationSym

30万冊を超える電子本、1か月間無料提供

著作権の切れた作品を全文デジタル化してインターネット上で公開する「グーテンベルグプロジェクト」の35周年を記念して、電子本の普及活動のため、「世界電子本フェア」(The World eBook Fair)が行われます。2006年7月4日から8月4日までの1か月間、30万冊を超える電子本が無料でダウンロードで…

ページ