デジタル化

[お知らせ]カレントアウェアネス-E111号発行

『カレントアウェアネス-E』111号を発行しました。□目次□■E675■ 新潟県中越沖地震による県内図書館の被害状況と現状■E676■ Google Book Search, 日本へ本格進出■E677■ デューイ十進分類法を採用しない図書館,議論の的に(米国)■E678■ 出版業界における電子タグ実証実験の動向(日本…

E676 - Google Book Search, 日本へ本格進出

2007年7月,Google Book Search(E340,E543参照)に日本語版「Googleブック検索」が登場した。日本語版の開発は2006年5月から取り組まれており,国内の出版社へ協力を呼びかけるなど,準備が進んでいた。Googleブック検索の登場により,日本語を母語とする利用者は今後増えていくと思われる。 さらに…

ERIC、マイクロフィッシュデジタル化の成果2万点を公開

米国教育省教育学研究所によって運営されている、教育学分野の研究・情報を提供するデータベース“ERIC(Education Resources Information Center)”は、1966年から1992年までの文献34万点を、マイクロフィッシュからデジタル化して提供するというプロジェクトを、2009年3月までの予定で行っています。こ…

オーストラリアの文化遺産デジタル化計画

オーストラリア文化大臣評議会などが協賛している政府系NPO団体、Collections Council of Australiaがこのほど、美術館やギャラリー、図書館等が保存してきた同国の文化遺産デジタル化に向けての行動計画をまとめました。Australian Framework and Action Plan for Digital Heritage Collectionshttp://www.collectionscouncil.com.au/P

JISC主催のデジタル化会議の資料

英国情報システム合同委員会(JISC)が2007年7月19日、20日に開催したデジタル化に関する会議“JISC Digitisation Conference 2007”の資料が公開されています。リポジトリ、プロジェクト管理、ビジネスモデル、OCRの課題、法律面の概況など、幅広いテーマでの発表がなされています。Conference 2007: Powerpoint…

BL、貴重資料の高精細画像を販売

英国図書館(BL)が、所蔵する貴重資料のデジタル画像を販売する新しいサイト"British Library Images Online"を立ち上げています。BLは、これまでシェークスピアやレオナルド・ダヴィンチの手稿など、多くの貴重資料をデジタル化してきていますが、このサイトでは、出版社やテレビ局等をメインタ…

Footnote社によるNARAのデジタル化資料が1,400万点を超える

米国公文書館(NARA)との連携事業で注目を集めるFootnote社ですが、ウェブ上に公開しているNARAのデジタル資料が、作業開始から7か月で1,400万点を超え、現在も1か月に200万点を上回るペースで文書資料のデジタル化を進めています。AFP通信社によると、LCのデジタル化の速度は12年で1,100万点ということであり、Footnote社の作業スピードの速さが窺えます。

Footnote surpasses 14million documents online-Footnote Blog
http://blog.footnote.com/footnote-surpasses-14-million-documents-online/

LCのデジタル化事業についてのAFP通信社の記事
http://www.daylife.com/image/0bpB9eV85i2bg

参考:
NARAはデジタルアーカイブを有償提供(米国)

日本学術会議、学会誌の査読機能強化や電子出版推進を提言

日本学術会議が2007年6月28日付けで、対外報告「学協会の機能強化のために」を公表しました。この中で日本の学協会(学術研究団体)の機能強化のために、行うべき方策の一つとして学術誌(学会誌)を取り上げ、・編集・出版時の査読機能強化や時間短縮・デジタル化による論文へのアクセス…

丸善と大日本印刷が業務提携し、大学図書館支援事業を強化する計画を発表

丸善株式会社と大日本印刷株式会社が業務・資本提携に関する基本合意を締結し、両社の強みを活かして教育・学術事業を強化させていく構想を発表しています。丸善が受託している大学図書館の蔵書管理等に大日本印刷のICタグ(電子タグ:RFID)を用いることや、理工系出版物のデジタル化・オ…

韓国国立中央図書館、ハーバード大学図書館の韓国古書をデジタル化すると発表

韓国国立中央図書館が、米国ハーバード大学図書館と協約を結び、2010年までの3年間で、同大学図書館が所蔵する韓国国内に未所蔵の古書1千点あまりをデジタル化する予定であると発表しています。米ハーバード大学の韓国古書、国立中央図書館でデジタル化 - 韓国国立中央図書館http://www.nl.go.kr

ページ