デジタル化

LCとInternet Archiveはオープンソースでデジタル保存システムを構築

米国議会図書館(LC)とInternet Archiveが資料のデジタル化・保存に、Linuxベースのオープンソースソフトウェアを用いていることの紹介記事が、Linux情報サイト・Linux.comに掲載されています。Linux to help the Library of Congress save American history - Linux.comhttp://enterprise.linux.com/article.pl?sid=07/03/26/1157212March 29, 2007…

18世紀の議会資料をデジタル化して研究機関に公開(英国)

英国サウザンプトン大学が情報システム合同委員会(JISC)の助成を受け、1688年から1834年まで、主には18世紀の議会の各種資料をデジタル化して、高等教育/継続教育機関向けに公開しています。通常のインターネット利用では残念ながら、当時の議会の概要とこのプロジェクト(資料の移送、…

Google Book Searchに参加する図書館の思惑は?

Googleの図書館蔵書デジタル化プロジェクト“Google Book Search Library Project”のこれまでの経緯と、人々の反応、著作権に関する論点、さらには参加した各館が公にしている参加理由、Googleから提供される蔵書のデジタル画像のコピーをどのように利用するかについてをまとめて紹介した記事が、Search…

大学・研究図書館の将来についての10大予測(米国)

米国大学・研究図書館協会(ACRL)が、3月29日〜4月1日に開催された全国大会で、「大学・研究図書館の将来に関する10大予測」を発表しました。1. 蔵書のデジタル化、デジタルアーカイブの保存、データの蓄積・検索方法の改善の重要性が増す。2. 図書館員に必要なスキルセットは、学生・教…

デジタル図書館はどのように学界を変えるのか?−Internet Archive代表が語る将来像

Internet Archiveの代表で、図書館蔵書デジタル化プロジェクトOpen Content Allianceのリーダーであるケール(Brewster Kahle)氏が、「デジタル図書館はどのように学界を変えるのか?」というテーマで、デジタル図書館の将来展望を語るポッドキャストが配信されています。How Digital Libraries Will Change Academe -…

オックスフォード大学図書館、19世紀以前の広告・チラシのデジタル化を計画

オックスフォード大学図書館、19世紀以前の広告・チラシのデジタル化を計画英オックスフォード大学図書館とProQuest CSAは、ボードリアン図書館が所蔵する、16世紀から19世紀にかけての広告や劇場のチラシ、蔵書票などのコレクションJohn Johnson Collectionのうち65000点をJISCの助成を受けてデジタル…

オーストラリア国立図書館、文化遺産保存に対する助成プログラムの応募開始

オーストラリア国立図書館(NLA)が、3月9日から、「Community Heritage Grants 」(CHG)プログラムの応募を開始しています。この助成プログラムは、地域のあるいは国の重要な文化遺産の保存とアクセス保証を目的とするものであり、過去15年間に、506プロジェクトに200万オーストラリアドルが助成され…

経団連、複数のシステムによる中長期的な著作権法制のあり方を提言

日本経済団体連合会知的財産委員会が、2月20日に、「デジタル化・ネットワーク化時代における著作権法制の中長期的なあり方について(中間とりまとめ)」を発表しました。デジタル化・ネットワーク化に伴い、一つの理念で全ての著作物を扱うという従来の考え方では環境の変化に対応でき…

中国、全国古典籍保護プロジェクト会議を開催

中国政府の文化部が2007年2月28日、第一回の全国古典籍保護プロジェクト会議を開催しました。これは政府の執務機関である国務院弁公庁による意見に基づき、古典籍のいっそうの保護を図るために開催されたもので、文化部の責任者や国家図書館館長のほか、全国各省・自治区・直轄市の文化庁…

オーストラリア国立図書館、主要新聞のデジタル化へ

オーストラリア国立図書館(NLA)が、主要な新聞のデジタル化事業について、Apex Publishingと契約したことを発表しています。対象期間は1803年から1954年であり、各州の州立図書館から、各州・テリトリーの主要な新聞1紙のマイクロフィルムの提供を受け、デジタル化するとのことです。なお、こ…

ページ