デジタル化

政府情報のデジタル保存の試み(オーストラリア)

オーストラリアでは、国立図書館(NLA)、公文書館、情報管理局(AGIMO)、地球科学局、統計局の5つの政府機関の代表者からなる、デジタル化された政府情報の管理・長期保存について取り組むMAGDIR(Managing Australian Government Digital Information Resources)ワーキンググループが活動しています。このワ…

ITUのインターネット報告書・2006年版

国際電気通信連合(ITU)が、2006年版のインターネット報告書“digital.life”を刊行しています。デジタル化の進展、ライフスタイル、ビジネス、アイデンティティ、デジタル世界を生きること、という5章から成り立っており、インターネットやブロードバンド、携帯電話に関する世界各国の統計…

BLの『年報』、2年連続Accountancy Age賞に輝く

7月に刊行された英国図書館(BL)の年報が、公共セクターの年報の部門で、AccountancyAge賞を受賞しました。この受賞は、2年連続となるものです。受賞理由では、BLが、先端的技術を用いてその蔵書をデジタル化しアクセス可能にするなど、一目置かれるべき存在になったことに言及したうえで、BL…

情報の科学と技術 56(11)

情報の科学と技術 Vol. 56 (2006), No.11http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html特集=「図書館とWeb2.0」 Web2.0時代の図書館− Blog,RSS,SNS,CGM 岡本 真Webの進化と情報流通 武田 英明Web 2.0が導く新たな地平 新しい図書館システムを求めて 黒澤 公人利用者のプロフィールを考慮した連想検索OPACの構築 …

図書館の情報技術に関する会議“Access 2006”の資料(カナダ)

1997年からカナダで開催されている、図書館の情報技術に関する会議“Access”の2006年オタワ大会(10月11日〜14日)の発表資料・ポッドキャストが、ウェブサイトで公開されています。カナダ研究図書館協会(CARL)のデジタル化イニシアチブ“AlouetteCanada”の紹介や学術情報基盤、オープンソース…

コーネル大学がMicrosoft Live Book Searchに参加

2006年10月17日、米国のコーネル大学は、Microsoftの図書館蔵書デジタル化プロジェクト“Live Book Search”に加わると発表しました。同時に、大手スキャニング機械・技術メーカーのKirtas Technologiesが、Live Book Searchのスキャニングを手がけることになった旨も発表されています。Kirtas社の発表によれば…

英国王立協会、論文アーカイブを11月末まで無料公開

英国王立協会(Royal Society)が、同協会の刊行誌の論文をデジタル化したアーカイブ“Royal Society Digital Journal Archive”を、2006年11月末までオンラインで無料公開すると発表しています。このアーカイブには1665年以来の6万点以上の論文が収録されており、ハレー(Edmond Halley)によるハレー彗星に関…

コロラド州の図書館戦略計画(米国)

2006年〜2010年の米国コロラド州の図書館戦略計画“Moving Libraries Forward: A Roadmap for Colorado Library Cooperation”が同州教育省から発表されています。いくつもの目標が挙げられていますが、その中で特に優先度の高いものとして上げられているのは、以下の6つです。・全州的なオンラインサービス(バ…

CA1601 - 中国「全国文化情報資源共有プロジェクト」の現状 / 湯野基生

2002年4月に文化部と財政部により始動された中国「全国文化情報資源共有プロジェクト」(全国文化信息資源共享工程。以下「共有プロジェクト」と呼ぶ)が2006年,新たな段階を迎えている。 まず共有プロジェクトについて,ウェブサイト(1)をもとに簡単に確認しておく。 共有プロジェクト…

先住民向け図書館サービス向上のためにさらに援助(米国)

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)は、全米のネイティブ・アメリカンとアラスカの先住民向けの図書館サービスを向上させるために、6月に133万7千ドル(約1億5千万円)の助成を行ったところですが、このたび、さらに178万1千300ドル(約2億1千万円)の助成を行うと発表しました。助成金は…

ページ