デジタル化

E2166 - 図書館の共同出資による特別コレクションのOA化事業(米国)

近年日本では,資金調達手法の一つとしてクラウドファンディングが定着してきており,図書館界においても運営費やデジタル化事業費などの調達が試みられている(CA1917参照)。一方日本国外では,Knowledge Unlatched(KU;CA1907参照)やUnglue.itといった,オープンアクセス(OA)化の費用を賄うクラウドファンディングに特化したプラットフォームも出現している。本稿では,そうした取組の一つとして,2019年2月にJSTOR等を運営する非営利団体ITHAKAに加わったReveal Digitalについて紹介する。

東京大学大学院数理科学研究科、公開中の「高木貞治先生自筆ノート」をリニューアル:IIIFに対応

2019年8月6日、東京大学大学院数理科学研究科は、公開中の「高木貞治先生自筆ノート」をリニューアルし、IIIF対応で画像公開したことを発表しました。

「高木貞治先生自筆ノート」は、同研究科図書室が所蔵する、高木貞治旧東京帝国大学教授の自筆ノートをデジタル化して公開したものです。東京大学デジタルアーカイブズ構築事業の一環として、システムリニューアルが行われIIIFに対応した画像の公開が開始されました。

リニューアル公開された「高木貞治先生自筆ノート」のメタデータは東京大学学術資産等アーカイブズポータルにも搭載されており、公開中の18冊の直筆ノートを同ポータルで検索することができます。

【数理科学】「高木貞治先生自筆ノート」リニューアル公開(東京大学附属図書館,2019/8/6)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/news/20190806

熊本地震デジタルアーカイブ、掲載資料数が10万件に

2019年7月24日、熊本県は、熊本地震デジタルアーカイブに掲載された自治体や関係団体等から収集した写真・映像・文書等の資料が約10万件(2019年7月現在)となったと紹介しています。

地元紙の報道によると、同県では、2019年度中に20万点の収集を目指しているとのことです。

熊本地震デジタルアーカイブを公開しています(熊本県,2019/7/24)
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_28000.html

公開資料10万点超す 熊本地震デジタルアーカイブ(熊本日日新聞,2019/8/5)
https://this.kiji.is/530883162142704737?c=92619697908483575

林原美術館(岡山県)、オンライン公開中の「坤輿万国全図屏風」高精細画像に日本語訳を追加

2019年7月26日、林原美術館(岡山県)は、オンライン公開中の同館所蔵「坤輿万国全図屏風」(こんよばんこくぜんずびょうぶ)の高精細画像に日本語訳を追加したことを発表しています。

同館の「名品紹介」ページによれば、坤輿万国全図屏風とは、岡山藩主池田家に伝来した美術品であり、イタリア人宣教師のマテオ・リッチが1602年に中国で刊行した世界地図が江戸時代初期に日本に持ち込まれ、六曲一隻の屏風に仕立てられ彩色されたものです。

今回の発表では、「坤輿万国全図池田家本調査研究プロジェクト(KBZプロジェクト)」を新たに立ち上げ、機関、研究者の協力を得て公開で調査研究を進めることも紹介されています。

「坤輿万国全図」(林原美術館所蔵)の超高精細画像(日本語訳付き)をWebにて公開しております!!(林原美術館, 2019/7/26)
http://www.hayashibara-museumofart.jp/data/531/info_tpl/

中国・北京の故宮博物院が所蔵品のデジタルアーカイブを公開:約5万点の高精細画像を収録

新華網の2019年7月17日付けの記事で、中国・北京の故宮博物院が新たに所蔵品のデジタルアーカイブ“数字文物庫”を公開したことが紹介されています。

記事によると、“数字文物庫”では所蔵品186万点余りの基本情報を収録しているほか、所蔵品約5万点の高精細画像を公開しており、今後も追加する予定とあります。

故宫推出“数字文物库” 公开5万件文物高清影像(新華網, 2019/7/17)
http://www.xinhuanet.com/legal/2019-07/17/c_1124765610.htm

Palace Museum unveils digital products for cultural promotion(新華網, 2019/7/17)
http://www.xinhuanet.com/english/2019-07/17/c_138235021.htm

京都大学図書館機構、河合文庫の『東文選』、『續東文選』、『日用冊』を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開

2019年7月30日、京都大学図書館機構は、同大学の附属図書館・人文科学研究所、及び韓国高麗大学校が「韓国古文献の調査及び解題及びデジタルイメージの構築事業に関する協定」により電子化した河合文庫の『東文選』、『續東文選』、『日用冊』の公開を発表しました。

この公開により新たに資料49点が公開され、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの公開件数は1万3,575タイトル、116万4,364画像となっています。

【図書館機構】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ: 河合文庫『東文選』『續東文選』『日用冊』49点を公開しました(京都大学図書館機構,2019/7/30)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1382798

米国政府印刷局(GPO)及び米国国立公文書館連邦官報事務局(OFR)、1929年から1991年までの『米国大統領関係文書』をデジタル化

2019年7月10日、米国政府印刷局(GPO)が、米国国立公文書館連邦官報事務局(OFR)とともに、ハーバート・フーバー大統領在任の1929年からジョージ・H・W・ブッシュ大統領在任の1991年まで(フランクリン・ルーズベルト大統領時代を除く)の『米国大統領関係文書(Public Papers of the Presidents of the United States)』の各巻をデジタル化したことを発表しました。

『米国大統領関係文書』は、OFRが1957年から発行しているものです。各巻に、大統領による序文や公文書、演説、発言、写真が収録されています。なお、フランクリン・ルーズベルト大統領の関係文書は、OFRの『米国大統領関係文書』発行開始前に、民間の印刷会社により発行されました。

今回デジタル化されたものは、既にデジタル版が存在するジョージ・H・W・ブッシュ大統領在任の1991年からバラク・オバマ大統領在任の2013年までの文書と併せ、連邦政府の情報を利用できるデータベースgovinfoで閲覧可能です。

神戸大学附属図書館、国文学研究資料館の歴史的典籍NW事業で撮影した古典籍の電子化画像を公開

2019年7月30日、神戸大学附属図書館は、拠点大学として参加している国文学研究資料館の「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」(歴史的典籍NW事業)で2016年度から2018年度にかけて撮影した古典籍の電子化画像857点分(9万1,875枚)を公開したと発表しています。

「住田文庫デジタルアーカイブ」で120点分(9,635枚)を追加するとともに、「日本の古典籍」で737点分(8万2,240枚)を公開しました。

歴史的典籍NW事業の撮影画像を公開しました(857点)(神戸大学附属図書館,2019/7/30)
https://lib.kobe-u.ac.jp/libraries/13689/

住田文庫デジタルアーカイブ(神戸大学附属図書館)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/sumida/

ユネスコ“Information for All Programme”と国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)、磁気テープ記録の長期保存問題に取組む“Magnetic Tape Alert Project”を開始

2019年7月15日、ユネスコの“Information for All Programme”(みんなのための情報プログラム)は、国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)と共同で、“Magnetic Tape Alert Project”を開始したと発表しています。

今日の人類の言語的・文化的に多様な知識は、過去60年間に作成された磁気テープ記録に基づいているものの、2025年頃には再生装置がなくなる可能性が高く、それらの記録を長期的に保存するためには、デジタル化し、リポジトリ内に保存することが唯一の方法と考えられおり、多くの専門機関では既に対応が進められています。

一方で、小規模機関や個人所有のものについては多くのものが未対応であることから、同プロジェクトは、視聴覚資料へのアクセスを失う差し迫ったリスクについて利害関係者に注意喚起することを目的として開始されました。

米・ニューヨーク市立大学シティカレッジ(CCNY)図書館、著名なアフリカ系米国人アーティストのオーラルヒストリーのデジタル化実施を発表

2019年7月16日、米・ニューヨーク市立大学シティカレッジ(CCNY)図書館が、著名なアフリカ系米国人アーティスト(演劇、舞踊、視覚芸術、音楽、作家等)のインタビューやパネルディスカッションといった221のオーラルヒストリーの記録をデジタル化すると発表しました。

音楽を専門とするグラミー博物館が毎年実施している助成プログラムからの助成金2万ドルを得て、同大学の元教授が1960年代から取集し図書館に寄贈された録音テープ“Hatch-Billops Oral History Collection”の一部を対象に実施されます。

閲覧用のデジタル化データは、同大学や、ARTstorと契約している他のニューヨーク市立大学の機関からアクセスできるようになる予定です。

ページ