研究図書館

カレントアウェアネス-E (74)

Current Awareness-E No.74 2006.1.11http://www.ndl.go.jp/jp/library/cae/2006/E-74.html■E427■ 2005年に最も読まれたカレントアウェアネスの記事は?■E428■ 攻防続く愛国者法,暫定的延長の事態に■E429■ 読書の振興に関する法律案も相次ぐ(韓国)■E430■ 研究図書館のサービス部門はどう変わったか?(米国…

カナダの研究図書館グループも本のデジタル化に参戦

今度は、カナダの研究図書館27館がグループAlouette Canada projectを作って、図書館蔵書のデジタル化に乗り出したようです。Canadian libraries join race to digitize bookshttp://www.cbc.ca/story/arts/national/2005/12/29/canada-libraries.html

英Research Information Networkの戦略計画

英国の各国立図書館、研究図書館、学術界で構成するResearch Information Networkの戦略計画が公表されています。Research Information Network Strategic Plan 2005-2008http://www.rin.ac.uk/?q=strategic-plan

研究図書館におけるデジタル資産に関するARLフォーラム

10月に、ARL、CNI、CLIR、DLFの共催で開かれた、研究図書館におけるデジタル資産に関するフォーラムのプレゼンテーションが公開されています。Managing Digital AssetsStrategic Issues for Research Librarieshttp://www.arl.org/forum05/

英国研究図書館の書庫スペース問題レポート

CURLとBLが委託した英国研究図書館の書庫スペースに関する調査報告書のサマリーが公開されています。完全版は12月13日に公開される予定とのことです。Evolution or Revolution? Debating the future of the UK’s Higher Education information infrastructurehttp://www.bl.uk/news/2005/pressrelease20051108.html

ACRLog

米国大学・研究図書館協会(ACRL)が情報提供のためのブログを立ち上げました。ACRLoghttp://www.acrlblog.org/

RLGが美術品の画像情報データベースCAMIOを提供へ

RLG Introduces New Fine Arts Database: CAMIO-Catalog of Art Museum Images Online http://www.rlg.org/en/page.php?Page_ID=11521米国の研究図書館グループ(RLG)は、美術館所蔵資料の画像情報データベースをオンラインで提供すると発表した。CAMIO(Catalog of Art Museum Images Online)と名付けられたこのデータベースは、紀元前3000年か…

ページ